『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

宗教がなくなれば人間はどうなりますか?
宗教がなくなれば本物の平和が訪れますか?

A 回答 (6件)

宗教がなくなるだけでは不十分で、本物の平和顔と競れるためには全人類が知性を持つ事が求められます。

    • good
    • 1

まあ、たしかに戦争の歴史=宗教の歴史に重なりますよね。


古くは古代エジプト、ローマ戦争から十字軍の侵攻、現在のイスラエルとパレスチナの問題やアルカイダもそうですよね。
ただ、宗教がなくなれば…という考えは違うと思います。
難しい問題ですね。
    • good
    • 1

質問者様の想定している「宗教」とは限りなく一神教に近い「崇拝と集団」を想定してると思います。

日本のオウムのように一神教とはいえなくても「個人崇拝」を強要するような集団をイメージしているということでいいでしょうか。

でしたら、そういう宗教がなくなっても平和はこない、ということです。

そもそも質問者様が思い描くような「宗教」が世界に蔓延したのはここ2000年ぐらいの間なのです。

ユダヤ人だけは紀元前12世紀ぐらいから一神教だったようですが、キリストが生まれたのは2000年前、イスラム教の開祖であるムハンマドがコーランを作ったのは7世紀、釈迦が仏陀になったのは紀元前5世紀です。

これ以前の人々の宗教は基本的にはアニミズムを主体とした多神教で、日本の八百万の神はその時代の名残なのです。

日本の歴史だって戦争の連続です。日本が統一された7世紀以降「日本の神々はすべて平等」になりそれが「日本民族」のスタートだったのですが、同じ民族同士でさらに1000年以上争いを続けてきたのが日本の歴史であり、つまり「戦争は宗教とは関係ない原因でも起こる」ということです。

一神教的な宗教がなくなれば、残るのは精霊信仰を主体とした多神教でしょう。日本人は自分たちが「宗教を持っている」とは考えていないように、一神教が無くなれば「信仰としての宗教」は無くなるものの「神々を信じる心」や「何かすがる意識」は無くならないのです。
    • good
    • 1

宣教、布教する者は侵略、洗脳の先遣隊だから一理ある


しかし、平和は人類の妄想だから訪れない
    • good
    • 1

住む地域や言葉が違う人たちと価値観を共有できなくなるので、争いは増えるでしょうね。

    • good
    • 1

死について悩む人が増えて、不安定な世界になるのでしょうね。

きっと。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング