いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

蛍光灯の蛍光灯が点灯しなくなったので
①蛍光管(サークル管)を新品に交換しました。
②グロー球も新品にしました。
結果、点くには点くのですが、明るさが快調な時の5分の1くらいです。
しかも、点灯状況がまったく安定せずちらちらしたりします。

これは器具本体が寿命だからでしょうか。
グロー球をダイソーで3球100円で買ったのがケチりすぎでしょうか。

質問が抽象的で恐縮ですが、どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

A 回答 (4件)

蛍光灯器具の寿命に一票


http://jlma.or.jp/shisetsu_renew/anzen/anzen1.html

事務所など長時間点灯の例ですが、
JIS(日本工業規格)では、交換の目安を約10年としています。

家庭用でも15年で交換する事が推奨されています。
多くは無いですが、老朽化した蛍光灯器具が発火した事例もあります。
    • good
    • 0

機器が寿命。


電気屋に聞いて。
    • good
    • 0

サークル管が不良

    • good
    • 0

>点灯状況がまったく安定せずちらちらしたりします


ここから考えられるのは安定器の故障です。
この場合は機器自体の寿命です。

他に蛍光管の適合が考えられます。
直管ではよくあることですが、接点を繋ぎ直すとよくなる場合があります。

グロー管は点灯してしまえば用済みなので、あまり関係ありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報