アースの種類で第1種と第3種ということばを聞いたのですが、どのような違いなのか分かりません。

対象の機器が違うらしいということまでは分かったのですが、それ以上のことが分かっていません。

違いについて分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。
また、形状についても違いがあるようでしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、ご質問の第一種は A種、第三種は D種に名称変更されています。



アースは保護する電路によって、A種から D種まであります。
ご質問はコンピューターのカテですが、その分野でしたらすべて D種でけっこうです。

【A種】高圧用の電気機器。
【B種】接地式電路の一線接地。
【C種】300Vを超える低圧機器。
【D種】300V以下の低圧機器。


>形状についても違いがあるようでしたら…

何の形状のことでしょうか。
埋設する接地極自体のことでしたら、棒状、管状、板状、線状などいろいろあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/14 11:09

簡単に言えば接地抵抗の違いです。



地面とアース線路との抵抗値です。当然抵抗値を低くするには難しい(面倒な)作業が必要になりますけど、家電だったり、普通のオフィス製品では特殊な形態でアースを接続するシーンは無いと思います。

研究所の測定機器だったり、産業用のモータや変圧器などではより低い接地抵抗を必要とするケースもあります。ですから特に気にすることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/14 11:12

具体的に何が違うかというと、接地抵抗の値や接地線の太さが違います。



<A種アース>
接地抵抗値:10Ω以下
接地線直径:2.6mm以上

<B種アース>
接地抵抗値:150/I
I=高圧電路の一線地絡電流

<C種アース>
接地抵抗値:10Ω以下
接地線直径:1.6mm以上

<C種アース>
接地抵抗値:100Ω以下
接地線直径:1.6mm以上

形状についてはアース棒などの形状は違うでしょうけど、電気製品と接続する部分は特に形状の違いはありませんね。

詳細は参考URLを見てください。

参考URL:http://www.nd-ele.co.jp/ab.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/14 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアース線の漏電電流

三相200Vの回路のアース線をクランプにて測定したところ0.5Aもありました。漏電ブレーカーは付いていないのですが、普通数mAで漏電ブレーカーは働くのに0.5Aは異常ですか?教えてください

Aベストアンサー

御存知のとうり三相200Vの絶縁抵抗値0.2Mオーム以下、1mA以上は絶縁不良になります。
500mAも漏れ電流がありますのであきらかに異常です。
漏電遮断器が200V回路には必要ですね。
それは普通30mAで切れますのであればそれが働いているケースです。
3線一括で計ってみましたか?
3線一括で計っても同じような状態なら、回路のどこかで
絶縁不良になっていると考えられます。
分岐回路毎の漏れ電流も測って何が悪いのか特定せねばなりません。
メガがあればそれで測定すればいいのですが、、、。
色々ありますが、このケースでは先ずどこかで漏電していると思われます。
500mAは異常ですので調べてください。
以上ご参考まで。

Qモニターのコネクター形状について

PCのディスプレイ出力がD-sub15ピン、VGAボート仕様となっています。
そこで質問ですが、昨日新しい液晶モニター購入しました
(まだ届いていません)そのコネクターがD-sub15ピンminiタイプと書いてありますが使えるのでしょうか?
D-sub15ピンタイプとD-sub15ピンminiタイプはちがうのでしょうか?

Aベストアンサー

Amphis T505RAM を調べましたが
VIA(R) P4M800というマザーボードの内蔵グラフィックのようですね。
でしたらOKです。使えますよ。間違いありません。

#1の言われるとおりminiとminiが付かないものは別物ですが、
この場合は同じもので呼び方を略しただけと言えそうです。

Q単管パイプのクランプの強度について

単管パイプのクランプにかかる力に関して質問です。

例えば、垂直クランプのカタログを見ると、せん断強度は500kgと書かれています。

これは、文字通りクランプ自体に500kgかけると壊れてしまうという意味だと思いますが、

垂直クランプで縦、横にパイプを組み、横向きのパイプに力をかけると、

クランプ自体にも力がかかりますが、クランプが壊れる前に、

縦のパイプを掴む力の限界を超えて横パイプがずり落ちてしまうように思えて心配です。

この500kgという数字は、適正なトルクでボルトを締め込んだ際に、

ずり落ちない限界の重さという意味も含んでいるのでしょうか?

もし含んでいない場合には、ずれずに縦パイプを掴んでいられる荷重はどのくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の垂直クランプは直交クランプの事でしょうかね。
クランプ1個当たりの強度を云々される前に単管足場の
スパン当たり積載荷重が400kgと規制されています。
(足場板が4m且つ3点支持が原則ですので1スパン約1.8m)
単管本足場では2スパン取り出すとクランプは6個、真ん中の建地では
2個のクランプがあることになり両側のスパンの荷重の半分ずつを負担するので
荷重は400kg、クランプ1個当たり200kgと規制されている事となります。
以下参考に足場の積載荷重資料です。
尚、現場で見ている限り締め付けはインパクトレンチですので100~140Nでしょう。
あまり締めるとパイプが変形していきます。
http://www.okg-gr.com/pdf/kensetsu_ashiba.pdf

QCRTコネクタの形状と本体買い替え

アナログCRT(ミニD-Sub15pin)の液晶ディスプレイを利用して本体のみ買い換えようとしているのですが、
仕様で同じアナログCRTミニd-15pinであれば
メーカーは違っていても、接続可能ですよね?
また、我が家の画面のインチが14.1なのですが大丈夫ですよね?
セットで買うと、17インチや19インチのディスプレイが付属してくるようなので・・・。

また、買い替えで注意すべき点はありますか?

Aベストアンサー

>仕様で同じアナログCRTミニd-15pinであればメーカーは違っていても、接続可能ですよね?

出来ます。

>14.1なのですが大丈夫ですよね?
それなら問題ないでしょう。
大画面の場合は、ビデオカードがその解像度をサポートしている必要がありますが、14.1程度の解像度ならどのビデオカードでも対応してますから・・・。


PCの購入時には、仕様用途にあったスペックのモノをご購入下さい。

ここの過去ログでも山ほどあるんですが、チップセット内蔵のビデオ機能しかないPCを購入して、3Dゲームをしたいんだけど、ビデオ機能が対応してないので、どうしようもないってパターンとかがありますので・・・。

Qストラブ・クランプのストラブの意味?教えて!

配管の「ストラブ・クランプ」がありますが、クランプは、CLAMPで挟み込むですが、ストラブとはどんな意味ですか?原義は?お教え下さい。

Aベストアンサー

多分「ストラップ・クランプ」
「strap clamp」↓こんな奴。
http://www.amazon.com/b?ie=UTF8&node=553168

Qメーカー品のディスプレイの特殊なコネクタ形状について

メーカー品の特殊なコネクタ(自分の場合は富士通の物でピンとピンの間に特殊な形状の接続部がある)と一般的な25ピンを中継するようなケーブルってありますか? 
【メーカーD】←→【中継ケーブル】←→【新PC】
こんな感じです。出来るでしょうか?
おそらくメーカーはこうゆう風に出来ないために
特殊な形状にしていると思うのですが・・・。

Aベストアンサー

リンク先のコネクタ写真みて形状が違うならアウト
http://www.kuroutoshikou.com/products/etc/fj30fset.html

付属液晶ディスプレイ専用コネクタ30ピン×1
いまいち形状が不明ですが写真と違うとたぶん繋がらないと思います。(変換ケーブル無し)

Qクランプ?

スレ違いかもしれませんが、交流側電圧が直流電圧にクランプされると
あってこのクランプってどういう意味ですか?
誰か分かるかたいらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

電圧型変換器での話でしょうか?
もしそうなら、交流側(線間)電圧が直流電圧を超えると、
スイッチング素子に逆電圧が加わって導通します。
その結果、素子に電流が流れ、交流側回路のインピーダンスによる電圧降下のために、交流側線間電圧のピーク値が直流電圧(+スイッチング素子での電圧降下)に制限されます。
「クランプ」はこういう具合に、電圧のピークが制限されることかと。

Qディスプレイを買い替えたいのですが、コネクタの形状が特殊です。

ディスプレイが電源を入れても映らなくなりました。電源を入れなおすと一瞬映ってまたすぐ消えます。
こんな状態なので代わりのディスプレイを探そうとしたのですが、コネクタが珍しい形状で、名称さえはっきりせず、変換コネクタやケーブルも見つかりませんでした。
ミニD-Sub 15ピン等の一般的なコネクタに変換できればいいのですが。

パソコンの機種はNECのPC9821Cs2です。
http://121ware.com/support/product/data/spec/cpu/b243-1.html
を見ると、”アナログRGB”という名称のようです。
ディスプレイ側のピンを見ると見慣れたミニD-Sub 15ピンと似ていますが、一回り大きくて
上段●●●●●●○○
下段○○○○○●●
のようになっています。

黒丸がピンで白丸は穴が開いて何もありません。
皆様の知恵をかしてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>640X400の9801のアプリケーションの実行時に支障が出る
そうです。
未対応のモニターだと移りません。

>WINDOWSをインストールしてVGA以上の画面で使用すれば問題ないということでしょうか?
そうです。

>24.83kHz対応のモニタかどうか調べる方法
普通、モニターの仕様に記載されてます。
水平周波数が24.83kHzをサポートするモノをご検討下さい。

参考例
http://www.iodata.jp/prod/display/lcd/2006/lcd-ad175g/index.htm

Q【電気】クランプ型電流計の電流値はどんなに厚い外装被覆付きのケーブルでも正しく電流値が測れるんですか

【電気】クランプ型電流計の電流値はどんなに厚い外装被覆付きのケーブルでも正しく電流値が測れるんですか?

VVFケーブルって中に2本の電線が走っていてさらに電線の外に絶縁コードに被覆されていて、さらにケーブルで被覆されてるのに正しく計測出来るんですか?

クランプ型電流計って裸電線にだけ有効?

けど裸電線なんてあり得ないのでコード被覆までなら計測出来るけどケーブルは無理ってこと?

裸電線のAと裸電線+コードのBと裸電線+コード+ケーブルのCを同じ電流が通っていてクランプ型電流計は全て同じ電流値を表示出来るんですか?

ケーブルを物凄い太くしたら誤差出ますよね?

出ないんですか?

天邪鬼すぎてクランプ型電流計の電流値が全く信用出来ないんですけど。

Aベストアンサー

クランプ型電流計(クランプメーター)で電流が測れるのは交流の電流であって、なおかつ単芯の場合です(相が異なる2本の被覆線をまとめて測ることは出来ません)。
また電流によって周辺に発生する磁界は、クランプメーターを構成している鉄心(電線を挟み込む部分の鉄の層)に集まりますので、クランプさえきっちりと出来れば、被覆などの厚みには影響されません。ケーブルを物凄く太くしても、クランプがしっかり嵌れば問題ありません(クランプが十分に出来ずに、挟み込みに隙間ができるとダメです)。

Qフィルターのアースで電界を抑えると良いのは本当?

CRTディスプレイにOAフィルタを付けて使ってます。OAフィルタはアースを配線するようになってます。アース配線をするとCRTから発せられる直流電界(時間変化しない電界)がシールドされるので人体に良いと聞きましたが、本当でしょうか?本当なら、フィルタではなくCRT側で最初からアースすればいいと思うのですがなぜしないのでしょうか?

液晶に交換しようとしてますが、液晶でも同じように電界の放射はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、こちらもOAフィルターでした。電源コンセントも同様なので失礼しました。
以下のような製品があります。
http://www.getplus.co.jp/product.asp?product=365060
一応、ご要望は満たしているようです。液晶では、さほど高電圧を扱いませんから、もともと電界の放射はないと考えてよいのでは。紫外線に関したも少なく、自分の経験では、CRTより目の疲れは少ないです。しかも外光の映りこみも少なくフィルターの必要性をあまり感じません。

CRTでは、フィルターに導電性の素材を使用していれば、ブラウン管の表面電位を遮蔽して静電界に対して有効で、CRT面に吸塵しないなどのメリットは期待できます。ただ、それが身体に対してどのように影響するかは不明です。厚生省認可の静電気を浴びる健康器具さえありますから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報