ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

引っ越しの件です。
賃貸アパートから賃貸アパートへ引っ越すのですが、連帯保証人の印鑑証明書を2通と言われました。2通も必要ですか?

A 回答 (3件)

理由を聞いてみた?


実印を押印した書類の提出先が2ヶ所あれば2通でもおかしくはない。

例えば貸主(賃貸借契約書)と保証会社(保証契約書)の添付書類として。
これは連帯保証人が賃貸借契約と補償契約の両方の連帯保証をする場合で、提出左記が2となり印鑑証明書が2通必要になる。

でも、まあ、保証会社には原本で、貸主はコピーで済ませてしまうこともある。
印鑑証明書は押印された印鑑が実印であるという証明にすぎず、印鑑証明書自体に特別な効果があるわけでもない。
契約当時の実印で押印されていることが分かれば十分なのでコピーでもいい。
この辺は貸主や管理会社の規定によるところ。

管理会社宛てに印鑑証明書を提出するのは普通はナイかな。
厳密に言えば賃貸借契約については無関係(無権利)なので、管理会社は印鑑証明書の提出を求める立場にはない。
不必要な個人情報の収集にあたるんじゃないかな。
せいぜいコピーを保管するレベル。
これも管理会社の規定による場合もあるので、絶対に必要ということなら渋々提出するか、そんな管理会社とは契約せずにキャンセルしてしまうのもアリ。
    • good
    • 0

NO1さんに同意。


又は、契約書添付とするなら
あなたと大家さんの2通になります。
    • good
    • 0

管理会社と大家さん。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング