宇宙線のスペクトル測定(X線やγ線など)をどんな装置でどのように測定するのですか?装置の種類とか教えて下さい。暇だったので何気なく思った疑問です。お願いします。

A 回答 (1件)

専門外の者ですが解答がつかないようなので少しだけ…



http://www.u.phys.nagoya-u.ac.jp/uxgj.html

http://icrhp9.icrr.u-tokyo.ac.jp/japanese/

上がX線,下がガンマ線で宇宙を眺めている研究室のホームページ(の一例)です。お暇でしたら巡回してみてください。いろいろ書いてあります。

ここではX線は主に比例計数管,半導体検出器,シンチレーション計数管でそのエネルギーを,ガンマ線は空気中のシャワーのチェレンコフ光の強度を見てエネルギーを測定するようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。教えていただいたホームを覗いたら大体でしたが理解できました。またなにかのときには宜しくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/25 16:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙での宇宙線の被ばく量

最近民間航空機の乗務員が宇宙線対策を政府に要望したというニュースを読み驚きました。
月面などの宇宙空間で暮らすとしたら
年間の被ばく量はどれくらいになるのでしょうか?
地球上では通常、2ミリシーベルトぐらいらしいのですが

Aベストアンサー

「バンアレン帯 放射線」などをキーワードに探してみました。

放射線利用技術試験研究データベース - 宇宙飛行士の放射線防護
http://www2.rada.or.jp:8180/member/synopsis/030169.html

| 平常時には宇宙線線量率は約1mSv/日と比較的低線量率である。

年間にすると、365ミリシーベルトの計算という事でしょうか…?
宇宙服の性能、宇宙船の防護性能、太陽フレアなどで一概に値を決められないと思いますが。
透過力の高いガンマ線よりも、破壊力のある重イオンなんて物が降って来るという事のほうが問題のようです。

参考URL:http://www2.rada.or.jp:8180/member/synopsis/030169.html

Q宇宙線について

宇宙線について
インターネットで知ったのですが、
宇宙線というものがあり、建物や、山自体を透視撮影できるみたいですが、
1.撮影方法はザックリどのようにするのでしょうか?
 人間のレントゲンみたいに、下に撮影用の板みたいなのを挟んで撮影するのでしょうか?
2.宇宙線でアルミニウムの透視撮影は可能でしょうか?
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

質問を読んでいて、理論的な話なのかな?と思っていたんですが、現実に何かを撮影したいのでしょうか?

宇宙線は既出ですが、宇宙から飛んでくる色々な電磁波の総称で、地球には大気があるのでほとんど地表面には飛んできません。

もし山を透過撮影できるほどの強力な電磁波が降り注いでいたとすると、私たちは24時間365日レントゲン撮影をされている状況になるので生きていけません。

何か地中に埋まっているものを撮影したいとかでしたら、考古学関係の装置が色々あるかと思いますが。

Q宇宙で作業していた人が銀河宇宙線にあたる

銀河宇宙線ってもの凄い高エネルギーらしいですね。
太陽風でさえ地球付近で10万度あるとのことですが
それよりもっとエネルギーが高いとか。全然知りませんでした。
地球の大気さまさまですよね。

ふと宇宙ステーションとかで外で作業している人が
運悪く銀河宇宙線に当たったらどうなるか疑問に思いました。

一瞬で蒸発してしまうと思いますが
それとももっと醜い死に方をするのでしょうか。
また銀河宇宙線に当たるという運の悪さは確率的にどの程度でしょうか。

Aベストアンサー

書き方が悪かったかもしれませんが、X線は人間の体を通過する際、一部が体に吸収されます。
この吸収の度合を見ることで、人間の体内を写し出しています。
ですからX線は人体で一定割合が吸収されるので、人体に有害といえます。
宇宙線の中のX線も同様ですから、当然被曝します。
宇宙線の粒子のエネルギーが高くなるにつれて、人間の体を透過する割合が上がっていき、高いエネルギーになると完全に通過してしまうようになります。

ガンマ線は非常に幅広いエネルギーを持っている粒子が含まれます。
一括りに危険かそうでないかを言うには、エネルギーが広範に渡っています。
X線に近い、低エネルギーのガンマ線は危険ですが、高いエネルギーのガンマ線は人体を通過してしまうため、危険度は低いと言えます。

Q北緯x度と南緯x度の国は半年遅れで同じ季節でしょうか?

北緯x度の国と南緯x度の国は半年遅れで同じ季節でしょうか?
ところで日本と南アフリカは赤道をはさんでほぼ対称に位置しています。
そこで疑問なのですが、何故南アフリカ人は黒人なのに
日本人は黒人でないのでしょうか?
照りつける太陽の総量は2国とも同じはずです。
太陽の総量と肌の色は比例すると思うのです。
だとするなら日本と南アフリカは照りつける太陽の量は
同じなので、肌の色も同じになるのではないのか?
というのが僕の疑問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
南アフリカ共和国のことだったのですね。うっかりしました。私の勘違いです。南部アフリカのことだと思ったのです。申しわけありません。

誤解がわかったところで、再度回答することをお許しください。
まず南アフリカ気候は、日本と同緯度地域にありますが、だいぶん様子が違うようです。おおまかにいって四つに分けられ、東部が熱帯湿潤、南部が地中海性、北部がステップ、西部が砂漠となっています。そういう意味では単純に比べられません。日本のような四季はほとんどありません。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7870/weather1.html

また、我々モンゴロイドは温暖なスンダランド(数万年前のインドネシア付近)から直接日本へ来た人々と一旦バイカル湖の極寒地域に移住した人が遅れて日本へやってきた人達とおおまかに二つにわけられます。少なくとも、現在の日本人の外形的な特徴は今の温帯モンスーンで形作られたものではないのです。このことも短順位比較できない理由になります。

一方、南アフリカの住人はどうかといいますと、古い原住民はコイサン人という人達です。揶揄的に白人が呼んだブッシュマンという名で知られた人たちです。
参考URL↓のブッシュマンの人達の写真をごらんください。彼らは、日焼けしていますが、肌の色は黒くはありません。肌は黄褐色ですし、骨格もモンゴロイドに近い特徴を持っています。(しかし、血清学的にはネグロイドと同系らしい)
しかし、現在の南アフリカを見ると、黒人の人ばかりですよね。それは、バンツー系(黒人)といわれるアフリカ中央部に住んでいた人たちが西暦700年頃あたりに南下して移住してきたためです。ごく最近なわけです。
現在は、これらの人もしくは混血の黒人系の人ばかりで、コイサン人はカラハリ砂漠だけに住む少数民族となってしまっています。
つまり、多数派のバンツー系の人達が褐色や類黄色などの薄い色に変わるのに要する充分な時間が経っていないのです。

参考URL:http://www.hoodia.jp/bushman.html

#3です。
南アフリカ共和国のことだったのですね。うっかりしました。私の勘違いです。南部アフリカのことだと思ったのです。申しわけありません。

誤解がわかったところで、再度回答することをお許しください。
まず南アフリカ気候は、日本と同緯度地域にありますが、だいぶん様子が違うようです。おおまかにいって四つに分けられ、東部が熱帯湿潤、南部が地中海性、北部がステップ、西部が砂漠となっています。そういう意味では単純に比べられません。日本のような四季はほとんどありません。

http://ww...続きを読む

Q輝線スペクトル

「原子内の電子のエネルギー準位は量子化されている」という表現が理解できません。どなたか、門外漢にもわかるよう噛み砕いてください。

Aベストアンサー

エネルギーはプランク定数という値(h)の整数倍の大きさしか取れない、というのがエネルギーの量子化の意味です。

わかりやすいように、重力の位置エネルギーで考えてみましょう。
高い場所に行くのに滑らかな坂を登れば、位置エネルギーは連続した値をとります。
しかし、高い場所に行くのに階段を登れば、位置エネルギーはある決まったいくつかの値しかとれなくなります(決まった値の中間の値はとれなくなります)。これが量子化です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報