出産前後の痔にはご注意!

モラハラ夫が大嫌いです。

すぐにでも離婚したい。

けれど、夫に脅されていて離婚できません。
夫とは別居中で、月6万を養育費と称して入れてくれています。

現時点では、離婚はあきらめています。
しかし、これまでの言動が悔しくて腹立たしくて、その事ばかり思い出してしまいます。
私には親もいないので、生後半年の子をひとりで育てています。
子育てもしないくせに、たった6万で親ヅラしているのも本当に腹がたつ。
給料の残りは自分ひとりのもので、金も時間も夫は自由。
離婚して公的援助を受けて、ひとりで育てる方がよっぽど気持ちがすっきりします。

けど、離婚はできない。
今は、将来の離婚を目標にお金を貯めて頑張ろうと思っていますが、心のモヤモヤが晴れません。

心の持ちようを教えてください。

また、養育費の増額を夫に請求して拒否された場合、離婚を前提としていなくても、婚姻費用分担金として、その請求を調停でできるものですか。

質問者からの補足コメント

  • 心の持ちようとして
    籍が抜いてない事を利用して、こんな事ができるとか、こんなメリットがあるなどの意見があれば嬉しいです。
    今は、夫が死ねば遺族年金がもらえるしか思いつかないです。

      補足日時:2018/03/28 22:55

A 回答 (5件)

ICレコーダーなどでモラハラを録音しましょう。


証拠の積み重ねが大事です。
モラハラ夫の発言は馬耳東風で流すように。
汚い言葉や脅し文句を言われたら、こちらとしては好都合だと思いましょう。
離婚に向けての準備を整える事が大事。
気力・体力使いますから、離婚裁判に強い先生に依頼しましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

好都合だと思う、
なるほどです!!

まともに聞いているから腹が立つんですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2018/04/06 23:15

脅されているその内容を保存できる限り保存しておきましょう。


メール・電話、いつか役に立つときが来るかもしれません。

今もらっている月額6万円は、婚姻費用、養育費として高い方ですか?安い方ですか?

夫の口座から母子の生活に掛かる何かの費用が引き落としになっているものはありませんか?

婚姻費用として安いようなら、婚姻費用分担調停を申し立てると良いでしょう。

調停が不成立になっても審判に移行し、裁判官が審判してくれます。
よほどの事情が無い限りは算定表の範囲内で認められます。

別居が長くなれば、別居を婚姻関係破綻の事実として調停裁判を貴女の方から起こせば、
調停が不成立になったとしても、裁判で認められる可能性は高いと思います。

裁判になった時のためにも、モラハラや脅しの証拠は残せるだけ残しておいた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

離婚して養育費というなら、妥当かと思いますが、
離婚せずに婚姻費用というなら安すぎます。
値上げ交渉に応じなければ、調停に持ち込みたいと思います。

メールなど残っていますので証拠として保存しておきます!

ありがとうございました!!

お礼日時:2018/04/02 20:47

専門家紹介

北海道、旭川市の行政書士です。

離婚協議書作成、内容証明作成、
示談書・誓約書作成、公正証書作成サポート
相続人調査、相続関係図作成、預貯金等の相続手続きサポート、
遺産分割協議書作成、遺言書作成サポート、
研修やセミナーの講師などに携わっています。

書面の作成・相談はプロにお任せ下さい。

初回相談、電話・面談・メールいずれも無料対応中。
お問い合わせ歓迎します。

http://profile.ne.jp/pf/kobayashi-gyouseisyoshi/

mail: cbx99670@pop01.odn.ne.jp

詳しくはこちら

お問い合わせ先

0166-59-5106

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

このまま別居生活を続けていてもあなたにプラスになる事は無いでしょう。

ご主人に貯金が増えてもあなたのものにはなりません。他に財産が出来ても別居中に築いた財産は離婚時の財産分与の対象になりません。仮に、ご主人に女が出来ても別居中の異性関係は、妻の権利を侵害したことにはなりませんで慰謝料の請求をしても無理です。

夫婦の別居とは、経済も交友関係も住まいもすべて別の人間の行為として捉えられています。つまり、形式は夫婦であっても実際の暮らし向きは別々です。夫婦の共同性は失われています。そういう生活のなかで夫婦であるが故に得られる利益は、婚姻費用を支払ってもらうことができるだけです。養育費は、婚姻費用とは別です。

養育費は、離婚後の子どもの生活に必要はお金を子どもの世話をしない側の親が他方の親に支払います。婚姻費用は、別居中に収入の多い方の配偶者が他方配偶者及び子どもの「生活の扶助」のために支払うお金です。当事者間で決まらなければ、家庭裁判所に「婚姻費用請求調停」を申し立てると、支払ってもらえるようになります。費用は2,100円程度です。現在の生活にケジメを付けましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冷静なご意見をありがとうございます。
こちらで質問をすると、聞いている事には答えずに、感情的に質問者を非難される方が多いですよね。

とても参考になりました。
良いご意見をありがとうございます。

お礼日時:2018/03/29 22:55

離婚原因なってますから離婚できますよ。

母子家庭は色々援助受けられます。大変かとは思いますが、現状よりはマシと思えるなら動くべきです。財産分与もできますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
法的には離婚できますが、脅されていて離婚できません。

危害を加えるというような発言をしていて、弁護士に相談しても警察に相談しても、そんなものが通用する人間ではないのです。

私は子どもの命を守るため、離婚をあきらめて、割り切ってこれから生きていきたいと思っています。

お礼日時:2018/03/29 14:40

離婚が前提でなくても、婚姻費用分担の申し立てはできます。

金額で折り合いが付かなければ、両者の収入を元に、調停で裁判官が審判を下してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
夫に拒否されたら、調停したいと思います。
生活のためには、お金が第一ですからね!

お礼日時:2018/03/28 22:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング