これからの季節に親子でハイキング! >>

ホンダのマルチマチックミッションは他社のCVTとは違う(トルクコンバーターがついていない?)と聞きますが具体的にどう違うのでしょうか?

また初代フィット等にスターティングクラッチというものがついているらしいのですが、どのような作動をするのでしょうか?

解説説明がのっているサイト等ありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

CVTの先駆けがホンダマチックDレンジ無段階!現在のCVTはプーリーの・・・・


これ書くと面倒なのでメカニックに聞くのが1番!
    • good
    • 0

今まさにその年代のホンダ車に乗ってます(フィットではない



トルコンの代わりに湿式クラッチが付いてます。
スズキやトヨタのCVTよりダイレクト感が強くて個人的には気に入ってます。

ただ私の車では起こっていませんがジャダーが出やすいという欠点があり2代目に切り替わった際に普通のトルコンに差し替えられてしまいました。
因みになんとモデルチェンジした際にカタログ燃費が悪化しました。

湿式クラッチを捨てるのはホンダにとっても苦渋の決断だったと思います。
    • good
    • 0

…ポイントはそこじゃないんだな。



 #4氏紹介のメーカーサイトが一番確実なんだけど、HMMのポイントはクラッチ機構の種類ではなく出力側という位置です。

 電気式やトヨタのハイブリッドシステムもCVTに含まれるのでこれは除かなくてはなりませんが、一般的にCVTというのは「動いている時でないと変速できない」という弱点があります。具体的に問題になるのはMTでいうトップギア状態のまま急ブレーキなどで止まってしまうとローギア状態に戻せないので再発進に苦労するなど。

 HMMのようにクラッチ機構を出力側に持って来ればエンジンが動いている限りいつでも変速できる訳ですが、その分クラッチ機構にかかる負担が大きくてジャダー問題とかいろいろ問題が出ちゃったがホンダはそこを解決する方向には動けず(動かず?)入力側にクラッチ機構を持ってくる一般的な構造にした訳です。

 クラッチ機構は当初スバルが電磁クラッチ、フィアット他が湿式多板クラッチといった感じでしたが、滑らかさとか耐久性の面で難しかったのか、現在はホンダも含めほとんどが入力側のロックアップ付きトルクコンバータに落ち着いていますね。
    • good
    • 0

こんにちは。

以下はホンダの「マルチマチック」に関する解説サイトです。
http://www.honda.co.jp/factbook/pi-civic/trans.htm
これによると、CVTプーリーのドリブン側(出力軸側)に発進専用クラッチ(スターティングクラッチ)として電子制御された湿式多板クラッチを使っていると書いてあります。

*湿式多板クラッチは通常のトルコンATでは変速装置(変速ギヤの断続)によく使われている機構です。またオートバイのクラッチとしてはごく一般的に用いられています。

メリットは、発進後早めにエンジンとミッションが直結状態に出来るため、トルクコンバーターよりスリップを少なく出来ることやフライホイールマス(トルコンのドラムはかなり大きな容量が必要です)を小さく出来ることなどでしょうが、初代フィットはこの湿式多板クラッチ自体の容量もしくは断続の油圧制御(の両方?)にちょっと問題があり、以前の回答にもありますが発進時のジャダーに悩まされていまして、その後のモデルからは(他車同様の)直結クラッチ内蔵の普通のトルクコンバーターに変わってしまいましたね。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

初代のフィットには、伝達効率は悪くなるけど、発進のショックをなくす、トルコンが付いていませんでした。

つまり発進するたび、まるで初心者の、へたな半クラッチのように、ガクガクする=ジャダーが発生して、評判が悪かったので、二代目からは、他社と同じく、トルコン付きになりました。
フィットCVT フィットジャダー、で検索されれば、た~くさんあります。定番なので。
    • good
    • 0

CVTもトルクコンバーターと言えばトルクコンバーターです、回転数をトルクに変換しています。

    • good
    • 0

初代のFitはジャダーがすごく、走り出しはキャタピラみたいでした。

もちろん仕入れた全車、AT交換しました。燃費と加速はいいとおもいますよ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QフィットのホンダマルチマチックSとは?

2年前から、フィット1300-Wに乗っています。
今頃、疑問に思ったのですが、ATドライブの「D」と「L」の間にある「S」って、
「Second」ではなく、「Sports Mode」の事だったんですね?
(ちなみに、「L」は「Low」の事ですよね?)

で、フィットのHP説明を見てみたんですが、
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/mechanism/index.html

街中と山道ではアクセルの踏み方は変わってきます。そこでホンダマルチマチック(自動無段変速AT)に、坂道などで最適な変速比を選択する「プロスマテック」をプラスした、「ホンダマルチマチックS」を採用。走るシーンによって自動的にシフトスケジュールをかえてくれるので、より自然な走りが楽しめます。

と、説明がありました。
って、結局なにが言いたいのか分からなかったのですが、
結局、「街中で走るときに低燃費になる?」「起伏の激しい坂道で超低速走行時での運転で低燃費になる?」
それとも、「高速道路で走るときに低燃費になる?」「通常時、DよりもSで走れば低燃費ってこと?」

「より機敏に走りたいときはスポーツモード」と言われても、
実際に、どういうシチュエーションで使用すればいいのか分かりません。
(スポーツモードって、まさか、公道で誰かとレースするわけじゃあるまいし・・・)

ちなみに今までは、「Second」だと信じていたので、
地下駐車場などに入るときの坂道で超低速時に使っていました。。。(これって、やっぱり間違いですよね?)

誰か教えてください。
実際にフィットに乗ってる方のコメントだと、なお嬉しいです。

2年前から、フィット1300-Wに乗っています。
今頃、疑問に思ったのですが、ATドライブの「D」と「L」の間にある「S」って、
「Second」ではなく、「Sports Mode」の事だったんですね?
(ちなみに、「L」は「Low」の事ですよね?)

で、フィットのHP説明を見てみたんですが、
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/mechanism/index.html

街中と山道ではアクセルの踏み方は変わってきます。そこでホンダマルチマチック(自動無段変速AT)に、坂道などで最適な変速比を選択する「プロスマテック」...続きを読む

Aベストアンサー

他人の同じグレードを何度も乗って試したので回答します。
sはDよりもエンジン回転数を高めに維持します。なので、燃費は多少悪くなります。
その代わりアクセルを踏むとストレスなく加速するので、多少スポーティーな感覚が味わえます。
スポーティーさを求めない人でも上り坂とかだとグイグイ上ってくれるようになるので、加速しないな~って思ったら使ってみると良いです。
人をいっぱい乗せて加速しない時も有効に使えますよ。

まーセンカンドだと考えても問題ないですよ。結局やってることは、Dで5速の時Sでは4速っていうようになっているので。

実際に所有してるわけじゃないので、「回答自信なし」にしました。


人気Q&Aランキング