日本語は日本人が話します。しかし,同じ日本人であるはずなのに言っている事が訳わからんというものがあります。方言です。肉親でも何を言っているのか分からない時があります。さらに,これは偏見かもしれませんが地方の人の言っている方言はまったく分かりません。同じ日本語なのか,と疑わざるを得ません。
 
 このようなことは言語学的に見て当然なのでしょうか?諸外国でもあたりまえなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

ここまで,文部省の薦める標準語が浸透したかと思うとうれしくもあり、悲しくもあり・・



根本的な部分で間違いがあります。
「同じ日本人・・・」と言う事ですが,現在の日本だけでも民族的に分けても数系統にわかれます(代表的なのはアイヌですね),それこそ北から南まで更に文化圏で細分化され現代に至ってます。当時はそれこそまったく違う外国語を話していたわけです。(それを強制的に統一した時代があったわけです)

方言は確かに標準語ではないですが,だからといって標準語からかけ離れたものばかりでもありません。

東北弁などに過去の京言葉や武家言葉が残っていたり,昔の江戸弁などは聞くに耐えられないほど汚いものだったりと時代を経て土地土地で残り進化したものが方言です。

こんな狭い日本でこれですから大陸などでは地方によって言葉が違うのはあたりまえ。

かの日本の軍国主義時代でも見うけられますが(沖縄では軍人が理解できないという理由だけで沖縄語を使った者は厳罰に処されたそうです:スパイ容疑として)言語の統一はキリスト圏などでも時の権力者により文化の統一の名目で実施された事があります。

これらの悪しき(?)文化の遺産の後遺症が強い場所ほど言語が統一されていると言う傾向が強く中央に近いもの程この意識が顕著に表れます。
たぶん,方言を嫌悪されてるのとは違うとは思いますが,地方の人間は意識して標準語と方言を使い分け,決して方言を改めるなどという考えは絶対に持ちません。
それだけ誇りをもっているのです。

・・・という考え方で如何でしょうか?(答えになっていませんね・・)

蛇足ですが,最近の若者言葉が日本語を乱しているとの風潮もありますが、言葉は文化です。
時と共に変化します。
先の江戸時代の公家様が現代の標準語を聞いたらいかに嘆くだろうか・・想像の通りです。

そう言う意味では方言も更に進化しています。これに新単語が入ってくるわけですからかなりのものです。
よく聞くと,聞き慣れない方言の中にもものすごく日本的情緒を残した表現がいくつもあり,日本語の美しさを改めて実感させられるときがあります。

ですから,それでも,そう言う分化を持つ日本という国が私は大好きです。
    • good
    • 0

英語とかフランス語ドイツ語イタリア語オランダ語なんかもヨーロッパ語の方言といえなくもないです。


世界史で「ゲルマン民族の大移動」を習ったと思いますが、もとはみんな同じ言葉だったとか・・・

沖縄の方言も、本土の人間にはチンプンカンプンですが、文法を調べると、平安時代の日本語の特徴を色濃く残した言葉であるそうです。本土の方が変わってしまったんですね。
    • good
    • 0

あたりまえだと思います。


山ひとつ越えると、言葉遣いが全然違うような事もあります。
映画「マイフェアレディ」は方言丸出しの田舎娘が、洗練された女性に生まれ変わる話です。世界的に方言があることのひとつの証拠だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q〜問題〜 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いて

〜問題〜
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか?

どのように書けば模範解答になるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、0~900円の買い物ができます(100円単位)。
1,000円札が9枚あるので、0~9,000円の買い物ができます(1,000円単位)。
  ・・・
10^n 円札(あるものと考えて)が9枚あるので、0~9×10^n 円の買い物ができます(10^n 円単位)。

ということで、これらを必要数ずつ組み合わせれば、1円単位でどんな値段でも支払えます。最大額は、全財産を合計した
  10^(n+1) - 1 円
です。

例えば、現実のとおり、最大のお札を 10,000円(= 10^4 円、n=4)とすれば、支払える最大額は
  10,000円札 9枚 = 90,000 円
   1,000円札 9枚 = 9,000 円
   100円玉 9枚 = 900 円
    10円玉 9枚 = 90 円
    1円玉 9枚 = 9 円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  (合計) 99,999円 =100,000 - 1 = 10^5 - 1

直感的にわかりやすい「10進法」だと上のようになります。

ご質問は、これを「3進法」に置き換え(「10」を「3」に置き換える)、金額の「円」を重さの「グラム」に読み替えれば、#1、#2の回答になります。

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、...続きを読む

Q時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのはなぜですか?

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計数字をさすためにつかわれています。
ちなみに、“roman numerals”が10万件に対して“greek numerals”が500件ほど。率にして1/200で、ざっとみたところ、“greek numerals”を時計数字の意味でつかっている page はみあたりませんでした。時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのは日本特有の誤りであるようにおもわれます。
さらには、算用数字(1, 2, 3, 4, 5, ...)を「ローマ数字」とよんでいる page もあります。

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計...続きを読む

Aベストアンサー

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、100、1,000は、それぞれそれらに相当する文字を当てて表記するというものです。

つまり、アッティカ(?)型のギリシア数字の表記は、
現在のローマ数字の表記と非常によく似ているのです。

これは不思議なことでもなんでもなく、
そもそも、ローマ文字の由来をたどれば、ギリシア文字を借用した面があり、
(実際はエトルリア人の手を経由していますので、全く同じではありませんが)
数字の表記術も、ギリシアの都市国家によっては
ある程度は似かよった面があったのかもしれません。

ご存知のように、伝統的な歴史学に観れば、
古代ローマというのは、学問・芸術などを生み出すことにおいては、
ギリシアのそれと比して貧弱だったらしく
むしろ、文化的にはギリシアのそれを継承するにとどまったようです。

したがって、ローマ数字が、その原型である(かもしれない)(アッティカ型の)
ギリシア数字を連想させることもあるでしょう。

しかし、ご質問の誤用の原因が、
以上のような歴史的経緯に由来するとも思えませんので、
一応参考程度に・・・。

ちなみに算用数字のアラビア数字(これの由来はインド数字)を
ローマ数字と呼んでいる理由は想像つきません。

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、...続きを読む

Q时间暴露了多少谎言,改变了多少距离,看清了多少人心。不得不承认时间是一种解药,也是一种毒药。人与人之

时间暴露了多少谎言,改变了多少距离,看清了多少人心。不得不承认时间是一种解药,也是一种毒药。人与人之间不要拿你的聪明利用别人的善良,时间会告诉我们,简单的喜欢最长远,平凡中的陪伴最心安,懂你的人最温暖。 有一天你会明白,善良比聪明更难。聪明是一种天赋,而善良是一种选择。 忘记失去的,感激拥有的,期待将至的。随风而行,随遇而安!感谢我的人生中遇见你!在我最无助的时候,你才是我最大的鼓励[微笑]

日本語に訳して下さい。

Aベストアンサー

Googleの翻訳機能より…

どのくらいの時間が嘘を露出した、どのように多くの人を見るために、距離の数を変更します。私たちは、その時は一種である認めざるを得ないが、また毒。人々は誰か他の人の良いのあなたの巧妙な使用を取ることはありませんとの間で、時間は、心の中で最も平和を伴う、通常、最も長期のシンプルなように、暖かくあなたを理解し、ほとんどの人が教えてくれます。ある日、あなたは、気の利いたよりも難しいようなものを理解するだろう。賢さは優しさが選択され、贈り物です。失われたを忘れて、私たちは感謝の気持ちを持っている、と近づいて楽しみにしています。風とラインは、流れと行きます!あなたを満たすために私の人生をありがとう!私の最も無力では、あなたが私の最大の励まし[笑顔]です

よくわかりませんが、
よくわかりません。
失礼しました。

Q同じ意味を持つ方言、ありますか?

こんにちは、以前から知りたいと思っていたことです。

私は福井の者ですが、
福井では器(コップなど)に水が今にも溢れそうになった状態を
「つるつるいっぱい」と言います。
(よく友人に「『つるつるいっぱい』の定義は?」と聞くと、ほとんどの人が「表面張力が……」と小難しいことを言います。とにかくそんな状態です。)

高知出身の友人から「高知弁では『まけまけいっぱい』と言うよ」と教えてもらいました。

もしかして、他の地方でも似た表現ってないのかなーと思い、質問しました。
なんか、無性に知りたいんです。

Aベストアンサー

住んでる愛媛の方はでてましたので・・・出身地(宮崎)の方のをひとつ。「つついっぱい」父親とか使ってたかな?ってぐらいにしか覚えてないのですが。
つつ=筒=いれもの に目一杯って意味だったと思います。

Qイギリスでもマンションと言えば日本のマンションと同じ?

イギリスのメル友に、家の事を聞かれています。
私はマンションに住んでいるのですが、'MANSION'と言えば、日本で言うマンションと同じ解釈をしてもらえるでしょうか?
'APARTMENT'や'FLAT'はどうちがうのでしょうか?
ご存知の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 
  日本の借家や賃貸アパートの名称は、何か非常識な名前が付いていますので、そのまま英語にすると、誤解しか招きません。mansion というと、城の次に来る邸宅とか、屋敷です。ただ辞書で引くと、イギリスでは、mansion で、(高級)apartment houses のことも指すようです。called "Mansion" in Japan として、具体的な広さとか、天井の高さ、部屋割り、共同住宅なら、建物の規模、一階層の構成などを説明すれば、日本で「マンション」と呼んでいるのは、どういう住宅なのかが分かります。同じ意味の英語はないと思います(似ていても、中身が違うはずです)。
 
  また、似た言い方があっても、日本では mansion と呼んでいる apartment 方式の住居で……と、説明を具体的に述べるのがいいです。あるいは、日本でマンションというのは、どういう住居なのかの説明でもよいでしょう。日本で「マンション」と名前の付いている処でも、多種多様で、一概には何だと言えないのではありませんか。具体的に説明するのが一番いいです。翻訳とかだと、うまく表現する対応語を捜したり、できるだけ短く、しかし概念の伝わるような訳語を選ばないといけませんが、上手な訳よりも、適切で正しい理解の方が重要だと思います。
 
  apartment は共同住宅のなかの一つの単位で、フラットは、apartment と同じ意味のイギリスの住宅です。しかし、天井の高さや、床面積や、部屋の造りで、そもそも flat や apartment は、日本のアパートやマンションと違うものなのです。
 

 
  日本の借家や賃貸アパートの名称は、何か非常識な名前が付いていますので、そのまま英語にすると、誤解しか招きません。mansion というと、城の次に来る邸宅とか、屋敷です。ただ辞書で引くと、イギリスでは、mansion で、(高級)apartment houses のことも指すようです。called "Mansion" in Japan として、具体的な広さとか、天井の高さ、部屋割り、共同住宅なら、建物の規模、一階層の構成などを説明すれば、日本で「マンション」と呼んでいるのは、どういう住宅なのかが分かります。同じ意味の英語は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報