ステロイド系の薬は、ステロイドホルモンを参考にして、その誘導体として合成、開発されたのだと聞いています。ホルモン様の物質なので、内服すると効果があるのは分かるような気がしますが、そのような物質を皮膚に塗って効果があるのは何故ですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


ペ-パ-薬剤師の rei00 と申します。

内服した薬がどうなるかはご存知でしょうか。多くの薬は胃を通過して小腸で吸収されて初めて体内に入ります(そうです,口内,食道,胃,腸などは外部とつながっている部分であり体外です)。吸収されるとは,小腸の粘膜を通過して血管内へ入る事です。

血管へ入った薬は,肝臓で一部代謝された後,血流に乗って心臓へ運ばれ,さらに全身へ運ばれます。

こうして作用部位に到達した薬は,そこで作用を働くわけですが,その後血流に乗って腎臓へ運ばれ尿として排出されます。

一方,皮膚に塗る場合は,皮膚の角質層を通過した薬は血管に入り,血流に乗って全身へ運ばれます。あとは内服と同じです。

ですので,角質層(主として死細胞からなる脂質バリア-)を通過できる薬(脂溶性の高い薬,ステロイド等もそうです)の場合は,皮膚に塗っても効果が出ます(ステロイドの経皮投与は局所作用が目的ですが,全身的な副作用が出るのはこの様な理由によります)。

ところで,上記の内服と経皮投与で,肝臓での代謝が異なる事に気付かれたでしょうか。経皮投与では肝臓で代謝されないため,内服に比べて少量で同じ効果が期待できます。逆に,その分だけ副作用も出やすい事になります。

ご質問は経皮投与ですが,同じ様な事が大腸や膣からの投与(つまり座剤)や舌下錠等でも言えます。

いかがでしょうか。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい回答、ありがとうございました。
ステロイドだけではなく、薬全般の投与後の運命に関して勉強になりました。
特に、「経皮投与で全身的な副作用が出る」って所は、驚きと発見でした。

お礼日時:2001/07/14 13:41

 皮膚に塗る場合は、炎症を起こしている局所に塗ります。

どこそこにも塗りまくって経皮的に使うわけではないでしょう。副腎皮質ホルモンは抗炎症作用がありますので、その炎症に対して局所的に最小限の量を使用します。これにより炎症部位の好酸球が死に、痒みや腫れが引くわけです。皮膚炎でしたらその部位のみに塗布しますし、喘息であれば吸入(気管支)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 13:42

ホルモンは分泌器官から血中に放出され、血流にのって標的器官に到達して作用する化学的物質ですが、どういう経路であれ目的とする器官(部位)に到達できればその作用は発現出来るのではないでしょうか。

むしろホルモンはタンパク質ですから、内服すると胃酸で消化されてしまいそうですが、ステロイドは化学的にその問題をクリアしているのでしょうね。ご質問の趣旨が「何故、経皮的にステロイドが吸収されるのか」ということならわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
前半部分は納得しました。「どういう経路であれ・・・」って所です。

>何故、経皮的にステロイドが吸収されるのか

これも疑問ですね。
しかし、皮膚って、ホルモンを直接塗るだけで効果があるという事はすごいと思いました。

お礼日時:2001/07/14 00:34

副腎皮質ホルモンになります、一応薬を作った方のURLがあったので・・・。


ステロイドは使い過ぎないようにした方がいいです。使っているときはいいけど
やめると肌がカピカピになってしまった人もいます。

蛇足:花粉症の時にうつ注射「ケナコルト」もステロイド系、以前に新聞で話題
になってました。

参考URL:http://www2.incl.ne.jp/~mitty/steroid/steroid.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 00:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QムヒアルファEXのステロイドの強さは?

ムヒアルファEXのステロイドの強さはどのくらいでしょうか?
病院で処方されるステロイド剤の中では、どのランクに位置するでしょうか?

Aベストアンサー

III群ですから,丁度真ん中あたりです.

  http://www5a.biglobe.ne.jp/~c-smile/steroid_001.htm

Qステロイドホルモンの構造について

 ステロイド骨格の化合物は体内でつくられているし、合成品(薬として)もたくさんあります。このステロイド骨格に関して、分子の立体構造(一次構造でなく高次構造)が知りたいのですが、どこから調べたらいいかわかりません。適当なホームページ(なるべくお金のかからないもの)や参考書、総説があったら、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

前のお二方の回答で十分な気もしますが、「高次構造」という言葉が気になって出てきました。

通常、ステロイドのような低分子化合物では「高次構造」という言葉は使いませんが、もしも分子モデルを組んだ時のような3D図を見たい、という意味であるなら、参考URLをご覧ください。
http://www.chem-station.com/
トップページで「データベース」の項をクリックし、次のページで「3D分子モデル」の項をクリックすると、パソコンで3D分子図を見るための情報が得られると思います。

また「分子の形と性質 学習帳」 http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/study.html
では特別なソフトなしに3D分子図を見ることができますが、残念ながらステロイドは無いようです。参考までに。

参考URL:http://www.chem-station.com/,http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/study.html

Qステロイド(塗り薬)の強さの比較について

リンデロンローションとマイザーでは、マイザーの方が強いということは分かっています。

ではマイザーをパスタロンソフトで6倍に薄めたものと、リンデロンローションでは、どちらが強いですか?

さらにマイザーをパスタロンソフトで3倍に薄めたものとではどうですか?

私の持っている幼児雑誌の付録に付いていた本を見るとマイザーは5段階中の4(5が一番強いとして)になっており、リンデロンは3となっていますが、上記のようにマイザーを6倍、または3倍に薄めたものは、どのあたりに位置する強さと考えていいですか?

強さ2段階にはキンダベート、アルメタなどが載っています。
強さ1段階にはコルテス、オイラックスHが載っています。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どのあたりに位置する強さ
http://med.wind.ne.jp/yokoryu/page12/page12.html
こちらのページにも書いてありますが、強さのランクは、さまざまな検査や基準で決められているものです。
濃度を薄めれば下のランクになると言えるものではありません。
もちろん、含有量が少なくなることで、作用が弱くなるのは間違いないですが、例えば、あるステロイドを二倍に薄めた場合、局所作用は下のランクと同じになったけど、全身性影響は差がある、ということもあります。



ステロイドが他剤と混合されている場合、「薄まってランクが下がる」のではなく、「より薄くぬれる」と解釈したほうがわかりやすいと思います。
同じ薬を一日一回塗る場合も、一日二回塗る場合も、体に吸収される量は違っても、薬自体のランクが変わるわけではないですよね。
それと同じです。

マイザーが同量の白色ワセリンと混合してある場合、混合された軟膏2gの中には、マイザー1g分が入っているわけですが、マイザー1gだけを伸ばして塗るよりも広い範囲に、しかも均一に伸ばすことができます。

パスタロンソフトの場合は、それ自体にも薬効がありますから、単純に薄めるだけとは違いますが、この場合は、薄く塗るために加え、同一部位に塗る場合、単剤二種の重ね塗りよりも、むらなく塗れるという利点も考えてのことかもしれません。

先生の診療方針は個々の先生によって違いますから、例えばマイザーをつかってて良くなった患者さんに対して、マイザーを二倍希釈にしてより薄く使う先生もいれば、ランクを下げた別種のステロイドに切り替える先生もいます。

>どのあたりに位置する強さ
http://med.wind.ne.jp/yokoryu/page12/page12.html
こちらのページにも書いてありますが、強さのランクは、さまざまな検査や基準で決められているものです。
濃度を薄めれば下のランクになると言えるものではありません。
もちろん、含有量が少なくなることで、作用が弱くなるのは間違いないですが、例えば、あるステロイドを二倍に薄めた場合、局所作用は下のランクと同じになったけど、全身性影響は差がある、ということもあります。



ステロイドが他剤と混合されている...続きを読む

Qステロイドにヒスタミン遊離抑制効果はありますか?

ステロイドに肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑制する作用というのはありますでしょうか?もちろん、ステロイドが作用するには数時間かかるので、使い方としては、例えば抗原を投与して肥満細胞を刺激させる数時間前にステロイドを投与しておくといった前投与を行った条件下でとなります。専門の方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

作用機序が異なるのでヒスタミン遊離抑制作用はないと思われます。
ステロイドはリポコルチンというタンパク質を阻害することで、プロスタグランジン類(PGs)の生成を抑制します。PGsはそのクラスによって様々な作用を有していますが、その中に血管拡張、血管透過性亢進をもつものがあります。それが白血球の遊走につながり、炎症反応が現れるのです。
ヒスタミンの生成は違う経路で作られるので、ステロイドとの関連は現在のところ確立されていません。

Qステロイド軟膏の違いについて

「陰嚢湿疹」向けのステロイド軟膏についてです。
アンテベート軟膏0.05%
デキサンVG軟膏0.12%
それぞれ、ステロイドの強さなど、違いはあるのでしょうか?
どなたか使ったことある方の体験談などお聞きしたいです。

Aベストアンサー

薬剤師です。デキサンVG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品で普通薬です。かたや、アンテベート軟膏は、劇薬で作用は強いです。強力です。強さは、上から、2番めです。リンデロンは、中位でよく使われますので、ひどいところは、アンテベート軟膏をスポット的に使用するといいでしょう!でも、どちらも、顔や皮膚の薄い脇の下や膝の裏や性器周辺などは使用しません!それは、他の部位よりも、吸収がよく副作用が出易いので、もっと弱い薬を通常使います!

Qビタミンの種類とその効果

ビタミンの種類と、
 1.それらがヒトのどこにどう働くのか?
 2.その結果どういう効果があるか?
を、リストにしてお答えいただけませんか?

Aベストアンサー

大きく分けて 水溶性と 脂溶性の 二種類にわけられます。

http://www.genkiyohou.com/wadaino/vitamin_2.html

http://cookie.main.jp/useful.html

この辺りが 参考になるのではないでしょうか?

Qカンジダとステロイド

オムツかぶれの為にキンダーベートなどを使う事があるのですがステロイドが入ってる為にカンジダになりやすいと聞きました。ステロイドの強さとカンジダになりやすさは関係あるのでしょうか?

強いステロイド=カンジダになりやすい という事なのでしょうか?
それとも強くても弱くてもステロイドはカンジダになりやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

専門の知識ではないので参考程度にしてください。
お子様は、カンジダの症状はありますか?無くて、おむつかぶれだかならカンジダの心配は今のところはしなくていいと思いますよ。
カンジダになってしまっているのなら、キンダーベートは良くないです。カンジダはステロイドではむしろこじれて全く治りません。市販の、ママが使うようなデリケアとかフェミニーナ軟膏をお子様のカンジダの部分に塗っても治りますよ。

Q認知症患者のリスパダール内服について

小さな介護施設で働いています。

ある利用者さん(アルツハイマー型・♂)のコトなのですが、女性高齢者と若い女性スタッフに対して叩く行為が表れるようになったので、精神薬がリスパダール(1錠)に変更になりました。その薬を朝に内服するようになってから、
(1)日中の眠気が強い。
(2)時々口が半開き&口角が下がったきつそうな表情をされる。
(3)時折口角がピクピク痙攣しているときがある。
(4)御飯を食べている途中、落ち着かずに立ち上がり徘徊される。
(5)放便がある。
(6)足の筋肉がこわばっている。
という、今までになかった症状が表れるようになりました。

主治医に症状を報告しても「そんなに心配しなくて大丈夫ですよ」と言われ、薬の変更をされるつもりはないご様子。

(1)~(6)の症状に加えて、リスパダール内服開始後しばらくして、顔色不良が見られるようになりました。「主治医の指示なしに、勝手にリスパダールを外せないから、眠前薬(フルニトラゼパム)で調整しよう」ということになり、1.5錠内服されていたのを、徐々に減量し、現在はフルニトラゼパムを内服していません。
フルニトラゼパム中止後は顔色不良はなくなり、きつそうな表情をされている時間も短くなりました。(リスパダール内服開始前ほどではありませんが…)

けれど先日、ウチの施設の唯一の看護師さんが「夜眠れないから、また眠前薬を飲ませようか?」と言われたのです。

個人的には、リスパダールを減量して欲しいと思っい、主治医になんとか相談することは出来ないか、職場内で話をしているのですが「主治医にお薬のことで意見をするのは失礼」「悪性症候群が怖いから、勝手に減量は出来ない」と注意されどうすることもできません。他の介護スタッフの中には「精神薬の副作用とは決められないから、主治医には言えない」と受診の付き添い時に、現在表れている症状さえも報告しないスタッフがいます。
私は『認知症で自分の意思を伝える事が出来ないから、介護スタッフがよく観察して、主治医に変化を報告しなければいけない』と思っています。しかし、この考え方は、他の一部のスタッフから見ると「医師でもないのに、薬の副作用と決め付けている」と言われます。『診断』と『様子観察と報告』は異なるものですが、全く理解していただけません。

このままだと、この利用者さんの認知症を進行させてしまう&眠前薬開始によって悪性症候群を引き起こしてしまうのではないかと不安です。

職場内、もしくは主治医に相談する際、こういう話の進め方をしたら良いのではないか…というアドバイスがありましたら、是非教えて下さい。

小さな介護施設で働いています。

ある利用者さん(アルツハイマー型・♂)のコトなのですが、女性高齢者と若い女性スタッフに対して叩く行為が表れるようになったので、精神薬がリスパダール(1錠)に変更になりました。その薬を朝に内服するようになってから、
(1)日中の眠気が強い。
(2)時々口が半開き&口角が下がったきつそうな表情をされる。
(3)時折口角がピクピク痙攣しているときがある。
(4)御飯を食べている途中、落ち着かずに立ち上がり徘徊される。
(5)放便がある。
(6)足の筋肉がこわばって...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。老健で看護師をしているものです。

対象利用者さんの病気の進行度、合併症やリスパダール前の内服薬、変更後の期間等々分からないので、何とも言えないですが、フルニトラゼパムを1.5錠も内服しており、なおかつ抗精神病薬も飲まれていたということですら、元々精神疾患を持たれていたのだろうと想像します。
変更後に現れた症状も副作用なのか、精神症状なのか、認知症の進行なのか、内服薬移行に伴う随伴症状なのか判断はしかねますが、主治医も言っているのでもう少し様子を見ても良いのかなと思います。

しかし、睡眠剤を中止にした判断はどのように導かれたのですか?看護師の判断ですか?主治医より、調整可という指示があったのですか?介護の方だけで、調整されるのは危険だと思います。そりゃ、飲まなきゃ寝れないですよね。
「主治医にお薬のことで意見をするのは失礼」「悪性症候群が怖いから、勝手に減量は出来ない」「精神薬の副作用とは決められないから、主治医には言えない」という議論は非常にナンセンスです。報告はしてください。それを判断するのは医師なり、看護師です。
看護師もいらっしゃるんですよね?看護師から、医師に報告してもらえば良いと思いますが。

こういう言い方をすると批判があると思いますが、最終的に責任を問われるのは医師なり、看護師です。必ず、報告はしてください。

はじめまして。老健で看護師をしているものです。

対象利用者さんの病気の進行度、合併症やリスパダール前の内服薬、変更後の期間等々分からないので、何とも言えないですが、フルニトラゼパムを1.5錠も内服しており、なおかつ抗精神病薬も飲まれていたということですら、元々精神疾患を持たれていたのだろうと想像します。
変更後に現れた症状も副作用なのか、精神症状なのか、認知症の進行なのか、内服薬移行に伴う随伴症状なのか判断はしかねますが、主治医も言っているのでもう少し様子を見ても良いのかな...続きを読む

Qステロイドと保湿剤(ヒルドイド)をmix(1:1)にすると薬の実質ラン

ステロイドと保湿剤(ヒルドイド)をmix(1:1)にすると薬の実質ランクは下がる?

通っている皮膚科で強さ2群のステロイドを処方されているのですが、ヒルドイドと混ぜているのでマイルドになって実質3群の強い方だと説明されています。
この考え方は正しいのでしょうか。

ステロイド単体で使うと2群で、保湿剤などとmixして使えば3群?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そうならば、最強のステロイドが一種類あれば用は足りてしまうことにならないでしょうか。混ぜる薬剤の匙加減であらゆる強さに対応できることになります。

Q内服はいつまで保存可能?

処方された内服薬はどのくらいの期間、保存できるのでしょうか?

保存期間というのは有効性が担保される期間です。

「よく缶や瓶で遮光保存して下さい」とか「冷暗所に保存」とか袋には買いてあります。

種類によって違うとは思いますが、適切に保存したらどのくらいまで大丈夫なんでしょうか?

何ヵ月も手元に持っておくのがそもそも良い事ではないのは重々承知です。

ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい

Aベストアンサー

内服薬と限定されていますが、内服薬の錠剤やカプセルは外箱に使用期限が書かれており、他の方の回答のように製造後3年程度のものが多いようです。
その他に粉薬や液剤などでは更に条件が厳しくなるため、もっと期限の短いものが多いようです。
この使用期限ですが、いずれも製造後、包装を開封しない状態で想定されていると考えられ、渡された時点で製造日を知ることは困難です。
これに対して、外用剤などチューブや容器を見てみると、容器のどこかに小さく使用期限が書かれていることがあり、参考になります。この場合も、目薬など使用期限が書かれていても、一旦開封してしまうとその日から一定期間内(通常使用で使い切る期間)にとどめるべきだと思います。
以上簡単に私の考えを書きましたが、薬を渡される時に、保存しておいて使い回しができるかどうか聞いておくのも一つの方法ではないでしょうか?更に薬の袋には処方された日付が書かれているため、これも捨てない方がいいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報