今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

あの法則っておかしくないですか!?価格が下がると需要が増えるのは普通に理解できるのですが、なんで価格が上がると供給は増えるのですか?全く逆のように思えます。

いろいろネットで調べてたらこの法則は昔の経済学(19世紀以前。農業が産業の中心だった頃)には当てはまってたようですが、今では当てはまらないとか。 
当てはまらないんだったらその時点で法則じゃないと思うんですが、一体この法則ってどうなんですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

ちょっと捉え方が違います。


例えばですね、
・同じ金額で仕入れられるA,Bの2つの商品がある。
・Aは100円で売れる。
・Bは1000円で売れる。
となれば、誰だって「高く売れるBの方を売ろう」と考えると思いませんか?

そーいったかんじで
「みんながBを売ろうとする → Bの供給が増える」
「Aは売ろうとも思わない → Aの供給が減る」
というのをしめしたのが、あの法則での「供給線」です。
    • good
    • 7

私は、経済学部出ですが、このご質問で一番大事なのは、需要と需要量、供給と供給量の混同です。

私も大学一年の頃、この違いに気が付かず、ずいぶん悩みました。まず、需要供給曲線の需要線ですが、LM51様のおっしゃる通り、ある製品の価格が下がると、(他の条件が一定であれば)、需要量が増加するのです。砂糖のような、あまり他の製品と違いがない製品を考えていただければ、すぐに分かると思います。次に供給ですが、価格が上がると、供給が増えるのではなく、供給量が増えるのです。例えば、最近の原油価格の高騰を考えてください。(この市場は、実際カルテルになっていますが、そこを無視してください)原油価格は現在高騰しています。おそらく原油供給者たちは、価格高騰を受け、増産してさらに多くの利潤を求める意思決定をするでしょう。また、原油生産は儲かると思い、新規参入者も現れるでしょう。従って、これらの意思決定により、原油市場での原油生産量(供給量)は、増加するのです。原油価格が、下落した場合、この逆の事が起きます。原油は儲からないと思う生産者たちが、意思決定において、生産減少を決めるでしょうし、新規参入者は現れず、生産量(供給量)は減少致します。つまり、供給量は、価格と正の関係にあるわけです。また、このご質問は、ミクロ経済学の範疇では、もっとも基礎であり、かつ重要です。今後、経済学の勉強をなさりたい場合は、ポールサミュエルソンの経済学という教科書がございますので、これを読んでみてはいかがでしょうか?私は、いろいろな参考書を使いましたが、基礎理論の理解目的に使用するなら、これが一番良いです。
    • good
    • 5

こういったご質問には多種多様の解説の仕方があるとおもいます。

そのため、余計に困惑されるとおもいます。私は、学識者ですが、経済学、経済原論などは「モデル」を前提として考えます。それは、一種の特別な状態で、例えば「真空管」の中で物事を考えているようなものです。だから普通の感覚ではありません。経済学には、色々な学派がありますから私は「チャートで学ぶ経済学」をお勧めいたします。体系的に無理なく学べます。ここでは、個別具体的な事例はあえて述べません。何故ならいくつかのご回答と差異が生じるのを防ぐ為です。何かありましたら「補足」でお答え致します。
    • good
    • 5

語義の定義の問題で混同が起こっている可能性が高いと思います。


「需要」と「供給」と実際の「取引成立量」はそれぞれ別な概念として捉えられるべきです。
辞書で定義を確認してみましたが、今ひとつしっくりきませんでした。

クローズドモデルとして次の状態を考えてみましょう。

消費者10人がそれぞれ1000円を持って、お店で晩御飯の材料を買おうとしています。
このお店には大根が5本売られています。

このときの「需要」とは、晩御飯の材料をとして大根を買おうとする購入意思のことを指すべきです。
「供給」とは、お店が大根を店頭に5本並べている販売意思を指すべきです。

仮にこれらの大根が1本150円で3本売れたとしたとき、数量として3本、取引額として450円が「取引成立量」です。

混同が起きているかもしれないと考えたのは、この取引成立量と需要または供給についてです。
「需要」はそれ自体が行為を意味するよう用いられることはありませんから混同は起こりにくいと思うのですが、「供給」は行為自体を指す言葉として用いられます。
つまり「需要する」とは言いませんが「供給する」と言うことはあるわけです。

上のモデルで考えたとき、「どれだけの供給があったか」ということに対して、実際に消費者に対して供給した行為を捉えて言うのであれば3本ですが、店に並べていた販売意思を捉えて言うのであれば5本です。
これは設問が単に「どれだけの供給があったか」でしかない場合には、どちらも正しいと言えます。

需要がいくらあったのかといった場合、上の例だけしか検討材料が無く回答が求められているのであれば、3本(450円)が正解です。
しかし、10人の消費者にアンケート調査をしたところ、実は5人が大根を買いたいと考えていたけれども、そのうち2人は150円は高いと思ったので買うのを辞めたのであったのであれば、実際には5本程度が需要であったとするのが正しいということになります。需要はあったけれども150円という単価によって取引成立には至らなかったわけです。
ですから「需要がいくらあったのか」という質問に対して正確に回答するなら、「少なくとも3本(450円)」となるのでしょう。

ところで概念が二通り考えられる「供給」については事情によってどのように用いられていると考えるべきか定義する必要があります。
「需要」に対する対立概念として用いられる場合の「供給」は、上の例でいうと店が大根を店頭に並べている売ろうとしている状態を言うべきです。
なお、先に書いたように単純に「意思」とだけしてしまうと、商品が無くて実際には販売不可能なのに意思だけはあったという場合まで包括してしまう可能性があるので、「供給」の概念には実行可能性があるという要素は必要じゃないかと考えます。

「需要」「供給」の概念について、もし結果である「取引成立」について、それを与える側から見たとき「供給」と表現し、得る側から見たとき「需要」と表現するにすぎないのであるとすると、需要と供給は常に均衡しているという結果になってしまいます。
そのように定義してしまうと、需給バランスといった概念が成立しません。
私は経済学については素人ですが、たぶん様々な経済学上の議論が無意味になってしまうのではないでしょうか。

そこで「需要」とは「実行可能性を伴った取得意思」という意味であり、「供給」とは「実行可能性を伴った提供意思」という意味であると定義することにします。
すると、「価格が上がると供給が増加し、価格が下がると需要が増加する」という法則は、「価格が上がると、その後実行可能性を伴った提供意思が増加し、価格が下がると、その後実行可能性を伴った取得意思が増加する」と言い換えることができます。
こういった趣旨において、当該法則はおそらく正しいだろうと推定されます。しかし「実行可能性を伴った取得意思」も「実行可能性を伴った提供意思」も何れも「意思」であるとすれば、数量的に計測することができないと思われ、実証は困難だと思います。
    • good
    • 2

「価格が上がると供給が増え、価格が下がると供給が少なくなる」が「当てはまる場合」と「当てはまらない場合」



「当てはまる場合」=
「人力で農作物を作っていた時のように、生産量を2倍にする為には約2倍の労力が必要だった場合。つまり、大量生産してもコストダウンにはならなかった場合」

「当てはまらない場合」=
「半導体のように多額の設備投資が必要で、工場稼働率が70%より100%の方が1個あたりの値段は安くなり、大量生産をするとコストダウンになる場合」

半導体の場合、工場稼働率70%で市場価格が適切な利益の得られる値段だとします。そこから値下がりして、原価割れとなると、逆に生産量を上げて稼働率を100%にすると、適切な利益の得られる値段になり、値下がりすると逆に生産量を増やす場合もあるでしょう。

実際、PC100、128MBのノート用のメモリーは、一時、大変な値下がりをして(2千円以下)、その後、値上がりして最近では(世代交代もあり)一時の2倍くらいの値段になっているでしょう。これなんか、価格は生産側の調整で決まっているって感じですね。
    • good
    • 1

最初の質問については他の方々が良い回答をしているので、ネットで調べるということに関して一言。



経済学は、一見単純なことを言っているようで、実は背後の論理や学問哲学をきちんと理解しないと誤解する恐れのあることがいろいろあります。

そのため、残念ながら世の中には、うわべだけ学んで経済学を分かった気になっていい加減なことを言っている人々がたくさんいます。マスコミで活躍する有名な「エコノミスト」の中にさえ、そういう人が大勢います。

