人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

精神障害年金を申請したいのですが初診日には年金はらってませんでした。
この最近6年半は払ってますが
申請しても無理ですか
何か受給出来る手段はありますか?

A 回答 (6件)

裏ワザはありません。


受給資格に満たない時は申請すら受け付けてくれません。
皆さんが仰るように一度年金事務所へ行き確認しましょう。
ご期待に添えずごめんなさい。
    • good
    • 0

回答 No.4 は間違っています。


初診日の時点で見るのは、次のことだからです。
年金の保険料を納めているのかどうかは、初診日の時点ではもはや問題にはしません。

1 初診日の時点で、国民年金だけに入っているのか or 厚生年金保険に入っているのか
2 初診日の時点で20歳未満で、しかも何1つ公的年金制度(国民年金、厚生年金保険)に入ってないのか

その上で、初診日の前日の時点で、回答 No.2 に書かれてる保険料納付要件を見ます(上記2を除く)。
だからこそ、初診日以降(初診日当日も含む)にいくら保険料を納付してもムダなのです。

保険料納付要件は、法令(国民年金法、厚生年金保険法)できちっと規定されています。
これが満たされていなかったなら、いくら優秀な弁護士であろうと専門家であろうと何もできません。受給が可能になるような可能性はゼロです。

国保、という書き方も間違いです。
国保というのは国民健康保険のこと。国民年金のことではありません。
ここで問題にしているのは、国民年金や厚生年金保険のことなので、国保という書き方は完全に間違いです。

> 国保なら 2級の申請を自分でする自体、2級に該当しないとされます。

もしそうだとしたら、身体障害での障害基礎年金2級の請求を自分でしても該当しない、ということになってしまいます。
実際には決してそういうことはありません。精神障害ですら、そうです。

回答 No.2 や 回答 No.3 はたいへんまともな回答です。
それ以外の回答は、残念ながら、著しい誤解を招きかねない内容が多々含まれています。
障害年金を請求しようとしている人に誤った内容が伝わってしまうことを懸念せざるを得ません。

いずれにしても、正しく理解するように努めて下さい。
さらに言えば、こんな所で質問するよりも、さっさと年金事務所に出かけて下さい。それだけです。
    • good
    • 2

初診日には年金払って無い場合は申請しても無理です。


払ってない分を後に納めるなり免除申請する人も多いですが、これをしても無理です。

あくまでも基本は無理なだけで優秀な弁護士や専門家に相談したら受給可能になる可能性はゼロではないと思います。

もう少し詳しく?例えば厚生年金か国保かで違います。
精神障害でも、
国保は1級(寝たきり)・2級(介護無しで生活出来ない)
厚生年金1級(寝たきり)・2級(入退院を繰返しており家内での簡単な行動が可能)・3級(一人である程度生活出来ても就労に制限がある等)
の違いです。国保は2級までしかないです。
もし国保なら2級の申請を自分でする自体、2級に該当しないとされます。
    • good
    • 0

こうした個別の案件については ここで詳細な記録がわかるわけでもなく、


質問者さんも詳細な記録を開示されてるわけでもないので 判断しようがありません。

すでに年金事務所へいかれていて、納付要件なしといわれてるのかどうかなど
状況もわかりません。
実際 納付要件はいろいろな点を確認しないといけないのでまだであるなら
年金事務所へいき、確認して下さい。
ここで あれこれ聞いても 意味はありません。

納付要件のルールを教えることはできますが、例えば該当しない人に対しての裏技てきなものはありません。
    • good
    • 3

No.1 はとても肝心な点が抜け落ちてます。


いつの時点で条件を見るかという点と特例のことが、全く書かれてません。
はっきり言って、わかる人にはわかっちゃう中途半端な回答・誤解を招きかねない回答だと思いました。

No.1 で書かれてる条件は保険料納付要件と言って、初診日前日時点で見ます。
ですが、平成38年3月31日までに初診日があるときは特例があって、2/3云々を満たしてなくても、初診日前日時点で直近1年(初診日のある月の2か月前から13か月前までの1年)に保険料未納がなければ可です。
国民年金保険料や厚生年金保険料が納付済又は全額免除済か、一部免除済(免除されなかった部分は納付済になってること)ならば可です。
なので、実務的には、3/2云々よりもこの特例を満たしてるかどうかを先に見てます。

また、免除手続を済ませている、というだけではダメで、確実に免除承認済であることが必要です。
免除済というのは実際に免除が承認されていたことが前提で、「手続きをしていれば別」という意味ではないです(ああいう書き方だと不正確で、やっぱり誤解を招きます)。

それから、障害基礎年金には2種類あります。
通常の障害基礎年金と、20歳到達日(20歳の誕生日の前日)より前の年金未加入時に初診日があるときの特殊な障害基礎年金(支給開始後に所得制限がある)です。
特殊な側を、20歳前初診による障害基礎年金と言います。
20歳前初診による障害基礎年金には保険料納付要件がないので、20歳到達日より前の年金未加入時に初診日があれば可です。

誤解してほしくないのですが、初診日が20歳到達日より前でも、その初診日に厚生年金保険に入ってたら(例えば、高校を出てすぐに就職したようなとき)、保険料納付要件が必要になってきて、20歳前初診による障害基礎年金にはならないです(障害厚生年金や通常の障害基礎年金になります)。

ということで、初診日がいつなのかをまず確定させて下さい。
その上で、初診日前日時点で保険料納付要件をちゃんと満たしているかどうかを見て下さい。
こういうことは年金事務所の窓口に直接出向けば、きちっとすぐに調べて教えてくれます。
そして、もし受給できそうだったら、必要な書類(診断書用紙等)を手渡してくれるはずです。
    • good
    • 3

「初診日のある月の前々月までの公的年金(国民年金、厚生年金)の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること」という条件があります。



初診日前に年金保険料を全く支払っていない場合は、どうしようもありません。ただし、その期間に免除の手続きをしていれば別です。

なお、障害基礎年金については、20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は大丈夫です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
助かります

お礼日時:2018/03/30 11:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初診日を変更することはできるのでしょうか?

はじめまして。
障害年金を申請で大変困っています。
ご協力お願いいたします。

精神障害での通院で今は障害者手帳2級をもっています。
今まで年金の申請をしたことはないのですが、一人で暮らしていくことが大変難しいので年金の事を少し聞きました。
でも初診日から前々月1年分の1ヶ月が不足ということと。3分の2を支払うほうも不足でした・・・

初診日に通っていた病院と今の通ってる病院は違います。
先生の話ではもっとずっと前から原因と症状があったけど精神通院をしたのが初診日からになるとのことでした。
それ以前に精神通院はしていません。

社会保険労務士さんに少しだけ聞きましたが、病名がはっきりと判断できないと医者がいってたので・・
一人では外出できないし 男性恐怖症で男の人や人ごみにいくと熱があがって吐き気を伴い幼き頃にうけたことがずっと続いている状態にある
という言葉は医者は言ってました。
病名ははっきりだせないと言ってました。
今は睡眠薬 安定剤 偏頭痛薬を精神科で出してもらっています。
他に 内科で ステロイド剤と吸入剤を定期的にもらっています。
(これは生まれたときからなのでずっともらわないとです)
心臓内科で狭心症の薬ももらっています。
(異型狭心症の疑いがあるということで 狭心症のきちんとした検査はうけていません)
喘息治療では申請は難しいと言われました。
狭心症もちゃんと薬を飲めば大丈夫です。

前の精神科と今の病院は違っても新たに症状がわかったことになるから初診日はそのままになるのでしょうか?
年金受給は無理なのでしょうか?
大変困っています。
方法がないのか あるのか 皆様よろしくお願いいたします

はじめまして。
障害年金を申請で大変困っています。
ご協力お願いいたします。

精神障害での通院で今は障害者手帳2級をもっています。
今まで年金の申請をしたことはないのですが、一人で暮らしていくことが大変難しいので年金の事を少し聞きました。
でも初診日から前々月1年分の1ヶ月が不足ということと。3分の2を支払うほうも不足でした・・・

初診日に通っていた病院と今の通ってる病院は違います。
先生の話ではもっとずっと前から原因と症状があったけど精神通院をしたのが初診日からになる...続きを読む

Aベストアンサー

障害年金でいう「初診日」とは、
障害年金の受給理由となる傷病のために初めて医師の診察を受けた日、
のことを言います。
その傷病に関する診療科や専門医(質問者さんの場合は「精神科」)で
なくてもかまいません。
但し、その傷病で転院した場合には、
あくまでも「一番初めに医師の診察を受けた日」が「初診日」です。

障害年金を受給するためには、
原則として、以下の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

注:
 初診日が
 「20歳前であって、何1つ公的年金制度に加入していない」
 という時期にある場合に限っては、
 下記に記す「保険料納付要件」は問われず、
 「20歳前傷病による障害基礎年金」を受給できる場合があります。

1.加入要件
初診日の時点で公的年金制度に加入していること。
(国民年金、厚生年金保険、共済組合)

2.障害要件
年金法でいう障害の状態(1~3級)であること。
● 国民年金・厚生年金保険障害認定基準による。
● 障害認定日(初診日から1年6か月経過後)の障害の状態を見る。

3.保険料納付要件
「「初診日が存在している月」の前々月」までの
「公的年金制度に加入していなければならない期間」のうち、
その3分の2以上の期間が「保険料納付済 + 免除済」であること。
● つまり、「未納」が上記の期間の3分の1未満であること。

4.保険料納付要件の特例(※ 上記「3」が満たされないとき)
平成28年3月31日までに初診日がある場合に限り、
「「初診日が存在している月」の前々月」から
さかのぼった直近1年間に「未納」が全くないこと。
(= この1年が「保険料納付済 + 免除済」以外ではないこと。)

質問者さんからのご質問を読むかぎり、
20歳以降(絶対に何らかの公的年金制度に加入しなければならない)に
初診日がある場合には、
「保険料納付要件が満たされていない」という段階で、
障害年金を受給することは不可能です。1円も出ません。
また、初診日を勝手に変えることも、絶対にできませんし、
してはなりません。
(そういった不正を行なっても、カルテなどですぐにバレますよ。)

結論としては、たいへん残念ながら、
「全く方法はない」としか言いようがありません。
 

障害年金でいう「初診日」とは、
障害年金の受給理由となる傷病のために初めて医師の診察を受けた日、
のことを言います。
その傷病に関する診療科や専門医(質問者さんの場合は「精神科」)で
なくてもかまいません。
但し、その傷病で転院した場合には、
あくまでも「一番初めに医師の診察を受けた日」が「初診日」です。

障害年金を受給するためには、
原則として、以下の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

注:
 初診日が
 「20歳前であって、何1つ公的年金制度に加入していない...続きを読む

Q誤診による障害年金の受給に関して

現在、躁鬱病(双極性障害)で働けず、精神二級の障害国民年金(障害基礎年金)を受給させてもらってます。

最初に勤めていた会社は、何度頼んでも厚生年金に加入してもらえず、そこでの過労のために体調が悪化し、心療内科を受診しましたら、鬱病と診断されました。その後、さらに病状が悪化して仕事ができなくなり、解雇されました。ただ、障害年金を申請したところ、就労困難であるので精神二級と認定され、障害基礎年金は受給できるようになりました。

離職して病状が良くなったように思い、こんどは厚生年金に加入している会社に入社したのですが、また病状が悪化して、半年の休職をへて退職しました。この休職中に新たな心療内科を受診したのですが、鬱病は誤診で正しくは双極性障害であり、ADHDもあることが診断されました。医師によると、鬱病と双極性障害は似て非なる病気であるとのことでした。

鬱病と誤診された初診日には厚生年金に加入していませんでしたが、それは誤診で双極性障害であると正しく診断されたときの初診日には厚生年金に加入していたわけです。そこで、双極性障害の初診日のときには厚生年金に加入していたのだから、これを根拠に申請することで障害厚生年金を受給できないかと思っており、これが分かる方がおりましたら御教示ください。

もう離職してから5年となり、すでに初老なのに何時になったら再就職できるかも分からず、経済的にも苦しい状態です。必要ならば、行政書士などに依頼することも考えています。

また、最初の会社は、30人ほどが勤務する特許事務所でしたが、厚生年金に加入していなかったことに違法性があるのではないかとも思っています。そうであるならば、これを訴えれば障害厚生年金を受給できるようになるのではないかとも思っているのですが、これも分かる方がおりましたら御教示ください。

現在、躁鬱病(双極性障害)で働けず、精神二級の障害国民年金(障害基礎年金)を受給させてもらってます。

最初に勤めていた会社は、何度頼んでも厚生年金に加入してもらえず、そこでの過労のために体調が悪化し、心療内科を受診しましたら、鬱病と診断されました。その後、さらに病状が悪化して仕事ができなくなり、解雇されました。ただ、障害年金を申請したところ、就労困難であるので精神二級と認定され、障害基礎年金は受給できるようになりました。

離職して病状が良くなったように思い、こんどは厚...続きを読む

Aベストアンサー

年金事務所へ出向いて説明を求めれば、この質問は不要だったでしょう。

初診日に加入していた年金の種類が何であったかによって、受給出来る障害年金の種類は決定されます。
あなたの病気が「そもそも鬱病ではなく双極性障害であった。あれは誤診だった」という時点で、あなたの初診日は「鬱病」と診断を受けた病院での初診日です。
ADHD等を持ち出せば、そこはますます確定されるでしょう。
発達障害は現状では「先天的なもの」とされているようですし、それはつまり2度目の診断の時に新たにADHDになったわけではないことを意味します。

初診日を双極性障害とされた時点に変更するには、以前に診断を受けた鬱病とは別に、「新たに双極性障害やADHDを発症した」とすることが必要です。
現状の主治医がその様な診断書を書いてくれれば、厚生障害年金への変更の可能性は生まれると思います。
「現状の年金の根拠である鬱病とは別の病気として、新たに双極性障害を発症した」と診断書に書いてくれるかどうかを、主治医に聞いてみることが、まずは必要です。

ただしその場合、「では、現在の年金支給の根拠である鬱病はどうなったのか?」が問題にはなると思います。
現状が、新たに発症した双極性障害とADHDの治療のみであるとすれば、現状の年金の支給根拠はなくなるわけです。
そして、新たに双極性障害で厚生障害年金受給の申請をされた場合、それが認定されるかどうかは年金機構のみぞ知るところです。
場合によっては全てを失うこともあり得る訳です。

年金事務所へ出向いて説明を求めれば、この質問は不要だったでしょう。

初診日に加入していた年金の種類が何であったかによって、受給出来る障害年金の種類は決定されます。
あなたの病気が「そもそも鬱病ではなく双極性障害であった。あれは誤診だった」という時点で、あなたの初診日は「鬱病」と診断を受けた病院での初診日です。
ADHD等を持ち出せば、そこはますます確定されるでしょう。
発達障害は現状では「先天的なもの」とされているようですし、それはつまり2度目の診断の時に新たにADHDになったわけで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報