太陽は大きなガス球ですが、なぜ潰れることがないのですか? 

A 回答 (4件)

太陽が核融合を行っているのはご存じですよね。



もともとはガスの固まりだったものが、ガス自体の重さで引きつけ合って
重力を生じ、重力によって押しつぶされて核融合に至っていると聞いています

核融合は ものすごい爆発ですから、その爆発を引き留めるのが重力で、
この力の釣り合ったところが、目に見える太陽の形といわれています。

ちなみに、何億年後かに太陽の力が弱まり膨張すると聞いたことがあります。
まっ、生きていないので知ったことではありませんが・・・

参考文献は、日経新聞の確か、日曜版だったと思います。
今より、5ヶ月くらい前に太陽の特集をしていました。
太陽の事が、素人にも分かりやすく、科学的に書いてあります。
読んでみて大変おもしろく、参考になりましたよ。

現在、日経新聞のその記事の個所は 心の発達がどの時点で生まれるか
と言うお題目になっていますので、ちょっと大きめの図書館に行く等して、
過去の記事を探して見るとよいでしょう。
エコノ探偵団の前後のページあたりに載っているはずですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。是非図書館に行って探してみようと思います。
何事も釣り合いというものが大切なんですね-(^0^)-
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/16 10:31

太陽は最初からああなっていたわけではありません。


周りの水素(その他いろいろ)が集まって、それが重量収縮を起こします。
そのときに、ある点で重力によって星が光り始めます(これを原始星と呼びます)。
その後も重力収縮は続き、臨界点を超えたところで核融合が始まるわけですが、水爆などでもわかるようにその力は桁外れなのであの巨大な重力に対抗できるわけです。
その後は100億年ほど(太陽などG型恒星の場合)燃え続けると燃料であった水素が無くなって再び重力収縮をはじめます。と、そうすると今度は水素の核融合反応で出来たヘリウムが燃え始め、収縮がいったんとどまる状態が10億年ほど続きます(このときの事を赤色巨星、と言い、このときに地球軌道半径まで膨らみます。オリオン座のベテルギウスなんかがこの状態です)。
そこで形成されるのは酸素やら炭素やら。これらも後に燃えますが、最終的には鉄になります。
そして星の一生の最後に起こるのが新星爆発(かに星雲はこれの名残)。
数十日ほど明るく輝きつづけ、白色わい星だけを後に残して消えるのです。
長くなりましたが以上ですが、お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本で調べてもいまいち良くわからなかったので質問してみました。
参考になりました。ありがとうございました。
余談ですが、爆発の瞬間を見てみたいなと思いました。それは無理なんでしょうけど(^-^)

お礼日時:2001/07/16 10:26

中学生の時、理科の先生が言ってました。



太陽はどんどん膨張していて、
このままいくと計算上、
一億年後には地球の公転軌道ぐらいの大きさになるそうです。

余談でした。
    • good
    • 0

熱いからです。


空気を入れた風船をあっためると、ふくらみますね。同じ原理です。
太陽は表面温度は6000度、中心温度は1500万度です。
これだけ熱いと、自重の潰れる力と、ガスの膨れる力の均衡する点が、あれだけ距離の大きなものになるんです。

参考URL:http://www.planetary.or.jp/sun.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方真太陽時と南中時刻と太陽高度角について

南中時刻というのは、太陽の高度角が最大になる時刻と考えていいのでしょうか。
つまり、太陽が真南に来たとき、太陽の高度が最大になると考えていいのでしょうか。

明石がJSTの基準点ですから、明石ではJSTの12時に太陽高度角が最大になるのでしょうか。

また、地方真太陽時とは、南中時刻を12時とするものですが、
地方真太陽時では、1日の長さが24時間でなくなるのでしょうか。

例えば、
地方真太陽時の12時がJST12時10分ならば
地方真太陽時の15時はJST15時10分
となるのでしょうか。

Aベストアンサー

太陽がある地点で南中すれば、その時太陽高度は最大で、この地点での地方真太陽正午です。

1年を通じて太陽の位置を平均したものが平均太陽です。
地球軌道が楕円で傾いているため、太陽は平均太陽の周りを南北へ各
23°東西へ各4°の範囲で動き回ります。
JST(中央標準時)正午は東経135°における平均太陽の南中時刻です。

JST正午に太陽が南中する地点は、2月中頃平均太陽より最も東に寄る東経138.6°(例えば山梨県甲府市)から、11月初め最も西に寄る東経
130.9°(例えば福岡県北九州市)の間で変化します。

連続する2回の真太陽正午の時間間隔は24時間00分30秒から23時間59分39秒までの間で毎日変化します。

Qなぜ、アメリカではキリスト教の人が多いのですか? キリスト教は元々ヨーロッパで始まったこと、それがア

なぜ、アメリカではキリスト教の人が多いのですか?
キリスト教は元々ヨーロッパで始まったこと、それがアメリカ、ロシアに広まったこと、アメリカは元々プロテスタントだったということはわかっているのですが、なぜいま、キリスト教が圧倒的に多いのでしょうか?
地理の講義で出された問題の1つなので、地理的な答えがあれば、嬉しいです。
その他、地理的なものじゃなくてもわかる方、回答お願いします。

Aベストアンサー

コロンバスがアメリカ大陸を発見したのは、1492年のことでした。

ヨーロッパ各国は、大航海時代で、植民地経営に積極的でした。イギリス(スコットランド・アイルランド)・オランダ・ドイツ・フランス・スペインが、現在の米国の植民地経営に乗り出しました。いずれもキリスト教国です。

その後、ヨーロッパに宗教改革が起こり、各国で、キリスト教各派の主導権争いが起こり、それに負けた宗派の人たちは、新大陸に移住します。現在のキリスト教国としての米国の基礎が固まります。

https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_immigration_to_the_United_States

英語で申し訳ないですが、移民関係のグラフが出ています。非キリスト教徒(パキスタン・インド・中国)の移民増加は、ここ、30年ほどのようですね。

南米の移民は、熱心なカトリック教徒が多いです。

キリスト教は、中近東のイスラエルで始まり、それがローマ帝国の国境となり、東西分裂で西はカトリックに、東は東方教会(現在のトルコ)に分けられて、トルコがイスラム教に席巻されたのち、東方教会が、ロシア皇帝とのご縁で、ロシアに引き取られた、という歴史があります。

コロンバスがアメリカ大陸を発見したのは、1492年のことでした。

ヨーロッパ各国は、大航海時代で、植民地経営に積極的でした。イギリス(スコットランド・アイルランド)・オランダ・ドイツ・フランス・スペインが、現在の米国の植民地経営に乗り出しました。いずれもキリスト教国です。

その後、ヨーロッパに宗教改革が起こり、各国で、キリスト教各派の主導権争いが起こり、それに負けた宗派の人たちは、新大陸に移住します。現在のキリスト教国としての米国の基礎が固まります。

https://en.wikipedia.org/...続きを読む

Q東京都内から「水平線に」沈む太陽を見ることは可能?

ご存知の通り、現在の日本では毎日太陽は東からのぼり西に沈みますよね。
ということは、太陽が「水平線(本当に海のライン上)」に沈むのを見ることが
できるのは、「日本列島の西側の海」だけなのでしょうか?
東京都内などから太陽が水平線に沈むのを見るのは不可能ですか?

この質問をすると「何いってんのー、見えるよ。何度も見てるし」とよく
言われますが、「でも何故西に沈むのに、東京近辺(東側)の海から
太陽が水平線上に沈むのを見ることができるのか?」のちゃんとした説明を
聞くと、誰もしっかり回答することができません。また「じゃあどこの海で
ちゃんと「水の線の上に」太陽が沈むのを東京側で見た?」と聞くと
誰一人として「覚えていない。水平線上ではなかったかもしれない」という
答えにかわります。どなたか、理解できるように教えて下さい!!

Aベストアンサー

「stomachman」さん「deagle」の話の通り、目線を1mの高さにすれば約4km先が水平線になります。
これに、夏至の時の太陽の沈む方向「真西から南に約23度」を考えに入れれば、「新木場」や「若洲海浜公園」辺りで条件を満たせることになります。

が、これは、その先にある陸地(23区)に立っている建物を全く無視した場合です。例えば、100mの高さのビルが先に立っているとすると、約40km離れないと、そのビルが水平線から顔を出してしまいます。運良く太陽が高いビルの間に沈む地点が有ったとしても、大体10m平均の高さで家やビルが存在していると仮定するのは無理があるでしょうか。この仮定を置くと、約13km離れる必要があります。

都区部では、真西方向に約17km(13+4km)の直線状の水面を探しても有りませんから、結局、「水平線に沈む太陽は見えない」という結論になります。

以上。

Q「伊勢・鳥羽・志摩」一帯のことを、なぜ「伊勢志摩」という言い方をするのですか?

三重県の観光地である「伊勢志摩」。「鳥羽」も含む一帯のことを指すのだと思いますが「伊勢・鳥羽・志摩」とは言わず、なぜ「伊勢・志摩」という言い方をするのですか?

幼い頃から聞きなれ見慣れた言い回しですし、自分でも「伊勢志摩」という言い方はしてきました。
むかし「伊勢志摩」と呼ばれた地域や国(旧国)があったのかななどと漠然と思ってきましたが、そうでもないようです。

お恥ずかしながら、伊勢市、鳥羽市、志摩市というそれぞれの「市」が存在するということを知ったのは最近になってからのことです。
ならば なおさら、伊勢・鳥羽・志摩一帯のことを「鳥羽」だけ “はずされて”(?笑)「伊勢志摩」と言うのかな、と思ってしまいました。

「伊勢志摩国立公園」の存在は知ってはいますが・・・

昔は、伊勢国と志摩国しかなくて「鳥羽」は現代の市制になって独立して新しく付け加えられた地域(市)だから、という理由などがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

観光地で言われるとこの「伊勢志摩」は、志摩半島と伊勢神宮の二大観光地の総称と考えるのが自然かと。

なお、鳥羽市は、志摩の国であり志摩半島を構成する地域です。

Qロシアの天然ガス産出量が世界一なのはどうしてですか?

 二宮書店の「データブック・オブ・ザ・ワールド」によると天然ガスの埋蔵量はロシアが全世界の26.7%,中東地域が同40.6%と中東地域の埋蔵量が多いです。しかし,天然ガスの産出量に関してはロシアが世界の22.2%で,中東地域の国についてはイランが2.7%を占めている程度です。
 埋蔵量と産出量に差が出てしまうのは何故なのでしょうか?教えてください。
 

Aベストアンサー

ロシアは国土が広く、しかも北方に位置して気候も厳しい地帯が多く、開発という点ではどちらかといえば後進国です。

地質探査が進めばまだまだ資源がうもれている可能性があります。

埋蔵量は可採量を積算しただけですから石油などもどんどん埋蔵量が増加しているのは採油技術が進歩しているからです。

石油は永年使用されてきた為採掘量も多くて油田地帯でも多くの油井が古くなり、生産性が低下し特殊な強制法をとってようやく生産を持続している位です。

天然ガスはこれに比べ使用が近年になって始まったばかりといえる状態です。
圧縮液化技術の進歩もあり輸送もパイプラインで容易で新しいエネルギー源として注目される存在です。

しかし石油を使用するシステムが先行していますから石油の消費量は減少せず天然ガスへの変更も緒についたばかりです。

従って産油国は石油を生産する事が利益に繋がり、天然ガスを生産する投資意欲が乏しいのです。

これに対しロシアの既存油田は古いものが多く次第に枯渇する傾向があります。  この為外貨をてっとり早く稼ぐには天然ガスを輸出するのが最適でパイプラインの建設を進めているのです。
当然埋蔵量に対し産出量が増加する訳です。

ロシアは国土が広く、しかも北方に位置して気候も厳しい地帯が多く、開発という点ではどちらかといえば後進国です。

地質探査が進めばまだまだ資源がうもれている可能性があります。

埋蔵量は可採量を積算しただけですから石油などもどんどん埋蔵量が増加しているのは採油技術が進歩しているからです。

石油は永年使用されてきた為採掘量も多くて油田地帯でも多くの油井が古くなり、生産性が低下し特殊な強制法をとってようやく生産を持続している位です。

天然ガスはこれに比べ使用が近年になって始...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報