来月から新紙幣の流通が開始されるようですね。  

このニュースを最初に聞いた時から不思議に感じていたのですが、昔は精巧な偽造紙幣が多く出回るようになり、社会生活に支障をきたすのを機に紙幣を一新していたように記憶しています。

今、流通している紙幣なんですが、巧妙な偽造紙幣が使用されたなんて事件があったのでしょうか?

あるいは法の改正などがあって、新紙幣発行後は何年かすると自動的に次の紙幣を考案しなければならない制度とかになったのでしょうか (賞味期限のように) ?

新紙幣発行に多額の国費が消費されるのですが、なぜ今、新紙幣が必要?

A 回答 (2件)

リンクの通り、ここ5・6年だけでも結構あります。

特に1万円紙幣の偽造が増えているのが見て取れますね。

流通している期間が長いほど紙幣のデザインは研究され、偽造防止技術は陳腐化します。一定期間で新紙幣に更新するのは当然でしょう。

・・・とかなんとかいいつつ、本音は景気刺激策(全てのATMや自販機等を新紙幣対応のため更新する必要がある)、
なんとなく人心の一新といったあたりが理由でしょうが。

参考URL:http://www.npa.go.jp/toukei/souni/h16-7.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。 結構、偽造ってあったんですねえ。 認識不足でした。  でも、景気刺激策の一環という要素も実際には大きいんでしょうねえ。 

お礼日時:2004/10/12 14:32

偽造防止の新技術導入、景気対策もありますが、その他に彫刻技術の維持という目的もあります。


紙幣の原版は手彫りで、こういった特殊技術は常に伝承していかないとすぐ消えてしまいます。

>今、流通している紙幣なんですが、巧妙な偽造紙幣が使用されたなんて事件があったのでしょうか?
何度も偽造紙幣は報道されていますよ。
パソコンとプリンタの高機能化にともない、わりと簡単に作れるようになってきているのが原因です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 彫刻技術の維持、たしかに大事ですね。

お礼日時:2004/10/12 14:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報