すごくいいかげんなのですが、細胞学の伊藤博士による「等電点生理学」という論文を探しています。何がいいかげんかと言うと、伊藤博士の下の名前が解らないのです。ご存じの方この論文はどこで拝見する事ができるのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

直接の回答ではありませんが、ネット上でいくつか検索しましたところ、以下の成書しかHitしませんでした(内容未確認!)。


============================
作物学 / 伊東信吾[著]<サクモツガク>. -- (BN14888668)
東京 : 東京農業大学, [出版年不明]
2冊 ; 21cm. -- (農大農業講座 : 文部省認定通信教育) -- 総論;各論
注記: 通信教育教材
ISBN: (総論) ; (各論)
著者標目: 伊東, 信吾<イトウ, シンゴ>
分類: NDC6 : 615 ; NDLC : RB51
件名: 作物
============================
「通信教育教材」で特殊のようで所蔵大学も限られているようです。
やはり東京農大の図書館にメール等で問い合わせた方が早いかもしれませんが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

東京農業大学名誉教授 伊東信吾先生が、お探しの伊藤博士のようです。



論文の閲覧は、同じ講座のある大学の図書館などで可能だと思います。
都内ならば国会図書館に行けば閲覧できるはずです。
    • good
    • 0

東京農大の伊東信吾名誉教授(故人)


ですね。

東京農大の図書館行けば手に入るのでは?
ただし、入館できるかどうかは分かりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生理学おすすめ問題集・参考書(医学部)

大学で生理学を学びましたが、いまいち理解できていないので
休暇を利用して復習をしようと考えています。

それには問題を解きながらの方が良いかと思っているのですが、
大学の過去問ではマニアック過ぎ、CBT用では問題の量が少なす
ぎるので物足りません。何か良い問題集はないものでしょうか?

それから参考書なのですが、大学の授業がかなり偏り+細か
すぎな分野があり、単位はとれたものの理解できていません。
一応、参考書として見たことのあるものとしては、
(1)人体機能生理学
(2)標準生理学・・・これは持っています。
(3)シンプル生理学・・・これも持っています。

です。
生理学の先生の好みに近いのが標準生理学だったので
(2)を購入したのですが、自分には少々難しいので他に
お薦めの参考書がありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題集については低学年のため詳しく知らないのでお答えできませんが、僕の大学では「生理学テキスト(文光堂)」という黄緑色の参考書が先輩から代々オススメとされていました。
比較的薄めの参考書で、読み易さが重視されているようです。
かく言う僕自身は、参考書に辞書的な役割を求めていたので、標準生理学を愛用していましたが…(^^;
いきなり買わずに、一度立ち読みでもしてみてください☆

それにしても、あの生理学をもう一度復習しようなんて素晴らしい心意気ですね。単位取れて満足してる僕とは大違いです(笑)
その御姿勢、是非とも見習いたいです。

Qクローンを作る場合、体細胞が必要らしいですが、爪や毛でも体細胞として使用できるのでしょうか?

体細胞クローン牛や、クローン猫はすでに生み出すことに成功しているようですね。

この際、遺伝情報を含んでいる体細胞がまず必要みたいで、
筋肉、皮膚、耳などが必要らしいですが、

たとえば、かつて飼っていた『愛猫の爪』や『毛』からも、愛猫とそっくりのクローン猫を生み出すことは可能なのでしょうかね?

筋肉や皮膚だけではなく、
『毛』と『爪』が体細胞としてクローン胚作りに使用できるか知りたいのです。
やはり、筋肉や皮膚ではないと駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、死んだ細胞から再生できるか?まではワタシの知識ではわかりません。
SFなどではミイラから再生するという話はありますけど。

DNA自体はタンパク質の組み合わせによる物質ですから、それが壊れていなければできるかもしれませんが。

北朝鮮拉致被害者の横田さんDNA鑑定も、骨が焼かれていたためDNAが破壊されてて鑑定は無理といわれてました。
わずかに残っていたDNAを増殖させて鑑定に成功したようです。

Q生理学の教科書

 今、私は大学で生理学を学んでいます。生理学は非常に広範な知識を求められる科目だと思います。そこで質問なのですが、授業と並行して使う参考書で何かお勧めのものはありませんか。ちなみに標準生理学の参考書は難しすぎて理解に苦しみました。最も理解しやすい生理の参考書を紹介してください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

検査関係の者です。
私が使用していたのは、医歯薬出版「臨床検査講座 生理学」という教科書でした。わりとわかりやすいと思います(あまり奥深いことは載っていませんが)。
ただこの本、一般の本屋では購入できないようです。オンラインショッピングは
できるようなので、下記URLをご参考になさってみてください。生理関係の本、多数扱っているようなので。

参考URL:http://www.ishiyaku.co.jp/

QT細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですが・・・

T細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですがT細胞の表面にはヒツジ赤血球と結合して「Eロゼット」を形成するEレセプターがあり、B細胞の表面にはウシ赤血球に抗ウシ赤血球IgG抗体を結合させた感作赤血球である「EA」と結合し「EAロゼット」を形成するIgGFcレセプターがあり、ヒツジ赤血球に抗ヒツジ赤血球IgM抗体を反応させたのち、新鮮血清を補体原として作用させて作製したヒツジ赤血球・IgM・補対複合体である「EAC」と結合し「EACロゼット」を形成するC3bレセプターがありますが、この「E」「EA」「EAC」って何かの略なんでしょうか?すごく頭に入りにくくて・・・。もしごぞじの方いらっしゃれば教えていただきたいです!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

E:赤血球、erythrocyte
C:補体、complement
A:両受体、amboceptor

参考URLは、専門用語や最新の略語も豊富で、重宝しています。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

Q病態生理学の参考書

 私は現在某医学部2年に在籍しております。ここではよくお世話になっています。さて、私の大学では生理学を二年次の前半から後半にかけて履修することになっているのですが、時間の都合上、私たちが学んだ生理学が実際の疾病とどのようにリンクするのかを学ぶ機会がないので、いわゆる病態生理を自分で勉強せざるを得ない状況です。そこで質問なのですが、どなたか病態生理学の参考書で利用価値のある本(専門性の高いことが書かれている本)をお知りの方いらっしゃいましたらどうぞその本の概要と表題を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

かなり昔に使ったので、私のは役に立たないと思います。

で、その後色々見ていて、比較的専門的で医学部学生には易しいが、実際が書いてあり、分かり易いのが看護系の雑誌・本なんです。
医学書院の「図解 知っておきたい病態生理」なんてどうでしょう。 
図解のは基礎生理学でも分かり易いのは医系でお馴染みでしょうが、看護系だと更に分かり易く書かれています。

私もわかりにくかった、薬理系や心電図、ERなどではお世話に成りましたし、同じ生理学では医学書院の図解生理学は臨床の時代もその後もチョクチョク見ていました。

此れを臨床に入ってから、もう一度実際とつき合わせると良く分かります。

Q生理学,解剖学の本

PTS1年(三年制専門学校生です)の者です。

生理学と解剖学を勉強するのに、皆さんの「頼れる一冊」となった本などあれば教えていただきたいです!
学校の勉強も少しずつ難しさを増して、教科書だけでは追いつかない状況です。
よろしければ、皆さんのお話聞かせてください。

Aベストアンサー

理学療法士とか作業療法士ですか?

>教科書だけでは追いつかない状況
⇒担当科目の教授から推薦書が出ませんか?
追いつかない・・・・講義でやっているのが聞き取れないと言うことでしょうか?
本よりも講義が一番わかりやすいですから、それがだめだとそれ以上の本は存在しません。

たとえあっても、それが其の担当教授の授業全般をカバーするものでは無いです。
有るとすれば、其の教授・講義者が参考にしている本全部でしょう。 それを聞きに行くことです。

生理学だと・・・・易しいのでよいのかと思いますが、
「図解」が入っているほうが簡単でした。 私は文系大学から、工学部を経て医学部に行きましたので、基礎的な部分がわからないときには重宝しました。
私の使ったのは「図解生理学」で醫學書院のです。今はあるかどうか不明です。

解剖学・・・・医大では不十分でしたが、とりあえず覚えるならカラースケッチ解剖学は如何ですか?
これは新しいのが出ており、医学部ではさすがに使わないでしょうが、薬学部では使っている大学もあります。
廣川書店で出しています。

他には図解の方がわかりやすいので、本屋で見てみましょう。医大ではそれと、写真版数種を解剖実習では使いました。(Color Atlas of Anatomyなど)

理学療法士とか作業療法士ですか?

>教科書だけでは追いつかない状況
⇒担当科目の教授から推薦書が出ませんか?
追いつかない・・・・講義でやっているのが聞き取れないと言うことでしょうか?
本よりも講義が一番わかりやすいですから、それがだめだとそれ以上の本は存在しません。

たとえあっても、それが其の担当教授の授業全般をカバーするものでは無いです。
有るとすれば、其の教授・講義者が参考にしている本全部でしょう。 それを聞きに行くことです。

生理学だと・・・・易しいのでよいの...続きを読む

QOT、PT基礎から学ぶ生理学ノート

OT、PT基礎から学ぶ生理学ノートは柔整の生理学にも勉強になりますか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

どんなコメディカルでもまとまっていれば十二分に参考になると思いますよ

各専門で使うところが違うと思ったら大違いです。

Q解剖学、生理学の勉強法

どうしても解剖学や生理学は本では理解しにくいのですが、何かCD-ROMやビデオ等で勉強したいと思っています。何か良い教材があれば教えて頂けないでしょうか?お願い致します。

Aベストアンサー

解剖学は図を描いて覚えるのが良いでしょう。
これは現役外科医でも行っているもので、学生時代にも有効です。
学部が分かりませんが、本としては、塗り絵形式のThe anatomy coloring book 廣川書店がお勧めです。
歯学部だとすると書かれている名前が頭蓋部では少なすぎるでしょうが、医学部では最初の段階ではこれで充分でしょう。 他の部位も試験の山を書き加えれば充分に使えます。

生理学も図です。 高校で生物の時間にTCAサイクルを覚えたと思いますが、同じようにチャートを作って覚えるのです。

見る形式のはなんとなく分かった気にはなりますが、上記の方法でしっかりと覚えておかないと試験で泣きます。

Q解剖学と生理学について

解剖学と生理学はどういった学問ですか?
どのようなことを覚えればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

解剖学:生体の構造を知る学問
生理学:生体が正常に機能する様子を知る学問

だと思っています。
どのようなことを覚えればよいのか・・・これはあなたがどのような状況におかれているかに依存します。学部の学生に必要な知識と、医師免許を取る際必要な知識、そして臨床に出るにあたって必要な知識は異なってきます。

Q犯罪心理学 などを学んだ後に就ける職はやはり研究職のみ?

凶悪な犯罪が増える中、犯罪心理学などを学んだ人間に対する需要が少ないと感じるのは私だけでしょうか?

犯罪心理学や司法臨床を学んだ後に就ける職業を教えて下さい。検索してもいまいちわからなくて・・・
将来のために資格を何か持ちたいのです。

Aベストアンサー

>また、犯罪心理学を最大限生かしたいのならプロファイリングの知識を身に付け捜査一課に配属されるのが一番かもしれません。

確かにその通りですが、なかなか現状では難しいでしょうね。

>ただ日本ではどれほど捜査段階においてプロファイリングが利用されているのかわかりません。

まったくなされていないそうです。

下に参考の本を載せておきます。たぶんこれだったと思いますが、
何分、似たような本を多数読んでいまして、どれだったかはよく覚えていないんです。
アマゾンの購入履歴からもはっきりしないのですが、昭和の名刑事平塚の取調べに疑問があるという内容ならこれです。
また、著者の間違っているのは、病的な引きこもりとそうでない引きこもりの差がわかっていない点です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575296716/503-5102119-8044760


人気Q&Aランキング