ネットで調べるというのは、いい加減な情報にあたってしまう危険が非常に大きいです。まじめに経済学を勉強したいのであれば、ネットで調べてわかったつもりになるのではなく、信頼できるテキストを丁寧に読むことをお勧めします(#8さんの言うように)。大学で経済学を学んでいるのであれば、どんどん教官に質問しましょう。

ネットで調べることを完全に否定はしませんが、どこまで信頼して良いか、疑いの目を持ちながら調べることを薦めます。

最後の「この法則ってどうなんですか?」という点についてですが、これは、経済学でのモデルとは何か?という問題に関連すると思います。ミクロ経済学などのテキストには、「モデルとは何か」とか、「経済学におけるモデルについて」とかいったことが最初の章に書かれているものがあると思うので、それを読めばわかってくると思います。(非常に短くまとめてしまえば#2さんの回答になります。)
    • good
    • 1

なんで価格が上がると供給は増えるのですか?



いろいろありますね
株で値段が上がると売る(供給する側)は売れば儲かりる人が増えるので売る人が(供給)増える

コーヒー豆
一時期値段が高騰して作付け面積が増えました(供給が増える)いまでは、供給過剰になり暴落ですね

一般には値段が上がると供給が増えるのは利幅(利益)が大きくなり こんんだけ儲けるなら 私も参加(製作など)して儲けようとします。
 参入障壁が低い物は皆が参加して供給しまますので
供給者が増えるわけです
 しかし供給が過剰になると高値ね売れなくりますので需給が悪くなり価格が下がる
 価格が下がると、倒産などにより作る人が少なくなり需給が改善されるので値段が上がるわけですね

 いまや鉄鋼業界は需給が逼迫していて売り手市場です この業界はだれでも参加できない(資本がかかりすぎる)(参入障壁が高い)ので当分は売りで市場になります

 通信業界も、昔儲かるので携帯会社がNTTだけから増えましたね

一体この法則ってどうなんですか??

たんなる一般論にすぎません
一つの定まった法則ですが、是ったいにそうなる訳では無いのです  

値段は決まるのは 欲しい人が居るから値段がつのです




 
    • good
    • 0

っていうか、基本中の基本なのですが、



供給が「実際に」増えるっていう感覚よりは、
供給「計画」が供給曲線です。

あなたが生産者であるとして、

価格が高いときと、低いときで、どっちのとき、より多く生産したいですか?

ってことです。

後、これも、基本なのですが、
供給曲線は、製造設備を拡張することができないような「短期」の話です。

こうした、細かい条件を全部理解しないと、
小泉の構造改革同様に、
中身がゼロになっちゃいますよ。

ネットで調べるのは、悪くないですが、
その結果、権威のある学問分野の結論を否定するのは、
あなたがある程度経済学用語の意味を分かるくらいまでは、
権威のある教科書などで勉強してからにすると良いと思います。
    • good
    • 0

 「当てはまる場合」と「当てはまらない場合」があり、「多様化した現在では、当てはまらない場合が増えてきた」と表現するのが適当ではないかと思います。



「当てはまる場合」=「多くの人(業者)が同様の物を作る事ができる」
「当てはまらない場合」=「容易に同様の物を作る事ができない」

 例えば、「魚沼産こしひかり」は値段が高いからと言って容易に作る事はできません。(実際には魚沼以外で容易に「魚沼産こしひかり」が作られているみたいですが・・・w)ブランド物も容易に(他の業者が)作る事はできません。最近、こういう物が増えてきているので「当てはまらない場合が増えてきている」と言えるのではないでしょうか?

 最近は「量産効果により安く生産できる」という要素の方が価格を決めるのに重要な役割をしているのではないかと思います。
    • good
    • 0

高く売れるとなれば、売りたい人が増えるということでしょう。



例えば、あるスペックの中古パソコンを3万円で売ってくれる人は、10人しかいなかったとしても、5万円でなら売ってもいいと言う人が20人になっても不思議はないですよね?

ただし、逆は成り立ちませんね。
供給が増えると、価格が上がる
ではなく、逆に
供給が増えれば、需要が同じなら、価格が落ちますから。
このことを言いたかったのですか?

論理学の基本、
逆は、かならずしも真ならず
ということで、逆が成り立たないからといって、命題が否定されるわけではないですね。

注意すべきことは、
「価格が上がるという状況は既定事項、その結果として供給がどうなるか」ということを言っているのであって、
「価格が上がるのは、供給がどうなったときなのか」という問題ではないということです。

先のパソコンの例でいえば、

3万円 ⇒ 5万円 なら、 10台 ⇒ 20台

ということであり、

売りに出ているパソコンが10台のときと、20台のとき、どちらが高く売れるでしょう

ということではないのです。


もちろん、個別の例では、この法則が成り立たないこともあるでしょうし、価格も供給も際限なく増やせるわけでもないので、「一般にはこんな傾向があるよ」ということでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俳句の五七五のパートの名前

短歌だと上の句、下の句と呼びますが
俳句だと
5のパート
7のパート
5のパート
それぞれ何と呼ぶのでしょうか?
ご存知の方教えて頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

初句・二句・結句です。

なお、短歌の上の句は5・7・5、下の句は7・7の部分を指します。
それぞれ、初句・二句・三句・四句・結句と呼びます。

Q万葉集の歌

「畳けめ 村自が磯の 離り磯の 母を離れて 行くが悲しき」という歌があるのですが、前半の意味がわかりません。

Aベストアンサー

ご質問の歌は、万葉集巻二十4338番、防人(さきもり)歌です。
岩波書店の日本古典文学大系(旧)では、

畳薦 牟良自が磯の 離磯の
(たたみけめ むらじがいその はなりその)

母を離れて 行くが悲しさ
(ははをはなれて いくがかなしさ)

とよんでいて、注の内容を要約すると、

「畳薦」は、枕詞で、「むらじ」の「む」を導く(訳す必要なし)。

「たたみこも」が東国方言では「たたみけめ」になる。

「牟良自が磯」は所在不明。

「畳薦 牟良自が磯の 離磯の」は序詞。

(訳)牟良自が磯の 離れ磯のように
   母を離れて防人に行くのが悲しいことよ。

とまあ、こんなことが書いてありました。

Q供給曲線が理解できないです

供給曲線では、価格が上がると供給量が増加し、価格が下がると供給量が減少する事になってますが、それが理解できないです・・。たとえ価格が上がったり下がったりしようと、財の所有者にとってその財は必要ないものだから、価格が下がっても全部売ろうとして、供給量は変わらない気がするのですが・・。また、生産した財を売ることによって、ごくわずかでも利益が得られるならば、いくらでも生産して供給すると思うのですが・・。誰か納得できるようにお教えくださいまし。

Aベストアンサー

直感的に分かりやすいのは独占の場合なので、独占の場合を考えましょう。

まず、限界費用と限界収益を考えます。
簡単に言えば、限界費用とは一単位多く生産するときにかかる追加的なコストであり、限界収益とは一単位多く販売したときに得られる対価(お金)です。したがって、限界収益は価格に一致していることが分かります。

ここで利潤最大化を考えましょう。利潤とは収益から費用を引いたものですから、(限界収益-限界費用)が限界利潤になります。

在庫処分の場合、費用は既に支払い済みなので限界費用は0になりますから、全部売って供給量は変わりません。
また、限界利潤が正の場合、もう一単位生産して販売すれば利潤が増えるので、
> 生産した財を売ることによって、ごくわずかでも利益が得られるならば、いくらでも生産して供給する
は、正しいです。ただし、基本的に限界費用は逓増するので、いずれ生産は止まります。

また、
> ダンピング輸出や、低価格量販店の場合は、「価格が上がれば生産量を増やす」というのがあてはまらない気がします。
とのことですが、理由があります。
まず、ダンピング輸出は「日本国内の価格よりもアメリカ国内の価格が高いため」ダンピング輸出と「認定」されてしまいかねない価格で輸出が行われているということです。
また低価格量販店は自分で生産してませんので、限界費用=仕入れ価格になります。大量仕入れをすると仕入れ単価が下がることはよく知られた事実ですので、大量仕入れ大量販売という低価格路線も「利潤最大化行動」として理解することができます。


因みに、完全市場の場合、同じ価格でいくらでも購入・販売ができ、参入・退出が自由で、全ての企業が同質で充分に小さい、という仮定がおかれます。
もし利潤が正であれば新たに企業が参入して価格が下がるため、同質性の仮定から、企業数が増える=供給量が増える、という事になります。

直感的に分かりやすいのは独占の場合なので、独占の場合を考えましょう。

まず、限界費用と限界収益を考えます。
簡単に言えば、限界費用とは一単位多く生産するときにかかる追加的なコストであり、限界収益とは一単位多く販売したときに得られる対価(お金)です。したがって、限界収益は価格に一致していることが分かります。

ここで利潤最大化を考えましょう。利潤とは収益から費用を引いたものですから、(限界収益-限界費用)が限界利潤になります。

在庫処分の場合、費用は既に支払い済みなので...続きを読む

Q一番強いアルカリ物質って何?

pHって0~14までありますよね。
限りなく14に近い物質ってなんなんでしょうか?
もし限りなく14に近い物質の水溶液があるとしてその中に手をつけるとどれくらいで骨だけになるんでしょうか?
一方で限りなく0に近い物質って何でしょうか?
よく映画で何かの水溶液をあびて
「どろどろ~・・」と皮膚が溶けるシーンがありますが
そんなにも早くドロドロにとけてしまう水溶液が存在するのでしょうか?
酸は金属を溶かし、アルカリはたんぱく質を溶かすと聞いた事があります。
酸の強い水溶液に手をつけるとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

濃度について!
質問の物質が水溶液となっているので、水に対する飽和が低い物質は強アルカリや強酸でも能力が低いです。混合していない場合、アルカリのチャンピオンは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が48%水溶液です、フレークだと98%です。酸では塩酸ですが濃塩酸は約35%です。濃硫酸だと96%に発煙硫酸だと約99%まで濃縮可能。後、発煙硝酸も86%で強力と言うより怖いです。強アルカリと強酸の中和物質が食塩である塩化ナトリウムです。(安定した化合物。)

「どれくらいで骨になるか?」について!
試した事が無いので判りません。苛性ソーダ98%フレークを素手で触っていると5分位で表皮がつるつるになってます。肉厚から試算して下さい。生コンも良く溶けます。

「酸の強い水溶液に手をつけるとどうなるのでしょうか?」について!
酸は基本的に水分と反応して発熱します。溶ける前に焼け爛れます。35%の塩酸や62%の硫酸は1分位だと耐えれます。しかし、98%の濃硫酸だと手の水分と反応して瞬間湯沸し器状態となります。(表皮が剥けるのに多少猶予があります。但し、目は一瞬で失明。)

「酸は金属を溶かし、アルカリはたんぱく質を溶かすと聞いた事があります。」について!
物質の特性により決まります。両性元素である亜鉛やアルミニウムは酸でもアルカリでも溶けます。有機物は弱アルカリのアンモニアにも溶けるものもあります。たんぱく質は殆んどの酸に弱いです。

濃度について!
質問の物質が水溶液となっているので、水に対する飽和が低い物質は強アルカリや強酸でも能力が低いです。混合していない場合、アルカリのチャンピオンは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が48%水溶液です、フレークだと98%です。酸では塩酸ですが濃塩酸は約35%です。濃硫酸だと96%に発煙硫酸だと約99%まで濃縮可能。後、発煙硝酸も86%で強力と言うより怖いです。強アルカリと強酸の中和物質が食塩である塩化ナトリウムです。(安定した化合物。)

「どれくらいで骨になるか?」について!
...続きを読む

Q需要曲線,供給曲線はなぜ曲線?

需要曲線は右下がりの曲線というようになっていますが,どうして曲線になるのか分かりません。
1次関数のような直線にはならず,どうしてあのようなグラフになるのか検討がつかないので,素人でもわかるように教えてください。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

需要曲線は別に直線になってもいいのです。
しかし、必ず直線になるわけではく、曲線にもなりますね。
この様なとき、数学などでは言葉の使い方としてより一般的な「曲線」という言い方をするのです。
要するに直線にも曲線にもなるとき、両方を含むより一般的な記述方法として「曲線」を使います。
というわけなので、難しく考えなくても大丈夫です。

Q供給と供給量の違いを教えてください

供給と供給量の違いを教えてください

Aベストアンサー

同様の問題はここで回答しました。(↓)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10502112.html

需要と供給の違いはありますが、同じ問題です。この質問者は理解できなかったようですが、あなたはどうでしょうか?

価格を縦軸に、供給量を横軸にとって、通常の右上がりの供給曲線を描いてください。
「供給」とは、供給曲線全体のことです。その供給曲線上に、一つの点を選んでください。その点の縦座標は価格を表わし、横座標はその価格のもとでの「供給量」を表わしています。いま、価格がその価格から上昇したとすると、「供給量」は、与えられた供給曲線上を移動して、上昇した価格に対応する数量(横座標を見てください)へと増加する。価格が上昇(下落)すると、それに対応っする供給曲線上の点の横座標で示される「供給量」も増加(減少)するが、「供給」、つまり供給曲線自体は変わらない。「供給」が増える(減る)とは、供給曲線自体が右に(左に)シフトすることだ。つまり、それぞれの価格の値のもとで、シフト前よりそれらに対応する供給量が増える(減る)ことを指す。元の供給曲線の右側に点線の(新しい)供給曲線を描きいれてください。それが、「供給」が増加したことを表わしている。では、供給の増加、つまり供給曲線の(右への)シフトはどういうときに起こるだろうか?供給に影響している価格以外の要因(「他の事情」といいます)に変化があるとーーたとえば、その財を生産する技術が改善されるとか、その財をつくる原材料の価格が低下するとかーー価格と供給量との関係を示す、供給曲線は変化(右へシフト)する。供給曲線は「他の事情が一定」のもとで描かれているので、他の事情に変化があると、供給曲線自体がシフトする、すなわち、「供給」が増加(減少)するのです。

「供給」と「供給量」を区別しないと、つぎような混乱が起こる。「供給が増加すると、価格は低下する。しかし、価格が低下すると、供給は減少する。」この文章どこがおかしいのでしょうか?

同様の問題はここで回答しました。(↓)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10502112.html

需要と供給の違いはありますが、同じ問題です。この質問者は理解できなかったようですが、あなたはどうでしょうか?

価格を縦軸に、供給量を横軸にとって、通常の右上がりの供給曲線を描いてください。
「供給」とは、供給曲線全体のことです。その供給曲線上に、一つの点を選んでください。その点の縦座標は価格を表わし、横座標はその価格のもとでの「供給量」を表わしています。いま、価格がその価格から上昇したとする...続きを読む

Q補償需要曲線

補償需要は無差別曲線上の点ですよね?なら、補償需要曲線は無差別曲線とぴったり重なりますか?わたしは重なるのでは・・と思うのですが、もしそうでないなら、なぜなのか教えてください!!

Aベストアンサー

無差別曲線は、2つの財の数量を縦軸と横軸にとった空間に描くものです。補償需要曲線は、縦軸にどちらかの財の価格、横軸に同じ財の数量をとって、価格と数量の関係をあらわしたものです。ですから、ぴったり重なりません。

Q需要と需要量

需要と需要量

需要の増加

需要量の増加

この二つの違いの説明を探しているのですが、
自分の理解力で理解できるような説明を見つけられません・・・

どなたかお願いします。

Aベストアンサー

 短期的な市場(魚や野菜「いちば」)などでは、需要も供給も変化しません。変化するのは価格と需要量と供給量のみです。

 誤解を恐れずに言えば、需要の変化は、需要量を変化させます。需要の変化は需要曲線のシフト、供給の変化を供給曲線のシフトと考えられます。何らかの原因で需要が変化し、需要曲線がシフトしたとします。このとき供給曲線はシフト「しない」とします。すると価格と需要量が均衡点まで変化します。(ところが供給曲線もシフトし、均衡価格のみが変化するケースもあります。)この()の供給曲線の都合よいシフトがない限り、貴君の理解は正しいです

 需給曲線を1次関数で描き、様々なシフトを考えてみてください。きっと均衡価格のみが変化するケースに巡り合えますよ。経済学は、分からないところが出てきたら、踏ん張ることが大切です。ご健闘を祈ります。

Q需要供給曲線の式

政治経済の問題集に取り組んでいたところ、グラフに需要供給曲線があり、それぞれ座標が二つずつ与えられており、均衡価格の時の取引量と価格を求めよという問題がありました。

縦軸が価格(P)、横軸が数量(N)を示しており、需要曲線の与えられた座標が(0,100)•(9,10)、供給曲線の与えられた座標が(0,0)•(5,75)でした。

均衡価格は需要と供給が一致した時の価格なので、連立方程式で交点を求めれば良いというとは分かっていたので、とりあえず曲線の式を出そうと、y=ax+bという一次関数の公式を思い出しそれに当てはめようと思いました。
需要曲線(D)=-10N+100
供給曲線(S)=15N
として求めた結果、取引量4,価格60と答えは合っていたのですが、問題集の解説とは関数の式が違っていました。
解説には、関数の式を
D=aP+b
S=aP+b
とし、両曲線に与えられている座標を代入することで求める、とあり、
D=-1/10P+10
S=1/15P
となり、全く違った式が記されていました。

Pは縦軸なので、D=aP+bだと公式に当てはまらないのではないでしょうか?
解説を読み返しても、なぜこのような式になるのか、自分の答えがなぜ間違っているのかわかりません。

間違いの指摘、解説をお願いしますm(_ _)m

政治経済の問題集に取り組んでいたところ、グラフに需要供給曲線があり、それぞれ座標が二つずつ与えられており、均衡価格の時の取引量と価格を求めよという問題がありました。

縦軸が価格(P)、横軸が数量(N)を示しており、需要曲線の与えられた座標が(0,100)•(9,10)、供給曲線の与えられた座標が(0,0)•(5,75)でした。

均衡価格は需要と供給が一致した時の価格なので、連立方程式で交点を求めれば良いというとは分かっていたので、とりあえず曲線の式を出そうと、y=ax+bという一次関数の公式を思い出しそれに当...続きを読む

Aベストアンサー

以上のように見てくると、マーシャルは需要曲線、供給曲線をグラフにするとき、縦軸と横軸を間違えたのかと考えるかもしれませんが、そうではなく、深い意味があるのです。その点を説明しておきましょう。だいたい、マーシャルは(あるいはケインズにしてもそうですが)経済学を専問にする前は数学専攻ですから、こんな簡単なことを間違えるはずがありません。(余談ですが、経済学でノーベル賞をもらうような人のほとんどは少なくとも大学の学部レベルでは数学科の学生であったといっても過言でありません。本年度のノーベル経済学賞を得たChristopher Simsもそうだし、昨年度のノーベル経済学賞受賞者のPeter Diamondも学部では数学科の学生でした。)
この点をあなたの提出した問題に沿って説明してみましょう。この問題の需要曲線は(解答にあるように)

D = 10 -(1/10)P

で与えられますが、この式はたとえば価格が10(円)だとすると、9単位の当該財を消費者は購入することを示しています(P=10を上の式に代入すると、D=9を得る)。では逆需要曲線(あなたが求めた式)

P = 100 - 10D

は何を示しているのでしょうか?この逆需要曲線より、D=1に対してはP=90、D=2に対しては80、...、D=9に対してはP=10を得ることになりますが、このことは当該財の1単位目の消費に対しては消費者は最大90円を支払う用意がある、2単位目の消費に対しては最大80円を支払う用意がある、...、9単位目の消費に対しては最大で10円を支払う用意があること示しているのです。したがって、いまこの財の市場価格が10円だとすると、消費者は9単位まで購入することになるのです。10単位まで購入すると、10単位目の最大支払い用意は0円ですから、市場価格は消費者が喜んで支払う価格である0円を超えてしまうので、10単位目は購入するに値しないのです。このようにして、最大支払い用意が市場価格を超える(あるいは等しい)かぎり購入するので、市場価格が10円なら、9単位までは購入に値するので、結局合計9単位まで購入することが説明できるのです。消費者はこの財を9単位まで購入することによって、逆需要曲線(最大支払い用意)と価格線との間の3角形の面積で測られる「得」をしていることになり、この「得」のことを消費者余剰と呼びますが、市場価格が10円のとき、消費者余剰は、9単位まで購入することで最大となるのです。(このとき、消費者余剰は405と最大化されること、9単位より多く購入しても、少なく購入してもこの値より小さくなることを確かめなさい!)マーシャルはこのように消費者余剰の概念を導入するために、価格を縦軸に、数量を横軸にとっているのです。なお、生産者についても同様のことが言え、価格線と逆供給曲線との間の領域の面積で表わされる余剰を生産者余剰と呼びます。

以上のように見てくると、マーシャルは需要曲線、供給曲線をグラフにするとき、縦軸と横軸を間違えたのかと考えるかもしれませんが、そうではなく、深い意味があるのです。その点を説明しておきましょう。だいたい、マーシャルは(あるいはケインズにしてもそうですが)経済学を専問にする前は数学専攻ですから、こんな簡単なことを間違えるはずがありません。(余談ですが、経済学でノーベル賞をもらうような人のほとんどは少なくとも大学の学部レベルでは数学科の学生であったといっても過言でありません。本年...続きを読む

Q独占的競争とは具体的にどのようなものを言うのでしょうか?

Eテレの「オイコノミア」を見ていましたら、「独占的競争」という言葉が出てきました。

「市場にある複数の売り手がある程度の独占力を有しながら製品の差別化などにより競争がある状態」とのことみたいなのですが、経済学に詳しくない私にはよく理解できませんでした。

具体的にどのような業界のどのような商品が「独占的競争」に該当するのでしょうか?

すみませんがお教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビール、ワイン、乗用車、ブランドのものの腕時計、ブランドものの服、アスリート向けの靴、OSのmacとwindows、スマホのXperiaとiPhone、多くの化粧品、医薬品、亀山ブランドなど、食品業界でも全国的にブランド掲げて供給しているのはみなそうです。製品の差別化を意味を広く考えると、ハンバーガーチェーン店、コンビニチェーン店、牛丼屋、ベーカリーレストラン、居酒屋チェーン店、広域展開のホテルチェーンチェーン店の美容室やスポーツクラブなど。注文で個別受託するのにハウスメーカなども、独占的競争をしています。商売とか競争的市場とかには該当しないですが、学習塾にもそうしたことはあるようです。
文房具や衣料品、洗剤などでもそうした傾向がある商品は少なくないです。
http://ameblo.jp/travel-777/entry-11476883325.html
パワーポイントでも説明があります。
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiw5Y_a7eTKAhXLnpQKHeCTBZMQFgg0MAM&url=http%3A%2F%2Frdarc.itakura.toyo.ac.jp%2Fwebdav%2Fhisamatsu%2Fpublic%2FMicroeconomics%2F17monopolistic_competition_j.ppt&usg=AFQjCNESP5Xcw89pDrau2CfRet2HnOQhqQ&sig2=R_njFw4Vg8mEUoFlQY_GkA

個別に商品を比較し、成分、機能、性能、仕様、価格を比較検討するという方法で購入選択するという方法はもはやほとんどしないです。高級、上質、安価、安全、壊れない、デザイン面、雰囲気でも、ブランドのイメージから自分の念で信じて「信頼や信念で、思い込んで」購入するのが日常化していますから、どこにでも、独占的というときの短期的傾向はあります。
https://kotobank.jp/word/%E7%8B%AC%E5%8D%A0%E7%9A%84%E7%AB%B6%E4%BA%89-170510
https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/81306024012875.jpg
「その企業は、図の(1)に示すように、右下がりの需要曲線DDに直面していて、限界収入曲線はMRとする。また、曲線ACは平均費用、曲線MCは限界費用であるとする。利潤最大を目的とする企業は、限界収入イコール限界費用が成立する産出量Qを選び、価格をPに設定する。点Eは短期均衡の位置を示しており、企業はPEFGの利潤(全く利益が出ない~ほとんどない~余裕の利益)を得ている」とういことだと思います。

ビール、ワイン、乗用車、ブランドのものの腕時計、ブランドものの服、アスリート向けの靴、OSのmacとwindows、スマホのXperiaとiPhone、多くの化粧品、医薬品、亀山ブランドなど、食品業界でも全国的にブランド掲げて供給しているのはみなそうです。製品の差別化を意味を広く考えると、ハンバーガーチェーン店、コンビニチェーン店、牛丼屋、ベーカリーレストラン、居酒屋チェーン店、広域展開のホテルチェーンチェーン店の美容室やスポーツクラブなど。注文で個別受託するのにハウスメーカなども、独占的競争...続きを読む


人気Q&Aランキング