今、高校の課題研究をしているのですが、エジソンが発明したという世界最初のマイク、カーボンマイクが研究対象なのです。
しかし、どう資料を調べても、白熱電球やら蓄音機やらの資料しかなくて
地味なカーボンマイクの資料は全くないのです。
どなたか、カーボンマイクについてのいいホームページをご存じじゃないでしょうか?自分でも一応検索したのですがなかなかなくて・・・
ご存じでしたら、御一報お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

課題研究」に関するQ&A: 課題研究について

A 回答 (2件)

下記、「電磁爵」でカーボンマイクの自作が紹介されています。

製法・材料ともわかります。クリックすると写真もあります。

参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/monknw/monkey4 …

この回答への補足

すいません、説明が足りませんでした。
知りたいのは、エジソンがどういう風にマイクの完成に至ったかという、
思考過程や自伝ぽいものが知りたいのです。
すいません(^^;)

補足日時:2001/07/13 21:02
    • good
    • 0

興味があったので調べてみました。


gooの検索「カーボンマイク」でかなり出てきました。
その中で分かりやすいサイトを紹介します。

参考URL:http://www.ias.biglobe.ne.jp/necsocial/hoka/203- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炎に関する流体力学を、工学的にでなく理学的(基礎研究として)に研究している研究分野、研究室などをご存

炎に関する流体力学を、工学的にでなく理学的(基礎研究として)に研究している研究分野、研究室などをご存知の方がいたら、どうか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プラズマ物理ですね。主として磁気や電流と相互作用する流体を考えることになります。太陽風とかMDH発電とかトカマク炉とか雷とかで生じる現象の物理、という捉え方もできましょう。
 もっと素朴に、「ロウソクの科学」のひとつとして、浮力に駆動される流れ場を考えるとするならば、いろんな近似レベルで理論的モデルを拵えることができ、その安定性やら、燃焼との相互作用やらを理論的および実験的に研究する、という方向性だってあり得ます。アプローチの仕方によって、応用物理であったり、計算物理であったり、熱流体力学であったり、微分方程式論であったりすると思います。

Q物理の理論系の研究室希望なのですが、どこの研究室でも研究室ではコンピュ

物理の理論系の研究室希望なのですが、どこの研究室でも研究室ではコンピュータでの計算とかをやるみたいですのでFORTRAN? C言語?を学習したいです。
具体的にこの研究室に行くというのはきまってないので、そこの研究室でどっちを使ってるかは言えません。
物理の理論系研究室ではどちらがメジャーなのでしょうか?

Aベストアンサー

研究がどうなのかはわかりませんが,今広く世間一般で・・ということならCが一番良く使われているとは言えるでしょう.
ある程度大きなものから,小さなワンチップマイコンのプログラミングまで,幅広い分野でCが使われています.更に大規模なプログラミングに向いたC++などはCから派生していったようなものですし,その他Javaとかまぁ,いろいろありますけどCのスタイルはかなりいろいろなところで影響を与えていますので,「とりあえずCを知っておけば応用がきく」という分野は多いと思います.
ということで「とりあえずC」ってことでいいんじゃないでしょうか?

Q真空管・エジソン効果について

現在ひょんなことから真空管の勉強をしています。
そこで、基本的なエジソン効果について質問があります。

エジソン効果を調べるためにフィラメント電源を2極真空管に接続して、+側のフィラメント、-側のフィラメントに接続した際のIpを計ります。
その際Ip+>Ip-になるというのがエジソン効果ということはわかったのですが、Ip-に値が出ることが説明できません。
自分の2極真空化のイメージとしては、もうひとつ陽極に電源をつけて整流するというもので、逆極性が0になることはわかるのですが、ひとつの電源を用いて実験をする際に、Ip-側に電流が流れる理由がわかりません・・・
電子は-だから+のほうにひきつけられて・・・でIp+はわかるのですが、どうして-側にも値が出るのでしょうか?

教えてください、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

プレートをフィラメント電源の陽極につないだ時のプレート回路の電流を「Ip+」、陰極につないだ時のプレート回路の電流が「IP-」という意味でしょうか。

エジソン効果の正体は熱電子放出です。

これは、高温になった電極から熱のエネルギーで電子が放出される現象です。

「Ip-」の接続では、プレートは0ボルトですので、フィラメント単独ですが、熱電子放出現象その物は発生します。

そうすると、放出された熱電子の一部の十分な運動エネルギーを得た物が、プレートに命中し、電源のマイナス極側へ流れる部分が生じます。
これが「Ip-」の正体です。

通常のガラスの中にフィラメントだけのいわゆる電球では、この熱電子はガラス管にたどり着くと、絶縁体なので、静電気としてそこに溜り、マイナスの電気をおびてくるので、熱電子は跳ね返されるようになり、持続的な電流にはなりませんが、金属電極があって、それがゼロボルト地点(アース、この場合は電池の陰極)に接続されていると、そちらに流れ込んでしまうので、電極表面に静電気として溜る事はなく、持続的な電流が発生します。

二極真空管では「逆洩れ電流」という規格で表されています。

こんにちは。

プレートをフィラメント電源の陽極につないだ時のプレート回路の電流を「Ip+」、陰極につないだ時のプレート回路の電流が「IP-」という意味でしょうか。

エジソン効果の正体は熱電子放出です。

これは、高温になった電極から熱のエネルギーで電子が放出される現象です。

「Ip-」の接続では、プレートは0ボルトですので、フィラメント単独ですが、熱電子放出現象その物は発生します。

そうすると、放出された熱電子の一部の十分な運動エネルギーを得た物が、プレートに命中し、電源の...続きを読む

Q自由研究の研究方法について

カテ違いだったらすみません。
吹奏楽をやっていてある程度倍音が聞こえるので、
自由研究で倍音について調べようと思っています。
どのような実験をすればいいか教えてください。

Aベストアンサー

倍音というか基本音階のほかに多くに副音階をもった楽器があります
銅鑼です
銅鑼を水平に置いてその上に画用紙を銅鑼から離して水平に置きます
紙の上に細かい砂をばら撒いて叩き方による砂の分布の変化をを観察します
速く叩いたりゆっくり叩いたりして音階の変化を観察する
砂が作るパターンの変化が面白いです
理科の実験では砂ではなく振動体に影響を与えにくいリコポジウムを使
います
紙の代わりに薄くて丈夫なゴム膜を張るとより繊細なパターンが見られます

長い糸を張ってこれを弾くと振動します
弾く場所や強さを変えると色々な倍振動が見られます
長く強く張らないと目に見える振動が起こりにくいです
どちらもストロボライトがあれば振動を止めた状態で見ることができます

Qトーマス・エジソンが白熱電球を発明したとき・・・

トーマス・エジソンが白熱電球を発明したとき、
エジソンは「これでもはや、人が夜寝ることはなくなる。人はずっと起き続けて活動する」との旨を言ったという逸話は本当ですか?

Aベストアンサー

僕が持っている学研漫画に竹を使って白熱電球を発明したとき、
「人はずっと起き続けて活動する事ができるようになる!まさに夜の太陽だ!」と書いてあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報