マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ホワイトカラーな仕事、ブルーカラーな仕事って何の事でしょうか?

社会人なら当たり前に知ってる事らしいです。

A 回答 (6件)

ブルーカラーの由来は


デニムです
もともと、作業着だったんですよね
厚いから丈夫なので
    • good
    • 0

ホワイトカラーな仕事、ブルーカラーな


仕事って何の事でしょうか?
  ↑
他の人の回答通りです。
その他に、グレーカラーといのもあります。

先進工業国では,すでに 19世紀末から 20世紀初頭にかけて,工場労働者を中心とする
ブルーカラーとは区別される社会層としてホワイトカラーが出現し,
日本でも大正期以降その傾向が顕著となった。

しかし 1950年代には技術革新によって,従来の労働過程のあり方が
事務労働の機械化を含めて質的,量的に大きく変化し,
漸次,ブルーカラー,ホワイトカラー双方から,
互いの性格の差異を埋合う形での接近がみられ,
グレーカラーが誕生した。技能的管理職はその典型。




社会人なら当たり前に知ってる事らしいです。
  ↑
その通りです。
    • good
    • 0

これらの色は作業衣から来ています。


ホワイトカラー …白いYシャツでする仕事で、デスクワークを意味する。頭脳職。
ブルーカラー  …青い作業着で、工場等の作業を意味する。肉体労働職。
    • good
    • 0

差別用語。


ホワイトカラー=背広にネクタイで仕事する人。
ブルーカラー=作業着で仕事する人。
    • good
    • 0

ホワイトカラーな仕事:事務職、営業職


ブルーカラーな仕事:技術職
    • good
    • 0

ホワイトカラーはスーツにワイシャツ、ネクタイというような服装で行う仕事、つまり事務系ですかね。


ブルーカラーは作業着を着て行う仕事、つまり工場系です。
カラーは襟のこと

高校で教えてもらったけど、今はそんなに使う言葉じゃないと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング