グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

妻の国民健康保険料を教えて下さい。私は64歳の会社員で来年定年を迎えますが、妻は65歳で私の扶養家族となっています。しかし前年の妻の収入が扶養認定基準額(180万)を越えてしまったため、扶養から外さざるを得なくなりました。

妻はパートで働いており、また前年から老齢基礎年金をもらいはじめました。その両方の収入を合わせても基準額を越えないはずだったのですが、陰に伏兵が潜んでいました。

それは私的年金の配当でした。
私も私的年金って貯金みたいなものと思ってたので、あまり気にしてなかったのですが、ある知人から配当は収入として計算内に入るはずと言われ気になっていろいろ調べた結果、私的年金の配当は基準額の合計に加えなければならないと知り、加えたところ、基準額の限度をかなり越えてしまいました。

すぐに私の会社にお知らせして扶養を外すということになり、近々、妻を国民健康保険に加入させることになりました。

そこで本題ですが、そういった場合の国保の保険料はどのように計算されるのでしょうか。

ネットで調べると前年の世帯全体の総所得を基準にとかと出てます。しかし私はまだ会社の社会保険に入ってますし、それなら妻の前年の所得が基準となるのかなどと、よくわかりません。

それからもう一件、国保の保険料算出時は私的年金のような雑所得分も入るのですか?
また一時所得はどうなりますか?

勉強不足ですみません、宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

>そういった場合の国保の保険料はどのように…



そういった場合もこういった場合もありません。
国保は前年の所得や当年1月1日現在で保有している資産などを元に算定されるだけです。
前年といっても今の時期なら前々年、平成28年分の所得と、平成29年1月1日の資産です。

>ネットで調べると前年の世帯全体の総所得を基準にとかと…

ネットは乱れた情報のデパートでもあります。
日本全国の全自治体を調べたわけではありませんが一般には、国保でない家族の所得は関係ありません。

とにかく国保は、
1. 所得割・・・その世帯の国保加入者の所得に応じて算定
2. 資産割・・・その世帯の国保加入者の固定資産に応じて算定
3. 均等割・・・その世帯の国保加入者の人数に応じて算定
4. 平等割・・・一世帯あたりにいくらとして算定

の 4つから構成され、自治体によってはこのうち一つまたは二つがないこともあります。

1. 番の所得割は、
[総所得] - [市県民税の基礎控除 33万] = [所得割算定基礎額]
です。

>妻はパートで働いており…

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>前年から老齢基礎年金をもらいはじめました…

28年にはまだもらっていなかったのなら、とりあえず現時点での国保には関係しません。
関係するのは今年 4月分からでその額が決まるのは 6月以降です。

今年4月以降は、
【公的年金による雑所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、65歳未満なら 70万を、65歳以上なら 120万を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>私的年金のような雑所得分も…

妻に私的年金があるのですか。
あるのなら当然含まれます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1610.htm

以上、具体的に料率は自治体によってピンからキリまで違いますので、地元市の HP などを見てご自身で試算してください。

(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/fukusi/hoken/tax/kok …
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/life/kokuhone …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い間のサラリーマン生活で、税に関することなど何も考えずに「のほほん」としてきた自分が恥ずかしいです。

切羽詰まって気がついた時には何もわからず。その度あちこちで調べたり、人に聞いたりと、結局難しい用語の嵐で飽和状態になったりでした。

今回お教えいただいた中にも別サイトへのリンクもあり、そちらへ飛んでしまうと、難しい説明もありました。

別サイトへ飛ぶ前のほうがわかりやすく、「あぁなるほどな」と思ったところが沢山ありました。

自治体により違いがあるということなので今回の知識を踏まえ、市役所に出向こうと思います。

ご教示有難うございました。

お礼日時:2018/02/28 18:32

国民健康保険の保険料は、その世帯で国民健康保険に加入している人の所得額合計で算定されます。

ただし、保険料の軽減判定のときだけは、他の健康保険に加入している世帯主(これを擬世帯主と言います)の所得も加味されます。

ところで、国民健康保険の保険料は4月からの1年間分を算定されます。一方、所得は1月からの1年間分で計算されます。
したがって、今年の3月分までは一昨年の所得額での算定です。ご夫婦以外にご家族がいなければ、まずは一昨年の妻の所得だけで算定されます。確定申告をされていない場合は、役所の窓口で相談してみてください。その場合、住民税の申告が必要になる場合があります。
そして、今年の4月分からは、昨年の妻の所得額で算定されます。なお、私的年金であっても所得に含まれます。その他の雑所得や一時所得も含みます。一方で障害年金や失業手当などは非課税ですから含みません。

参考までに、社会保険の扶養認定の際には、非課税の障害年金や失業手当であっても収入に含みますが、逆に一時的な所得は含まない場合が多いです。国民健康保険の場合とは異なりますでご注意ください。

国民健康保険の保険料はお住いの市町村によって額は異なります。市町村のホームページには必ず保険料率や計算方法が掲載されていますので、一度確認なさってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い間のサラリーマン生活で、税に関することなど何も考えずに「のほほん」としてきた自分が恥ずかしいです。

国保に限らず税って難しいですよね、と言うより面倒臭いんですかね。
切羽詰まって気がついた時には何もわからず。その度あちこちで調べたり、人に聞いたりと、結局難しい用語の嵐で飽和状態になったりでした。

自治体により違いがあるということなので今回の知識を踏まえ、市役所に出向こうと思います。

ご教示有難うございました。

お礼日時:2018/02/28 18:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング