I went out with them into the street by the lure of what I knew intuitively was normal childhood.

この英文の、「by the lure of what I knew intuitively was normal childhood」の構造がわかりません。
「what I knew intuitively was normal childhood」は名詞か名詞句か名詞節になるべきだと思うのですが、どうしてもそう見えない、、、。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

what was normal childhood



"I knew intuitively"
が挿入されている名詞節だと思います。

例:He tells me what he believes is right.
彼は正しいと信じることを私に言う .
(he blievesが挿入されています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

「He tells me what he believes is right.」という文を見ると、確かに挿入だよな、とすぐにわかるのに、単語が変わると見抜けなくなるなんて、とほほです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 10:45

訳、ありがとうございます。

「・・・書物のための読解力の育成は、徐々にすすむものである」なのですが、肝心なところは見事に解決していただきました。

この英文はもともとある書物からとってきたものなのですが、「英文は右から左に一読して文意を摑むものだ」という思想からすると、「これは挿入」「since節は副詞節だから除外して」などとやっているとかなり何度も読むことになるのではないかと思います。
そもそも、挿入になりうる動詞を全て挙げることは相当困難でしょうし。

例えば、
I assure the man that he ate eggs.
を基礎にした
who I assure the man ate eggs
の場合、
assureが挿入になることを知っているか
もしassureに分詞構文、manに関係詞節(しかも関係詞が省略された)がついたら見えるか
というような問題が発生すると思います。

これをthat節と私が考えたいのは以下のような理由です。

これが出来るのは、「目的語にthat節をとれる動詞」だけであり、that節についてはなみなみならぬ関心で臨まなければならないので、that節と考えるとたくさんの情報が既に自分の中にあるから有利である。

ただそれだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~~ん、むずかしい、、、、。一般的な受験英語の考え方とは違って、大学に入ってから専門的に勉強する人向けのようなご意見だというイメージを持ちました。

回答ありがとうございました。
(何度も回答していただいたのにポイントなしですみません。)

お礼日時:2004/10/11 08:40

vanvanusさんが再回答してくださるまでの幕間ということで・・・



The building up of a taste for books which sages have decided since Socrates was born in the place where all sages want to go are worthy of preservation is gradual.

すごいですね。パズルのような文です。
( )を使って区分けしてみます。

The building up of a taste for books 〔which (sages have decided 〈since Socrates was born in the place where all sages want to go〉 ) are worthy of preservation 〕is gradual.

〈 〉の部分は、「あらゆる賢人たちがあこがれるかの地にソクラテスが生まれて以来」という修飾節ですから、文の大意が分かるように外してしまいます。すると、

The building up of a taste for books 〔which (sages have decided ) are worthy of preservation 〕is gradual.

これが問題の箇所でしょう。〔 〕の中を訳すと、「保存に値すると賢人たちが判断してきた」となります。
ただし、(sages have decided ) の部分を「挿入句」として訳しても「実害」があるようには思えないので「?」というのが正直なところです。
やはり解説がほしいところですね。

この文の訳は、「賢人たちが後世に伝えていく価値があると判断してきた書物への嗜好を育てていくのは、ゆっくりと進めていくことがらだ(一挙には出来ない相談だ)。」

先ほどのソクラテス氏の部分を合わせると、「あらゆる賢人たちが憧れるかの地にソクラテスが生誕して以来、賢人らが代わる代わる『後世に伝える価値あり』と判じて来た書物を人々が好んで読むようになるまでには、まだまだ時間が掛かりそうだ。」ということですかね。フ~ッと、ため息が出ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わーお!すごい。ありがとうございました。

これからまた冷静に見てみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 22:55

みなさん挿入と扱っていますが、本来的には挿入ではないです。


He did what I thought was his duty.

でしたら、I thought (that) X was his duty.

と考えるのが正しいです。ただし、挿入と扱っても実害は少ないです。
実害のある例をあげると、
The building up of a taste for books which sages have decided since Socrates was born in the place where all sages want to go are worthy of preservation is gradual.

この回答への補足

「挿入だと扱うと実害のある例」ということですが、すみません、この文の構造がつかめません。

The building up of a taste for books which sages have decided since Socrates was born in the place where all sages want to go are worthy of preservation is gradual.

もしお時間がありましたら、教えてください。

補足日時:2004/10/10 10:39
    • good
    • 0

こんばんは。



I knew intuitively は「挿入節」ですね。

what was normal childhood 「ごく普通の子供時代というもの」、それに I knew intuitively が挿入されて、 what I knew intuitively was normal childhood 「私が直感的にわかっていたごく普通の子供時代というもの」になります。

挿入接に使える動詞は、know のほかに、think, remember, hear, believe, fear, fancy, find などがあります。

日本語訳は、No.2さんの解釈でいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

挿入だよ、と一言いわれるとわかるのですが、他の単語などがくっつくと自分で見抜けない、、。
ああ情けなし、情けなし。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 10:50

こんにちは。



what (I knew intuitively) was normal childhood

のように、習いましたよ。(I knew intuitively)の部分は挿入句だと。意味的にはこうでしょうか。

〔what was normal childhood〕which I knew intuitively

訳すと、「本能的に私は感じ取っていたが、これが本当の子供時代だというべきもの」でしょうか。全体でおっしゃるように名詞節になっています。

what( you think) is the best も同様です。what is the best に、(that)you thinkが挟み込まれた形で、
「あなたが考えるところの最もよいもの」つまり「あなたが最も良いと考えるもの」と訳します。

本文に戻って、

I went out with them into the street by the lure of what I knew intuitively was normal childhood.

を直訳してみますと、「私が直感的に感じ取っていた『普通の子供時代』とでも呼ぶべきものの魅力に引かれて、私は彼らとともに通りに出て行った。」となります。

分かり難い点があったら、また言ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

what( you think) is the best の例だと自分でもすぐに挿入だとわかるのですが、今回のようにあまり見ない意味の文で出てくると、途端にわからなくなってしまう自分が情けない。。。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 10:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"what i wish i knew when i was 20"と

"what i wish i knew when i was 20"という本のタイトルについて質問です。


この日本語訳は「20歳のとき知っておきたかったこと」となるようですが、

"what i wish i had known when i was 20"

ではないのでしょうか。

"what i wish i knew"だと、「今」知らないが知っておきたかったことを表すと思います。
しかし"when i was 20"と文末に書かれているので、知っておきたかったのは「過去」になるはずです。

どのたかわかりやすく解説お願いします。

Aベストアンサー

学校文法的にはおっしゃる通りです。

If I knew it, I would have told you about it.
のような英語をネイティブは使います。
主節部分は仮定法過去完了を正しく使う。
if の部分は過去。

wish の後は if の部分と同じ形が基本。
助動詞を用いる場合もありますが。

QThe vase broken by TomとThe vase which was broken by tomの違いは?

こんばんはお世話になっています。

「トムに壊された壷はとても高価なものだ」という文を英語にする場合、

The vase broken by Tom is very expensive.とThe vase which was broken by Tome is very expensive.が考えられると思うのですが、これら二つの表現の違いはなんなのでしょうか?手短に言いたい場合には前者を使う程度の違いなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご指摘のように、分詞は手短に言うための省略がされた表現ですので、意味としては同じです。ただ、省略をしない関係詞を使う文の方が、動詞部分を完全に見せることが出来る分、より多くの表現を正確にすることが出来ます。

例えば分詞を使ってI have a book read by many children.とだけ言うと時制表現が盛り込まれていないので、「現在多くの子供達に読まれている本」なのか「昔多くの子供達に読まれた本」なのかの違いが分かりません。この場合にはtodayやbeforeのような副詞が必要になってきます。また、助動詞の表現をすることも出来ないので、a book which can be readとかa book which should be readのような表現も分詞ではできません。

分詞は関係詞の省略された形なので、ご質問の2つの文の意味は同じですが、分詞と関係詞の使い方(もしくは表現できる範囲)は同じではありません。

QI tired of studying. Still it was found that the i

I tired of studying. Still it was found that the importance of the club is now to not playing at all.
Do not imagine there is no club Shi starts even school soon

訳して欲しいです

Aベストアンサー

I tired of studying. Still it was found that the importance of the club is now to not playing at all.
Do not imagine there is no club Shi starts even school soon

私は勉強に飽きました。それでも、現在、クラブの重要性が、全然遊ばないことにであるのが見つけられました。
そこで想像しないでください 全然、すぐシャイが均一な学校を始めるクラブではない

Q’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ではどちらが先?

英語史に詳しい方にお尋ねします。

(1)
’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ の2つの表現形式では派生上どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?

次の(あ)説と(い)説のどちらが正しいのでしょうか?
(これはこのカテの質問(No.2058657)の ’all (the) 複数名詞’ に関して調べる中で、いくつかの学習文法書をみていて湧いた疑問です。)

(あ)
『総合英語フォレスト』(第4版、桐原書店、p.463)は、「[all the booksは]もともと、all of the booksという表現で、ofが脱落したものである」、と書かれています。私自身も今までずっとこのように理解していました。

つまり、’all of the 複数名詞’ が親という説。

(い)
ところが、中・上級者用の代表的文法参考書『ロイヤル英文法』(旺文社、p.223)はallの形容詞用法の説明で、「allは元来形容詞で…代名詞用法のAll of the villagers ~の形はsome of ~などの形にならってできたもの」、と書いてありました。同様のことは小西友七編『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版、1989年、p.86)にも、「’all of …’ はnone [some, any] of などの表現の類推によってできた比較的新しい言い方」、とあります。

つまり、’all (the) 複数名詞’ が親という説。


(2)
bothについても同じことがいえるのでしょうか?

(3)
ついでにと言っては何ですが、そもそもsomeについてはどうなのでしょうか?’some複数名詞’ と ’some of the 複数名詞’ の2つの表現形式にも派生上の親子関係があるのでしょうか?もしあるとするなら、どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?


(1)、(2)、(3)どれか一つだけでも結構です。ご教示ください。

英語史に詳しい方にお尋ねします。

(1)
’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ の2つの表現形式では派生上どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?

次の(あ)説と(い)説のどちらが正しいのでしょうか?
(これはこのカテの質問(No.2058657)の ’all (the) 複数名詞’ に関して調べる中で、いくつかの学習文法書をみていて湧いた疑問です。)

(あ)
『総合英語フォレスト』(第4版、桐原書店、p.463)は、「[all the booksは]もともと、all of the booksという表現で、ofが脱落...続きを読む

Aベストアンサー

all, some, each/every には,古英語の時代から形容詞用法と不定代名詞用法がありました。古英語の eall (現代語の all)の例を挙げます(綴りは微妙に変えてあります)。

1.形容詞的用法
ealne daeg (all day)
ealle menn (all men)

2.不定代名詞用法
hit eall (it all)
all thas thing (all these things)
eall Godes getheaht (all the counsel of God)

3.名詞的用法
alle butan anum (all except one)
eal moncynnes (all the males)


また数詞も部分属格をとっておりました。
twentig wintra (twenty winters)

というわけで,
(1) 「of ~」は(部分)属格から生まれたもの
(2) all のもともとの品詞はともかく,古英語の不定代名詞用法の子孫には当たる。

ただし,これが形容詞ではない,とまでは実は(個人的には)言いたくない。数量詞のいくつかの用法の一つにすぎない,と考えているので。でもこれは余談。

all, some, each/every には,古英語の時代から形容詞用法と不定代名詞用法がありました。古英語の eall (現代語の all)の例を挙げます(綴りは微妙に変えてあります)。

1.形容詞的用法
ealne daeg (all day)
ealle menn (all men)

2.不定代名詞用法
hit eall (it all)
all thas thing (all these things)
eall Godes getheaht (all the counsel of God)

3.名詞的用法
alle butan anum (all except one)
eal moncynnes (all the males)


また数詞も部分属格をとっておりました...続きを読む

Q和訳お願いします。 The use of my toes was the only sign of

和訳お願いします。

The use of my toes was the only sign of apparent interest I showed before that cold gray December day, when everything changed.

Aベストアンサー

私のつま先は唯一の象徴だ、それはあの冷たく灰色の師走の日の前に私が見せた明らかな私の興味を指し示している。そしてその日に全てが変わった。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報