ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

親藩と譜代大名の分け方が分かりません。

問,大名区分のひとつで、古くから徳川氏に仕えていたものをなんというか?

という問題なのですが、自分なりに調べると親藩は大名では無くて徳川家一門であるとあったのでこれなら分かるんですが大名区分のひとつと言われると困ってしまいます。外様は分けられるのですがどうしても2つが区別できません。わかりやすく覚えやすい解説をお願いします。

A 回答 (3件)

徳川家が大きくなる以前から配下にいたものが、譜代大名。


所領は小さいが、重要な拠点を任されたり、幕府の行政に参加したりという特権あり。
特に、三河の弱小勢力だったごろからのものを三河譜代という。
徳川家の親戚に該当するのが、親藩。水戸、尾張、紀州のように、家康晩年に成立した藩もある。譜代と比べ、所領は大きい。
    • good
    • 0

三河や浜松の領主だった頃からの家臣が本来の譜代 <-稀に功績により譜代扱いになる家もあるが



まず家康の子供の内で、秀忠は別格として御三家を設立した三人の子供は御三家として扱う
この人達は、徳川の姓を名乗る

親藩は、松平の姓を名乗る家の内で、家康の次男の秀康系や家光の異母弟の保科正之(会津松平系)や六代家宣の弟(越智松平)系統など

このほかにも、家康の異母弟などを含める場合もあるが
いずれにしても、そもそもの始まりが家臣の家ではない
家康やその直系の子孫が始祖となる松平家です

その他の松平家は、三河時代に家康家と並立していた遠い親戚とかが含まれていて
必ずしも親藩とは言えないですね
こういう松平家は、譜代として分類される
    • good
    • 0

親藩というのは、徳川家の親戚のこと。



譜代大名というのは、1600年の関ヶ原の戦い 以前から徳川家(主に家康)に

仕えていた大名。

関ヶ原の戦い以降に徳川家に従った大名は外様大名と言います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング