出産前後の痔にはご注意!

ここ1、2年ほど世界史に興味を持っているのですが、学校のカリキュラムが中国史メインで1年ほどやっていた為、全く触れられておらず世界史の大半の内容がわかっていない状態で、『興味はあるが何をすればいいのかわからない』というまま過ごしており、学生の間に色々と学んでおきたいという気持ちはあるのでこの興味をほうっておくのはどうにも勿体無いような気がしてしまい、こうして質問をさせて頂くことにしました。
長くなりましたが本題です。
個人的には戦争、といっても第一次世界大戦、第二次世界大戦の辺りに対してとても惹かれるのですが、なにしろ有名な人物や戦争、事件などが多く、文献も多いため、学ぶにはなにから手をつければ良いのかさっぱりで… 用語等にも詳しくないため難しいものは手が出しにくく…
もし宜しければ中高生でも出来る限り楽しく、又は理解できるような本や楽しい学習の仕方があれば教えて頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

A 回答 (4件)

>個人的には戦争、といっても第一次世界大戦、第二次世界大戦の辺りに対してとても惹かれるのですが、なにしろ有名な人物や戦争、事件などが多く、文献も多いため、学ぶにはなにから手をつければ良いのかさっぱりで… 用語等にも詳しくないため難しいものは手が出しにくく…



世界史を個人的に学ぶというか、興味のある方向で知識を得るには、アプローチの方法を考える必要があります。そうしないと結局全部やる、ということになって効率が悪いからです。

近代の第一次・第二次大戦を中心にする場合、アプローチとしてはいくつかの方法があります。
・近代日本からの視点
・近代経済からの視点
・近代民主主義からの視点
・西洋の視点
です。

質問者様が「第一次世界大戦、第二次世界大戦の辺りに対してとても惹かれる」というのが日本側のアプローチ、ということなら私は
・地球日本史 西尾幹二著
をお勧めします。

また中国史をやったなら「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 宮脇 淳子著」も面白いかもしれません。
この辺りをアマゾンなどで検索して、出てくるお勧めなども参考になるでしょう。

近代経済からの視点というのは、産業革命と資本主義それにマルクス主義から共産主義という視点での歴史です。
まずは産業革命と植民地=帝国主義の当たりの本を読んで、マルクス主義と民主主義の関係の本を読むと大戦の経済的な側面がみえてきますし、同様に民主主義的な意味での「第一・第二次大戦」がみえてくるでしょう。

分かりやすい本としては「世界史リブレット」シリーズの「帝国主義と世界の一体化」と「国民国家とナショナリズム」を読むと2度の大戦の本質が見えてくると思います。

西洋の視点というのは、日本の本では少し難しいのですが、さらにさかのぼってルネッサンスを少し、そして啓蒙主義的思想と民主革命を少し調べてから、上記の産業革命に入ると見えてくるものがさらに違います。
どう違うかというと「キリスト教的世界と民主主義=資本主義」の視点が増える、ということです。

これらを読み解くには「世界史リブレット」シリーズなら「啓蒙の世紀と文明観」などがいいでしょうし、「民族とネイション―ナショナリズムという難問 塩川 伸明著」などもお勧めです。

できれば最初は大きな本屋とか図書館でこの辺りの本をパラパラと読んでみて、とっつきやすいものから読んでみるのがいいと思いますよ。

ちなみに、中国史をやっているなら「アジアの辺境としての日本」という立ち位置はすでにご理解されていると思いますので、イギリスを「ヨーロッパの辺境と海洋強国」という視点で帝国主義を見ると、日英同盟から大戦までが分かりやすくなると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

視点というのは盲点でした、高校入学まで時間があるので教えて頂いたことを参考に探してみようと思います…!!回答ありがとうございました!!

お礼日時:2018/03/31 01:28

>第一次世界大戦、第二次世界大戦の辺りに対してとても惹かれる


なら、この分野から始めるのが王道です。

たまに「表紙が自分を呼んでいる」と感じることがあります。
こうして手に取った本にはまずハズレがありません。
ただしこれはある程度本を読んだ人ができることです。

やはり本屋や図書館に趣き、実際にページをめくってみることです。
本を読む人ならだれでもやっている、いわば出発点です。
立ち読みなら金はかかりません。

1ページ読んで続きを読みたいなら、それはあなたが必要としている本です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!高校入学まで時間がたっぷりとあるので本屋等に立ち寄って探してみようと思います!

お礼日時:2018/03/31 01:24

個人的には高校で世界史Bをやり、東ローマ帝国やシルクロード、ペルシア、ギリシア、殷から唐辺りまでの中国の古代史でした。

    • good
    • 1

なんか「学ぶ」という言い方そのものがちょっと違うような。


いま高校生ということですか? 高校で「学校のカリキュラムが中国史メイン」ということはないので、大学生かな?

>中高生でも出来る限り楽しく、又は理解できるような本や楽しい学習の仕方があれば教えて頂けると

大学生なら、そのぐらい自分で分かると思いますが。書店に行けば、歴史の本は山ほどあります。
自分のやりたいこと、自分に合ったものを「自分で見つける」能力を、大学で学んでいるのではありませんか? 専門分野であろうとなかろうと、そのスキルは共通だと思います。
あるいは、これまで受け身で「教わる」ことしかしてこなかったのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在中学を卒業したばかりでして…今まで受け身でしかなく、興味もあまり持つことが無かったので困っていたのですが、本来は自分でみつけることでスキルを上げて行くべきですよね…!!高校入学までまだ時間があるので書店に行って色々と探してみようと思います!回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/03/31 01:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報