gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

大学で経済の勉強をしています。
2013年1月にマイナス金利が始まったことで、国債の金利も下がったと習ったのですが、これは何故ですか??

これから書くのが、僕の解釈なのですが…

「日銀当座預金に一般の金融機関が預金をしておいても、マイナス金利なので損をするだけだから、どこかで運用した方がいい。そのため、預金するつもりだったお金で国債を購入したが、いろんな銀行がこぞって国債を購入するので、国債の価格が上がり、利回りは低下してしまう。」

この解釈は合ってますでしょうか?もし合っているのならば、利回りが低下してしまうことは分かるのですが、なぜ金利が低下するのでしょうか??

具体的な例をいれて説明していただけますと、とても助かります、宜しくお願いします!

A 回答 (1件)

まちがい。

日銀当座預金の金利がマイナス金利になると国債を持っていても銀行の利益が減少する。よって、国債の人気がなくなり(逆)、国債の金利もさがる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング