最近、ルアーでサバが釣れると聞きますが、どなたかボートからルアーでサバを釣られた方 方法と釣れるポイントを教えて頂けますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ぜんぜん東京湾じゃなくってすみません。


私の(福岡)釣り方は、船外機付きのミニボートで、
鳥山を追っかけながら釣るスタイルです。

タックルは、トラウトロッドに、トラウト用の
スプーンかスピナー・もしくはキャスティング用の
小さなメタルジグを鳥山から距離をとって、ド遠投します。

鳥山が無いときは、潮目を探してキャストかトローリングです。

この方法で30cmクラスだったら楽に釣れます。
ルアーの種類は経験上こだわらなくてもいいみたいです。
どちらかというと手返し優先でルアーを選んだほうが、いいような気がします。
    • good
    • 0

tyurasan.はじめまして!


参考までに過去の経験をお話します。
自分はルアー釣りをしている頃は、ジグ(重さは1オンス)を使用しサバを釣って
いました。その場所にサバが居たなら、色にこだわらなくてもキラキラしていれば
釣れると思いますよ。
昔はルアーをキャスティング後、直ぐに高速リトリーブしていましたが、今思えば、普通のスピードで、リトリーブしても釣れたんじゃないかなっておもいます。
群れに当たれば小型ミノーでも釣れますよ!
    • good
    • 0

色の選び方を間違って書いていましたので訂正しておきます。



暗いときは蓄光、薄暗いときはホログラムの反射か明るめの色、明るくなって深く送りこむときはナチュラル系の色などをポイントに選べばいいと思います。

こちらではもう時期が終わってきたようです。
次は9月の少し涼しくなったころからまた釣りやすくなるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと、ありがとうございます。まだ試していませんが、29日に出る予定なので試してみます。

お礼日時:2001/07/23 16:10

私は瀬戸内海の釣りですが、参考になればと。



釣りやすいのは朝と夕で、潮の動きがあるときがいいです。
また、朝でも薄暗い太陽が昇る前が、浅いところへ食事しにきてますので良く釣れます。
太陽が昇ると深く沈みますので、とたんに釣りにくくなります。
夕方は日が翳るころがいいです。

ルアー(?)は、重く沈みやすいジグなどを使い、状況に合わせてすばやく取りかえられるようにしておくといいと思います。
スズキのようにシビアに考える必要はありません。
暗いときは蓄光、薄暗いときはホログラムの反射、明るくなって深く送りこむときは少し明るめの色などをポイントに選べばいいと思います。
フックは数が少ない方が外しやすいです。

潮と時間帯が良ければ、いたら釣れるという感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tamtaka様、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。明日、海に出て試してみます。また、いろいろと教えてください。ありがとうございました。瀬戸内海は海がきれいでいいですね。

お礼日時:2001/07/14 16:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奥多摩フィッシングセンターでのルアー釣りのコツを教えて頂けないでしょうか?

最近、管理釣り場でルアー(主にスプーンです)釣りを始めた者です。
フィールドは主に「奥多摩フィッシングセンター」に通っています。
通った回数は今回を含めてまだ3度目です。

実は本日、午後から「奥多摩~」に行って来てルアー釣りをやってきました。午後の放流は終わった段階で到着しました。
前回のヒットルアー(赤金色のスプーン)で早速25cmクラスをヒットさせたのですが、その後(終了まで)全くヒットしませんでした。

他の方々を見ますと、今日はフライ釣りに魚は来ているようでした。

そこで「奥多摩フィッシングセンター」(だけでなくても良いのですが)でルアー釣りをされている方、若しも宜しければお勧めのカラーやポイント等、又は釣り方のテクニック等などを教えて頂けないでしょうか?

3回しかまだ通ってないのですが、前回は午後から行きまして40cmクラスの大物をヒットする事が出来ました。これも赤金です。またその日はいろんな色を試しました。金色、銀色、青色、若草色、ピンク等を試してみてどれも効果がありかなりの数を上げることが出来ました。

因みに、今日の魚影は濃かったのですが、ルアーをやっている他の方々はサッパリだったのですが、フライにだけは敏感に魚は反応していました。管理局の方に聞いてみますと「ルアーかフライのどちらかにしか反応を示さない日もあるよ」と言われました。こんな事ってやはりあるのでしょうか?
ルアーローテンションのポイントや見切りのタイミング、ルアーの重さやアクションの付け方(リールを巻くタイミング等)、若しも御教授を賜れるのでしたら、何卒宜しくお願い致します。

最近、管理釣り場でルアー(主にスプーンです)釣りを始めた者です。
フィールドは主に「奥多摩フィッシングセンター」に通っています。
通った回数は今回を含めてまだ3度目です。

実は本日、午後から「奥多摩~」に行って来てルアー釣りをやってきました。午後の放流は終わった段階で到着しました。
前回のヒットルアー(赤金色のスプーン)で早速25cmクラスをヒットさせたのですが、その後(終了まで)全くヒットしませんでした。

他の方々を見ますと、今日はフライ釣りに魚は来ているようでした。

...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

この時期はルアーは不利ですね、ウンウン。これが止水型の管理釣場だとにっちもさっちも行かない、いっその事フライ始めたら?ですが奥多摩フィッシングセンターは流水型なのでまだ救いはありますね。
というのも水が流れているから水温が比較的低い状態を保ってくれている、この時期はメイフライ(カゲロウ)のハッチ(羽化)が活発でトラウトはメイフライばっかり喰っている、という事。もちろん養殖魚ですからペレットという丸い金魚のエサモドキなエサも与えられてきたわけですから小さい丸いものにも反応しますが、まずはメイフライを考えてください(何しろ直訳すると『5月の羽虫』というほどですから)。

そこでメイフライ(水生昆虫)のライフサイクルを研究しますと…まず幼虫、ピンチョロとか言われる川虫として水底を這っていますが水温が15℃前後の羽化の時期を迎えると水面に向かって脱皮して亜成虫となります。そしてよたよたと飛びながら安全な葉っぱの裏などに止まって成虫となります。亜成虫になると蚊柱のように飛び交うので一目瞭然です。それはそれは見事なモンですよ。その後1日ほど成虫として過ごしたら川面に産卵して短い一生を終えます…昔から『はかないもの』の喩えでカゲロウを指すのはここに由来するわけですが、トラウトにとっては亜成虫になるために水面に上がる時と産卵して絶命する時が絶好のご馳走タイムなのです。
つまりトラウトは「羽化のために水面に上昇するもの」の敏感になっています。ルアーは投げて『巻く』『引っ張る』『落とす』釣りであるために問題はこの「羽化のために上昇する」アクションをどうすれば実現できるか、ということです。

そこでまず川の流れを利用します。
流れに乗せてルアーを流してラインが張るまで待ちます。ラインが張るまで絶対にリールは巻かないのがキモです。そしてラインが張るとルアーは川の流れに引っ張られて浮き上がります…飛行機の翼と空気の対流の関係に似た現象です。すると浮き上がるものに敏感になっているトラウト達は思わず食いついてしまう、というわけです。
ラインがピンと張って10~30秒待ってガツンとアタリが来なかったら初めてリールを巻いて、アタリがなかったら次のキャストに移ります。そしてまた流して…を繰り返します。
実はこの釣り方はフライの“ウェット・フライ”というジャンルの“スイング&ターン”という釣法を応用したもので、特に大物に効果がある釣り方の基本のひとつとなっています。

注意しなければいけないのは…

1)アタリはコツコツ・モゾモゾという小さなアタリは徹底的に無視してガツン!とかガン!とかゴン!というアタリだけを取る。なぜなら小さなアタリはトラウトが興味本位でちょっかいを出しているだけで、小さいのが騒いでいるのを見つけた大きなトラウトが横からかっさらっていく場合がほとんどだから。どうせ小さなあたりはフッキングできませんしね。
2)キャストしてラインが張るまではラインの動きでアタリを取る。なぜならサカナはいつ食いついてくるか分かりません。いくらこちらが「浮き上がったところで釣ってやろう」と思っても流れに乗せている時に喰ってくる事も充分あり得ます。いつ食ってくるかは魚の気分次第ですからね。とにかく変な動きだと思ったらアワセてみましょう。

という点です。
重さは流れやポイントの深度によって変えていきますが、3gを基準に流れが強ければ重いルアーを、流れが弱ければ軽いルアーを選んでください。

またルアーの色ですが、
http://www.winfield.co.jp/catalog/product_info.php/cPath/10_287/products_id/1898?osCsid=2d3c2b7c717ebca8ee6a01c00f4ea5cb
↑“ロイヤル・コーチマン”で使っている色を参考にしてください。実はこのフライ・パターン(巻き方の事)はトラウトがつい喰らいついてしまう色の寄せ集めなのです(フライではルアーのようなリアクション狙いのフライの事を『アトラクター・フライ』と呼びます)。このパターンで使われている色をセレクトすれば驚くほど釣れますよ。

どうも、釣りバカです。

この時期はルアーは不利ですね、ウンウン。これが止水型の管理釣場だとにっちもさっちも行かない、いっその事フライ始めたら?ですが奥多摩フィッシングセンターは流水型なのでまだ救いはありますね。
というのも水が流れているから水温が比較的低い状態を保ってくれている、この時期はメイフライ(カゲロウ)のハッチ(羽化)が活発でトラウトはメイフライばっかり喰っている、という事。もちろん養殖魚ですからペレットという丸い金魚のエサモドキなエサも与えられてきたわけですか...続きを読む

Qサバのいる場所の見つけ方 ボート釣りです

最近釣果を見てるとサバ大漁をよく見かけます

再来週尾鷲にインフレータブルボートでエギングに行くのですが
そのついでにジギングでサバをやってみたいと思ってます

そこでサバはどのようなとこに多いのでしょうか?
また見つけ方とかあるのでしょうか?

詳しいかたよろしくお願いします

Aベストアンサー

水面がボイルしているところに突入するとサバやシイラや青物がイワシを追い上げています。

鳥山も見逃せません。

魚群探知機でベイトを探すのも確実です。

Q浜名湖ボートフィッシングの釣法、ルアーのお勧め

8月のお盆に浜名湖でボートフィッシングをしようと思っています。
浜名湖もボートフィッシング自体も初めてでまったく知識が有りません。
本音はポイント等を詳しく知りたいのですが
それはたぶん無理だと思うので
釣法やお勧めルアー等のアドバイスをお願い致します。

タックルは少し前の質問でロッドはダイワのクロスビート632MLFS・Fにし
リールは現在使っている物のスプールだけ変えて
ナイロンを巻こうと思いましたがスプールが思いのほか高いので
ダイワのレブロス MX 2500に10lbを巻きました。

狙う魚はルアーでシーバス
外道でクロダイ、キビレが釣れたらいいなと思っています。
あと、餌釣りでキスです。
おおちゃくして、同じロッドとリールで挑もうかと思っています。

浜名湖は水深が浅くてオープンエリアの日中の釣りになるので
投げてただ巻くだけで釣れるかどうかも心配ですし
どこらへんに投げるといいのかも全く不明です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シーバス、クロダイ、キビレをほとんどトップばかりで釣っています。

まずキスはそのままのタックルで十分でしょう。

シーバスやクロダイに関しては出来ればリーダーが欲しいところですね。
浜名湖の場合ですとさほど障害物もないでしょうから10lbあれば、魚と引き合いで切れることは
ありませんが、シーバスなどはエラなどで一発で10lbは切れてしまいます。
出来ればナイロンかフロロの16lbのリーダーは欲しいところですね。

ラインシステムが出来るかどうか分かりませんが、取りあえず簡単な結節でしたら
トリプルサージャンスノットが分かりやすくて初めてでもそこそこ強度は出るでしょう。
http://www.seaguar.ne.jp/knot/page.jsp?mode=cover/lines/page/16

クロダイ、キビレはポッパーかペンシルがベストですね。
ザブラポッパー(ジップベイツ)、バックファイヤー(バズデイ)、シルバーポップ(DUEL)など
クロダイ専用モデルがたくさんありますからそれらで十分ですが、安いポッパーでも釣れないことは
ないのですが、飛距離が全く出ない、ポッピング中にフックが絡むなどトラブルも多いです。
http://www.youtube.com/watch?v=hTAOo84VJp0&feature=related

ペンシルベイトは7cmから9cmぐらいのフローティングペンシルならソルト用でも
バス用のものでもどちらでもいいです。
とにかく水を良く噛み引き波の大きいものが高アピールです。
http://www.youtube.com/watch?v=Bpd_IFJuLLw&feature=related
ペンシルは慣れないとアクションが付けきれないかもしれないのでポッパーの方が簡単です。

場所は干潮時は干上がるような水深1m前後のシャローエリアがメインです。
このエリアにシーバスも一緒にいて同じタックルで釣れることも多いですが、シーバスの場合は
もう少し深くてウィード(藻)が広がっているエリアのウィードの端の若干深くなっているような
場所をミノーのトウィッチアクションなどで誘う方が効率が良くヒット率も高いです。

日中はただ単に巻くだけではなかなかヒットしません。
トップの場合はそれ自体が誘いになって魚の活性が上がりますが、ミノーなどは棒引きでは
なかなか日中はヒットしないのでトウィッチ、ハイスピードでストップ&ゴーなど
何らかのアクションを付けて反射食いを誘わないと難しいですね。

でもどちらにしても水深の浅い浜名湖ですから、魚がよく走るので掛ければ楽しいでしょうね。
頑張ってでかいの釣って下さい。

シーバス、クロダイ、キビレをほとんどトップばかりで釣っています。

まずキスはそのままのタックルで十分でしょう。

シーバスやクロダイに関しては出来ればリーダーが欲しいところですね。
浜名湖の場合ですとさほど障害物もないでしょうから10lbあれば、魚と引き合いで切れることは
ありませんが、シーバスなどはエラなどで一発で10lbは切れてしまいます。
出来ればナイロンかフロロの16lbのリーダーは欲しいところですね。

ラインシステムが出来るかどうか分かりませんが、取りあえず簡単な結節でしたら
ト...続きを読む

Q遠投さびきでサバを狙うのと普通のさびきで遠投してサバを狙うのとだったら

遠投さびきでサバを狙うのと普通のさびきで遠投してサバを狙うのとだったら釣果は違ってきますか?

Aベストアンサー

狙うポイントと棚設定、そして腕次第
最後は運で決まります。

ところで何でワザワザ違うID使って同じ質問するのかなぁ?

Q遠投さびきでサバを狙うのと普通のさびきで遠投してサバを狙うのとだったら

遠投さびきでサバを狙うのと普通のさびきで遠投してサバを狙うのとだったら釣果は違ってきますか?
.

Aベストアンサー

遠投して狙うとなれば少しでも大きなサバがお目当てなのですね
どちらの地域で釣行されるのか分かりませんが、当方の地域ではデカサバ(40cmオーバー)は7月いっぱいで終わりました。
私のタックルは遠投竿で浮きサビキ仕掛
気になるサビキの種類ですが、遠投サビキでも普通のサビキでもありません
船用のサビキを使用しました
当然サビキの長さも長い約3m
これで約2ヒロの層を探れます(釣果に差が出ます)
船用なのでバケも大きく魚に対するアピール力が他のサビキより大きいです
これでデカサバ爆釣しました
釣り場では普通のサビキや遠投サビキを使用してる方もいましたが、明らかに喰いが違い一人勝ちな状況でウハウハでしたよ
船用なので幹糸・ハリス共に太仕掛なので小さなサバは食ってきません
今釣れてるサイズに合わせてサビキを選ばれるのが良いと思います
良き釣果に恵まれますように


人気Q&Aランキング

おすすめ情報