痔になりやすい生活習慣とは?

「理解し感動したこと」はどういう意味でしょうか?
このように「理解し」を「感動した」の前に使うのは何の文法ですか?

A 回答 (5件)

今まで何気なく過ごしていたことが、本当はこういうことだったと気付き


感動したということ。
日頃の何気ないことにも重要なことが含まれているということです。
芸術家は感性で感じ感動の連続です。
理屈っぽく考えて行動しないと発見も感動も無く時間だけを無駄に過ごすことになります。
文法については他の回答者を参考にしてください。
    • good
    • 0

結果だけで感動することはどちらかといえば少ない。


単に感心する、驚く、不思議に思う・・・・等です。
途中の動きその他巧妙なからくり、いかに工夫しているか・・等が理解できて、初めて感動が生まれます。
結果だけほしがる人は味わうことはありません。
    • good
    • 0

「理解をし感動をする対象が何であるのかの問題ですか。

それをはっきり言うことが、まず重要ではありませんか。何の当てもなく「理解」や「感動」は有りません。
    • good
    • 0

主観の問題なので、表現としては順序が逆になることも、同時のことも在りうると思います。


>「理解し感動したこと」はどういう意味でしょうか?
込み入った問題について、考えを尽くしてやっと事の本質をハッキリと理解した、そのこと自体感動ですが、その内容が迷いや不安を解くものでそこに感動が生まれる。ということでしょう。
そこまで文法に含めるかどうかでしょうが、並列など表現法(言い方)に近いと思います。
    • good
    • 0

理解し(た上で)感動したことは何ですか?という意味になると思います。



XうえでY(←「~した上で」の場合)
〈Xに来る語〉思考・検討を表す動詞
〈Yに来る語〉結果・結論を表す動詞など

単純に理解+感動したこととも考えられますが
理解があるから感動もできるわけで、一々2つに分けて言い表すのは日本語として煩わしいです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング