はじめまして。

「勧善懲悪」をテーマにした映画はたくさんあります。
またひとりの正義漢が巨悪に立ち向かって行くような
(内部告発モノのような)映画も少なくありません。

両者はどちらも主人公は所謂「正義」ですが、

今回は「悪(人)」や「異端」の者が、社会の正義・秩序に押し潰されていく・・・というようなテーマを扱った作品を教えて頂きたいと思い投稿しました。

すぐに思いつくのは「イージーライダー」「カッコーの巣の上で」「俺たちに明日はない」「暴力脱獄」「明日に向かって撃て」・・・などのアメリカン・ニューシネマ系の作品、或いは「テルマ&ルイーズ」「砂の器」などですが、

上記のような感じで、「犯罪者」或いは「他者」を排除し
ついには死に至るような作品でいいのがあればご紹介ください。

別に詳しいわけではありませんが、あまり知られていないようなものも歓迎します。

よろしくお願いします。

(補足ですが「学園もの」或いは「ピカレスクヒーロー」ものではないような気がします・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

●『リビング・エンド』


ゲイ映画を撮り続ける(例外も有)グレッグ・アラキ監督の代表作。
エイズキャリアの男二人が出会い、恋に落ち、そのうちの一人が警官を撃ってしまい、逃避行に出る…。
ゲイというマイノリティ、エイズという枷、犯罪者の札を下げた男たちの生命力がどんどん失われていくロードムービーです。

●『シベールの日曜日』
31歳の男と12歳の女の子の淡い恋に似た友情譚。
けれど、変質者とまちがわれて男は射殺されてしまう。
社会から疎外された主人公が、社会(=普通の人々)によって破滅させられます。
『キャメロット・ガーデンの少女』を彷彿とさせられました。

●『ゴッドandモンスター』
著名で、今はおちぶれた映画監督が自殺するまで。
社会の秩序に押しつぶされる、とは言いがたいかもしれませんが、ゲイであり、恋をした太陽のような青年に殺してくれと懇願するも叶わず、自ら命を絶つしかなかった“陰”の存在がぐぐっと胸にきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
「シベールの日曜日」はわたしも好きな映画です。
哀しいラストでしたね。

他の2点は聞いたことがありませんでしたが、
お話の感じだと面白そうですね。

どこかでレンタルできればいいんですが。
今度探してみます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/09 02:14

私は、強者が無力な弱者たちに葬られるという感を覚える映画として、



「ワイルドバンチ」
「ガルシアの首」
「戦争のはらわた」
「わらの犬」

といったサム・ペキンパーの作品を思い浮かべます。

あとはロバート・アルドリッチの

「合衆国最後の日」

は、そら寒いものを感じるポリティカル・フィクションでした。
毛色は違いますが、

「レニー・ブルース」
「女優フランシス」

も天才が周囲の偏見に押しつぶされます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。

この中では「わらの犬」と「レニー・ブルース」しか観ていません。
S・ペキンパー、今度チェックしてみます。

「合衆国最後の日」というのも知りませんでしたが
なんだか今の時期だけに興味があります。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/09 02:18

「気まぐれな狂気」


出演 : ヴィンセント・ギャロ、ミケルティ・ウィリアムソン、キーファー・サザーランド
はどうでしょう?

「俺たちに明日はない」みたいな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヴィンセント・ギャロで『俺たちに・・・』みたいな感じ・・・興味ありますね。

今度探して見ますね。

お答えありがとうございました。

お礼日時:2004/10/09 02:23

パピヨン すごくヘビーでいいですよ。

(脱獄モノ)
17歳のカルテ 「カッコーの巣の上で」が好きならお勧め。
テルマ&ルイーズ 「イージーライダー」「俺たちに明日はない」「明日に向かって撃て」のように最期に向かって突っ込んでいくような映画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パピヨンは随分昔に観たきりなので今度また観て見ようと思います。
17歳のカルテも同様(苦笑)
今見るとまた違った印象があるかもしれません。

お答えありがとうございました。

お礼日時:2004/10/09 02:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q「危険な情事」「運命の女」などの「不貞」がテーマの映画

「不貞」がテーマで、しかも「不貞をはたらくとこんなにも恐い目にあうぞ~~」という教訓のある映画はないでしょうか?

思い付くのは「危険な情事」「運命の女」です。
洋画でも邦画でもかまいませんので、「浮気するのはやめよう」と思えるような内容の映画を教えてください。

できればストーリーも面白いものがいいです。

Aベストアンサー

ども,daredevilと言います。

↓のサイトはnadesiko2003さんがこれから映画を検索する上で役立つと思うので活用してください。

【シネマクラッシュ~映画好きドットコム~】
http://www.eigadaisuki.com

不貞系映画は↓

・【プール(2002)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/139775/

解説(抜粋):ベンは恋人のエイミーがいながら転校生のマディソンと「一夜限り」という約束で関係を持ってしまう。しかし、マディソンはサイコなストーカーとなりベンは絶体絶命に!ジェシー・ブラッドフォード、エリカ・クリステンセン、「ロズウェル★星の恋人達」の、シリ・アップルビーほか出演によるエロティック・サイコ・サスペンス。

・【アイズ・ワイド・シャット 特別版(1999)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/115336/

解説(抜粋):ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。

・【氷の微笑(1992)】
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3238/index.html

解説(抜粋):元ロック・スターの惨殺事件を追う刑事と容疑者の美人小説家とのやりとりを描くエロティック・サスペンス。監督は「トータル・リコール」のポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、脚本はジョー・エスターハス、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。

参考にして下さい。

ども,daredevilと言います。

↓のサイトはnadesiko2003さんがこれから映画を検索する上で役立つと思うので活用してください。

【シネマクラッシュ~映画好きドットコム~】
http://www.eigadaisuki.com

不貞系映画は↓

・【プール(2002)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/139775/

解説(抜粋):ベンは恋人のエイミーがいながら転校生のマディソンと「一夜限り」という約束で関係を持ってしまう。しかし、マディソンはサイコなストーカーとなりベンは絶体絶命に!ジェシー・ブラッドフォード、エ...続きを読む

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Q「フランダースの犬」のような作品の存在意義

「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのでしょうか?

幼いころに両親をなくし、6歳から働き始め、養ってくれた祖父も死に、住む場所を失い、泥棒だと間違われ、挙句の果てには過労と飢えで衰弱死…。

見る人、特に子供に何を感じさせたいのか、何を伝えたいのかわかりません。


見る人を暗い気持ちにさせたいのでしょうか?
人生何をやってもうまくいかないこともある、とでもいいたいのでしょうか?
自分よりも惨めな境遇の人がいるということを知らせ、優越感に浸らせたいのでしょうか?
ネロのようになってはいけないよ、という教訓なのでしょうか?
捨て犬は拾ってはいけない、助けてはいけない、という教訓なのでしょうか?


私はたとえ物語の中でも、あんなかわいそうな描写をしてほしくないと思います。また私はまだ子供はいませんが、将来できたとしても子供に見せたいとは思えません。

「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのか。この点について教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 原作の絵本もアニメも観ていませんが、参考になればとの思いで回答させていただきます。
 (回答するにあたり、ウィキペディアの『フランダースの犬』の項と、これまでの他の方の回答は読みました。)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%8A%AC

>「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのでしょうか?

 pringlezさんは、創作悲劇の存在意義を問うていると解釈し、回答します。

 まず、子どもに悲劇を読ませる場合ですが、これは「他人を思いやる心を育てるため」ではないでしょうか?
 おばけの話を聞かせて、「怖い」という感情が君にはあるんだよ、と教えるように、「悲しみ」や「可哀相」という気持ちを教えられるのかと思います。「悲しくない」と言う子もいるかと思いますが、そういった場合も、その子の個性を知る良い機会になるのではないでしょうか。いわゆる情操教育というやつです。
 なかには「ネロは可哀相だよね。こういう人がいたら助けてあげようね」とか、「こうならないような社会にするにはどうしたらよいか」ということにまで発展させる大人もいるかと思いますが、これは道徳教育の意味があるのでしょう。

 つぎに、自主的に悲劇を読もうとする場合ですが、これは「興味を満たすため」か「自己憐憫のため」ではないでしょうか?
 「興味~」というのは、単純に「可哀相なことが見たい、知りたい」という欲求のことです。「ホラー映画で、気持ち悪いものが見たい」とか、「友達の恋愛話を聞いて、ドキドキしたい」とか、そういった類のものです。人はどこまで可哀相になれるか、という純粋な知的(感情的?)興味です。
 「自己憐憫~」は、「(部分的であるにせよ)私と似ている境遇のあの子は、あんなにつらい目に遭っていて可哀相!」「こんな悲しいことが起きるのは、○○のせいよ!」と考えることです。自身の現実の境遇や生活と重ねることで、涙し、ストレス解消に役立っているのではと思います。

 以上が、私の考える悲劇の存在意義です。ここからは、これまでのpringlezさんと他の回答者さんのやりとりを読み、私が「いわゆる一般的な悲劇」に対して抱いた感想です。

 悲劇は、その原因が社会なり他人なりにあることで成立しています。もし、自分のせいなんてことになれば、それはただの自業自得になってしまいます。そのため、悲劇はしばしば「同情可能」なのか「自業自得」なのかで意見が分かれます。
 『フランダース』にしても、さるベルギー人映画監督に言わせれば「負け犬の死にしか見えない」そうです(ウィキ参照)。

 情操教育として悲劇を読み聞かせるのは、良いことかと思います。二度と起こしてはならない、史実の悲劇を語り継ぐのも重要です。同時に「どうやって悲劇を防ごうか」という議論も必要でしょう。
 しかし、自己憐憫のための悲劇は好きではありません。
 自分以外のすべてが不道徳、不誠実で、自分は清廉潔白で間違っていない。あるいは、日本の歌舞伎や文学などで馴染みのある「心中物」のような、社会に馴染めない者同士の美しき純愛。
 どれも主人公を、ひいては自分を美化しすぎのような気がします。残念ながら、私は彼らに自分を重ねることはできません。「悲劇のヒロイン」には、なりたくありません。

 自己憐憫の物語に溺れる、一部の人間の思考回路こそ、神様の書いた悲劇なんじゃないだろうか。などと考えてしまうのは、いささか早計でしょうか。
 駄文、長文になりましたが、pringlezさんの参考になれば幸いです。 

 原作の絵本もアニメも観ていませんが、参考になればとの思いで回答させていただきます。
 (回答するにあたり、ウィキペディアの『フランダースの犬』の項と、これまでの他の方の回答は読みました。)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%8A%AC

>「フランダースの犬」のような悲しい作品は何のために存在するのでしょうか?

 pringlezさんは、創作悲劇の存在意義を問うていると解釈し、回答します。

 まず、子どもに悲劇を読ませる場合...続きを読む

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q何で映画の終わりに「終」「完」「THE END」「FIN」「FINE」などが出なくなったのですか

タイトルのとおりです。
昔の映画を観ると国によって当然言葉が違いますがこれで終わりですよっていう意味の言葉が必ず最後に出ました。
ところが最近の映画は出演者や製作者などはこれでもかっていうほど出るのですがこれが出てくる映画は邦画・アジア映画・欧米映画を問わずほとんど皆無です。
一種の流行なのでしょうか。
それとも何か特別の理由があるのでしょうか。
個人的には昔の方がよかったと思います。

Aベストアンサー

No.3の方と同じ、「権利」の問題だと思います。
日本では1970年に著作権法が制定され、著作物の使用などに制限が加わりました。今では一般的な考え方ですが、70年以前は権利に対してアバウトだったので、映画の雰囲気を重視できたのでしょう。
スタッフロールが肥大化したのも、製作者全員の権利問題などがあるのだと思います。
基本的に映画(劇映画)は製作会社が著作権を持っていますが、外部委託する際「スタッフロールに名前を載せる」という条件が大抵あるので肥大化しているのでしょう。
だからスタッフロールは「会社や個人の権利と宣伝のため」フィルム一本一本に付けているようです。
ほとんどの監督は最終編集権(ファイナル・カット)を持っていないので、それを持っている巨匠で、なおかつ「終わり」と挿入したいという監督しかやらないのでしょう。
ちなみにぱっと調べた限りウォン・カー・ウァイが「完」と付けています。

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q牧場をテーマに繰り広げられる映画はありますか?長閑な生活のような映画を探しています感動出来るよう

牧場をテーマに繰り広げられる映画はありますか?
長閑な生活のような映画を探しています
感動出来るような映画なら尚更良いです
それと牧場が思い浮かぶような曲を教えてください
どちらかでも構いませんので気楽に回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

「ベイブ」主役の豚がかわいい~。

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Q邦画の「キサラギ」や、洋画の「12人の怒れる人々」のように、場面転換を

邦画の「キサラギ」や、洋画の「12人の怒れる人々」のように、場面転換をしない手法は何て言うんですかね?
こんな手法の映画でオススメがありましたら、是非教えてください。

Aベストアンサー

「キサラギ」も「十二人の怒れる男」も閉塞した空間、限られた登場人物ということでいわゆる”密室劇”といっていいと思います。
ただ厳密には場面転換はありますし、他の空間も出てきますけど。

お勧めは最近だとロシア版の「12人の怒れる男」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329922
こちらも旧作のリメークですが邸宅の中が舞台の「スルース」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329519
ほかにもホラー系ですが、「ソウ」松本人志監督の「しんぼる」も、このジャンルなのかも?

有名なものだと
列車の中で物語が展開する「オリエント急行殺人事件」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3865
上記のオリジナル「探偵<スルース>」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14343
こちらも列車内と乗り合わせた人物だけの「夜行列車」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23710
タランティーノ監督の出世作「レザボアドックス」もそうかも?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25304
「U-ボート」や「U-571」「K19」など潜水艦ものはどれも密室劇に近いです。

「キサラギ」も「十二人の怒れる男」も閉塞した空間、限られた登場人物ということでいわゆる”密室劇”といっていいと思います。
ただ厳密には場面転換はありますし、他の空間も出てきますけど。

お勧めは最近だとロシア版の「12人の怒れる男」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329922
こちらも旧作のリメークですが邸宅の中が舞台の「スルース」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329519
ほかにもホラー系ですが、「ソウ」松本人志監督の「しんぼる」も、このジャンルなの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報