何故、強磁性、常磁性、反磁性などの区別が生じるのでしょうか。

A 回答 (3件)

磁性を詳細に議論すると,「磁性」というような本一冊どころでは


とても済まない話になります.

磁性の元になっているのは,原子が持つ磁気モーメント
(軌道起源の部分とスピン起源の部分がある)で,固体内で磁気モーメントが
どのように配置されている状態がエネルギー(有限温度では自由エネルギー)
が低いかで決まります.

例えば

  ○─○─○─○
  │ │ │ │
  ○─○─○─○
  │ │ │ │
  ○─○─○─○
  │ │ │ │
  ○─○─○─○

のような格子の格子点(○で表現)に磁気モーメントSを配置して,
S同士の相互作用(隣同士のみに存在するとします)が
平行なSに対してエネルギーが得するようなものであれば
エネルギーの最も低い状態は強磁性状態

  ↑ ↑ ↑ ↑

  ↑ ↑ ↑ ↑

  ↑ ↑ ↑ ↑

  ↑ ↑ ↑ ↑

でしょうし,反平行が得するなら反強磁性状態

  ↑ ↓ ↑ ↓

  ↑ ↓ ↑ ↓

  ↑ ↓ ↑ ↓

  ↑ ↓ ↑ ↓

になるでしょう.
有限温度ではエネルギー最低の状態以外のものも混ざってきますから
そこも考えないといけませんし,
上の議論では無視している量子性も重要です.
磁気モーメント同士の相互作用の元になっているのは波動関数の重なりから来る
交換積分ですが,波動関数の様子も物質によって千差万別です.
上の図では磁気モーメントが止まっているようにしていますが(絶縁体と思っている),
鉄などでは電子が動き回っていますから根本から話が違います.

最も簡単と思われる一例だけお目にかけました.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

どうやら磁性について理解するには、本腰を入れて取り組まなければならないようですね。すぐに誰かが教えてくれるだろうと安易な考えでした。他力本願だけではいけないようです。しかし、これだけ奥が深い現象だという事がわかったことは収穫でした。

磁性に関して考慮すべき重要な点は、エネルギーのようですね。すこし、調べたところによると、磁区という概念がキーワードのようでした。でも、それが生じる物質と、生じない物質の境界(区別)が分かりませんでした。そこらあたりが、今回の質問をするきっかけの考えでした。

お礼日時:2001/07/15 12:28

> フントの規則やパウリの禁制原理は、原子間や、分子間でも成立する原理なんですか。



物質が強磁性を発現するには,電子スピンの方向が一様に揃う必要があります。これには,電子スピン同士が平行になろうとするエネルギー,もしくは反平行スピンになろうとするエネルギーが必要です。フントの規則やパウリの禁制原理という言葉は,このことを説明するために使用いたしました。

正確な意味においてフントの規則やパウリの禁制原理という言葉が本当に適当かどうかは,私も自信はありません。ただし,例えば常磁性金属錯体の配位子場分裂エネルギーと,ハイスピンとロースピンとの関係を説明する際にもフントの規則やパウリの禁制原理という言葉が出てきますよね? 電子スピンが平行に揃うか反平行に揃うかを議論する上で,原子内に限らずより広い意味で一般的に用いられていると思うのですが…。いや,この点においては私もあまり自信はありません。

ちなみに,強磁性体でスピンが平行になろうとしたり反平行になろうとしたりするエネルギーのことを,交換相互作用と言います。スピン間の交換相互作用が正の時はスピンは平行に揃おうとし,負の時は反平行に揃おうとします。正の交換相互作用で強磁性が発現している場合,その強磁性体を「フェロ磁性体」と呼び,負の交換相互作用で強磁性が発現している場合,その強磁性体を「フェリ磁性体」と呼びます。例えば鉄やコバルトは前者,フェライトは後者に相当します。

ところで,ちょっと自己レスです。

> ほとんどの常磁性体はキュリー点という温度を境にして,その温度以下では強磁性体になります。

「ほとんど」という言葉には語弊がありますね。ここは「ある種の」としておいて下さい。ただし,すべての強磁性体はキュリー点以上では常磁性体になります。
    • good
    • 0

物質中に対をなしていない電子(例えば遷移金属のd電子や希土類のf電子,ニトロにルニトロキシドなどの有機ラジカル)が存在する場合,この物質を常磁性体と呼び,すべての電子スピンが相殺されていてスピンモーメントがゼロである物質を反磁性体と呼びます。



ほとんどの常磁性体はキュリー点という温度を境にして,その温度以下では強磁性体になります。常磁性体は各電子スピンの方向がバラバラですが,強磁性体はこの方向が(部分的に)一方向に揃っています。エントロピー的にはバラバラになる方が安定ですが,低温ではエントロピーによる影響よりもフント則やパウリの禁制原理による影響の方が強くなるためです。というわけで,強磁性体と常磁性体とは基本的に同じものです。

この回答への補足

回答、ありがとうございました。新たな疑問が沸いてきました。
 
フントの規則やパウリの禁制原理は、原子間や、分子間でも成立する原理なんですか。私の知っているそれらの原理は、原子内の電子に対してでした(勉強不足です)。

補足日時:2001/07/15 12:12
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属で熱伝導率の高くて、常磁性体か反磁性体のものは?

