患者が医者に対する訴訟を前提として
カルテの開示を要求すると断られるとききますが、
それはなぜなのでしょうか?
単純に医療機関が訴訟を起こされることを拒んでいると考えるべきでしょうか?
それとも別の事情があるのでしょうか?
詳しい方お願いします。

A 回答 (1件)

実際はその訴訟内容に依り、その理由もケースバイケースといったところですが、一応医師法に於いて「守秘義務」というものが医師には科せられています。

大体に於いてこの建前(言い方は悪いですが)を出して断ることが多いと思いますが、理由を明らかにせずに一方的にただ拒否することも、過去に多かったと思います。

今現在では、カルテ開示に向け、各医療機関でも積極的に開示要求に答えていこうという方針を実行することが多くなってきました。訴訟ではカルテを開示しないことによって、かえって医療サイドが不利になるようになってきたので(カルテ改ざんの可能性を示唆されるため)、当然といえば当然かも知れませんが。

過去には確かにカルテ改ざんが起こり、これについての大々的な報道が行われていたので、無理もありません。また例えカルテを見せられたとしても、(特にミスを疑わせるようなケースでは)一般人には解読しがたい言葉(記号にも見えますが)の羅列で、煙に巻かれることも多かったでしょう。

かなり開かれた医療に向かいつつあるものの、今現在カルテの開示要求に対してどれだけの医療機関が積極的に応対しているか、私も興味あるところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
新聞はあまりみてなかったのですが、
カルテの改竄事件は耳が痛い話ですね。
法の目が届かなければ医療も腐敗するのだろうかと思わせられる事例ですね。

お礼日時:2001/07/15 13:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