人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

はじめまして。
希釈の方法について質問させていただきます。
研究所のようなところでアルバイトを始めましたが、私は文系でしたので化学などの計算が全く分からず、困っています。初歩的な計算でお恥ずかしいのですが、教えて下さい。
20μlの液体に蒸留水80μlを合わせると5倍希釈になるのですが、なぜそれが5倍希釈なのか・・・計算方法が良く分かりません。

私はてっきり20μlの5倍希釈なのだから、20μlの液体に対して蒸留水を100μl(20μl×5=100μl)加えると5倍希釈になると思っていたのですが・・・。

この5倍希釈の他に、3倍、4倍・・・10希釈の場合も「何でそうなるの?」という感じで全く分かりません。
例えば、Aの液体があり、それを蒸留水で3倍希釈にしたものを250ml作るなど・・・希釈後の量を指定された場合の計算方法もわかりません。
計算式や、応用編など分かりやすく、詳しく教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

5倍希釈の意味は、皆さんの解説で理解できたと思うのですが



ややこしいのは精度ですね。
確かに20μLの液体に蒸留水80μLを加えても正確には100μLにならないんですが、そのアッセイ系ではその程度の精度で充分だということでしょう。

だって正確じゃないからって、100μLのメスフラスコてどこに売ってるんですか?(笑)

それぞれの試薬なりバッファなりを作るレシピには、必要な精度も含まれてるんですよ。

「5倍希釈」という表現であれば、20μLの液体に蒸留水80μLでOKです。
    • good
    • 11

Ichitsuboさんとbekky1さんの回答が正しいですね。

他の方の回答は明確な間違いです。

>20μlの液体に蒸留水80μlを合わせると5倍希釈になるのですが、

なりません。間違いです。20μlの液体に蒸留水80μlを合わせても100μlにはなりません。

>私はてっきり20μlの5倍希釈なのだから、20μlの液体に対して蒸留水を100μl(20μl×5=100μl)加えると5倍希釈になると思っていたのですが・・・。

これも間違いです。

bekky1さんのアドバイスの通り、トータルでどれだけの量になるのかが大切なポイントになります。

原液の [A] μLに希釈液を加えてトータル [B] μLにしたのであれば、それは [B÷A] 倍に希釈したことになります。このとき、用いた希釈液の量は [B-A] にはなりません。

原液+希釈液=トータルの関係が成り立つのは、質量の関係だけです。

>Aの液体があり、それを蒸留水で3倍希釈にしたものを250ml作るなど・・・

もしも現場での話であれば、通常は次のようにします。250は3では割れないので、250mLだけつくることはしません。例えば300mLのメスフラスコにAを100mLとり、蒸留水でメスアップします。混ぜた時に発熱か吸熱が起こりますので、最終的なメスアップはしばらく時間を置いて溶液が室温になったことを確認したうえで行います。

250mL欲しければ、調製した300mLの希釈液から250mLだけ分取して使えばよいのです。
    • good
    • 4

困る必要もないでしょう。


って、言うか、この専門分野でも
よくわかってない悲しい人が結構いるんです。

で、5倍希釈ですが
単純に1/5ですね。
で、コレを計算機で1÷5とすると0.2と出ます。
コレ(0.2)で元の20をさらに割ります。
「トータルが100」ということになる。

元の量に足して、最終的に「量(この場合ですけど)=100」というのがこの方法です。

元の量が30で、5倍希釈なら
トータルで150です。

元の量が15で3倍希釈なら
トータルで45。

このトータルが「倍量」のポイントです。
    • good
    • 5

化学の計算というより、数学(算数?)の問題ですので、単純に考えたほうが良いと思います。



20μlの液体に蒸留水80μlを合わせると、全部で100μlの液体になりますから、
100μl/20μl=5(倍)
と考えたらいかがでしょうか。

つまり、「20μlの液体を5倍に希釈せよ」でしたら、(5-1=)4倍の蒸留水を足したら良い訳です。
間違えて、5倍の蒸留水を加えてしまうと、(1+5=)6倍に希釈されてしまいます。

3倍、4倍、10倍であれば、それぞれ(3-1=)2倍、(4-1=)3倍、(10-1=)9倍の蒸留水を加えることになります。

また、「Aの液体があり、それを蒸留水で3倍希釈にしたものを250ml作る」でしたら、
250ml/3=83mlのA液に、
83ml×(3-1)=166mlの蒸留水を加えれば、3倍希釈した液体250mlができます。

いかがでしょうか?
    • good
    • 6

20ml+20ml=40mlで50パーセントです。


20ml+60mlで25パーセント。
(だって20mlが4つあるでしょう?)

回答は、
20mlが5個ある100mlは20パーセントです。^^
    • good
    • 3

20μLのものが100μLに希釈されたときに5倍希釈といいます。



気をつけなければならないのは、50mLのものと50mLのものをあわせても100mLにはならないことです。
大豆50mLに米50mL入れることを考えてください。液体でも同じことが起こります。
それほどの精度が必要でなければ5倍希釈もこの方法で20μLのものに80μLの水を加えても良いのですが、正確に行うならば、20μLの液体に水を加えて全量を100μLとします。

3倍希釈で250mLでしたら、
250mLの1/3である83.3mLの液体に水を加えてゆき250mLとします。
ただ、83.3mLなんてものを計ることは難しいので、普通は、100mLの液体に水を加えて300mLにしてから、そのうちの250mLをとってくることのほうが多いですね。
    • good
    • 5

(20+80)/20=5です。


化学だけじゃなくたとえばカルピスつくるときに、
5倍にうすめるとかいうのとおなじです。
味(濃度)は1/5になる。
    • good
    • 9

>20μlの液体に蒸留水80μlを合わせると5倍希釈になるのですが、なぜそれが5倍希釈なのか・・・


合わせた液の20%(1/5)が原液になると考えればよいのです。
>Aの液体があり、それを蒸留水で3倍希釈にしたものを250ml作るなど・・・
全体(250ml)の33%(1/3)が原液になると考えればよいのですからAは80.3ml、Bは160.7mlとなります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q希釈倍率について分かりやすく教えてください。

農薬の希釈倍率についての質問です。例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。すると2つの考え方が頭に浮かびます。

1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。

結果として、1/99+1=1/100としての分数としての希釈倍率をだす考え方。

2、水100ml+溶媒1mlという方法。
100÷1=100倍として計算する考え方。

この考え方を1において2の考え方で、2においては1の考え方でやると・・・

1、99÷1=99
これでは99倍の希釈倍率になってしまう・・・。

2、1/100+1=1/101
これでは希釈倍率が101倍になってしまう・・・。

このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。

この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

前の方も書かれていますが、ここは「農学」のカテとして考えると、100倍にするときは、水100に農薬1を加え、1000倍にするときも水1000に農薬1を加えることが多い遠見ます。
 実際の農家は、100L。200Lの単位で薬液を作りますので、1000倍液を作るのに、999+1で1000倍。それを200L作るとはしていないと思います。(誤解があるといけませんので、もちろんきちんとされている農家もあると思います。)
 これが、化学や数学の計算であれば事情は異なると思います。

Q希釈倍率の計算の仕方

ガーディニングをしていますが50倍から100倍で使って下さいと
希釈倍率が書いています。
例えば1Lパックの水にどのくらいの蒸留木酢液を入れたら
良いのですか?ゴミの臭い消しに使います。
いつも希釈倍率がわからず困っています

Aベストアンサー

農薬(質問の木酢液なども含めて)の場合、単純に「全体の水量÷倍数=原液量」でいいんです。
1Lの水に50倍から100倍だったら、
1L(1000mL)÷50倍=20mL
1L÷100倍=10mL
ですので、木酢液(原液)は10mL~20mL入れるといいんです。

ちなみに液体は体積「mL」、固体(水和剤などの粉剤)は重さ「g」で計りましょう。
(今回の場合でしたら、木酢液=液体なのに、10g~20g入れたらダメ!って事)

Q消毒液の希釈の計算について

小学生の時にちゃんと勉強しておけばよかったです…。

次亜塩素酸ナトリウム6%を0.1%のして使えるようにする計算です。

・原液の濃度 6%
・希釈倍率 60倍にする
・原液 50ml
・水 3l

とすると0.1%をつくれるとありました。
小学生並みですので、やさしく解説していただけると助かります。

Aベストアンサー

#2,5でおまんす。
 60倍に希釈というのは、原液1に対して水59倍を加えることで、原液1に対して60倍の希釈液が出来ると言うことになります。
 原液1に対して水60倍を加えると、希釈液は原液の61倍になってしまいます。

Q希釈について

ある本で、「一度に希釈する倍率は100倍までとする。」と記載されていました。
でも、その本では、1000倍に希釈した溶液を使用しなければなりません。

どうして一度に希釈せず、徐々に希釈するのでしょうか。
100倍に希釈してから、10倍に希釈するのと、
一度に1000倍するのとで、何が違うのでしょうか。
希釈倍率が高いと何か問題があるのでしょうか。

Aベストアンサー

もうひとつ考えられる理由として、希釈時の誤差を小さくするためではないでしょうか。
例えばメスフラスコを用いて希釈分析する場合に多量の液を要しない場合、例えば100mlメスフラを用いる場合、1000倍希釈ですと、0.1ml(100μl)のピペットマン等を用いて原液を採取することになりますが、すなわち希釈前の原液の採取液量が小さすぎると、採取誤差が濃度に大きく影響しやすいということです。希釈前の原液の採取量が大きければ、多少の採取誤差があっても濃度に大きく影響しないという意味もあるかもしれませんね。希釈倍率が低すぎるのも問題がありますが。

Q段階希釈について。

ある物質を500 ng/mLの濃度で溶液中に入れたいのですが、
とても図りとれる量ではありません。

そこで段階希釈をしようと思うのですが、
段階希釈の仕組みがいまいちわかりません。

そもそもこのような量を図りとり溶液を作製することは可能なのでしょうか。
素人丸出しの質問で申し訳ないです。


ちなみの元の論文の文章はこちらです。参考までに。
よろしくお願いします<(_ _)>

Oocytes were vitrified in equilibrium solution (ES) and vitrification solution
(VS), supplemented or not with AFP (500 ng/mL; A/F Protein).
The oocytes weresuspended in an ES containing 7.5% EG, 7.5% PROH, and 20% fetal bovine
serum (FBS) in HEPES-buffered TCM-199 medium for 5 minutes.

ある物質を500 ng/mLの濃度で溶液中に入れたいのですが、
とても図りとれる量ではありません。

そこで段階希釈をしようと思うのですが、
段階希釈の仕組みがいまいちわかりません。

そもそもこのような量を図りとり溶液を作製することは可能なのでしょうか。
素人丸出しの質問で申し訳ないです。


ちなみの元の論文の文章はこちらです。参考までに。
よろしくお願いします<(_ _)>

Oocytes were vitrified in equilibrium solution (ES) and vitrification solution
(VS), supplemented or not with AFP (500 n...続きを読む

Aベストアンサー

1mg を 200ml の溶媒に入れると、0.005mg/ml 言い換えると、5000μg/ml です。
これを、さらに、10000倍に薄めれば良いです。

上でできた溶液 1ml を 100ml の溶液で薄め、さらに、その溶液1ml を100ml の溶液に入れるとか。

といいたいところですが、実は、この方法は、誤差があります。
正確には、

上でできた溶液 1ml を 溶媒で薄めて、全体が100ml になるようにする。
さらに、できた溶液 1ml を、溶媒で薄めて、全体が 100ml になるようにする。

です。
ひとつのステップが、1/100 の希釈だと、正しい方法でないと誤差が気になるかもしれません。

Q希釈方法について

希釈について質問です

マイクロピペットで0.1ml(100μl)とり共栓試験管で10mlにメスアップし100倍希釈とするのは可能でしょうか?
(共栓試験管は希釈に用いてはいけないものなのでしょうか?)
またマイクロピペットで1mlとり共栓メスフラスコで100mlにメスアップし100倍希釈するのとどちらが良いのでしょうか?

それと、共栓試験管で1mlはかり10mlまでメスアップし10倍希釈する方法
マイクロピペットで1mlはかり、さらに9回希釈液をマイクロピペットではかり、10倍希釈する方法は、やっていい方法でしょうか?

共栓試験管は、よくある10mlまでで0.2mlきざみ
0.8mlより下は線がはいっていないやつを使用しています。

100倍希釈をしたいのですが、それほど量が必要ないので希釈後の溶液は10mlくらいで大丈夫な場合、皆様どのように希釈されていますか?

Aベストアンサー

いろんな方法が考えられますね。

・0.1ml試料を取り、10mlメスフラスコでメスアップ。

・0.101mlの試料を取り、ホールピペットで10mlの希釈溶媒を加える。

・(誤差が問題なければ、0.1mlの試料を取り、ホールピペットで10mlの希釈溶媒を加える。)

・0.1mlの試料を取り、メスピペットで9.9mlの希釈溶媒を加える。

なお、試験管は熱などが加えられており、正確な容積を示さないと考えたほうがいいので、普通は使いません。

Q吸光光度法の検量線について

検量線を作成し、データーにばらつきが生じた場合はどのようにすべきなんでしょうか。無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが・・回答をお願いします。

Aベストアンサー

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、100連の方が正確、と毒づいています)。
 
 実験のテクニックが難しくて、全体がばらつく場合もあります。この場合は、5点ではなく、10点とか、測定する回数を増やしたりして、信頼性を高めるしかありません。検量線は、もちろんパソコンで引きます。また、サンプルの測定も、一回だけではなく、数回測定して、平均値を去る必要があります。

 化学反応は、バラツキマセン。しかし、生物のサンプルは、個体差があるので、最低3回は測定して、平均と標準偏差を示します。例えば、血糖値を測定するときに、血液中のグルコースの測定は、ばらつかないので1回で十分。しかし、A、B、Cサンそれぞれの値は異なるので、ヒトの血糖値となると、最低3人は測定しなければなりません。
 同じサンプルを測定して、値がばらつくのは単に腕が悪いだけです。学生だと5%程度、慣れると2%以内、分析のプロだと0.5%の誤差でもウルサク言います。
データがばらつく原因を考え、検量線とサンプルの測定回数を決めてください。

>無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが
測定した点をつないだりしているのでしょうか。それはヤリマセン。昔は、測定した点の近くをなるべく通る直線(場合によっては曲線)を、慣れを頼りに引いていました。今ではパソコンがあるので、回帰式を出します。これが検量線になります。最近は、機器に検量線を自動的に描き、濃度まで計算しているのが、普通です。
 回帰式の相関係数が、0.98以上あれば信頼していますが、0.95だとやり直すかどうか迷います。

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、10...続きを読む

Q希釈する時に考えること

宜しくお願いいたします。

最近希釈の計算をする時に考えることがあります。

例えばAという物質を100mg秤り、100mLにうすめました。

これを40倍希釈しようと思ったときに、
すぐ頭で、
「4mLのホールピペットでとって10mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」
と考えます。(使う量にもよりますが・・・)

でも、「どのような計算でこうなるのでしょうか?」
普段あたりまえすぎて計算の過程がよく分からなくなってしまいました。(恥ずかしながら・・・)
一応思ったのは
4÷10X100=40
だったのですが、なぜ100かけてるのだろう?と思い分からなくなりました。
説明が出来る方、宜しくおねがいいたします。

Aベストアンサー

> 「4mLのホールピペットでとって10mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」

40倍希釈になってませんけど.
これでは2.5倍希釈.10/4 = 2.5.
40倍するのであれば,
「1mLのホールピペットでとって40mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」
これが正解.もっとも40mLのメスフラスコはないですけどね.
だからまあ,これを5倍して
「5 mLのホールピペットでとって200mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」
とかするわけですが.

Q濃度計算について教えてください!

濃度計算の方法をわかりやすく教えていただけませんか?

(1)70%の食塩を溶かして、10%の食塩水を作りたい。
水を何g加えればよいか。

(2)30%のアルコール水溶液に水を加えて18%のアルコール水溶液を1000gつくりたい。
30%のアルコール水溶液は何g必要か。

(3)40%のアルコール水溶液50gに30%のアルコール水溶液50gを加えると。何%のアルコール水溶液がつくれるか。

(4)5%の食塩水が60gある。
この食塩水から水を蒸発させて6%の食塩水をつくりたい。
水を何g蒸発させればよいか。





どのように解いていけばいいのかさっぱりわかりません(ーー゛)
初歩的な問題で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して30%、つまり0,3に相当するので
180÷0.3=600

(3)それぞれのアルコールの量をまず計算します。
40%のアルコール水溶液50g→50*0.4=20g
30%のアルコール水溶液50g→50*0.3=15g
従って合計のアルコール量は35gで、溶液全体は100gです。よってその濃度は
35÷100*100=35%

(4)5%が60gあるので食塩の量は
60*0.05=3g
です。これが濃縮後の溶液の6%に相当すればいいので
3÷0.06=50g
まで濃縮すればいいことになります。

基本は
溶けているものの質量÷(溶液の質量)*100
あるいは
溶けているものの質量÷(溶けているものの質量+溶媒の質量)*100
が%濃度になるということです。

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して...続きを読む

Q○倍希釈とは

濃縮タイプの出汁や麺つゆ、飲料などで
3倍希釈とか5倍希釈の薄め方を教えてください。

例えば、5倍希釈の原液を100ml使うとしたら、
原液100mlを含めて5倍量の500mlにする=400mlの水を足すのか、
100mlの5倍=500mlの水を足すのか、
どちらが正しいですか?

はじめは500mlの水を足そうとしてたのですが
よく考えたら水は400mlかな?と思ったり…
考えてるうちによくわからなくなりました(>_<)

Aベストアンサー

希釈総量を先に決めた場合

5倍希釈の条件は、原液の割合は20%希釈用の水は80%
CC(合成量)に置き換えて必要量を計算すれば簡単です

500CCの希釈液が必要
20X5=100+80X5=400ですから400CCの水に100CCの原液で500CC完成です

比率を基に計算すればややこしい量でも作れます


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較