始めましてkasaと申します

FMV DESKPOWER C5/86WL
にlinux をインストールして使おうと
思ったのですが
エラーなどで起動(Xが)できなかったりで
困っています
助けてください


出たエラーなどを報告します

Vine Linux 2.1-
ログインのときキーボードが反応しなくて使えなかった

Turbolinux6.5-
Xが起動しなかった

Red hat linux 7.1
インストール失敗

Turbolinux7.1
Linuxの起動時エラーが出てとまって起動しなかった
『内容』
(Kerner panic: VFS: Unable to mount root fs on 07:00)
rootはフロッピーにインストール

お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いろいろのLinuxのディストリビューションを試されましたね!


基本となるカーネルはどのディストリビューションも同じなので、出てくるエラーを理解しながら慎重に進めてください。それと、サーバとワークステーションの両方を区別なく導入されているように見受けられます。

Xについては、サーバでインストールした場合、Xの環境は、はじめから、導入されない場合と、選択の場合(redHat 7.1J FTP版など)があります。

Xの環境が導入されていない可能性が高い。

1.大事なところです。「FMV DESKPOWER C5/86WL」のグラフィックアダプターの種類を仕様から確認しておきます。
2.ネットワークカードが導入されていれば、そのメーカと型番を調べておきます。

いずれのディストリビューションでも
# /etc/X11R6のディレクトリィが無ければ、Xの環境はいインストールされていません。

キーボードが反応しない。
textモード、グラフィカルモードの導入で、キーボードの選択が正しければ必ず使用できるはずで、導入が不完全な結果です。

Kernel panic
パーティションを構成したときに、'root'をどこに作成しましたか?
rootだけを、フロッピーに容量的にもフォーマット的にも無理です。導入は完了していません。

最後まで、なんとなく導入ができたと思われる、ディストリビューションで、サーバではなく、ワークステーションに集中して、PCのBIOSを設定して、CDROMブートにして、なるべく、ディフォルトの値で、まずはスタートされることをお勧めします。

それでは、ご健闘を祈ります。

ojin
    • good
    • 0

>Turbolinux6.5-


>Xが起動しなかった

これは,X以外はちゃんと動いたんですよね?
だとすれば,X周りの設定(XF86Config)さえしてやればよいわけで,これが一番よいと思います。

インストール時のランレベル設定で"テキストログイン(runlevel:3)"を選び,XF86Configの設定頑張りましょう。

XF86Configの設定について
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/INDEX-xfree.html
サーチエンジンで"XF86Config"を検索。

参考URL:http://www.google.com/search?num=100&hl=ja&safe= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
早速がんばって調べてみます

お礼日時:2001/07/14 09:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRed Hat7.1のインターネット接続について

パソコン初心者です。Windows Me が入ってるPCにRed Hat7.1を本に書いてあるとおりにインストールしてマルチブート環境にしました。ダイヤルアップ接続はうまくいったと思うのですが、Netscapeを起動したところ、インターネットには接続されません。どうやら、DNSが正しく設定されてないようなのですが(多分・・・)、どのように設定すればいいのかわかりません。どうか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

この情報だけでは、回答するのは難しいと思います。
マルチブート環境と言う所は、余り今回の問題とは関係ないと思いますがWindows環境では接続出来ていて、Red Hat7.1では接続出来ないと考えてよろしいでしょうか?

■足りない情報としては、以下のものが有ると思います。

・参考にした本に書いてあるかもしれませんが、ダイアルアップ接続に使っているアプリケーションは、何を使っていてどんな設定を行ったのでしょうか?
(設定方法が分かないと間違いを見つけられません。勿論、個人情報には触れないような表現で書いてください。)

・モデムは何を使っているのでしょうか。(ダイアルアップが成功していれば問題ないかもしれませんが)

・Red Hat7.1側のダイアルアップがらみの設定は何を行っていますか?
(ダイアルアップ関係で、参考にした本に書いてあることを書いてもいいと思います。)

・また、お使いのプロバイダーのダイアルアップ時の設定方法はどのようになっていますか?


【DNSサーバについて】

...本題のDNSサーバーについてですが、とりあえず見つかった本に書いて有った事が参考になるかもしれませんので、書いておきます。

例えば、ダイアルアップにppxpを使っている場合には、クイックダイアルアップの詳細設定画面でresolv.confの作成にチェックがされていて、かつ接続相手のPPPサーバーがネームを教えてくれるならば/etc/resolv.confが作られるようです。
しかし、接続相手がこれを通知してくれない場合には明示的にネームサーバを設定する必要があるようです。
普通は、ISPからの書類などにDNSサーバーのIPアドレスについての記述があるようです。
自分では、継げていないのではっきりぢた事はいえないのですが。

/etc/resolv.confと言うのはどのネームサーバを参照するかなど、DNS関連ンの設定を行うファイルで、
nameserverに続けて参照するネームサーバのIPアドレスが記述されています。

この情報だけでは、回答するのは難しいと思います。
マルチブート環境と言う所は、余り今回の問題とは関係ないと思いますがWindows環境では接続出来ていて、Red Hat7.1では接続出来ないと考えてよろしいでしょうか?

■足りない情報としては、以下のものが有ると思います。

・参考にした本に書いてあるかもしれませんが、ダイアルアップ接続に使っているアプリケーションは、何を使っていてどんな設定を行ったのでしょうか?
(設定方法が分かないと間違いを見つけられません。勿論、個人情報には触れない...続きを読む

QRed Hat Linux7.3でTkPPPoEがどこにあるか分からない(超初心者)

アクセスありがとうございます。
Xシステムが使えるとしてもLinuxはやはり難しいですね。
インストールしてからトラブル続きでしたが何とか安定して動くようになりました。
一通り添付ゲームなどを楽しみました。「xbill」とか笑っちゃいました。
さて、いよいよインターネットに接続するときがやってきました。
Linux入門用の書籍を読みながら慎重に操作しています。
「GnoRPM」で「rp-pppoe」をインストールしました。
このパッケージにはGUI上で接続設定するための「TkPPPoE」というツールが添付されているらしいのですが、どうも見つからないのです。
この参考書には「足マーク」→「インターネット」→「TkPPPoE」とクリックしていけば起動できると書いてあるのですが「足マーク」をクリックしても表示されるメニューは「ここからスタート」「プログラム」「お気に入り」「アプレット」「KDEメニュー」「実行...」「パネル」「スクリーンのロック」「ログアウト」の9項目で「インターネット」という項目はありませんでした。
また「プログラム」項目の中に「インターネット」という項目があるのですが、その中にも「TkPPPoE」はありませんでした。
このツールがどこに格納されているのか分かる方はいらっしゃいますか。
説明足らずでしたらお言いつけください。
調べて参ります。

アクセスありがとうございます。
Xシステムが使えるとしてもLinuxはやはり難しいですね。
インストールしてからトラブル続きでしたが何とか安定して動くようになりました。
一通り添付ゲームなどを楽しみました。「xbill」とか笑っちゃいました。
さて、いよいよインターネットに接続するときがやってきました。
Linux入門用の書籍を読みながら慎重に操作しています。
「GnoRPM」で「rp-pppoe」をインストールしました。
このパッケージにはGUI上で接続設定するための「TkPPPoE」というツールが添付されて...続きを読む

Aベストアンサー

もう解決しましたか?

以前、以下のページから
rp-pppoe-gui-3.5-1.i386.rpm
をダウンロードしてインストールしたことがあります。

# rpm -ivh rp-pppoe-gui-3.5-1.i386.rpm

インストールされた場所はこんな感じです。

#rpm -ql rp-pppoe-gui

/etc/ppp/rp-pppoe-gui
/usr/bin/tkpppoe
/usr/man/man1/pppoe-wrapper.1.gz
/usr/man/man1/tkpppoe.1.gz
/usr/sbin/pppoe-wrapper
/usr/share/tkpppoe/en.msg
/usr/share/tkpppoe/ja.msg
/usr/share/tkpppoe/mainwin-busy.png
/usr/share/tkpppoe/mainwin-nonroot.png
/usr/share/tkpppoe/mainwin.png
/usr/share/tkpppoe/props-advanced.png
/usr/share/tkpppoe/props-basic.png
/usr/share/tkpppoe/props-nic.png
/usr/share/tkpppoe/props-options.png
/usr/share/tkpppoe/tkpppoe.html

参考URL:http://www.roaringpenguin.com/pppoe/#download

もう解決しましたか?

以前、以下のページから
rp-pppoe-gui-3.5-1.i386.rpm
をダウンロードしてインストールしたことがあります。

# rpm -ivh rp-pppoe-gui-3.5-1.i386.rpm

インストールされた場所はこんな感じです。

#rpm -ql rp-pppoe-gui

/etc/ppp/rp-pppoe-gui
/usr/bin/tkpppoe
/usr/man/man1/pppoe-wrapper.1.gz
/usr/man/man1/tkpppoe.1.gz
/usr/sbin/pppoe-wrapper
/usr/share/tkpppoe/en.msg
/usr/share/tkpppoe/ja.msg
/usr/share/tkpppoe/mainwin-busy.png
/usr/share/tkpppo...続きを読む

QLinuxで「irq timeout: status=0xd0」のエラー

Linuxの勉強のため、RedHat Linux7.3をインストールして使っているのですが、頻繁に以下のようなエラーが表示されます。このエラーの意味するものは何でしょうか?
エラーが表示の前後、HDDへのアクセスが発生しています。
どなたかご存知の方教えてください。

hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2
hda: drive not ready for command
ide0: reset: success

Aベストアンサー

環境が異なるので、同じ結果ではありませんが、

>hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2
hda: drive not ready for command
ide0: reset: success

hda:一台目のハードディスク全体の名前
ide0インターフェイスのirq(割り込み)が、何かと競合している用に見えます。


ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2

ide0に対して異常割り込みが起こり、リトライをして、

hda: drive not ready for command
ハードでリスクは、コマンドを受け取れませんでした。

ide0: reset: success
ide0にリセットをかけたら、うまくできたことを表示しています。

文面からは、一応Linuxは、動作しているようなので、

# cat /proc/pci | less
あるいは、
# more /proc/pci
で、とくに、ide0の部分のirqの競合を見てはと思います。

それと、ブート時のメッセージに何かエラーが表示されていないかも確認すると何かヒントが得られるかも知れません
# dmesg | more
起動時のメッセージが分かります。

参考までに、私のpciファイルの内容です。

[root@pent2 proc]# more pci
PCI devices found:
Bus 0, device 0, function 0:
Host bridge: Intel Corp. 82845 845 (Brookdale) Chipset Host Bridge (rev 17). Prefetchable 32 bit memory at 0xe0000000 [0xe3ffffff].
Bus 0, device 1, function 0:
PCI bridge: Intel Corp. 82845 845 (Brookdale) Chipset AGP Bridge (rev 17).
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=15.
Bus 0, device 29, function 0:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB (Hub #1) (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xd400 [0xd41f].
Bus 0, device 29, function 1:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB (Hub #2) (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xd800 [0xd81f].
Bus 0, device 29, function 2:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB (Hub #3) (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xdc00 [0xdc1f].
Bus 0, device 29, function 7:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB EHCI Controller (rev 1).
IRQ 10.
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfffbc00 [0xdfffbfff].
Bus 0, device 30, function 0:
PCI bridge: Intel Corp. 82801BA/CA/DB PCI Bridge (rev 129).
Master Capable. No bursts. Min Gnt=6.
Bus 0, device 31, function 0:
ISA bridge: Intel Corp. 82801DB ISA Bridge (LPC) (rev 1).
Bus 0, device 31, function 1:
IDE interface: Intel Corp. 82801DB IDE U100 (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xfc00 [0xfc0f].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0x10000000 [0x100003ff].
Bus 0, device 31, function 3:
SMBus: Intel Corp. 82801DB SMBus (rev 1).
I/O at 0xc00 [0xc1f].
Bus 1, device 0, function 0:
VGA compatible controller: PCI device 1002:4966 (ATI Technologies Inc) (rev
1).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=8.
Prefetchable 32 bit memory at 0xd0000000 [0xd7ffffff].
I/O at 0x9800 [0x98ff].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfdf0000 [0xdfdfffff].
Bus 1, device 0, function 1:
Display controller: PCI device 1002:496e (ATI Technologies Inc) (rev 1).
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=8.
Prefetchable 32 bit memory at 0xc8000000 [0xcfffffff].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfde0000 [0xdfdeffff].
Bus 3, device 2, function 0:
Ethernet controller: 3Com Corporation 3c905B 100BaseTX [Cyclone] (rev 48).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=10.Max Lat=10.
I/O at 0xb800 [0xb87f].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfefbf80 [0xdfefbfff].
Bus 3, device 3, function 0:
SCSI storage controller: PCI device 9005:0082 (Adaptec) (rev 2).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=40.Max Lat=25.
I/O at 0xb400 [0xb4ff].
Non-prefetchable 64 bit memory at 0xdfefa000 [0xdfefafff].
Bus 3, device 4, function 0:
Multimedia audio controller: Ensoniq ES1371 [AudioPCI-97] (rev 8).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=12.Max Lat=128.
I/O at 0xb000 [0xb03f].
Bus 3, device 8, function 0:
Ethernet controller: PCI device 8086:103a (Intel Corp.) (rev 129).
IRQ 11.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=8.Max Lat=56.
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfef9000 [0xdfef9fff].
I/O at 0xac00 [0xac3f].
Bus 3, device 14, function 0:
RAID bus controller: Promise Technology, Inc. PDC20276 IDE (rev 1).
IRQ 11.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=4.Max Lat=18.
I/O at 0xcc00 [0xcc07].
I/O at 0xc800 [0xc803].
I/O at 0xc400 [0xc407].
I/O at 0xc000 [0xc003].
I/O at 0xbc00 [0xbc0f].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfefc000 [0xdfefffff].

dmesg | more を表示したいのですが、環境が複雑すぎて長いので省略します。

環境が異なるので、同じ結果ではありませんが、

>hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2
hda: drive not ready for command
ide0: reset: success

hda:一台目のハードディスク全体の名前
ide0インターフェイスのirq(割り込み)が、何かと競合している用に見えます。


ide0: unexpected interrupt, status=...続きを読む

QLinuxでインストールは完了したのですが、その後・・エラーが。

apm: BIOS version 1.2 Flags 0x03 (Driver version 1.16)

起動時に、いろいろとドライバが読み込まれて、
最後に上記のような表示が一番下に来て、それ以上
進みません、起動がしません。

どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ありゃりゃ・・・

まあ、この質問がでたという事は、取り合えず起動できたと思っていいのかな?

メッセージが沢山でて止まった所、インストールした時の設定で違うんですが、四角い箱がでて来て、「Login」「Password」という項目の白い書き込み欄がでて来る、グラフィカルログインでは、「Login」の所に root と打ち込み、「Password」の所に、インストールした時に設定したパスワードを打ち込みます。
これでログイン出来たら、ターミナルというコマンドを打ち込む画面(kterm とかいうやつです)をメニューから開きます。
そこでその単語を打ち込みます。


テキストログインといって、黒い画面で、××× Login: ってでてる時は、そこに root {Enter}と打って、Password: とでて来たらパスワードを打ち込みます。
root@××× /root]# とでて来たら、そのままでもいいんですが、先に、
kon {Enter}をやっておいた方がいいかもしれません。

その後に問題の単語を打ち込みます。

QLinuxの起動時に文字が点滅: Xの設定ミス。

HOLON Linux4.0を使っています。

setupコマンドでXの設定を行いましたが、間違って設定したらしく、起動後のログイン画面自体が点滅してログインすら出来ない状況になっています。

ということはsetupコマンドすら到達できない状況です。

ALT+F2など切り替えても同じです。

起動時に何かパラメータを入れれば、デフォルトの設定になるのでしょうか?

Aベストアンサー

HOLON Linuxは使った事ないのですが、
シングルユーザモード、またはCDROMから起動できたら、
/etc/inittabファイルを編集して
ランレベル5をランレベル3に変更してみて下さい。

id:5:initdefault....

id:3:initdefault....


人気Q&Aランキング

おすすめ情報