少し前話題になった、奈良県の史跡で大量に発見されたものってなんですか?
それって、キトラ古墳の朱雀のことでしょうか?全然見当もつかないので教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どのくらい前かはっきり覚えていないのですが。


飛鳥で、日本最古の通貨といわれる、冨本銭の発見があったと思うのですが。

(頼りない情報で済みません。)
    • good
    • 0

大量というと3年前に天理市の黒塚古墳で三角縁神獣鏡が32面発見されたことがありました。

このことにより、邪馬台国近畿説が決定的になりました。
最近の発見は「興福寺創建時の中金堂跡」と「巻向遺跡 勝山古墳板」です。古墳板より、この古墳が邪馬台国より前のもの(199年)とわかりました。またキトラ古墳の朱雀は内部の壁画像です。
(黒塚古墳)
http://www.kcn.ne.jp/~harunobu/nara/kurozuka/
(奈良発見掲示板)
http://tokyo.cool.ne.jp/bbs2/bbs.cgi?name=nara_h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。奈良発見の提示版ためになりました。

お礼日時:2001/07/14 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安京の朱雀大路と東大宮大路について

平安京の道路で、朱雀大路と東大宮大路があると地図で見たのですが、朱雀大路は、現在の京都市を南北に走る千本通、東大宮大路は大宮通と同じと解釈してよろしいのでしょうか?大また、大宮大路というのはなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

朱雀大路≒千本通
東大宮大路≒大宮通
であります。
≒なのは、古代の都市計画による道路が、その後古代の衰退により、必要な道路だけ必要な幅で残った状況になります。平安末期段階で、すでに、六波羅という、平安京の外が繁栄したというような時代もあり、戦国末期の段階で、平安京自体も、上京と下京の二つの街に分離していました。
それを、秀吉が再構築したのが、現代の京都の原型となります。

町自体が東に移動していたために、センター軸が朱雀大路から東大宮大路に移動、西大宮大路は無くなっていたということになります。

Q高松塚古墳とキトラ古墳。被葬者は誰だと思いますか?

飛鳥資料館でキトラ古墳の白虎と青龍を見てきました。
1000年以上前に描かれた古墳壁画が目の前にあるのだと思うと大変感動的でした。

さて、皆様は高松塚古墳、キトラ古墳の被葬者は誰だと思いますか?
またその理由を教えて下さい。

トンデモ説も歓迎です。

Aベストアンサー

前に候補になった草壁皇子と兄弟(異母のような遠い)でしょう。
根拠は壁画にあります。   この中国文化を倣った古墳壁画は、それに傾倒し中国風の庭園(近年発掘復元された)に多大の国費をつぎ込んだ、持統天皇が描かせたものと思います。
持統天皇が先立たれた二人の皇子のために造らせた墓でしょう。
キトラ古墳が草壁皇子、あとから造られた高松塚が高市皇子か大津皇子。
大津皇子とすると刑死した皇子の怨霊を鎮めるためですが、当時からその習慣があったかどうか。

キトラ古墳の遺骨についても、持統天皇の男子についてもよく知らないので、勝手な推察ですが。

Q唐招提寺から朱雀門へ行くには?

奈良の唐招提寺から朱雀門へ行くには、近鉄の西ノ京駅→西大寺駅→バス 以外に、直接行くバスの便はありますか?
尼辻からでもいいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接はないですね。

唐招提寺から東へ5分ほど歩いて、唐招提寺東口から
春日大社行きのバスに乗るのが一番近いかな。

時刻表はこのサイトのバス停をクリックすると出てきます。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bsmap.exe?335+1029+532+nishinokyo.gif+2+hanrei.gif+309+136
昼間は一時間に3本程度。

尼辻からは近鉄奈良行きが一時間に1本程度です。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bsmap.exe?342+797+391+amagatsuji.gif+2+hanrei.gif+309+136

無難に行くなら、近鉄西ノ京から西大寺まで行き、
そこから徒歩です。大極殿までは徒歩10分。朱雀門へはさらに10分
平城宮跡内を歩きます。

尼辻にいくということは、垂神天皇稜も見ようということかな。
そういう人には西大寺駅前でレンタサイクルを借りるのもお勧めです。
http://www.narakotsu.co.jp/kanren/cycle/index.html
西大寺から薬師寺(実際は法隆寺)までは専用の自転車道が秋篠川沿いに通っていて、
なかなか気持ちがいいです。
http://beres811.exblog.jp/9585036/
大池なんかにも足をのばしやすいですしねね。
平城宮跡も自転車ならすいすいですし。
http://homepage2.nifty.com/bu-ra-ri/nisinokyou.htm

直接はないですね。

唐招提寺から東へ5分ほど歩いて、唐招提寺東口から
春日大社行きのバスに乗るのが一番近いかな。

時刻表はこのサイトのバス停をクリックすると出てきます。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bsmap.exe?335+1029+532+nishinokyo.gif+2+hanrei.gif+309+136
昼間は一時間に3本程度。

尼辻からは近鉄奈良行きが一時間に1本程度です。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bsmap.exe?342+797+391+amagatsuji.gif+2+hanrei.gif+309+136

無難に行くなら、近鉄西ノ京から西大寺...続きを読む

QX線天文衛星 「すざく」と命名 朱雀(すざく)って?

こんにちは

ニュースで言っていた事なんですがX線天文衛星「アストロE2」を載せた国産ロケットM5の6号機が打ち上げに成功し、「すざく」と命名されました。

質問ですが「朱雀」って何なんでしょうか?神話?
歴史的経緯を以って詳しくご教授お願いします。

Aベストアンサー

「中国の伝説上の神獣の一つ」です。
詳しくは参考URLをご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B1%E9%9B%80

Q「源氏物語」に『朱雀帝』と『冷泉帝』が出てくる件に関して。

「源氏物語」には『朱雀帝』と『冷泉帝』が出てきますが、
なぜ実在の天皇の追号が架空の人物に用いられているのでしょうか。

どちらも紫式部のちょっと前の時代の人ですよね。
天皇をネタにすることがタブーではなかったということでしょうか。

Aベストアンサー

当時は高貴の人を実名(諱イミナ)で呼ぶ事は非常にタブー視されていたので官職や住居で表すのが慣例でした。西宮左大臣(源高明)、河原左大臣(源融)等。
上皇(法皇)も後院(上皇御所)の名で呼ばれたり崩御後は元号や御陵の名でも呼ばれるのが通例でした。上皇(法皇)が1人の時は単に院と呼ばれることもありますが。例えば生前の呼称では宇多天皇は仁和寺・亭子院・中六条院・朱雀院を転々としていて、その時によって呼び名も変わっていますし、陽成天皇も冷泉院を御所としている時は冷泉院、陽成院を御所としている時は陽成院と呼ばれていました(貞信公記)
朱雀院も冷泉院も当時有名な後院でそこに住んでいる上皇(法皇)は皆朱雀・冷泉院と呼ばれたわけです。
つまり源氏物語の朱雀・冷泉院はあくまでリアリティーを持たせるために作者が有名な後院の名を用いて、そこにお住まいの上皇様と表現しているだけなので問題はありません。

Q欧米で話題になっていて、未邦訳の話題書を知りたい。

 現在、Black Athenaの邦訳を読んでいます。当否はともかくとして、1987年から出版されて、かなり話題になったらしい本書の邦訳がここ数年来ということにも驚いています。

 欧米で話題になっており、現在未邦訳の西洋史の書籍をご存知でしたら、教えていただけますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 『黒いアテナ』、なかなか面白い本ですよね。邦訳は二巻が先に出たのですが、第一巻はなかなか難しい上資料も膨大で、訳が大幅に遅れたという話です。最近やっと第一巻が出て、図書館で予約がつまっているため私はまだ第一巻が読めていないのですが…

 完全に私の好みで少し偏っている気もするのですが、以下の二冊は未訳ですが面白かったです。学術誌などでは結構どちらも話題になっていたようです。

 Eamon Duffy, 'The Voices of Morebath: Reformation and Rebellion in an English Village'(2001)
http://www.amazon.co.jp/Voices-Morebath-Reformation-Rebellion-English/dp/0300098251/ref=pd_bbs_sr_1/250-4068482-3806641?ie=UTF8&s=english-books&qid=1194496170&sr=8-1
 宗教改革で大荒れに荒れたイギリスの寒村を舞台に、筆まめな聖職者と村人の暮らしぶりを教区簿から明らかにしたミクロストリアの研究書です。
  
Natalie Zemon Davis, 'Trickster Travels: A Sixteenth-Century Muslim Between Worlds'(2006)
http://www.amazon.co.jp/Trickster-Travels-Sixteenth-Century-Muslim-Between/dp/0809094355/ref=sr_1_4/250-4068482-3806641?ie=UTF8&s=english-books&qid=1194496332&sr=1-4
 『マルタン・ゲールの帰還』で有名なナタリー・ゼーモン・デイヴィスが、16世紀に世界を股にかけて活躍したアフリカの著名な文筆家、レオ・アフリカヌスの人生を辿ったものです。『マルタン・ゲールの帰還』や、最近邦訳が出た『贈与の文化史』みたいにすごく読みやすくて楽しい本というわけではないのですが、アフリカの偉人をテーマにしているという点で、『黒いアテナ』がお気に召した方なら面白いのではないかと思いました。

 『黒いアテナ』、なかなか面白い本ですよね。邦訳は二巻が先に出たのですが、第一巻はなかなか難しい上資料も膨大で、訳が大幅に遅れたという話です。最近やっと第一巻が出て、図書館で予約がつまっているため私はまだ第一巻が読めていないのですが…

 完全に私の好みで少し偏っている気もするのですが、以下の二冊は未訳ですが面白かったです。学術誌などでは結構どちらも話題になっていたようです。

 Eamon Duffy, 'The Voices of Morebath: Reformation and Rebellion in an English Village'(2001)
...続きを読む

Q朱雀の資料・・・

私の学校では体育祭で毎回大きな絵を分団ごとに描くんですが、
私の分団では朱雀を書くことになったんです。
でも資料が見つからなくて(汗
サイト等ないでしょうか・・・

Aベストアンサー

こんなかんじ?

参考URL:http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?pid=131774&pic=other_pic

Q【京都の秘密】昔の京都は清水寺より西方寺の方が大きかった。 西方寺には日本一の奈良の東大寺の奈良の

【京都の秘密】昔の京都は清水寺より西方寺の方が大きかった。

西方寺には日本一の奈良の東大寺の奈良の大仏より大きい大仏が存在していた。

その一帯を大仏と呼んでいた。

今の京都駅の東側一帯が大仏という地区で正方寺の東側に豊臣秀吉のお墓が山の上にあるがその辺りまで周囲一帯を大仏地域と言われていた。

こういう今はないけど昔の京都にあった話を聞かせてください。

で、大仏餅が京都の名物だった。

Aベストアンサー

西方寺ではなく方広寺の間違いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E5%BA%83%E5%AF%BA
何度も火災に遭っているので境内には大きな釣り鐘しか無いです。
この釣り鐘が重要文化財で・・・って、ウィキを読んでください(笑)

方広寺の隣に豊臣秀吉を祀っている豊国神社があります。ここの唐門が国宝でなかなか美しいですよ。
付近には秀吉が朝鮮出兵した時の戦利品?朝鮮兵の「耳塚」もあります。
京都国立博物館や三十三間堂も近所ですので一度お越しくださいね。

Q萌の朱雀のロケ地

はじめまして。
初めて質問させて頂きます。
映画の「萌の朱雀」が大好きなファンです。
もともと鉄道ファンなので、五新線にも興味がありました。
それで、映画に出てくるトンネルを探しに何度か五條市を訪れているのですが、該当のトンネルが見つかりません。
どなたか、映画のシーンに出ているトンネルの場所をご存知の方はいないでしょうか?
ご存知でしたら教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

キーワードで探すなら、
「五新未成線 トンネル」のほうが場所の記述は詳細かと思います。
映画は知りませんが、五新未成線は興味があって何回か見に行きました。

参考URL:http://www.tetsuroni.jp/haisen/goshin.html

Q中国・関西の平和史跡について

広島~大阪~三重あたりに平和学習ができるような史跡・博物館などはないでしょうか。
そこでなければ学習できないような内容ができるようなところを探しています。

少しくらい遠くてもいいです。

この近辺で、ご存知の方は教えてください

Aベストアンサー

誰も回答されていないので、参考のため一つ
大阪の資料館を上げておきます。
下記のURLを参照ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~XK4N-ICKW/Museum/War_PeaceOsaka.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報