昆虫の股関節部と、四肢動物の股関節では胴体に対して足が逆向きに付いていますが、力学的に何が一番違う機能になるのでしょうか。

A 回答 (3件)

動物は魚から進化していく過程で、足を形成していったのですから、昆虫と比較しても仕方ないとは思うのですが、



外骨格の昆虫に対して、脊椎動物では、地面から腹を遠ざけていないと(蛇や亀みたいにうろこや甲羅があればともかく)、不利じゃないですか。足の後ろに大きな腹部があると、地面にあたります。

ところで、昆虫の中にも後ろ足が前向きにでているものはありませんでしたっけ?
(節足動物でも、蟹は後ろを向いていない)
    • good
    • 0

> 動物が昆虫の後ろ足のようになると都合悪いのでしょうか。


動物であれば必ず重心が胴体の中央付近にあると思うので、歩行時・走行時の安定性のためにも、後肢は内側を向く必要があったのではないでしょうか。
重心に近い位置に足を置く事が出来れば足1本でも立つことができ、効率的な歩行・走行が出来ますが、仮に後肢が外向きに付いていればそれは難しいでしょう。
昆虫は前向きの前肢と後ろ向きの後肢だけでは効率的な歩行ができないために、中肢も必要になったのではないでしょうか。(推測、自信なし)
    • good
    • 0

「力学的に何が一番違う機能か」という質問の答えにはならないかも知れませんが、重心の違いから必然的にそうなったのではないでしょうか。


昆虫は胸部に脚がついていますが、その後ろに大きな腹部があるので後肢は後ろ向きに付かないと身体を支えられないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、納得。
動物が昆虫の後ろ足のようになると都合悪いのでしょうか。

お礼日時:2001/07/14 09:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故、動物は4足、昆虫は6足なのですか?

先刻、タイトルが他の質問と似ていたせいなのか、消されてしまいました…;
個人的に、質問内容は全く違っていたと思うのですが、貴重な回答をして下さった回答者様には申し訳ありませんでしたm( _ _;)m
(消す前に、せめて警告などして下されば、ポイントだけでも皆様に差し上げられたのですが…;)

では、改めまして前回と違う質問をしたいと思います(以下、本題)。
通常、動物は4足。昆虫は6足ですが、これは何故でしょう?
例えば、ケンタウロスやカマキリみたいに、足4本・手2本の合計6足の動物がいてもいい気がするのですが、手のある動物は何故かサルと人間しかおらず、それも2足歩行です(鳥などは別として)。
足が4本で、手が2本、といった動物が存在しえる可能性はなかったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

確かに謎が謎を呼びますね(汗)

>そもそも、「ならば何でミーアキャットや猿はそのまま2足歩行にならなかったのか?」という疑問が残りますよね…。
他にも2足歩行を維持しなければならない理由(立ったままでいなければならない問題?)があったという事なんでしょうか??;

ミーアキャットや猿がなんで2足歩行にならなかったか、あくまで推論ですが・・・天敵から逃げる為に4足歩行を維持したのではないでしょうか?
2足よりも4足の方が速く走れる、これはヒトと4足動物の速度を比較すれば明らかな事実だと思います。(ダチョウとかは例外かもしれませんが・・・)
そこで疑問が出てくるのは、ヒトはなぜ2足歩行を維持したのか?
これも推論ですが;ヒトは逃げるよりも防御手段、攻撃手段を選んだんだと思います。「道具」です。槍や斧を持って歩くには4本足では歩けませんよね。
もちろん最初から道具を持ち歩くようになったとは思えません。他の捕食動物との生存競争の中で道具を使うようになったのだと思います。
これにはやはりヒトの知能(脳)がかなり重要な判断材料になったのだと思います。他の4足動物にはヒトほどの知能はありません。

>他にも、「手が使えた方が有利」という事が分かっているなら、4足動物に手が2本増えてもおかしくなかったはず…。
例えば、合計6足になり「4本の足で素早く走り、2本の手で道具を使う」となっていたらどうなっていたんでしょう?
かなり強力な気がしますが…。

これは確かに2本の手+4本の足があった方が強力で生存能力が強いと思います。しかし、動物の進化に関してですが、「足が増えた」という進化は無いような気がします。「足が翼に進化した」「足が退化した」というのはありますが、「足が増えた」という進化は聞いた事がありません。(突然変異は例外として・・・)
進化にも「限界」のようなものがあるんですかね!?

>また、動物の尻尾が方向転換の舵取りだけでなく、手の代わりとして進化(クレーン?、ギミック?、マニピュレーター?)する事はなかったんでしょうか?

これは手の代わりとして使っている猿がいますよね。木にぶら下がるのに尻尾を枝に巻きつけてぶら下がる猿がいます。(クモザルでしたっけ?)
象もこれと同類でしょうか・・・。
ただ尻尾の先に手を増やす事は「進化の限界」か「不必要」なんじゃないでしょうか?

どれも推論ですが・・・(苦笑)

#1です。

確かに謎が謎を呼びますね(汗)

>そもそも、「ならば何でミーアキャットや猿はそのまま2足歩行にならなかったのか?」という疑問が残りますよね…。
他にも2足歩行を維持しなければならない理由(立ったままでいなければならない問題?)があったという事なんでしょうか??;

ミーアキャットや猿がなんで2足歩行にならなかったか、あくまで推論ですが・・・天敵から逃げる為に4足歩行を維持したのではないでしょうか?
2足よりも4足の方が速く走れる、これはヒトと4足動物の速度を...続きを読む

Q動物・昆虫の眼が2つなわけ

人間を含め哺乳類、鳥、昆虫、魚などの眼が必ず2つなのはなぜでしょうか。
そういえばあさりも眼が2つだなあ。。。

Aベストアンサー

>2つだけで十分なのかな?3つも4つも必要
 ないんでしょうか

 今から5億6千万年前のカンブリア紀の大爆発が
 起きた頃はいました。しかしその後生き残った・
 進化してきたのが目が2つの生物だったのです。

 ふつうに考えれば、今日など猛暑の日は部屋に
 エアコンが1台だけでなく、2台・3台あれば
 外出から帰ってきたときすぐ冷えて便利です。
 しかし一般の住宅の一部屋に何台もエアコンを
 取り付けている人はあまり見かけません。お金が
 かかるからですよね。
 それと同じことです。目もたくさんあればそれだけ
 便利ではありますが、その分エネルギーを多く消費
 してしまうし、脳は画像を処理することでパンクして
 しまうのではないでしょうか。
 そこで最低限必要な2個の目を持っている生物が多い
 のでは?

Q動物昆虫学会?

研究者でもなんでもないただの一般人ですが、なんとなく気になったので質問します。

応用動物昆虫学会と環境動物昆虫学会、この2つの学会の活動(研究内容?)の違いってなんでしょうか。

お暇な時にでも、ご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

 ホームページで確認を取ってください。

応用動物昆虫学会(http://odokon.org/)
日本応用動物昆虫学会(応動昆)は、1957年に日本応用動物学会(1929年設立、学会誌: 応用動物学雑誌)と日本応用昆虫学会(1938年設立、学会誌: 応用昆虫)が合併して設立されました。会員資格は、応用昆虫学と応用動物学(ダニ学、線虫学、農薬および害虫防除器材の分野を含む)の研究者に広く開放されています。(ホームページより抜粋)

環境動物昆虫学会(http://wwwsoc.nii.ac.jp/kandoukon/index.html)
本会は,人間の生活環境を清潔,快適ならしめるため,昆虫および動物の学術的・総合研究の発展ならびに被害防止技術の向上を促進することを目的とし,もって公共の福祉に寄与することとする.(ホームページより抜粋)

Q聴覚の鈍い動物または、昆虫

聴覚の鈍い動物または、昆虫を教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 大変難しい質問ですね。

 とりあえず、こんな記事はどうでしょうか?。

http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=2114736003/K=%E3%82%BB%E3%83%9F+%E5%A4%A7%E7%A0%B2/v=2/SID=w/l=WS1/R=1/IPC=us/SHE=0/H=0/;_ylt=A8vY4SEbLUVFbwMAelKDTwx.;_ylu=X3oDMTB2cXVjNTM5BGNvbG8DdwRsA1dTMQRwb3MDMQRzZWMDc3IEdnRpZAM-/SIG=11ugfh8o2/EXP=1162247835/*-http%3A//www.k-press.net/column/column4.html

 後は、専門家さんの回答を待ってみましょう。

Q蜜を吸う昆虫も草食動物?

授業で食物連鎖という言葉を聞いて、図があったのですが、
草食動物 とまとめられているところに蝶々や、セミの絵がありました。
このように蜜を吸って生きる昆虫も草食動物に入るのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
授業で食物連鎖を習ったんですね。
蜜を吸う昆虫は植物を栄養源としているのですから、生態系の中ではこれは草食動物で全く構いません。因みにこれを「食性」で分類しますと、花の蜜を主食としている動物は、細かくは「蜜食動物」と呼ばれ、ほとんどの昆虫がこれに当ります。他にも鳥や小型の哺乳動物にも蜜食はたくさんいます。

草食と言いますのは草を食べる動物だけではありません。実を食べる動物もいれば蜜や花粉を食べる動物もいます。カブトムシなどは木の樹液を啜ります。ですが、飽くまで植物を栄養源としているのですから、基本的にはみな草食動物ということになります。ただ、熊も密を食べますが、これは蜜食ではなく雑食ですね。熊さんは木の実も食べればシャケも食べます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報