コイルが非常に狭い所にあるので、直接は冷やせない場合、

コイルの発熱を抑えるのに 
"その金属板"を熱伝導体として使用して
"その金属板"をCPU用に売っている放熱板につないで
さらにクーリングファンでその放熱板を冷やす。
のですが、

Cu か Al あたりが使い安いでしょうか?
Agはやわらかいし。Mn Au Pt は難しそうですし。

そんなことしなくても、もっとよい方法がありましたら
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

#1です。
難しいですね。ダイヤモンドは熱伝導は良いですがちょっとね・・・
ノートパソコンの下にひく冷却用のジェルシートみたいのがありますが,あれの中身をコイルにべっとり縫ってそこにヒートパイプを突っ込むというのはどうでしょう・・ジェルがどの程度の粘性があるかわかりませんが・・・
また,
非常に狭いところにあるのであれば,周りにあるパーツを冷やせば,コイルも冷えると思いますが,それはできないのでしょうか?

Q強磁性体と常磁性体について質問です。

強磁性体と常磁性体について質問です。

ガドリニウムや鉄は、強磁性体だったり常磁性体だったりするんですが、強磁性体と常磁性体っていうのは同じことなんでしょうか??

Aベストアンサー

 元素単体で強磁性の物として知られているのは、Fe,Ni,Co,Gd,Tb,Dy,Ho,Er,Tm(Tb移行はごく低温で)ぐらいですが、では鉄の化合物は皆、強磁性かというと、酸化鉄(III)Fe2O3は強磁性ではありませんね。
 強磁性になるためには、電子がスピンを打ち消しあうように変移できないという電子軌道になったときだけです。
 物質の磁性には、反磁性・常磁性・そして特殊なものとして強磁性があるということかな。

Q反強磁性体

磁性体は、強磁性体、常磁性体、反磁性体に大きく分類されていますが、反強磁性体はこの3つのうちのどれに属するのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>強磁性体、常磁性体、反磁性体に大きく分類されていますが

この分類は適切ではありません。

磁性は、先ず、正の磁化率を示す「常磁性」と、負の磁化率を示す「反磁性」に分類されます。

正の磁化率を示す物体には、温度による磁気的性質の変化があまりないものと、ある温度を境に急激に性質が変わるものがあります。後者のグループは、磁気相転移温度以下で磁気秩序構造をつくるものです。

この磁気秩序構造の分類として、強磁性体、フェリ磁性体、反強磁性体、などがあります。つまり、強磁性体も反強磁性体も、十分温度を高くすると、いずれは普通の常磁性を示すようになります。ただし、磁性物質の分類の立場では、温度を下げれば(例えば)強磁性体になることが判っている物質は、常磁性状態にある時から強磁性体と呼ぶこともあります。

お尋ねの反強磁性体は、ネール温度と呼ばれる転移温度より高い温度では常磁性を示し、それ以下の温度では反強磁性の秩序構造をつくる物質群です。磁化率が正か負かという観点では、常磁性を示す方に分類されます。

Q反強磁性体の磁化曲線

反強磁性体の磁化曲線はどのようになりますか?
強磁性体のようなヒステリシスループは描かれ無いのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

反強磁性体は、磁場が無い場合には各原子の磁気モーメントが打ち消し合う配置を取るので、磁化が出ません。
磁場を加えていくと、磁場方向にある程度磁化が向くので、常磁性体と同じように正の磁化率で磁化が発生します。しかし、磁場を減らすと可逆的に磁化が減少するので、ヒステリシスは現れません。
つまり、磁化曲線だけで見る限り、常磁性体と区別は付きません。

Q反強磁性の磁化率について

反強磁性体の磁化率はネール温度までは磁化率が上昇しますがそれはなぜですか?

私の考えとしては、温度を上げるとスピン間の相互作用が弱まり外部磁場の影響を受けやすくなり自化しやすくなるためと思ったのですが、実際どうなのでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もっというと、磁性は2次の相転移現象です。
自由エネルギーの温度の2階微分に異常が現れる点を相転移温度と呼び、キュリー温度等がそれに当たります。

この現象を決定付けるパラメータは温度であり、外場は関係ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報