私の会社ではOK-WEBのASK-OKをカスタ
マイズして営業ナレッジシステムを構築しようと企画
しています。
 営業ナレッジをはじめ、マネージメントナレッジの
共有化を図れるシステム作りを考えています。
 今、そのシステムのネーミングに苦慮しています。
何かいいネーミングを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

販売のため知識、知見が社内に流通するので、


「販流」
(もちろん、韓流のしゃれ)

ask=訊く なので、
「訊き耳くん」
(聞き耳を立てる、ですね)

知恵者の象徴、フクロウは英語で owl(オウル)。そこで
「OWL-OK(オウル・オーケー)」
ASK-OKをカスタマイズしたわけですから。(もちろんALL OKのしゃれ)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナレッジマネージメントのツール

機械メーカに勤めています。
設計上のコツや、機械の調整方法、トラブルが発生した時の対処方法等が
個人の頭の中に蓄積され、社員間で共有できていません。
これを何とかデータベース化して、社員全員で共有できないかと思っているのですが、
何か適当なツールはないでしょうか?

Aベストアンサー

私も、ちょうど今似たような事を業務でやっています。
「Knowledgeserver」という製品が、TOOLとしてあります。NTTデータ系列から提供されています。
他にもいろいろ「ナレッジ」を売りにした製品はありますが、ようは『どういうモノをどうナレッジしたいか?』によると思いますので、自社の用途にあったものにした方がいいと思いますよ。
私の場合、お金も掛けられなかったので、xoops&Pikiwiki で 構築する予定です。
 xoops : http://jp.xoops.org/
 pikiwiki: http://pikiwiki.com/ews/index.jsp
両方ともフリーです。

Q営業支援システムの一種?

半年くらい前にテレビで紹介されていたらしいのですが、
詳しくわからないので知っていれば教えてください。

名前は分からないのですが、内容は
外回りの営業マンのトーク内容をすべてコンピュータに記録していって、
それを解析させ、その人の評価につなげるというような感じのものです。
実用されているものか、まだ研究段階なのかもわからないのです。

曖昧な表現しかできませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

テキストマイニング技術のことではないでしょうか。
膨大な文書から問題点、ニーズなどの示唆を抽出する技術で、最近実用化されつつあります。

少し検索してみたとこと、オムロン子会社の記事が見つかりました。営業日報等の営業支援システムに蓄積されたデータを解析するサービスを展開しているようです。

テレビで紹介されていたというトーク内容の分析は、営業マンのトーク内容を記録・文字情報化し、良い業績を上げている営業マンのトークと、業績が上がらない営業マンのトークそれぞれにテキストマイニングにかけ、売れるトーク・売れないトークの特徴を抽出し、営業改革のためのインプットとしようとしているのではないでしょうか。

参考URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20090227/325628/

Q営業支援システムの有効活用方法について

社内で営業情報システムを導入しようとしています。問題山積みで
(1)営業が日報を書く文化がない(かれこれ50年)
(2)マネジメントすべき部長連中が必要性を感じていないのに、導入だけ賛成している。
(3)事務一般を忌避する風潮があり、それを上席者が一切叱責しない
(4)売上が並じゃなく低下しているにもかかわらず、誰も責任を取らない上、対策もない
(5)そのような上司を見ている部下も当然それに習い、スキルが下がる
(6)数字に弱い
(7)仕事の手法を変えたがらない
(8)システム導入に表向き賛成している部長連中がその使い方がわからないと相談してくる
(9)システムを入れてもどうせ使わないと、導入に賛成している部長連中が平気で言う。
以上のような環境でどのようにシステムを導入し、上手に使いこなす事が出来るでしょうか?SFAを導入し、運用に苦労した方のお話等、このようにして営業が変わった、システムを受け入れられたと言ったご体験をお持ちの方からのご意見・ご助言を頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

自分はこの類のソフトウェア開発に携わったことがあります。

上記のパターンはまずシステム導入しても成果をあげるのは
難しいと思います。情シスの権力(もしくは、推進役)が
かなり強力なリーダシップ力を持って、トップダウン形式(社長が
推進役)で進めないと必ず失敗します。
SFAという魔法のキーワードに踊らされないようにしてください。

ただし、(2)のように導入を賛成されているマネージャがいらっしゃ
ることが救いです。
彼ら自身を推進役にすることができれば成功の可能性があります。

Qナレッジデータベースに向けた情報収集について

こんにちは、huyunonekoと申します。

社内のナレッジデータベース担当に任命されたのですが、情報の収集方法に手間取っています。
ネットを色々と探ってみたのですが、情報のベクトルが様々なのでこの場をお借りすることにしました。
もし、よければアドバイスをお願いいたします。
以下に、状況を簡易にですが記載します。

・ある特定業種のお客様に、システム導入を提案し、販売を行なっています。また、販売しているシステムは基本にパッケージで販売で、場合によってはカスタマイズをオプション追加という形式です。
・会社自身は1000人程の会社なのですが、情報の収集は120名程のインストラクター・SEを対象としています。
・ユーザ先でのパッケージ導入後の設定や、取扱説明についての情報を共有したいと考えています。

現状として、情報を共有する場所がないため、お客様から要望があった際の設定は個人の技量に任される所となってしまっています。また、一つの事案に対して解決した場合、本人への問い合わせが殺到するため情報開示を行うことを渋ってしまう状況もあるようです。

例 Aさんが、顧客要望αを解決→作業報告として、概要を上長Xさんに報告。→Bさんが同じような要望α'についてXさんに相談。→Aさんへ問い合わせるよう指示→Aさんへ問い合わせてBさん解決→Bさんが、上長Yさんに報告→後日YさんからAさんへα解決方法を問い合わせ

といった様に、芋づる式になってしまうようです。
また、この作業を電話をメインとして行うため問い合わせを受けた方は作業が進みません。

情報収集ツールとして、問い合わせ報告ツールを作成し、タイトル・内容・分類等を記載し投稿する形式を提案したのですが、実際はほとんど記載がない状態です。
原因としては、現場で深夜まで作業した後に、社内に戻った後の作業が増えてしまうために誰も書き込まない。といった事だそうです。

現在、対策として。
現地作業時の報告書(エクセル)に項目を追加してもらい、現地での作業として織り込んでもらうといった事を考えているのですがうまくいくかもわかりません。

情報を集めることで、電話で誰かに問い合わせる作業の前に、事例がないか調べるということが出来るようになると思うのですが・・・(むしろ、問い合わせ自身が減って作業時間短縮に繋がる?)

もし、同じような経験を解決された方や、アドバイスがありましたら
ぜひ教えていただきたいと思います。

よろしくお願い致します。

こんにちは、huyunonekoと申します。

社内のナレッジデータベース担当に任命されたのですが、情報の収集方法に手間取っています。
ネットを色々と探ってみたのですが、情報のベクトルが様々なのでこの場をお借りすることにしました。
もし、よければアドバイスをお願いいたします。
以下に、状況を簡易にですが記載します。

・ある特定業種のお客様に、システム導入を提案し、販売を行なっています。また、販売しているシステムは基本にパッケージで販売で、場合によってはカスタマイズをオプション追加という形...続きを読む

Aベストアンサー

文書情報管理士です。
一応、ナレッジシステムの専門家として教育は受けているのですが、私自身はナレッジシステムに関してはコンサルティングの実績がありません。
ですので、以下は“教科書通り”の回答とご理解ください。

まず、ナレッジシステムは強制的にやると必ず失敗します。
「必ず記載しなければならない」とすると、意味も無く反対する人が増えるだけです。
各自が自分から自主的に入力するようにする必要があります。

「どうやって自主的にやらせるか」と思われるでしょう。
有効な手段とされているのは、「現場を巻き込む」ことです。

最初から「ナレッジシステムありき」ではダメです。
少々時間がかかっても、現場が「ナレッジシステムがあれば便利」と思うようになるまで様々な手を打っていきます。

ナレッジシステムが便利と現場が考え始めたら、次はどういう入力方法が良いのかを現場と一緒に考えます。

現場の人たちが「自分達で考えたナレッジシステム」と思い始めたら、後は楽です。
自主的に入力をするでしょうし、現場の人たちがお互いに「ナレッジシステムを使え」と言い合うようになります。

最初に書いたように、これが教科書通りの回答です。
しかし、実際にはそう上手くいかないのは明白です。
特に現場に「ナレッジシステムがあれば便利」と思わせるのが、最も時間がかかり、最も苦労するでしょう。
繰り返しになりますが、上手くいくまで絶対に強制してはいけません。反発を招きます。

もし、御自分では難しいと思ったら、JIIMAからナレッジシステムのコンサルティング経験がある文書情報管理士を紹介してもらってください。
実際問題として、社内の人間であるあなたが進めるより、コンサルタントの肩書きを持つ人から話しをする方が、すんなり受け入れる人も多いです。

文書情報管理士です。
一応、ナレッジシステムの専門家として教育は受けているのですが、私自身はナレッジシステムに関してはコンサルティングの実績がありません。
ですので、以下は“教科書通り”の回答とご理解ください。

まず、ナレッジシステムは強制的にやると必ず失敗します。
「必ず記載しなければならない」とすると、意味も無く反対する人が増えるだけです。
各自が自分から自主的に入力するようにする必要があります。

「どうやって自主的にやらせるか」と思われるでしょう。
有効な手段とされているの...続きを読む

Q(情報)システム開発と(情報)システム構築

教えて下さいm(_ _)m
(情報)システム開発と(情報)システム構築に違いはあるのでしょうか?色々調べたのですが違いがわかりません(;;)ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!!よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

システム開発とは、まさにプログラムを開発する事をいいます。

システム構築とは、実際の運用が出来る様に環境を作ることです。
例えば、スタンドアロンのPCにワープロや表計算ソフトをインストールして、プリンタやインターネット接続の環境設定をする事も、システム構築です。

システム構築の一部で、システム開発が行われる場合がある、ということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報