出産前後の痔にはご注意!

人身事故に会い、相手の自賠責へ被害者請求を行おうと思います。

自賠責の場合、慰謝料算定の「通院期間」に算入できるギプス固定が、「長管骨及び脊柱の骨折・変形等でギプスを装着している場合・・・」などとなっているらしいのですが、難しくて意味がわかりません。

私の場合、足首のじん帯を損傷し、3週間ほど右足首をギプス固定(これは長靴のような形で、自分自身でで着脱することはできません。かかとが付いているので、びっこを引くような形で何歩かは歩けますが、通常歩行は無理です。)していますが、これについては、慰謝料の算定の通院期間に含まれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ギプスをされておられるのは大変ご苦労の事とお見舞い申し上げます。

自賠責ではギプスシーネ・ギプスシャーレ・副子固定等をギプス固定の期間として実通院日数として扱う事になっております。長菅骨は下肢では大腿骨・脛骨・腓骨です、それから長菅骨に接続する三大関節部分です。ご質問の長靴のようなとありますので固定期間としてあつかわれるでしょう。自賠責への被害者請求との事ですが健康保険で治療されていますでしょうか、自由診療ではかなり治療費が掛かるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなた様のご説明によると、私のギプス装着は通院期間として扱われると思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/17 00:58

自賠責の決定は損害保険料率算出機構の調査事務所が裁定します。


医師の診断書からギプス装着の必要性を勘案し、必要性があるとみなされれば、ギプス装着機関も実通院期間として扱われます。

調査次第ということになるので、ここで断言できる回答はできません。
もし調査結果に不服があれば不服申立てもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

算定結果に対して、不服の申し立てができるのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/17 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責保険でのギプス装着期間の取り扱い

交通事故にあいました。相手方全過失です。私は「橈骨遠位端骨折」と診断され右手首にギブスを装着していますが、このギプス装着期間は慰謝料対象日数に入りますか。

Aベストアンサー

自賠責保険では、(1)長管骨・脊柱の骨折等でギプスをしたとき、(2)長管骨に接続する三大関節の骨折等でギプスをしたとき、(3)体幹ギプスをしたときは、ギプス装着期間を実治療日数に算入します。ただし、ギプス装着期間に入通院があっても、実治療日数を重複してカウントしません。

橈骨は上肢の長管骨のひとつですし、橈骨に接続する手関節は上肢の三大関節のひとつです。
したがって、質問者様のギプス装着期間は実治療日数に算入され、慰謝料の対象日数になります。

Q慰謝料の算定

障害の慰謝料の算定について、教えてください。
ギプス装着期間は、通院日数にカウントされると聞きました。

シーネ(副木)をしていた期間
足首から足うらにかけて固定するインソールをしていた期間

これらは通院期間にカウントされるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

知り合いのアジャスターに聞いてみましたら、やはり基準がありませんから実際に通院するのが確実ということです。
しかし、ここにも暗黙の了解があり、週のうち4日以上の通院があれば全日ということにすることも可能だそうです。
ギプス・シーネは、通院に関係なく拘束されていますから、無条件で通院扱いになりますし「安静期間」でもあります。

装具となれば、今度は運動回復期間となりますから、ギプスと同じにはならないのが通例です。

ですから、交渉次第となります。

ですが、一番安全な方法を選択した方がいいかと思います。

Q自賠責のギブス装着に対する対象日数について

おはようございます。

昨年末、事故で左手の甲を骨折しました。
それによって1ヶ月間ギブスを装着しました。

ギブス装着期間は実治療日数にカウントするみたい
なんですが
自分の場合それが適用するかどうかわかりません。

ギブス装着部位は左手の第二関節から肘の下あたりまでです。

この場合、実治療日数にカウントされるのでしょうか??
朝からこんな質問申し訳ないです。

こまめに確認するので、この質問を回答するのに足りない情報がある場合は教えてください。
答えれる範囲でお答えします。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 事故によるお怪我お見舞申し上げます。
骨折によるギプス固定に付いてのご質問ですが、確かにギプス装着中は実治療日数として扱う事になっています。ギプス装着として扱うものとして、ギプスシーネ・ギプスシャーレ・副子(シーネ)固定などがあります。装着部位は長管骨(上肢では手根骨)に接続する三大関節部分に長管骨を含めて装着した場合となっております。装置部位が手の第二関節から肘に下までなら三大関節も含まれ長管骨までギプスをしている訳でしょうから部位に付いては認定基準でしょう、ここの部位に前記のギプスをしていればその期間の認定はされるはずです。これは自賠責保険の認定基準ですが任意保険もこれに従うでしょう。

Q足指の骨折で傷害保険は通院実日数しかでないのは本当ですか?

右足の真ん中の指を骨折しました、通院期間は1ヶ月程度でした、東京海上火災へ傷害保険を申請しましたが、おりた金額は3回通院×3000円=9000円でした。10万円以下は診断書不要でしたので付けずに提出しました。友人から骨折は初診~完治期間日数の保険が降りると聞いていましたので、治療代にもならずがっかりし、保険会社へ確認しましたが、平常の業務又は平常の生活に著しい支障があると会社が認めたときは支払うと説明がありました。具体的には指のギブスでは不可、足首までのギブスでは適用とのことでした。しかし特約条項には部位に関し具体的な表記はありません。友人の開業外科医にも尋ねましたが、骨折は部位に関わらず支払われていると聞きました。長くなりましたが、保険会社の対応に納得がいきませんのでお詳しい方は教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは 
日々の業務で月60件の傷害保険金の請求を申請していますが
保険会社の回答で間違い有りません

今週も2件 手・足の指の骨折の方がいましたが
ギブス対象外と言うことで(指のみのギブスだった)、実通院日数のお支払いとなりました。3日 
肋骨を骨折した人も居ましたが、ベルト固定で(対象外)1日の通院
のお支払いです

★出る場合は、ギブスを足首までした場合ギブス期間は通院とみなし
ギブス期間プラス実通院日数は出ます

★余談として接骨院に長く通院した場合 7割か8割の支払いになります
★通院していないのに、通院とみなし支払いを要求できるのは
ギブスをしている場合です。添え木に関しましては、部位により判断します

Qシーネとギプスの違い

シーネ固定と、ギプス固定の違いを教えてください。よく、看護婦さんがシーネ巻き変え、とか言ってますけど、どういうことなのかなぁと思いまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医用画像解析の研究者です。
以前病院に勤務しておりました。

シーネは、骨折の際、患部の固定を行うための添え木のことをさします。
医療では副子と呼びます。
ボール紙・木・竹・金属板・針金・ギプスなどが材料に用いられます。
一般的には、ハシゴ状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。

ギプス(Gips)はドイツ語の「石膏」から来た言葉で、患部全体を覆います。
最近は、石膏ではなくプラスチック製を多く使用しています。
軽く、X線写真診断にも影響が少ないすぐれものです。
半分に切って蓋のようにしたギプスシャーレなんて言うのもあります。

一般に、シーネ固定は単純な骨折や捻挫、手先、足先、首、鼻など、比較的短期間の固定に用いられます。
ギプス固定は、2関節以上にまたがる固定、複雑骨折や重篤な捻挫、靭帯損傷など、長期にわたっての固定に多く用います。


人気Q&Aランキング