人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨日まで付き合ってた彼女がおり、別れました。
その時、前から他の女性と自分(筆者)が撮影してきたセックス動画(同意の上で撮影)を
偶然に彼女が発見し、勝手に取って他の人に送りました。
この状況で自分は罰される要素はあるんですか。
また法律的に彼女を罰することはできるんでしょうか。

また、彼女は風俗で働いたことがあり(現在やめてます)、本番までやってたのですが、これも罰することができますか?

A 回答 (5件)

再度に、



同意かどうかは関係無いですよ、
制作(撮影)は質問者さんですから。
    • good
    • 0

彼女は風俗で働いたことがあり(現在やめてます)、


本番までやってたのですが、これも罰することができますか?
  ↑
彼女を罰することは出来ません。

売春防止法は、このような場合には適用が
ありません。

適用があるのは、いわゆる管理売春などで
Hさせた女子を罰する規定は存在しません。
    • good
    • 0

質問者さんは、


猥褻図画制作並びに猥褻図画所持での抵触、

彼女は、
猥褻図画頒布での抵触、

両者とも厳しく裁かれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相手と同意の上で撮影したんですがそれでも犯罪になりますか?

お礼日時:2018/03/30 13:36

リベンジポルノは「公表の罪」と「提供の罪」があって、


彼女はリベンジポルノ防止法(公表罪)の処罰対象になる可能性があります。

あなたが提供罪に問われるかどうかは微妙ですね。
問われるかもしれないし、問われないかもしれない。

本番行為は、女性が罰せられることはありません。
罰せられるのはお店です。
    • good
    • 0

訴えれば?    



相手も あなたを名誉棄損で訴えられるのだし・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ハメ撮り」や「流出」で生じる法律上の責任

近年、カメラ付き携帯電話などが普及して、いわゆる「ハメ撮り」(=裸体や性行為の撮影)がたくさん行われるようになりました。
しかし、その手軽さゆえに、裸の写真がネット流出するという事件も起きているようです。

そこでそれに関連した質問なのですが、ハメ撮りをきっかけにして男女間でトラブルになった場合、次のケースでは法律上の責任がどうなっているでしょうか?
刑事と民事にわけて教えてください。

一応、事件の被害者は女性ということにしておきます。
以前からまじめに気になっていることなので、法律にくわしい方々に訊ねてみたいです!


【ケース1】合意のうえでハメ撮りをしたが、のちに関係が破局したため、女は写真を廃棄するように求めている。しかし、男はそれに応じようとしない。

【ケース2】合意のうえでハメ撮りをしたが、後になって女が何も知らないうちに、写真は第三者に公開されてしまっていた。(たとえば、男がうっかり過ってその写真を知り合いに見せてしまったり、パソコンのウィルス感染でインターネットに流出させてしまった)

【ケース3】男女は性行為だけを合意のうえでやったけれども、その際、男がこっそりと隠し撮りしていた。(夫婦・カップル間で盗撮が行われた)

近年、カメラ付き携帯電話などが普及して、いわゆる「ハメ撮り」(=裸体や性行為の撮影)がたくさん行われるようになりました。
しかし、その手軽さゆえに、裸の写真がネット流出するという事件も起きているようです。

そこでそれに関連した質問なのですが、ハメ撮りをきっかけにして男女間でトラブルになった場合、次のケースでは法律上の責任がどうなっているでしょうか?
刑事と民事にわけて教えてください。

一応、事件の被害者は女性ということにしておきます。
以前からまじめに気になっていることなので...続きを読む

Aベストアンサー

ケース1
写真や動画などは個人の思い出の範囲内であるため、
合意のうえで撮影した以上は破棄を強制することは出来ない。


ケース2
合意のうえの撮影であっても、
裸の写真や画像などは社会通念上プライバシーとして守られるので
流出させた場合は民事的な責任が生じる。

友達に見せた程度なら流出とは言えず私的利用の範囲なので責任は無い。


ケース3
性行為の隠し撮りは当事者間であっても迷惑防止条例違反。刑事責任が生じる。

Q同意なく撮ったら犯罪になるの?

女性のスカートの中を盗撮すると犯罪になるのは分かりますが、女性の後姿とか、顔とかを盗撮しても犯罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

撮影する場所によります。
一般公道や、公園など公共の場所においては、肖像権を放棄する場所と考えられており、撮影するだけなら問題はありません。

しかし、撮影した写真を更に展覧会などに出品するような場合は、本人の承諾が必要になる場合があります。

また、被写体が私有地にいる場合は、公共の場所から撮影してもプラバシー侵害に当たる可能性があるので承諾が必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報