サモトラケのニケについての情報を下さい。
成立年代や、出土場所などよりももっとマニアック(?)なことを教えて下さるとうれしいのですが。
「腕」についての論も待ってます。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

お礼日時:2001/07/17 23:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサモトラケのニケが欲しい!

サモトラケのニケが大好きで、
ミニチュア像があれば欲しいと思っています。

東京では、世界堂という画材屋?で
ミニチュア石膏像が手に入ると聞いたのですが
東海地区に住んでいるので、東京までの交通費のことを考えると
ちょっと行けないなと思います。

それで、東海地区でニケ像を売っているところ、または
石膏像などを扱っていて、取り寄せてもらえそうな
大手画材屋さんをご存知ありませんか?
(別に材質にはこだわりませんが)
また、そのような像は高価なのでしょうか?
大きさは、高さ30cm~50cmくらい、
またはそれ以下のがあればと思います。

Aベストアンサー

#1です。
高知県立美術館のミュージアムショップで
フランス国公立美術館連合の純正!レプリカ,
高さ15cmの樹脂製のニケを扱っています。
通信販売もしていますが残り少ないようです。
急げ!

参考URL:http://www.kochi-sk.co.jp/shop/world/rmn/s_10.htm

Q非常にマニアックな芸術家

ヤン・シュヴァンクマイエルさんが個人的に好きなんですが、

ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AB

この方の事でしょうか?。
「間違い」で無ければ、存じております。

Qサモトラケのニケ

サモトラケのニケについての情報を下さい。
成立年代や、出土場所などよりももっとマニアック(?)なことを教えて下さるとうれしいのですが。
「腕」についての論も待ってます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.newtonpress.co.jp/search2/sample/img_mhtm/m2000/m200009/c200009p130a.html

参考URL:http://www.newtonpress.co.jp/search2/sample/img_mhtm/m2000/m200009/c200009p130a.html

Q♪おべんとおべんとうれしいな♪

タイトルの歌の続きを知りたい
のですが、、、これも著作権とかあるんでしょうか・・・?

Aベストアンサー

下記で、「おべんとう」というタイトルを検索してください。(一応、著作権大丈夫なサイトです)

参考URL:http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html

Qアポロンの石膏像について、全然わからない事が・・・

今、アポロンの石膏像について調べているのですが、
アポロンの石膏像はなぜ有名なのか?なぜいろいろなところに置いてあるのか?
どうやって世界に広まった(有名になった)のか?(日本へ伝えたのは誰かetc)
どんな有名美術館に置いてあるのか?(バチカン美術館以外)
アポロンの石膏像の歴史(いつ発掘されたか、どんな展覧会?で展示されたかetc)
が、インターネットでいくら調べてもわかりません。
ギリシャ神話のアポロンのことは載ってましたけど、
その石膏像についてがよくわかりません。
どうか助けてください。お願いします。

Aベストアンサー

>僕は、なぜギリシャ神話の人物がデッサンによく使用されるのかというのがわかりません。

そうですか、わかりませんか。。。ギリシャ時代の石膏像(多くはローマンコピー)が画学生の修練の対象になるのは、なにもギリシャ文明が西欧の基本である、というだけからではありません。いくら優れた思想をもった文化であったとしても、美術は「作品」なんですから、その作品に、なにか他と違うスゴイものが宿っていたからです。それは「古典」と言われるものです。古典とは定義しにくい言葉なのですが、ある分野でのもっとも偉大な部分のことを指します。美術にかぎらず、「この本は古典的名著」などと言った際、最近書かれたものであっても、その分野で傑出した内容を持っていて、未来にもおそらくスタンダード(多くの人が目を通す)になりそうであれば、そのように言います。

美術(とくに彫刻)の場合、「古典」の特徴を言うと、「完璧な比例」「静的」「安定的」「記念碑的(モニュメンタリティー)」と言い切ってもいいでしょう。ギリシャ時代の像は人体の各部分が「完璧な比例」を持っており、しかもそれには「モニュメンタルな威厳」が備わっており、「動きが止まっている(静的)のに、作品からあふれ出すオーラ」が見られるのです。解剖学的見地から作品を作るようになったルネサンス以降の作品には確かに「解剖学的に完璧な比例」をもった作品は多数ありますが、身振りが大げさすぎる(動的)であったり、エロチックなものが多かったり。ギリシャ時代のヴィーナスから醸し出されるオーラに「エロ」を感じることはないでしょう。そこには女神としての「威厳」があるのです。これが作品からあふれるオーラに繋がるわけですが、時代が異なると人々の考え方も変化するので「エロさを発散させる=作品からあふれるオーラ」と勘違いする作家も現れるのです。(まぁ、それを注文主から求められるということもあります)

古典は、奇をてらったものではありません。時代が変化してもそれが究極の到達点となります。というか「古典」が成立されるとそれを嫌って「反古典」という現象がおこり、また「古典」に戻るという繰り返しを歴史の中でしております。とりあえず画学生には「一番いいもの」を習得させとけば、「わるいもの(異なるもの)」との見分けがつくようになるので、まずは西洋美術の到達点(永遠の憧れ)であったギリシャ彫刻がデッサンの対象となることが多いのです。

ちなみにミケランジェロはギリシャ以降、西洋彫刻で唯一「古典」を彫刻に表せた人といってよいでしょう。ミケランジェロは女性を表すのにも男性モデルを使っているのでいわゆる「色気」が感じられません。そのかわりスゴイ威厳さをもっております。ギリシャ時代のヴィーナスは女性を女性としてちゃんと表しているのに、「エロさ」を感じさせないのは驚嘆すべきことであることがわかるでしょう。

>僕は、なぜギリシャ神話の人物がデッサンによく使用されるのかというのがわかりません。

そうですか、わかりませんか。。。ギリシャ時代の石膏像(多くはローマンコピー)が画学生の修練の対象になるのは、なにもギリシャ文明が西欧の基本である、というだけからではありません。いくら優れた思想をもった文化であったとしても、美術は「作品」なんですから、その作品に、なにか他と違うスゴイものが宿っていたからです。それは「古典」と言われるものです。古典とは定義しにくい言葉なのですが、ある分野での...続きを読む

Q「うれしいひな祭り」はなぜ短調?

あかりを点けましょ雪洞に... で始まる「うれしいひな祭り」。
昭和初期に作曲されて必ずしも古い曲ではないと思いますが、楽しいお祝いの歌がなぜ悲しい短調なのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ、と聞かれたら、作曲されたご本人に尋ねるしかないのでしょうが、想像はできます。

短調のメロディーがもの悲しい、というふうに感じられるのは、昭和でも、かなり後期になってからの人の感覚なのではないかと、わたしは個人的には感じております。

短調の響きそのものには、どことなく哀愁が感じられます。しかし、曲全体を通してとなると、どうでしょうか。

戦後の日本を勇気付けた「リンゴの唄」も短調でした。「青い山脈」も短調です。どちらもご年配からは、「あの音楽の軽快さと明るさに、力づけられた」という感想を聞きます。現在においても、短調の曲が悲しいという印象を受けるとは限りません。

また、「ひな祭り」には、わたしは、「みやび」を感じます。雅楽の雰囲気です。ひな祭りは古(いにしえ)からの祭り。ですから、日ごろは跳ね回っている女の子たちにも、この日は少し、みやびにかしこまってもらって、ちょっと大人の気持ちでお祭りを…。

そんな願いから、あのメロディーになったのではないかと思われます。この曲は、短調というよりは、日本音階の、陰旋法(みやこぶし)といったほうが適当のように思われます。

ピアノの伴奏より、琴や、鼓などをバックにしたほうが似合うと思いませんか?

なぜ、と聞かれたら、作曲されたご本人に尋ねるしかないのでしょうが、想像はできます。

短調のメロディーがもの悲しい、というふうに感じられるのは、昭和でも、かなり後期になってからの人の感覚なのではないかと、わたしは個人的には感じております。

短調の響きそのものには、どことなく哀愁が感じられます。しかし、曲全体を通してとなると、どうでしょうか。

戦後の日本を勇気付けた「リンゴの唄」も短調でした。「青い山脈」も短調です。どちらもご年配からは、「あの音楽の軽快さと明るさに、力...続きを読む

Q石膏像の石膏にアスベスト混入の可能性はありますか?

美術でデッサンなどに用いられる石膏像(マルス、ラボルト、アリアス等)がありますが、
これらに使われている石膏にアスベストが入っている可能性はあるのでしょうか?
家に石膏像があるので、ちょっと不安です。

Aベストアンサー

 入っている可能性はありますが(本来石膏像を作る家庭でアスベストが含まれた素材を利用することはありませんが)世の中何があるかわからないので、可能性はあるでしょう、ということにしておきます。

で、それらが含まれていたとして、表面を全て石膏で覆われているので、それが飛び出すことは無いでしょう、外から見て毛羽立ってるとかボロボロ崩れている所はありますか?無ければ、心配ありません


 それでも心配だったら、ツヤ消しのクリアースプレーを全体に塗ってください、まあ石膏の風合いが無くなっちゃうかもしれませんが(^^;

Q「うれしいひな祭り」に疑問

「うれしいひな祭り」に疑問
あかりをつけましょ ぼんぼりに
  お花をあげましょ 桃の花

今の時季、桃の花は未だ咲いていませんね?(ハウスを除く)

旧暦で言ったとすれば、旧暦(太陰太陽暦)の3月3日は、今の
(太陽暦の)4月中旬になるので、桃が咲いていても当然です。
しかし、太陽暦の採用は明治5年に布告されており、この歌が出来たのは
昭和11年ですから、新暦で考えていなければならないはずです。

今供給されている桃の花は、ほとんどハウス栽培だそうです。
ハウスが普及する前、新暦3月3日の桃の節句に、桃の花は
どうやって供給されていたのでしょう?

カテが違うかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。
> 「この歌の作者は旧暦で祝われる桃の節句をイメージしていた」というご解釈ですか?

作詞者(サトウ・ハチロー)は東京都文京区の人ですから、「旧暦」または「月遅れ」の行事をほとんど経験していないと想像されるので、「どちら?」と突き詰めれば「旧暦を念頭においたものではない」と思われます。ただし、ずっと昔から「桃の節句」という言葉が慣用句として使われていますから、それほど深く考えなかったかもしれません。
私が子供だったころには、自宅の雛人形一式の中に「造花の桃」があったので、疑問を持ちませんでした。昔も今も、桃の花って意外と手に入りにくいので、たいていの家にとっては「桃の花をあげましょ」はフィクションであったし、今もそうでしょう。
なお、下記のような文章を見つけたので「早咲きの桃」もあるようです。
> 早咲きの桃の花は雛祭りに合わせるかのように花店の店先に並びます。
http://www.mars.dti.ne.jp/~fsk/souka.html

Q石膏像のパジャントとモリエールの作者・制作年を教えてください。

石膏像のパジャントとモリエールの作者・制作年を教えてください。

Aベストアンサー

パジャントは、ギリシャ・ヘレニスティック期(前3世紀)
のローマ時代模刻だそうです。
ギリシャの婦人をモデルにしているそうです。
作者は分かりませんでした。
http://www.ne.jp/asahi/saibi/art/fs5.html

モリエールの方は、分かりませんでした。
すみません。

Q音を当てる問題、どうして成立するの?

 よくクイズ番組で、ある音を聞かせてドの音だとかラの音だとか
当てる問題があります。
 このような問題、どうして成立するのですか。
 回答者の音感を問題視しているのではなく、問題として不備なの
ではないかと思うのです。

 子供の頃音楽の授業で、今までドの音だと思っていた音がニ短調
だとかヘ長調だとか調によって違った呼び方がされると言うことを
習いました。
 後年これは「移動ド」と言うことだと知りましたが、調によって
ドが移動するなら件の問題は「この音は○○調では何の音ですか」
とでもしない限り、問題として成立しないと思います。

 とにかく○○調というのは十数種類あり、それぞれによってドの
位置が違うと言われて以来、全く音楽が理解不能になった者の質
問です。的を外していたら、すみません。

Aベストアンサー

音を言う場合「移動ド」の読み方を使う場合と使わない場合がありますが、音を当てる問題では「移動ド」を使いません。調を意識する必要がないからです。
また、楽器を演奏する時は普通移動ドを使いません。(移調奏などで使う場合もありますが)
なお、階名唱とか調を調べたりする時など移動ドの方が分かりやすいという場合もあります。しかし、調が分からないと移動ドは使えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報