【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ピティナ・ピアノ教室は、ピティナのコンクールのためのピアノ教室ですか?それと、コンクール対策をしている教室とコンクール対策をしていない教室は、どちらがいいですか?

A 回答 (1件)

ピティナは ピアノ教師 のための協会です。



ピアノ教師であれば申し込めばピティナの会員になることは出来ますが、
「ピティナ正会員」は複数の権威ある人(すでにピティナ正会員とか)の推薦のある先生しか、なれません。

先生の肩書きに「ピティナ会員」とあるか「ピティナ正会員」とあるかで、格が大きく違います。

ピティナのコンクールで、自分の生徒が優秀な成績を修めれば、その「先生の評価が」上がります。
評価が上がれば、ピティナでの地位も上がる(セミナー講師や審査の仕事が回ってくる等)し、なにより、教室の生徒も増えます。

ピティナ会員の先生は、だからピティナのコンクールに出したがる先生もいますが、まったくコンクールに興味のない先生もいます。

私の友人はピティナ会員ですが、生徒から望まない限りコンクールは勧めませんし、コンクールに出たいと言えば、その対応指導をします。
私の先生はピティナ正会員でかなり上の格のあるかたですが、あえてコンクールには出さず、やはり生徒がコンクールに出たい、といえば対応しています。

先生も考え方それぞれなので、これも面接でお話しないと分かりません。

コンクールに出る出ないにかかわらず、コンクール対策できる先生のほうが、指導力ありそうですが、必ずしもそうとも言えません(ピティナでいい成績がトレス、型にはまった指導だけする先生もいます)
ご自身が、コンクールに出た以下出たくないかも含め、面接で相談なさったらいいと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング