最近、歯科医など医師の過剰が問題になっているようですが、それならば発展途上国などの、医師の不足している地域での開業すればよいのでは と思うのですが、実際そういう話は聞いたことがありません。ボランティアというのではなくて、開業するにあたっては、法的な問題などがあるのでしょうか?

今後日本ではますます人口減少 世界では人口増加傾向にむかっているので、海外で医療活動ができるのか興味があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

当然現地での歯科医師免許が必要です.



それと..所得の問題があります.歯科医師がいても治療をうけるだけの収入がないんです.
日本は皆保険ですけれど,普通はありませんから..
虫歯一本なおして5000円~20000円.
発展途上国の人たちには払えません.金持ち対象の歯科医はたぶん十分にいるでしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。 免許というもんだいがあるんですね。当然といえばそうですが、気づきませんでした。
お金の事も問題ですね・・。あらためて、この問題が難しいと感じました。

お礼日時:2001/07/14 03:06

言葉や文化の違いも大きいのではないでしょうか。

同じ痛いでも、ちくちくとか、ひりひりとかいろんな表現がありますよね。そういうのって、国によって違うから、外国人のお医者さんだとなかなか難しいですよね。それと、文化のさも大きいです。例えば、熱が出たときにはフランスでは冷風呂につからせるという習慣があるそうです。体によい食べ物などといったアドバイスも、その国のことがわかってないと信用されません。だから、難しいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

NO1さんがおっしゃっているように、当地の医師免許が基本的に必要です。

但し、次は例外の一例です。

たとえば、大規模な自然災害が発生した国に救援活動の一環として、外国から医者を派遣する場合は、その国の承認を得てから医療活動を行っています。(言い換えれば、超法規的処置。)なおわが国の淡路・阪神大震災の時に、外国から医療支援の申し出があった時、旧厚生省は日本の医師免許がないとの理由で、当初この申し出を断った話は、記憶に新しいところです。

ということで、ボランティアはもちろんのこと、現地で「営利」を目的とする開業は、当地の医師免許がなければ認められないでしょう。もし、免許なしで自由に開業を許したら、現地の医者が猛反発すると思います。(医者の数が少なければ、一人あたりの患者数は増えるでしょ。医は仁術と考える医者は、万国少数でしょうね。)

以上です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング