【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

近日中にNHK関係者立ち入り禁止だった集合住宅から一戸建ての貸家に引っ越します。
そのため引っ越し先で集金人が来ることが予想されます。

まず現状では、過去に一切NHKとの契約がなく、B-CAS番号をNHKには通知していません。

NHK関係者が来たら
「受信料を支払う意思はありません」
「受信契約をしたいなら訴訟を提起してください」
「速やかにお帰り下さい」「今後二度と来ないでください」ということを伝えるつもりです。
テレビはありますか?と聞かれたら「お答えする必要はありません」と言うつもりです。

最高裁の判決で、受信契約に応じない人に対しては、NHKが契約の承諾を求める裁判を起こして判決が確定した時に契約が成立し、支払いの義務はテレビなどを設置した時までさかのぼって生じるということは知っています。

勝手に室内に入りこまない限り、NHKがテレビ設置(正常にNHKを受信できる)を証明することは難しいと思うのですが、万が一にもTV設置の事実がNHK側に証明された場合、裁判の判決によって過去にさかのぼって受信料を支払う可能性はあります。
それはそれで構わないのですが
①過去(テレビ設置日)は誰が証明するのでしょうか??(裁判官の裁量でしょうが設置日不定という判決はでないですよね)
②例えば、過去に遡って10万円分のNHK受信料の支払いを命じる判決が出た場合、裁判費用と弁護士費用はそれぞれどれくらいかかるものなのでしょうか??

宜しくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    早速の回答ありがとうございます。
    言い訳みたいになりますが、こちらも受信料を支払わない利益を追求していますので...言い訳させてください。
    テレビは一応外から確認できない場所にあります。アンテナがあるから~とかいう集金人がいるらしいですが、アンテナだけではNHK(地上も衛星も)を視聴できないことは知っています。

    民事裁判でNHKが続々勝訴しているのは承知しています。
    ただ訴訟になっているのは一定の条件(B-CAS番号が既に知られているなど)が揃ってさらにその中でも一部ですよね??私のような人は大勢いるはずで、一生のうちに訴訟をおこされる確率はかなり低いと思います。恐らく今後の法改正でこのような言い訳もできなくなるとは思いますが、その時は仕方ありません。
    仮に訴状が届いた時点ですべてを認める場合は、弁護士に依頼することはなく訴訟費用だけ済むと思うのですが、その場合の金額はご存知でしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/03/05 06:32

A 回答 (5件)

>NHK関係者が来たら


>「受信料を支払う意思はありません」
>「受信契約をしたいなら訴訟を提起してください」
>「速やかにお帰り下さい」「今後二度と来ないでください」ということを伝えるつもりです。
>テレビはありますか?と聞かれたら「お答えする必要はありません」と言うつもりです。

素晴らしいです。
ここに、NHKの集金人の事を相談する人たちが、貴方の様によく調べたうえで質問されればと思うのです。


受信設備の設置日が不明の場合は、ほぼ裁判はしてこないと考えられます。
もし、不明のまま裁判をしたとして、民法第414条第2項の但し書きで契約(法律行為を目的とする債務については、裁判をもって債務者の意思表示に代えることができる)が生じた場合に、受信設備の設置日が新たな争点になります。

NHKは、設置日において争点にならない日(どちらからも否定を認められない日)を契約日として、視聴料も計算してきます。

未契約で裁判となった人は、ほぼすべてが設置日が知られた人と考えていいと思います。
そして、NHKの主張する設置日が認められたとして、設置日から5年以上が経過していれば、裁判の中で時効の援用(民法第169条)を主張すれば、5年を超えた部分は時効が認められるはずです。(時効の援用は、裁判で主張すればいいです)
受信料としての支払いは、負けたとしても最新の5年分でよいと言う事になります。
なお、NHKは延滞利息については、現在のところ請求をしてきていません。⇒(システム上や会計上の問題と思われます)

裁判に負けた場合、訴訟費用は負けた側が負担しますが、訴状に添付した印紙代と郵券代(郵便切手)です。(2万円くらい)
弁護士費用は、過去のNHK裁判では含まれていません。
    • good
    • 0

いつからTVを使い始めたかは(おそらく、ですが)B-CASカードに情報が残っていると思います。


TV本体の所有権はあなたにありますが、B-CASカードはB-CAS社(株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ)のもので、あなたに所有権はありません。なのでNHKがB-CAS社の了解を得てそれを提出するようにあなたに申し渡せば、それを拒むことはできません。もしB-CASカードを破棄すれば、証拠隠滅罪に問われたり、器物損壊等の罪に問われることがありえます。

弁護士費用は着手金が10万円、報酬金が判決金額の10%です。ですが、確実に敗訴する事案に弁護士が乗ってくる可能性は低いと思いますから、裁判を自分自身で戦わないとね。なお、あなたが敗訴すれば、相手の裁判費用はあなたの負担となります(ただし相手の弁護士費用までは負担することにはなりません)。
    • good
    • 0

この程度の裁判では弁護士は必要ありません。

来るNHK関係者と称する人はNHKから債権回収を請け負った業者でNHKとは関係ありません。この者を家に入れてはいけません。強引に入ろうとした場合、大きな声で”人殺し―”と叫びましょう。それができない場合は携帯電話で警察に”強盗です”と連絡しましょう。どちらにせよ不法侵入ですからね。NHK関係者が来ても家に入れてはいけません。「受信料を支払う意思はありません」
「受信契約をしたいなら訴訟を提起してください」とドア越しやインターフォンで宣言し後は無視します。
訴状が裁判所から届きますが驚く必要はありません。第一回公判までに訴状に対する答弁書を送るだけでです。答弁書には”NHKの主張には理由がない、正当な理由があれば示せ”で十分です。それに対し回答書が裁判所から送ってくるので第二回公判までに回答書に対し”時効は5年間なのでNHKの主張は根拠がない”とでも答弁書いて送りましょう。おそらくNHKは5年間分の請求を主張するでしょう。その時は答弁書に”我が家にNHKの送信する電波の受信器はありません”と書いて第三回公判までに裁判所へ送りましょう。NHKの送信する電波の受信器の有無はNHKが証明しなければなりません。だからこそ、債権回収を請け負った業者やNHK関係者を家に入れてはならないのです。受信機はテレビに限らずDVDプレイヤーも含まれます。”テレビの型番やDVDの型番を参考に教えて下さい”などと言いますが”ないので教えようがありません”で終わりです。公判の日に答弁するかその日までに答弁書を送っておかないと、被告(貴方)はNHKの主張を認めたことになりますので注意です。
 NHKは最高裁で勝訴したとマスコミが伝えていますが、高裁の判断は正しいと言っただけです。高裁の判決の”NHKとの契約は判決が出た時点”に不満を持ったNHKが上告したのですがら、上告を退けられたのはNHKです。因みに、訴訟費用は原告と被告各自が負担します。貴方はNHKの費用を負担する必要はありません。民事裁判でNHKが続々勝訴しているのはホテルやラブホテルのような弁護士費用を支払ってもプラスになる場合が殆どです。個人を相手にした訴訟はメリットがなく、少ないものです。最高裁まで争ったのは個人ですが、これはヤクザのする見せしめです。NHKはここまで落ちぶれています。
    • good
    • 0

①過去(テレビ設置日)は誰が証明するのでしょうか??


(裁判官の裁量でしょうが設置日不定という判決はでないですよね)
  ↑
立証責任はNHKにあります。
裁判官の裁量ではありません。
裁判に於いては、原告側に立証責任がある
のが通常です。



②例えば、過去に遡って10万円分のNHK受信料の支払いを命じる判決が出た場合、
裁判費用と弁護士費用はそれぞれどれくらいかかるものなのでしょうか??
   ↑
敗訴すれば、裁判費用も請求されますが、
裁判費用はわずかです。
数千円ぐらいでしょう。
交通費、印紙代、訴状作成費などで、大した
金額にはなりません。

弁護士費用は、訴訟額によってことなりますので
ケースバイケースです。
手数料が20万、報奨金が16%、実費(交通費、通信費など)。
かなりの高額になる可能性がありますが、
敗訴しても弁護士費用は請求出来ないのが
基本です。
    • good
    • 0

オートロックの


マンションなら可能でも
戸建だと難しいかもよ…
裁判になる場合は
弁護士の着手金だけで
20万プラス消費税
交通費や事務手数料
裁判費用もあるからね
費用対効果を考えると、
支払した方が安い
恐らく敗訴するでしょ?
弁護士は依頼人の
利益を守るのが仕事
負けるとわかる裁判を
引き受け結果として、
依頼人が赤字になる
そんな依頼は受けません

敷地の周辺から、
テレビが有るコトを
外から確認しやすい為
難しいと思いますよ

最高裁の判断が影響して
民事裁判はNHKが、
全勝してるからね…
この回答への補足あり
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHK受信料に詳しい方、教えて下さい

私は今の家に引っ越して来て以来(10年以上)、NHKと契約、支払いをしていません。

(年1度はNHKから契約依頼は有りましたが、無視)テレビ設置は10年以上、10年前に自宅アンテナからCATV契約しました。
先日NHK集金の方が契約書と振り替え用紙を持ってきたので、支払いを決めました(最高裁判決が出たから)
しかしその項目で①記入日、②受信機設置日 があります、①をH30、1月25日 ②は空欄(①と②が同じであれば空欄で良いそうですが、今更これで通用するのでしょうか(引っ越した10年前と言われても・・・)もしこれで遡って請求と言われるのではないかと不安です、①は本日 ②は空欄でよいのでしょうか・・
なお10年以上契約はしていませんから督促等の請求は来ていません・・

Aベストアンサー

NHKの放送受信契約書は、今の契約書にはお尋ねの受信機の設置日の記入欄があります。
設置日が不明な場合は、書かなければNHK側としては「契約日」を設置日とみなします。
契約書の控えに、設置日の記入がない場合は契約日(申し込み日)とする、とか書いてないですか。
1年ちょっと前までは、受信機の設置日は記入欄がありませんでした。

設置日に、不明と書かれた方がいらっしゃったようですが、請求は契約日(申し込み日)からだったようですね。

昨年12月6日の最高裁大法廷の判決は、上告人及び被上告人のいずれの上告も棄却するという物でした。
つまり、NHKや受信者が最高裁へ申し出た内容(訴え)は、いずれも棄却された(認められなかった)が正しい解釈です。
ちなみに、未契約者に対しては、民法414条第2項但し書きにより、NHKは未契約者を裁判により勝訴して、その判決をもって受信者の契約の意志表示(同意)に替えることが出来る(すなわち契約を了承したことに出来る)ということです。
契約日は、裁判で判決が出た日になりますが、設置日はと聞かれて即座に答えられる人は殆どいないでしょうね。
今回の裁判の視聴者は、NHKのBSを受信のためB-CASカード番号を、NHKに通知していますのでその日にはTVがあったことは、間違いのない事実ですからそこからの受信料の請求が認められています。
逆に、解らないと言われた場合NHKは設置日の証明をしなければなりませんね。
NHKと受信者で争いの起きない日にならざるを得ないのですね。
争いになれば、また裁判をしなければならないし、証明はNHKがしなければなりませんね。


民法414条第2項の抜き書きです

2項
債務の性質が強制履行を許さない場合において、その債務が作為を目的とするときは、債権者は債務者の費用で第三者にこれをさせることを裁判所に請求することができる。ただし、法律行為を目的とする債務については、裁判をもって債務者の意思表示に代えることができる。

NHKの放送受信契約書は、今の契約書にはお尋ねの受信機の設置日の記入欄があります。
設置日が不明な場合は、書かなければNHK側としては「契約日」を設置日とみなします。
契約書の控えに、設置日の記入がない場合は契約日(申し込み日)とする、とか書いてないですか。
1年ちょっと前までは、受信機の設置日は記入欄がありませんでした。

設置日に、不明と書かれた方がいらっしゃったようですが、請求は契約日(申し込み日)からだったようですね。

昨年12月6日の最高裁大法廷の判決は、上告人及び被...続きを読む

QNHKと裁判中です。テレビを廃止せずに解約したい。

NHKの受信料制度に全く賛同出来ず、NHKも全く見ていないので受信料を払っていなかったら、裁判所からの督促状が届き、それに異議申し立てをして現在裁判中です。

過去に、NHKから法律違反をしつこく言われ、その頃はたまに見ていたのと、支払っている人に申し訳ないという気持ちから支払った事があります。
こちらとしては契約という意識はなかったのですが(口座振替書と思ってサインした。)、どうもそれが、受信機を廃棄しないかぎり永遠に解約出来ない契約書だったという事は、あとで勉強して知りました。
ただ、契約時、契約書だという説明はなく「引き落としならこの用紙に記入してください。」というようなやり取りしかしておらず、しかも枠外に小さな文字である「1、放送法、放送受信規約により放送受信契約を締結します。」の欄には○印がしてあるのですが、私は印を付けていません。(どうやらNHKが枠内の署名を書かせたあと印をつけています。NHK側は昔の事ではっきりしませんが、その欄が抜けていれば、NHK側で○をする事もあると言っていました。)
しかも、規約ももらっていません。
実際、契約の意識はなくそれから何年かたったあとにNHKからの取り立ての電話の中で契約の事実を認識し、そのあと解約を申し出ても受信機は廃止する以外は解約出来ないと解約の書類を送ってもらえませんでした。その後払わずに1年が経った頃、督促状がきました。

今回の裁判では、最初の答弁書に、契約をした覚えがないことや受信料制度の違憲性などいろいろ書きましたが、(あまり論理的には書けなかったかも)それに対するNHK側の反論が結局「被告は契約書にサインしており、放送受信規約に従わなければいけない。そのほかごちゃごちゃ言っているが関係ない」ってモノなんです。
裁判官もほんとに答弁書読んでくれた?というかんじで内容について全く経緯も説明もなく、悪い事言わないから和解したら?って感じなんです。

でも、冒頭述べたような契約がまかり通るのでしょうか?

和解の提案を拒否し、次の臨むのですが、
消費者契約法と民放95条や96条の詐欺、錯誤による契約の無効を訴えようと思っています。

過去に同じような判例で消費者契約法より放送法のが上として訴えが退けられた判決がでたことがあるそうなので、あわせて、「もしも、新しく施行された消費者契約法が無視され旧態依然の放送法が重視されるならば、日本国憲法第14条1項
 すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。という、憲法の平等の原理に反すると考えます。」と、付け足そうと思ってます。

あと、ウチのテレビはNHK受信以外の目的で設置しているものである事、放送受信規約の解約規定には「受信機を廃止する等・・・」と「等」とあるから、受信機を廃止しなければ解約出来ないとはない事も訴えようと思っています。

あれもこれも書くと、争点が絞られないので良くないのかな?と思ったりもするのですが、
私として、どれも取って付けた訳でなくどれも素直に認められるべきものと思います。またどれかにひっかかって!という気持ちもあるのですがどうなんでしょう?ひとつづつ訴えた方がよいのでしょうか?

私の言い分は、的を得ていないでしょうか?勝てる見込みはないのでしょうか?
また、これを言ってやったら?っていう何か良い材料があればおしえてください。

絶対NHKのやり方は許せません。勝ちたい!

どなたかお知恵をお貸し下さい。よろしくお願いします!

NHKの受信料制度に全く賛同出来ず、NHKも全く見ていないので受信料を払っていなかったら、裁判所からの督促状が届き、それに異議申し立てをして現在裁判中です。

過去に、NHKから法律違反をしつこく言われ、その頃はたまに見ていたのと、支払っている人に申し訳ないという気持ちから支払った事があります。
こちらとしては契約という意識はなかったのですが(口座振替書と思ってサインした。)、どうもそれが、受信機を廃棄しないかぎり永遠に解約出来ない契約書だったという事は、あとで勉強して知りました。
た...続きを読む

Aベストアンサー

応援したいのですが、法的に検討すると
ちょっと勝ち目は無いですね。

"契約をした覚えがないこと"
 ↑
これは、通らないですね。
払い込みの用紙にサインをして、しかも支払いの
実績まであります。
支払いの実績がある、ということは、例え契約締結に
瑕疵があっても、追認したとされますよ。


”受信料制度の違憲性”
   ↑
これもまず通りません。


”裁判官もほんとに答弁書読んでくれた?というかんじで”
    ↑
ま、おそらくですが、この手の裁判においては、
裁判官も真面目にはやらないと思います。


”悪い事言わないから和解したら?って感じなんです。”
     ↑
勝ち目が無いと思っているからでしょう。
時間と費用の無駄。


”冒頭述べたような契約がまかり通るのでしょうか?”
    ↑
まかり通ります。一旦でも支払っているのが
致命的です。


”消費者契約法と民放95条や96条の詐欺、錯誤による契約の無効を訴えようと思っています。”
     ↑
無理です。それに詐欺となると取り消してから無効に
なるのですが、何時取り消しました?


”ウチのテレビはNHK受信以外の目的で設置しているものである事”
    ↑
そんな理屈は通りません。
それに、そういう目的だ、ということをどうやって立証
するのですか。
口で言うだけでは相手にされませんよ。
そういう客観的状況がなければ、聞く耳持ちません。


”「等」とあるから、受信機を廃止しなければ解約出来ないとはない事も訴えようと思っています。”
      ↑
等、というのは、廃止と同程度のモノという意味です。


”どれも素直に認められるべきものと思います”
    ↑
どれも素直に認められません。
裁判官も、うんざりするが、苦笑いするだけでしょう。


”私の言い分は、的を得ていないでしょうか?勝てる見込みはないのでしょうか?”
    ↑
ハイ、的を射ていません。
勝てる見込みは殆ど、というがまず無いでしょう。


”これを言ってやったら?っていう何か良い材料があればおしえてください”
     ↑
個人的には偏向報道を問題にしたいですが、
これもまず通りませんね。
個人で戦うのは無理じゃないですか。


”絶対NHKのやり方は許せません。勝ちたい!”
     ↑
私も、許せないと思っています。
そもそも必要ありません。
必要だと思うひとがお金を出して視ればよいのです。

しかし、契約前、支払い前なら色々と方法がありますが
契約して、しかも支払ったことがある、というのでは
勝ち目はありません。

ただ、廃棄しないでも誰かに譲渡するとかしてしまえば
と思います。
その場合でも過去の受信料は支払うことになりますが、
譲渡以後の受信料は支払う必要は無い、ことになります。

譲渡した後で、買い戻すか、新しいのを買うとか
したらどうでしょう。

新たに買った場合ですが。

まずTVがあることをNHKが証明しなければ
なりません。
従って、職員が来ても、相手にしないことです。
家に入って捜査なんてことは出来ませんから。
TVなど無い、なんてことを言ってはいけません。
黙って追い返せばよいのです。

それから、契約義務者は「設置者」ですから、
俺が設置したんじゃない。
という言い分は通る余地があるかも知れません。

じゃあ誰が設置したんだ、と言われたら、そんなの
教える法的義務があるのか、放送法のどこに書いて
あるのか・・・。

パキスタンの友人が設置したんだ、というのは
どうですかね。
私には中国人の友人がいますので、そう言ってやろう
かしら。
住所と名前?
そんなもの、自分で調べろ。
通らなかったら、教えてやればよいのです。
パキスタンまで取りにいけば・・。

廃棄ないし譲渡して、過去の分を支払い
今後の受信料契約締結対策を練る、という方法しか
ないと思います。

応援したいのですが、法的に検討すると
ちょっと勝ち目は無いですね。

"契約をした覚えがないこと"
 ↑
これは、通らないですね。
払い込みの用紙にサインをして、しかも支払いの
実績まであります。
支払いの実績がある、ということは、例え契約締結に
瑕疵があっても、追認したとされますよ。


”受信料制度の違憲性”
   ↑
これもまず通りません。


”裁判官もほんとに答弁書読んでくれた?というかんじで”
    ↑
ま、おそらくですが、この手の裁判においては、
裁判官も真面目にはやらないと思いま...続きを読む

QB-CASカードで個人情報が分かる?

先日、NHKの徴収員?の方が来て「受信契約をしていないので契約をして料金を支払って下さい」と訪問されました。
確かに私自身NHKの契約はしておりませんし、部屋のパソコンにチューナーは内蔵されておりますので視聴は出来ます。
視聴するのは週末に映画を見るくらいでNHKに関しては視聴しません。
NHKを視聴しないのに受信料を支払わないといけない事に疑問があったので、つい「テレビを持っていません」と言ってしまいました。
すると「テレビを持っていないなんてことはありませんよね。B-CASカードの方で分かりますから。だから訪問させていただきました。」との事。
それでも持っていないと言うと「それでは調べさせていただきます」と鞄をゴソゴソしながら離れて行きましたので、しばらく待っていたのですが戻ってきませんでした。

確かに私はテレビ自体は持っておりません。
ただ、パソコンにチューナー自体は内蔵しており視聴は可能な状況です。
テレビは持っていないが受信して視聴する装置は保有している。
ここらは言葉遊びになってしまいますので今は横に置かせていただきます。

今回疑問に思ったことはB-CASカードでそんな事まで分かるのかということです。
B-CASカードで【何処で】【誰が】【何の番組】を見ていたのか具体的に知ることが出来るのか。
私も少し調べてみたのですが、B-CASカードの登録をしていれば可能性はあるみたいですが登録に関してはしたのかしていないのかハッキリと覚えていない状態です・・・
ただ、私はこのマンションに引っ越してきて数ヶ月。
仮にカードの登録していたとしても以前の住所になっているはずです。
住民登録などで住所は変更していますが、そこから追えるものなのでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

先日、NHKの徴収員?の方が来て「受信契約をしていないので契約をして料金を支払って下さい」と訪問されました。
確かに私自身NHKの契約はしておりませんし、部屋のパソコンにチューナーは内蔵されておりますので視聴は出来ます。
視聴するのは週末に映画を見るくらいでNHKに関しては視聴しません。
NHKを視聴しないのに受信料を支払わないといけない事に疑問があったので、つい「テレビを持っていません」と言ってしまいました。
すると「テレビを持っていないなんてことはありませんよね。B-CASカードの方で分か...続きを読む

Aベストアンサー

B-CASカードがなければ地デジ放送を視聴することは出来ません。

しかしながら、最初のユーザー登録の葉書には「NHKへの情報提供をしてもよいかどうか」にチェックを入れるようになっており、これに否としておればNHKへはユーザー登録情報は提供されないです。
もちろん葉書をださなくても視聴はできます。

次に視聴時ですが、B-CASカードの情報を逐一吸い上げる仕組みなどはありません。

よって、NHKの地域スタッフの言い分はハッタリです。

このように、NHKという公益事業者のように見える法人には、実は非常にあくどい地域スタッフという連中がいて、ヤクザとなんら変わらないのです。
そういう相手であるという認識で接することです。

QNHK受信料10年分請求されました

放送受信料払い込みのお願い、という用紙と一緒に、
16年~26年1月までの受信料、267000円の振り込み用紙が入っていました。

以前、それこそ、もうかれこれ7~8年くらい前(10年ほど前?記憶が定かでは有りません)だと思いますが、集金の人が来て「今日、数か月分支払ってもらえれば、その前の料金は請求しません」と言われ、7~8千円だったので、支払いました。
あとから知ったのですが、一度支払ってしまうと、それが契約をしたとみなされるとか。

あれからすでに7~8年(或いは10年ほど)経過していますが、そのときを最後に、一度も支払っておりません。
現在は、スカパーとDVD鑑賞用だけのテレビです。
地デジ以降、地デジアンテナを立てていないので(もちろん家の中にも有りません)スカパー以外は映りません。
(テレビ番組は、海外ドラマなどスカパーでじゅうぶん楽しめるからです)
一戸建てです。地デジアンテナが設置されていないのは屋根を見ればわかるのではないでしょうか?
(パラボラは、スカパーのものがベランダに有りますが)

受信料は払わずとも5年で時効だと聞きました。
5年以内の契約書は無いはずです。
実際、スカパー以外にアンテナの無い我が家のテレビを、NHKの人に見せたほうが良いのでしょうか。

アドバイスを頂けましたら幸いです。

放送受信料払い込みのお願い、という用紙と一緒に、
16年~26年1月までの受信料、267000円の振り込み用紙が入っていました。

以前、それこそ、もうかれこれ7~8年くらい前(10年ほど前?記憶が定かでは有りません)だと思いますが、集金の人が来て「今日、数か月分支払ってもらえれば、その前の料金は請求しません」と言われ、7~8千円だったので、支払いました。
あとから知ったのですが、一度支払ってしまうと、それが契約をしたとみなされるとか。

あれからすでに7~8年(或いは10年ほ...続きを読む

Aベストアンサー

適当な知識で回答をしていらっしゃる方がいらしたので、ご参考まで。

集金人を家に入れる必要は無いです。
警察でも家宅捜索礼状を持って初めて家宅捜索が可能なのであって、一集金人に「無いなら見せろ」と言われても見せる必要は無いです。(むしろ手口が強引ならこちらが警察を呼んでいい)

下記の但し書きの部分をごらんいただくと良いと思います。

ただ、NHKと契約をしている間は受信料の支払いは義務であり、必要です。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

分かりやすく実例を踏まえて集金を断った方の記事がありましたので下記に載せておきます。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n150835

適当な知識で回答をしていらっしゃる方がいらしたので、ご参考まで。

集金人を家に入れる必要は無いです。
警察でも家宅捜索礼状を持って初めて家宅捜索が可能なのであって、一集金人に「無いなら見せろ」と言われても見せる必要は無いです。(むしろ手口が強引ならこちらが警察を呼んでいい)

下記の但し書きの部分をごらんいただくと良いと思います。

ただ、NHKと契約をしている間は受信料の支払いは義務であり、必要です。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

協会の放送を受信することのできる受信...続きを読む

QNHKにばれますか?

現在、受信料を払っています。
ケーブルテレビを契約し、BSが見れるようになりました。
アンテナは、外からは見えません。
(屋上に設置の為)

見てるだけで、NHKにばるものですか?
左下にある字を消そうとしなければ、ばれないと聞いたことがあります。
見るだけでばれるのであれば、見なければばれないのですか?
詳しいかた、お願いします。

Aベストアンサー

NHKは家宅捜索できませんから、ケーブル会社が報告しないのであれば
BSが視聴可能だという事実はNHKは確認できません。
万一、NHKが知ったとしても、ご自宅に踏み込んで確認するわけにはいきません。
ケーブルテレビの契約がNHKの契約を含むという法律はありません。
放送法は電波を介しての受信であり、ケーブル(有線)での視聴による受信料の徴収は法律の改正が
必要だと思います。
自分からBS映るとはいってはいけませんよ。

QNHK契約しなければ訴えられないって本当?

NHK受信料ですが、最近はお金払わない人を訴えて徴収してますけど、これら訴えられる人って契約した人ですよね?
契約をしたから支払い義務が生じて支払わない人に対して訴訟を起こす。

逆に言えば契約さえしなければ訴えられる事はないのでは?と思うのですけどどうですか?

例えばNHKが契約にきたとして、僕が正直に「テレビもあるしNHKも見るけど契約もしませんしお金も払いません」と言ったとしても訴えられる事はないんですよね?
↑もちろん実際に契約もしませんしお金も払いません。

もしくは日本国憲法でNHKに対して対象者(放送受信可能者)は支払い義務が生じる等あれば訴えられるかもしれませんが。

どうでしょうか。法律では払う義務があるのですかね?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

No.5のものです。
>NHK受信料ですが、最近はお金払わない人を訴えて徴収してますけど、これら訴えられる人って契約した人ですよね?契約をしたから支払い義務が生じて支払わない人に対して訴訟を起こす。逆に言えば契約さえしなければ訴えられる事はないのでは?と思うのですけどどうですか?

確かに、今までNHKが告訴した人というのは契約したのに受信料を払っていないという人で、契約拒否したからと言って訴えられた人はいません。
ただ、だからといって将来にわたって未契約者をNHKが訴えないという保証にはなりません。

>部屋に入られたらわかりませんが、NHK職員を直接部屋に入れて受信可能か判断させなければいけない法律はないですよね?

確かに、NHKの係員に確認させなければいけないという法律はありませんし、事実NHKの職員は家の中に立ち入ることはできません。
ただ、だからと言ってテレビを持ちながら契約しなくて良いという回答は先の放送法に触れる行為ですので、そのような回答をすることはできません。法律に則ればだれもNHKと契約しなくて良いという回答はできないはずです。

No.5のものです。
>NHK受信料ですが、最近はお金払わない人を訴えて徴収してますけど、これら訴えられる人って契約した人ですよね?契約をしたから支払い義務が生じて支払わない人に対して訴訟を起こす。逆に言えば契約さえしなければ訴えられる事はないのでは?と思うのですけどどうですか?

確かに、今までNHKが告訴した人というのは契約したのに受信料を払っていないという人で、契約拒否したからと言って訴えられた人はいません。
ただ、だからといって将来にわたって未契約者をNHKが訴えないという保...続きを読む

QNHKが受信料を取りに来ない。

家を新築してから数年経ちますが、未だNHKが受信料を取りに来ません。

放っておいても別に大丈夫でしょうか?

こちらから断ったのではなく、向こうが来ないのですが

黙っていたら追徴金とか発生しますか?

Aベストアンサー

放っておいても問題ありません。

連絡するのが親切ですが、そこまでする
必要はないでしょう。

課徴金などはありません。
来るまで放置しましょう。

私だったら来ても払いません。

QNHKとの裁判について(答弁書)

NHKに受信料不払いで訴えられた時の答弁書について教えてください。

元NHK職員で、現在NHKと闘っている立花孝志さんがYouTubeで答弁書の雛形を載せてくれていますが、その中で、
https://www.youtube.com/watch?v=rIBhY2MEKEI
3 移送の申立て
 もし仮に、原告が放送受信料に民法第169条の消滅時効が適用されないと主張するのな­ら、被告は民事訴訟法18条の規定により地方裁判所への移送を申立てる。被告は移送さ­れる地方裁判所の希望はない。

とあります。
これは何故このようなことが必要なのでしょうか?
簡裁では認められなくても地裁なら認められる可能性が高いのでしょうか?
権限の違い??
答弁書には、同じように記載した方がよいのでしょうか?

詳しい方の回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

前条の民事訴訟法 第17条の「衡平を図るため」として求めに応じる必要が定められているからです。

簡易裁判所で少額訴訟の場合、一審で結審するため控訴できません。
なので、この控訴の手段が移送の申し立てということになります。
原告のNHKが上告する場合も同様です。
そうして通常裁判に移行します。

また、この方は躁うつ病なので、話半分に聞いておくべきでしょう。

受信料契約における、NHKの受信契約の申込とは、B-CASカードに規定があるように、現在ではB-CASカードで受信確認をしてから2週間から契約したことになっています。
なので、それ以前の滞納受信料については、この人の主張もありえますが、あてにすると痛い目に遭うかも知れません。

QしつこすぎるNHK オートロックのマンションは集金に来ますか?

ココ3週間ほどほぼ毎日 HNKが集金に来ます。
以前一度、間違えて出てしまいアレコレ言い訳をしたのですが、言いくるめられて払わされました。
そのときに払えなかった理由をストレートに「払いたくないから」と言えず「集金の人とタイミングが合わなかった」と言いました。
それからと言うもの毎日のように集金にきます。ひどいときは1日2回、時には10時半くらいの遅い時間に来ます。非常に迷惑です。
本当は払ったほうが良いのでしょうが、度重なる不祥事とNHKなんか年に数秒しか見ないのに払うのが馬鹿馬鹿しいと言うのが本音です。

11月にオートロックのマンションに引っ越すのですが、オートロックのマンションは住人が自動ドアを開けない限り中に入れないですよね。
なので、集金に来ない気がするのですが、実際はどうなんでしょうか?
オートロックのマンションにお住まいの方、教えてください。

Aベストアンサー

夜遅くまで来るとは・・・ずいぶん非常識ですね。
我が家もオートロックのマンションですが、ハッキリ言って効果は余り無いと思います。

NHKだけでなく、新聞・ヤクルトその他・・・
どこか1軒でも入れちゃうと、「ここぞ」とばかりにマンション中徘徊しています。

ちなみにウチでは今まで一度も払った事はありません(汗)
1度間違って応対してしまい「放送法」がどったらだの「アナタの一家は違法行為を実行してる」だの偉そうに言い出したので
「ウチでロックを開けた訳でもないのに勝手にうろついてるあんたこそ不法侵入だ」と言い返しましたが・・・

ちなみに「放送法」は別に義務ではないので払わなくても問題は無いそうです
(知り合いの警察官に言われました:笑)
別にNHKは見てないし、災害時うんぬんは民放でも不便を感じないので・・・
受信料払わない限り、映らないようにすればいいのでは?と思っております☆

※NHKの不祥事は受信料回収の人に関係ないから可哀相という話を聞きますが、私たちからすればNHKとの接点はそこしか無いですし常識無い彼等のやり方にも問題大アリだと思います。(言葉使いや、訪問時間など)

夜遅くまで来るとは・・・ずいぶん非常識ですね。
我が家もオートロックのマンションですが、ハッキリ言って効果は余り無いと思います。

NHKだけでなく、新聞・ヤクルトその他・・・
どこか1軒でも入れちゃうと、「ここぞ」とばかりにマンション中徘徊しています。

ちなみにウチでは今まで一度も払った事はありません(汗)
1度間違って応対してしまい「放送法」がどったらだの「アナタの一家は違法行為を実行してる」だの偉そうに言い出したので
「ウチでロックを開けた訳でもないのに勝手にうろ...続きを読む

QNHKの解約「廃止届」を出した所、担当者から電話が来たが。。。

こんにちは。

【状況】
・1年ほど前、NHKの訪問員が家に来て「受信料支払え」とわめき立て、帰らなかったので
 妻が仕方なく2ヶ月分だけ支払いをした
・その後の支払いをせずに、ひっきりなしに請求書が送られてきている(支払いはせず)
・1ヶ月ほど前、ハガキで「受信契約解約届」を出した(受信機の故障・破棄により)
・NHKより支払い請求書が来たので、コールセンターにTELして状況確認
・NHK担当者よりTELあり「ハガキは受け付けているが、解約の手続きは完了してない」との事 ←今ココ

【NHK担当者曰く】
・解約の手続きには
 →「受信機を破棄したなら、リサイクルセンターなどで破棄証明書等を発行しているだろうから
  その写しを送ってくれ」
 →「破棄証明書がない場合は、確かに破棄・故障されている事を確認させてもらうため
  (家に伺って)確認の目視をさせてもらいたい」
 内務処理的・事務手続き的(?)には上記が必要です、との事。

【こちらからの主張】
・訪問員が来た時に妻が支払いの処理しただけで、契約を交わした覚えがないので
 契約状況を確認したい(契約書を見せろ)
・NHK放送受信規約には、解約の手続きとして上記の事は必要でないと認識
 もし、上記の手続き(確認の目視)が必要というなら、口頭の説明だけでは信じられないし
 何かしら確認できる手段を提示してくれ
 (当方としたら、破棄証明書を紛失した場合、家に上がって目視で確認、などというのはしてほしくない)

【現状】
上記2点の確認をNHK側にしてもらい、再度NHKからの返答を待っている

【確認したい事】
・放送受信機廃止届を出せばNHKとしては受付ざるを得ないと認識しているが
 内務処理的・事務手続き的(?)に必要です、と言ってくる相手に対して
 どう反論すればいいか。
・妻は2か月分の支払い手続きをしただけで、おそらく契約書にサイン捺印はしていないと
 認識しているので(妻も記憶がうろ覚え。もしかしたら言われるがままサインしたかも、と)
 「契約書見せろ、無ければ支払いの解約の必要すらない」という形で主張しようと考えているが
 もし万が一契約書が存在していたらどのように主張すればよいか

こんにちは。

【状況】
・1年ほど前、NHKの訪問員が家に来て「受信料支払え」とわめき立て、帰らなかったので
 妻が仕方なく2ヶ月分だけ支払いをした
・その後の支払いをせずに、ひっきりなしに請求書が送られてきている(支払いはせず)
・1ヶ月ほど前、ハガキで「受信契約解約届」を出した(受信機の故障・破棄により)
・NHKより支払い請求書が来たので、コールセンターにTELして状況確認
・NHK担当者よりTELあり「ハガキは受け付けているが、解約の手続きは完了してない」との事 ←今ココ

【NHK...続きを読む

Aベストアンサー

回答します。
1.廃棄届けは提出すれば良いと法律に書いてあります。
届いたのならば法律にのっとって解約すべきだと主張してください。
確認の必要はありません。解約しなくて料金を搾取した場合は
詐欺罪で刑事告訴してください。と他の質問者にも回答しています。

2.契約書はありません。最初に書いたものが契約書代わりです。
無責任に契約条項が無いから無効だ主張する人がいますが
裁判所は契約書ではないとは認められないとしています。
なので最初に払ってからの不払いは訴えられたら負けます。
すなおに払って解約が一番ですね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング