お隣の国、韓国でもIT革命を進めていますが、韓国の光ファイバー通信網の長さってどのくらいなのでしょうか。

A 回答 (1件)

韓国のNTTにあたる韓国通信(KT)の光ファイバが85000kmだそうです。


この他に第二電電にあたるDACOMの光回線も敷設されています。
ただし、これらは全て中継回線(電話局の間の回線)です。
韓国は95年のいわゆるKII計画で、FTTH(加入者回線の光化)の整備を掲げましたが、その後97年の通貨危機を経て、98年、金大中政権下で方針転換。既存インフラ利用によるADSLやCATVインターネットの普及を推進しました。99年に発表したサイバーコリア21計画では2005年までに全家庭のブロードバンド化をうたっています。
逆に、日本で話題になっているFTTHについては、ほとんど手をつけていないのが実情ではないでしょうか。

一方、日本の光回線は、中継系ではNTTcom(県間通信)が31000km、NTT東西(県内通信)が141000km、この他に、KDDIや日本テレコムの光回線が存在します。
また、NTTでは古くからFTTH化を推進しており(一時は既存の電話加入者回線を全て光ファイバに置き換えることも検討していた?)、加入者回線の途中(き線点と言います)までの光化は都市部を中心にかなり進んでいます。これがNTT東西で80000kmくらいになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。助かりました。
バッチリの答えでございます。

お礼日時:2001/07/13 10:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング