『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

癌と診断されステージ4とゆわれて治療もあまり進めない医師!肺腺癌 胸水がその時点でクラス3でした。後々わかったことですが、その時点でステージ4とゆうのはおかしな話ではありませんか?また胸水を調べクラス1か2だったみたいで!
手術はできないと余命までゆわれた身になり、これは医師の誤診ですか?
詳しく病理検査をして結果待ちですが、この1ヶ月何もされず悩むばかりで病理検査でも癌細胞がでない可能性もあるとか?
今の時点で可能性はステージ1か2みたいで!クラス3でステージ4と診断する医師はどうでしょうか?
セカンドオピニオンを受けた方がいいでしょうか?
今なら手術も可能みたいで!
詳しい方どうか教えて下さい。
よろしくお願いします。

A 回答 (9件)

お返事ありがとうございます。



内容からまとめますと、
1.腫瘍は3.5㎝ぐらいとのことで、それから取った一部の癌細胞の細胞診で腺癌と確定している。
2.胸水は再びたまってくる。その中の癌細胞を調べたら、初回ではクラスⅢであったが、2回目はクラスⅠかⅡだったので、ステージⅣではなくⅢではないか? なら手術できるのでは? 来週に詳しい病理検査結果がでる。
  貴方様は以上の様にお考えかと思います。
-------------------

・腺癌と確定されたのは、気管支鏡検査か経皮針生検をされ、腫瘍からとった細胞を検査科が調べた結果でしょうから間違いはないでしょうし、
・胸水は止らずたまってくる。その胸水の細胞を調べたところ正常細胞に近いものも癌細胞に近いものもある。しかし癌性胸膜炎であることから、すでに転移があることになり、遠隔転移が無くともステージⅣ、
    と医師側は判断されていると思います。
・また、待たれている検査結果と言うのは、薬物療法として、(通常の抗癌剤は効かないため)分子標的薬のイレッサやオプジーボが適応するかどうかの検査の様に思えますが、どうなんでしょう。
イレッサは、癌細胞にv-erbBという癌遺伝子により生じた変異受容体(変異EGFR)の有無を遺伝子検査で調べますし、オプジーボは、PD-L1という蛋白の有無を調べます。
それらの検査の様に思えます。

知っておかねばならないことですが、
イレッサは、変異受容体に結合する分子の劇薬で、耐性も出来、長く見ても延命はおよそ1年で、
オプジーボは、免疫チェックポイント阻害剤と言う1種の免疫療法とは言いますが、平均1年と少し〜数年となっているようです。いずれも延命が主目的で、治癒は困難とされています。

なお、ハスミワクチンに限らず免疫療法をする場合は、これらも★継続併用を続けては免疫療法の効果は出ません。
ハスミのホームページには、化学療法などと併用しても良いと書いていますが、医学界との摩擦を避けるための表現で、実際は併用すれば効果を得られません。
免疫療法は健全な白血球のさらなる活性化を狙うものです。毒性のあるものを使っては白血球も減少や弱まるため効果は望めません。
ハスミも丸山も、開発者は抗癌剤との併用を否定していたことから医学界と対立もしました。

ハスミワクチンは保険適応にはなりませんが、一般ワクチンは1ケ月2万程です。
BSL48珠光会クリニックではNK細胞療法やLAK療法、またHITVという樹状細胞腫瘍内注入療法もされています。
ハスミワクチンにNK細胞療法を合わせればより効果が望めますし、HITV療法は高額ですがⅣ期の治療に短期間に消失という確実な効果を見ます。
ただ、これらも免疫療法ですから、抗癌剤や放射線などを併用されないことです。(少しでも白血球にダーメージを与えてはならない訳です) HITVは「何もせずに受診のこと」と最近になり表明されました。
HITVのhttp://icv-s.org/index.html
    • good
    • 2

今の日本での肺がんにて健康保険の適用されるのは、手術、放射線治療、抗がん剤治療の3種類です、その他の治療は全て自己診療ですので全て自己負担です、丸山ワクチンは本来は癌に対するワクチンでは有りませんでした、それと丸山医師は東大の出身者ではないので当時の医学界ではやはり東大医学部卒でないと中々新薬等を開発されても認証されないのが現実でしたね、ハスミワクチンは初めて癌に対応するワクチンと認証されていますが、残念ながらこれも保険の適用外ですね。

肺がんが確定して腺癌なのですね、この癌細胞が小さくなれば手術での対応が出来ますが、今の状態だと手術は出来ないと思います、非細胞がんの腺癌なら抗がん剤のオプジーボの治療の対象者ですが一度医師に相談してみたらどうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ヤッチン様
いつもありがとうございます。今週には検査結果が出ると思いますので医師に相談します。
免疫治療もすごく期待されてるものには間違いないみたいですね。

お礼日時:2018/03/04 18:10

拝見しましたが、いくつかお尋ねします。



1.腫瘍は3.5㎝ぐらいとのことで、それから取った一部の癌細胞の細胞診かで腺癌と確定しているのでしょうか?

2.胸水がたまっていて抜いたのでしょう。その後は胸水はたまりませんか?

3.抜いた胸水の癌細胞を調べたのでしょうが、その細胞がクラスⅢだったということですか?

4.「また胸水を調べクラス1か2だったみたいで!」で、「また」とお書きですが、2度目にたまった胸水の癌細胞を再び調べたのでしょうか?

-----------------

通常、肺腺癌と明らかとなっていて、胸水がたまるということは癌性胸膜炎と言うもので、癌細胞が胸膜にパラパラと種をまくように広がる転移ですから、手術が出来ないということでステージ4となりますが、どうなんでしょう。

再び胸水がたまったのなら癌性胸膜炎でしょうし、胸水は栄養が含まれる体液ですから痩せてきますし体力も落ちます。
------------------

●肺腺癌が正しいのなら、なんやかんやと言ったところで良くはなりませんし、手術に期待することも出来ません。
仮に胸水が別の原因として手術できたとしても、腺癌自体悪性度も高く、再発もあり得ます。

・私の立場なら、時間を待たず、免疫療法であるハスミワクチンのLu-2.Mと言う既成の一般ワクチンを一刻でも早く開始し、胸水も取れるのなら200㏄程保存して初診時に持参し、完成までに2ケ月かかる自家ワクチン作成も依頼します。
・患者がいけない場合は、家族の者が病名を証明できる診断書を持参して初診を受け、その日のうちに2か月分の一般ワクチンが入手できます。
・ハスミワクチンは癌ワクチンです。腺癌にも優れた効果を見ます。試みる価値はあります。
・免疫療法のことは医師に尋ねても知識にはありません。
・免疫療法には抗癌剤という細胞毒を併用してはなりません。
・再発を防ぐのも抗癌剤ではありません。ご自身の免疫です。

ハスミワクチンの開発元・受診窓口
●BSL48珠光会クリニック (東京です)
https://bsl-48.com/hasumi-vaccine/


以下の協力医からもBSLに手続きができます。

大阪の協力医は田中クリニック(ある程度詳しくお知りです)
http://www.tanaka-cl.com/vaccine_02-2.html

広島の協力医は永山医院(ある程度詳しくお知りで、すぎな会という患者会もお持ちで古くからの協力医です 院長永山多寿子先生は娘の汐見千寿先生に平成27年バトンタッチされました)
http://www.nagayama-cl.com/original10.html

私の地元の徳島はホームページはお持ちではありませんが天羽(あもう)クリニックです。
定例会にご協力頂いています。(詳しくお知りです)
http://byoinnavi.jp/clinic/95393
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hibe12002様
色々とありがとうございます。
1.は細胞を取って肺腺癌とわかりました。
2.3.4は最初は胸水検査で100ccを取り検査でクラス3でした。その後胸水がたまってるのがわかり抜いた胸水を再検査したらクラス1.2とゆうことでした。
また来週に詳しい病理検査結果がでます。
免疫治療ですね。
詳しく説明ありがとうございます。じっくりと見させてもらいます。

お礼日時:2018/03/03 02:10

参考になればと思い私の例を記載いたします、私は18歳より喫煙をして60歳より毎年CT検査を受けていました、禁煙はしませんでした、そして68歳の時のCT検査で今までのCT検査では確認できなかった新しい結節を確認しましたが、その結節の有る場所が右の肺の上葉のS2と言う場所で簡単に言うと右の肺の上の裏側に有ると言う事です、本来は口腔鏡にて検査そして組織の一部を採取して病理検査に出すのが普通なのですが、S2と言う場所は口腔鏡のカメラを口より挿入してまた戻して肺の裏側を見て組織を採取してくるのは大変難しいのです、それなら癌の可能性の有無なら一発で確認出来るPET-CTをすれば良いとの事でしたので、保険適用になりPET-CTの検査をしたら肺の部分が綺麗に光っていましたの、手術と検査(病理検査)を兼ねた迅速病理検査と言うのをして肺がんが確定して、そのまま手術を継続して右上葉の切除と気管支の廓清を行いました、手術の内容に関しては事前に医師から説明が有りましたが、手術中は私は麻酔にて寝ていたので解りませんよ、手術をして5日後には退院です。

尚、退院する日に癌の大きさがスケールと一緒に映った写真を見せてもらいました、癌の大きさは18mmでした、大きさだけならステージ1aでしたが胸膜浸潤が有ったためにステージ1bとなりTNM分類はT2aN0M0になり、手術後2年間は軽度の抗がん剤のUFTと言う薬を飲んだ方が良いとの事で今はまだ飲んでいます、今年の6月で丁度2年になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ヤッチン様
体調は今はよろしいでしょうか?手術をして5日後には退院をするのにはびっくりしました。今は軽い薬を飲まれてるみたいですが副作用は大丈夫ですか?これからもお体に気をつけて下さいね。ありがとうございます。

お礼日時:2018/03/02 21:18

http://ganclass.jp/kind/lung/stage/stage.php 参考までに肺がんのTNM分類を貼り付けします、Tとは癌の大きさです、NとかMとかは転移の関係ですから、肺がんで腺癌までは確定してきたのですよね、後は治療方法になりますね、今の日本の健康保険が適用される治療は1手術、2放射線、3抗がん剤治療の3種類です、これは癌のステージとか転移の有無ですね、PET-CTでは癌の可能性の有無までは確認できますが100%ではなく99%までの確認です、私の場合もそうでした、PET-CTの検査をして99%は肺がんの可能性が有ると言うのが医師の診断でした、もし100%といって残りの1%で癌で無い事が判明したら大変な事になりますからね、今までの診断では肺がんで腺癌でステージ3か4との事ですよね、特に腺癌の場合は自覚症状は余り有りませんから、何か可笑しいので受診をしたら肺がんでステージ3とか4の人もいますよ、但し4の場合は必ず遠隔転移が有りますからCT画像とか骨シンチとかPET検査で脳とか骨への転移がみうけられます、その場合は先ずは放射線治療とか抗がん剤で癌細胞が小さくなったら手術が出来ますが、もし遠隔転移が有り癌が縮小しない場合は手術の対象外になり緩和治療にての対応になります、特に肺がんの最後は痛みとの戦いになりますからね、それと抗がん剤の副作用との戦いです、私も一番軽い抗がん剤は服用しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々と教えてもらいありがとうございます。来週には病理検査の結果がわかります。早くPET-CT検査をしてもらいたいものです。時間が経ってしまうのがだんだん焦りを感じはじめてます。ヤッチン様は手術をしてからもぅ2年なんですね〜やっぱり手術ができるか、出来ないでは違いますよね〜今は咳がよく出てます。腺癌とゆうのはあまり症状が出ないもんなんですね〜転移が心配です。

お礼日時:2018/03/02 21:12

私も肺がんの患者です、一応手術をして現在は生きていますからね、手術をして1年半です、患者としても立場でお答えしますと、先ず肺がんのステージとは癌の大きさで決まります、肺がんで一番大事なのはTNM分類です、肺がんは脳、骨、副腎等に転移しやすいです、X-P検査やCT検査で確認出来ます。

ステージ1とか2では胸水は出ませんよ、癌細胞は病理検査での確認が必要ですがステージ3とか4なら画像診断だけでも確認できますよ。肺がんには大きく分けると非細胞がん(腺癌、扁平上皮がん、大細胞がん)と小細胞がんとに分けられます、その内小細胞がんにて手術が対応出来るのはステージ1のみです、ステージ2~4は抗がん剤+放射線治療になります。一方非細胞がんの場合はステージ1~3位までが手術の対応になります、肺がんで一番多いのは腺癌です、肺がん全体の60%位です、自分も喫煙者ですが腺癌でした、喫煙者は扁平上皮がんになる人も多いのですがね。もしステージ4なら転移があるはずです、PET-CTの検査をすれば一発で確認出来ますがね。もし癌細胞が有れば綺麗に胸の部分が光ます、結核でも光る事は有りますが、光り方が違いますので医師は間違えないと思いますよ。TNM分類で一度検索してみたらどうですね?もし転移が有り脳に転移が有る場合は余命1年位です、骨に転移が有る場合は余命半年位です、ですからTNM分類が大事なのです。日本の医療で保険の対象は手術、放射線、抗がん剤治療です。今ネット等に宣伝されている免疫治療等は全て自己負担です、NK細胞は効果が有る事は医学的に立証されていますが、その他は怪しいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。肺にある大きさは3.5ぐらいありますとのことでした。その大きさでステージ4とゆわれたのでしょうか?悪性胸水とゆわれその胸水の中にはあまり癌が見当たらなかったみたいでPET-CTの検査のことを尋ねると病理検査の結果でとゆうことでした。病院内の検査では肺腺癌と今日わかりました。後の詳しい結果はまだ出てないみたいで後日になります。色んな検査を早くしてほしいものですでに1ヶ月が経過してます。検査結果で治療にあったものを全て提示すると言ってました。全部可能性で物を言う医師です。ヤッチン様も手術をされて良い方向に進んでるんですね〜嬉しく思います。頑張って下さいね。こちらもできる限りのことはしたいです。転移が心配です。体重がすでに食べてるわりには落ちて来てます。治療もしてないはずなのに。頑張ります。

お礼日時:2018/02/28 22:04

誤診です!



違う病院で治療して下さい

誤診なので病院側に
(担当医ではなく)伝え
それなりの事をしてもらいましょう

黙って引き下がらない様に!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今日病院の相談センターにお姉さんが行ってくれたみたいでセカンドオピニオンは受けるなら言って下さいと!担当医師と話を今日しましたがあまり納得いくものではありませんでした。話を問いただしても曖昧で嘘つき医師だと思いました。ご意見ありがとうございます。もうすでに誤診から1ヶ月が経過してます。ステージ4と診断されたわりにはその可能性が高いとのこと言ってました。悪性胸水とのことだったはずなのに、今日の話ではあまり癌細胞が最初からないといわれ???になりました。

お礼日時:2018/02/28 21:42

事前に肺腺癌に詳しい病院を探して3件くらい診察を受ければ、分かると思います。


肺はステージが進むと取り返しがつかないので、早く行動して下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。セカンドオピニオンを受けるべきですね。今日もまた家族で先生の話を聞きましたが、癌はそんなに思ってるほど進行は早くないとまた嘘の話をされました。癌は肺腺癌でした。詳しい検査結果はまたあと少しかかるみたいです。

お礼日時:2018/02/28 21:32

病気は、ご自身が納得しなければ、別の病院を受診することです。

3つくらい行けば、診断がわかります。最近は病名がたくさんあるので、経験値が高い医師ほど正確な可能性は高いです。ちなみに知り合いは、数件の病院が、脳腫瘍と診断して、3ヶ月の余命を、自身の食事療法で、完治して、現在8年目です。
病気も逃げたようです。頑張ってください・・・・為せば成る!!?です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。勇気が出る意見を聞き励みになりました。今日は家族でまた先生に尋ねましたら、話が曖昧な所があり納得いくものではありませんでした。お知り合いの方がご自身の食事療法で完治されてるのもすごいですね。良い話を聞かせてもらいありがとうございます。食事療法はどんなものが良いのでしょうか?病は気からですね。

お礼日時:2018/02/28 21:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング