ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

破産宣告したのですが、
ローンはいつ頃ローン通りますか

A 回答 (4件)

時間が立てば、自動的にローンが組めるような状態に戻るわけではありません。

 自己破産等の事故情報が記載されている期間は信用情報機関によって異なります。 CICやJICCは5年、全国銀行協会(全銀協)は10年と言われていますから、自己破産してから10年経過すれば、全ての信用情報機関から自己破産したとの情報が抹消されるようです。 ですから、まずは、自己破産の情報が抹消されるまで待たなければなりません。 なお、期間を経過しても、情報の消し忘れ等で信用情報機関に、過去の自己破産の情報が残ったままになっていることが稀にあります。 そのため、まず、期間を経過したら、該当の信用情報機関に自己の情報の開示を請求して、自己破産の情報が抹消されているかどうかを確認する必要があります。 もし、期間が経過しても情報が残っている場合は、その情報を抹消していない金融機関(貸金業者)に免責決定通知等を送って、情報を抹消してもらう必要があります(信用情報機関における情報は、貸付業者毎に載っているので、自己破産当時5社に借り入れがあった場合、5社ともの記録が抹消されていないといけないということになるのです)。 信用情報機関から情報が抹消されると、その方の信用情報を調べても何も出てこない(いわゆるホワイトの状態)になります。 ただ、昨今の社会状況の中で、クレジットカード1枚すら所有していない、という状態は、審査をする側から見ると、かえって、何かカード等を作れない理由があるのではないかという疑念を抱かせます。 そこで、CICやJICCの記録が抹消される5年後以降に、契約時に全国銀行協会の情報を参照しない業者でクレジットカードをつくり、少しだけ利用してきちんと返済をし、その記録(これをクレジットヒストリーといいます)を信用情報機関に残すことが大切です。 なお、携帯電話の機種本体代金の分割払いもクレジットヒストリーの一つとなるので、携帯電話を利用している人は、代金の支払い遅れ等がないようにすることが大切です。  前記のとおり、自己破産をしたという情報は、10年経過すれば、信用情報機関から抹消されます。 しかし、自己破産当時借り入れをしていた業者の社内データからは消えることはありません。 例えば、自己破産当時、三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用していたときは、信用情報機関における情報が抹消された後も、三菱東京UFJ銀行の社内データには残っている可能性があるのです(金融機関がこのようなデータを残していても違法ではありません)。 ですから、ローンを申し込む時は、自己破産当時に借り入れのあった金融機関やその系列の金融機関は避けたほうが良いといえます。 また、審査が厳しくないという観点からいうと、金利は高くなりますが、銀行系ではないノンバンクで申し込むのも良いかもしれません。
    • good
    • 0

審査関連業界に5年間記録が残るのでそれ以降なら大丈夫ですよ。

    • good
    • 1

7年~10年後位です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます

お礼日時:2018/03/14 20:45

自己破産なら7年くらいと聞きます



私の兄は6年でクレジットカードは作れました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます

お礼日時:2018/03/14 20:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報