どうして月は地平線の近くに位置すると
大きくみえるのですか?
知ってる方いらっしゃいます?
よろしくお願いします。

A 回答 (13件中11~13件)

人は無意識のうちに、頭上付近の空は近く感じ、地平線近くの空は遠くにあると感じています。


と同時に、近くにあるものは大きく見えて、遠くにあるのは小さく見えるということも無意識のうちに知っています。
太陽や月は、頭上に見えるときも地平線近くに見えるときも、大きさはまったく同じです。

つまり、
地平線(遠いところ)近くにある太陽や月は小さく見えるはず。
それなのに、大きさは頭上にあるときとまったく同じ。
だから、大きい、と錯覚する。

というわけです。
山や建物と比較するから大きく感じるんだとしたら、海に沈む夕日がなぜ大きく見えるか説明できませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これも錯覚ですね。
謎がやっと解けました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/13 05:35

基本的にはNo.1の方の説明通りとされています。

ただ一言付け加えると地平線付近での比較の対象である、山や建物は我々は経験的に「大きなもの」として知っているわけです。それと比べているわけですから「大きい」と錯覚するわけです。この辺のことは京都大学心理学教室乾教授がどこかの本に書かれていたように思いますが、見あたりませんでした。
ただ、研究者のなかに、水平方向と垂直方向とで地磁気による磁力線の方向が異なりそれが網膜の細胞に対して異なる影響を与えるため、と言う説明をしているのを見たことがありますが、あまり(全然?)支持されていないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。
助かります!

お礼日時:2001/07/13 05:32

月や太陽は地平線近くにあると大きく見えますが、錯覚の一つです。


天頂付近にあるときは周りに大きさを比較する対象がなにもない状態ですが、地平線付近では建物や山など、何かしら比較する対象があります。
そのため、その対象に対して「大きく」見えるのです。
小学校の授業で、定規を利用して「見かけの大きさ」を測るのをやりましたが、地平付近でも天頂でも同じ大きさでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。比較対象するものがあるから、地平線のぎりぎりに月が位置すると「大きく」見えるのですね。
トリッキーですね。

お礼日時:2001/07/13 05:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地平線近くの月は、なぜ大きく見えるのでしょうか。

地平線近くの月は、同じくらいの高さに比較できる建物などがあるため大きく見えると聞いたことがありますが、私には明らかに違ってみえます。しかも、同じくらいの位置に月があっても、大きくみえるときとそうでないときがあるように思います。
大気が虫眼鏡のような働きをするためという話も聞いたことがありますが、それなら同じ位置の月はいつも同じ大きさにみえなければいけないはずですが、そうは見えません。
これはなぜなんでしょうか。私の錯覚なんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

月の見かけの大きさは時期によって僅かに変化します
ただし見える位置による変化はありません(高いときとか低いとき)
五円玉を持って手をいっぱいに伸ばします
そのときの五円玉の穴の大きさ(視角)は太陽や月と同じです
試してください

Q月は、毎日、地平線から出て、地平線に沈むのですか?

月に詳しい方へ

質問1:地球から月を見る場合、月は、毎日、地平線から出て、地平線に沈むのですか?

質問2:月から地球を見る場合、地球は、毎日、地平線から出て、地平線に沈むのですか?

専門用語で説明して頂いても構いませんので、どうかご教授ください。
また、これらの疑問を解決してくれる書籍やサイトがありましたら併せてご教授ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1:既に出ている日と、沈んでいる日がある。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/

2:ほぼ一定の位置にあり、移動することはない。

Q地平線近くの街灯はなぜ瞬くの?

星が瞬くのは大気の乱流が原因だとききました。
では、大気とは関係ない地平線に近い、遠くの街灯が瞬いて見えるのはなぜでしょうか?陽炎とかと関係があるのでしょうか。それともやっぱり大気ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

星が瞬くのと、陽炎は本質的に同じ現象です。

(1)空気の屈折率は1.0003 (真空を1とする) ぐらいですが、この0.0003の真空との差は、空気の密度によって決まります。気圧が高くなった場合、温度が低くなった場合は、どちらも空気の密度が上昇しますので、屈折率が大きくなります。
また、水蒸気は空気よりわずかに屈折率が低いので、空気が乾燥すると屈折率が大きくなります。

(2)プリズムやレンズの例でもわかるように、屈折率の異なる面を光が通過すると、光の進路が曲がります。また屈折率がなめらかに変化しているところを光が通ると、光の進路は曲線を描きます。

(3)大気は場所によって温度、気圧、水蒸気濃度が異なりますので、屈折率も不均一です。そのため、大気中を光が通過するときは直進せずに、あちこちでわずかに曲がりながら進みます。

(4)大気中の温度、気圧、水蒸気濃度の分布はいつも変化しています。これによって、光の進路もゆらぎます。星が瞬くのは、星から眼に届くときの光の道筋が変化するためです。

(5)日光によって地表が温められるときは、地表付近で大きな温度の不均一が生じます。しかも、風などでこの不均一は揺らぎます。陽炎はこのために起こる現象です。炎の上で向こう側のものが揺れて見えるのも同じです。

(6)遠くの街灯の光は、眼に届くまでに長い距離を通ってきます。その道筋には、温度の不均一があちこちにあるはずです。しかも、その不均一は風などで揺らぎます。このため、遠くの街灯の光は瞬きます。

星が瞬くのと、陽炎は本質的に同じ現象です。

(1)空気の屈折率は1.0003 (真空を1とする) ぐらいですが、この0.0003の真空との差は、空気の密度によって決まります。気圧が高くなった場合、温度が低くなった場合は、どちらも空気の密度が上昇しますので、屈折率が大きくなります。
また、水蒸気は空気よりわずかに屈折率が低いので、空気が乾燥すると屈折率が大きくなります。

(2)プリズムやレンズの例でもわかるように、屈折率の異なる面を光が通過すると、光の進路が曲がります。また屈折率がなめらかに...続きを読む

Q夕焼けの太陽はなぜ大きくみえるの?

このあいだとてもきれいな夕焼けを見とれていましたら、太陽が沈むほどにドンドン大きくみえました。太陽の大きさはいつも同じなのに、なぜ日没時の太陽は大きく見えるのでしょうか? 誰か難しい専門用語なしで、年寄りにもわかるように説明してくれませんか。孫に聞かれて返答できずです。お月さんも同じです。

それから、夜のヒコー機に乗って窓から眺めていたら30分くらい満月が窓の下30度くらいの位置に。ヒコー機の窓の0度くらいから窓の上のほうの移動だと思っていたのですが、いつまでたっても窓の下。

自分で納得しないことを孫に教えるのはきらいなもんで。よろしくお願いします。
お月さんにはたくさんおウサギさんがいて、かぐや姫もいてほしかったと願っている時代遅れの爺さんですけど。

Aベストアンサー

原因はハッキリ分かっていません
ただ大きさは変わって居ないのです
五円玉を指で挟んで、腕を伸ばして、測ると、五円玉の穴の大きさと同じなのです≪月も同じです≫
おそらくですが、屈折の関係では無いかと思いますが、現在の不思議の一つです

Q月と太陽の位置を知る

仮に、自分が、北緯50度東経50度にて、日時が2月10日の午後10時だとします。
これらの数値を打ち込んだら、月や太陽がどの方向(自分から見て)にあるか解るウェブサイトはありますか。

Aベストアンサー

ありましたよ
一見、太陽と月の位置が無いように思えますが、
紫のウインドウをスクロールさせると、ちゃんと記載されてます。

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/astro.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報