ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

被相続人の遺産は、その土地とその土地の評価と同じぐらいの額(現金、有価証券)があります。
相続人は、被相続人の土地に使用貸借で二所帯住宅を建て(被相続人の援助なし)被相続人を家族と看取った長男と、結婚して出ていった長女の2人です。

被相続人は家を建てる際に土地は長男に相続させることを長女にも言っており、長男も土地の相続放棄を長女に確認してたので、長男は被相続人の生活に関してほとんど負担し最期も長男家族で看取りました。

父が亡くなり遺産分割の話しになったら、長女は土地も財産に含めての二分の一を主張してます。

その場合の土地の分割方法なのですが、
① 土地は長男が相続し、代償金を長女に支払う。
② 逆に長女が相続し、代償金を長男に支払う。
③ 分筆する。( 分筆可能な土地の大きさはあります )
だと考えているのですが、
①と②と③の優先順位とかはあるのでしょうか?
被相続人とその土地に住んでいた長男が相続しなくてはならないというきまりはありますか?
税制の特約が無くなるので相続税額は上がってしまうのは理解しております。

①②どちらになっても、土地の真ん中に長男名義の家があり土地が長女名義になった場合でも出ていくつもりはありません。

回答よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 早々の回答ありがとうございます。
    地代に関してなのですが、使用貸借契約が被相続人と長男と結ばれている場合は、その土地を相続した者もその契約も相続されるので地代は発生しないと聞いたのですが違うのでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/04/03 08:44
  • tanzou2さま
    回答ありがとうございます。

    土地を長女が相続し長女の名義になった場合、長男は今までのように無償でそのまま住むことはできますか?

    また、長女は長男に出て行ってもらうという事を要求できますか?

    回答よろしくお願いします。

      補足日時:2018/04/03 17:46

A 回答 (2件)

①と②と③の優先順位とかはあるのでしょうか?


  ↑
ありませんが、裁判などになれば、現在
住んでいることは、考慮されます。



被相続人とその土地に住んでいた長男が相続しなくては
ならないというきまりはありますか?
  ↑
ありません。
相続については、平等になります。



地代に関してなのですが、使用貸借契約が被相続人と長男と結ばれている場合は、
その土地を相続した者もその契約も相続されるので
地代は発生しないと聞いたのですが違うのでしょうか?
 ↑
少し違います。
土地は、長男と長女の共有になりますから
長女との間に、契約関係が継続されます。

つまり、長男は、長男と長女共有の土地に
家屋を所有している、という関係になります。
    • good
    • 0

>建てる際に土地は長男に相続させることを長女にも言っており…



法的に有効な遺言書に書かれていたのでない限り、効力はありません。

>長男も土地の相続放棄を長女に確認してた…

相続発生前に相続放棄の口約束など、やはり法的効力はありません。

>長女は土地も財産に含めての二分の一を主張…

法的に有効な遺言書はなかったのなら、ごく普通の主張です。

>①と②と③の優先順位とかは…

ありません。
相続人同士で協議してください。

>住んでいた長男が相続しなくてはならないというきまりは…

ありません。

>土地の真ん中に長男名義の家があり土地が長女名義になった場合…

土地全部を長女が相続するなら長男は地代の100パーセントを、分筆するのなら建物にかかる割合に応じた地代を、以後の毎年毎年払う必要が生じます。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング