電子書籍の厳選無料作品が豊富!

ビッグバン宇宙論では、宇宙は一点から急激に始まったと考えられる。

とされる現在では定説となっているビッグバン理論ですが、この「一点」とは、我々3次元空間の生き物が想像する3次元の中の一点ではなくて、我々では想像するのも難しいが、その一点自体は端も外側もない空間そのものであって、もちろん球体でも何ものでもなく、ただ現在に比べて非常に希薄な空間、という解釈で合っていますか?
その後爆発膨張し、次第に冷えて今の宇宙(空間)になった、とビッグバン理論は続けますが、我々3次元空間の生き物には想像するのも難しいがつまり空間自体はそもそも端もなくそのために無限であって、宇宙の広さは変わらない、というかそもそも宇宙に広さという概念は無いので変わらず、ただ内包する物質の数が分裂により爆増すると同時にそれらが離れて行くので、物質の単位はむしろ小さくなっていった(もちろん部分的には集合して巨大になったりする、つまりムラが出来て恒星などが生まれた)、という事で合っていますか??

どうも一般的なビッグバンの宇宙の始まりは一点が爆発膨張して出来た、という説明を聞くと3次元的に一つの点球体が全方位的に大きくなって、我々や観測可能な宇宙はその中にあるような説明が多い気がするのですが、これは分かりやすく説明しているだけであって、本当は先程私が説明したように空間の単位が急激に細かくなっていったのであって、もしその瞬間に生きて我々が立ち会ったとしても(現に今も立ち会ってますが)空間が細かくなるとともに我々も全く同じペースで縮小しているので全くその事に気が付かないと考えています。うまく遠方を観測すれば、宇宙空間は逆に広がっている・遠のいている・膨張している、と錯覚出来る、という事で。

つまり私の解釈では
・宇宙空間は端も外側も無いのだから、古来から有限の広さもなくゆえに宇宙空間の外郭が膨張することなど無い。
・宇宙空間は有限の広さもなく膨張もしないのだから、いわゆるビッグバンによる宇宙の膨張とは、逆に空間の精密化の事である。
・ビッグバンの始まりは一点から始まったと言われるがそれは3次元空間上の点球体のことでは無い。
という事です。

この解釈は合っていますでしょうか?
ビッグバンは宇宙の一点から始まった、の一点についてどういう一点なのかを詳しく知りたいです。

A 回答 (4件)

そうですね。

時空から時間を切り離すと空間のどこから時間とエナジーが始まった事になります。現在は過去の宇宙しか観測出来ません。最初にエナジーどうしの対生成で素粒子が出来たのですが、対消滅で物質は、全エナジーの数十万部の一が今の全恒星と惑星衛星です。ただダークエナジーとダークマターそしてヒッグスがで無いと空間だけの時間物質のない空間だけになったでしょうね。
    • good
    • 0

>この解釈は合っていますでしょうか?



あっているわけがない。

ばからしいので解説はしないけど、すでに、多くの理論的な検証がされて、いまのところ最も確からしいとされている理論を否定するなら、

・ ビックバン理論がなぜ正しいとされたいるかの理論を、包括し
・ ビックバン理論では説明出来ない点を説明しうる理論

でなければ、なりません。相対性理論の否定も、量子論の否定も、エセ理論はすべてこの要請を満たしていない。
理論と言われるものは、積み重ねであり、思いつきで出来たわけではないのです。

素人目線で考察して、自分が気がついたところだけを、声高に叫んでも、バカにされるだけです。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

「宇宙は一点から急激に広がった」以外の理論は、現時点では立証する観測が出来ない。

なので、何を言っても議論にならない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!