アメリカの政治制度について知りたいです。日本と異なる点を3つほど挙げて説明して欲しいです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ごきげんいかがですか?neterukunです



そうですね。
下の方とだいたいよくにてるんですが
1)共産党系議員がいない
保守革新というのではなく、2大政党のはっきりした違いが
良くわからなかったりします。昔でしたら日本でも自民・社会
とはっきりと対立していました。今は日本もアメリカスタイルに
なりつつありますね。
2)大統領を間接選挙できめる
選挙人に投票してそのポイントで決定する。
ゴアさんが得票が多くても選挙人の数が多いブッシュさんが勝つと
言った仕組みになっています。また議員の少ない方の党から
大統領が出ることもしばしばあり、国会と大統領は違うような
感じにも見えます。
3)国会議員が少ない
人口は日本の2倍なのに
議員数は日本の半分って感じです。
日本の議員の多さがめだちます。
この人が国会で何するの?って人が日本は多すぎる感じです。

こんなところでしょうか。⌒(*^∇゜)v
    • good
    • 0

 質問が漠然としていますので、まず違うといえば


1.連邦制
 アメリカの州は日本の都道府県と違い、独立した存在で軍隊、警察、法律など独自のものを持っています。
2.大統領制
 行政権が立法権の国会と独立して公選の大統領により運営されています。
3.2大政党制
 伝統的に共和・民主の2大政党になっています。この2大政党は大統領を相互に出すほど拮抗しています。
そのほか、次のHPを見てください。
http://home9.highway.ne.jp/kennei/kennei/usa.htm
http://www.us-lighthouse.com/special/business/20 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!
ホンマに助かりました。
漠然とした質問でごめんなさい。
それでも親切に、わかりやすく答えてくださったことに
感謝します!!

それでは…。

お礼日時:2001/07/16 00:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカとイギリスの政治制度の違いについて

 アメリカとイギリスの政治制度の大きな違いを3つ程度教えてください。
また、日本では議員は当選回数が多いほど後ろの席に座りますが、
イギリスはその逆です。その理由を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

議院内閣制か大統領制か
トップ選出:アメリカは大統領を国民が選挙。イギリスは議員が首相を選出
元首:アメリカは大統領が名実とも。イギリスは君臨のみの女王
上下院:アメリカは上院優越。イギリスは下院は実権を持ち、貴族院は名誉職的
上院:アメリカは選挙。イギリスは職・身分等から選出

イギリス議会は議員同士の討論を行うという伝統から、花形は最前線で向き合う。
日本は、偉い人は高いところというイメージを引きずってるらしいです。

Qイギリスとアメリカの政治制度の理念について

イギリスは議院内閣制、アメリカは大統領制というように異なる政治制度を採っていますが、なぜこのような制度の違いが生まれたのか、それぞれが持っていた理念の観点からご教授ください。

Aベストアンサー

理念の源流はいろいろあります。マキャベリ、ロック、ホッブス、モンテスキュー、ルソー、ベンサム、アダム=スミス、カント、マルクス、ウェーバー、ヘーゲル、ケインズ、ロールズ、ハイエク、フーコー……など様々な知の巨人たちが、社会契約説や権力分立、古典的自由主義やリベラリズム、福祉国家型自由主義、リバタリアニズムなどなど様々な理念を唱えてきました。一概に理念の違いを言うのは難しい気がします。でも、アメリカが「立法・行政・司法」の独立と均衡を重視する大統領制で、イギリスは「立法と行政」が融合した強い執行部を生み出す議院内閣制なので、この違いに焦点をしぼると理念の違いが見えてくるかもしれません。

アメリカがロックやモンテスキューの言うように、個人の自由なあり方(自然状態)を肯定して、三権分立を忠実に制度化して「立法・行政・司法」に責任を分散しているなら、イギリスはマキャベリやホッブス、ウェーバーの言うように自然状態を肯定せず、強い権力が責任を持って統治すべしとして、「立法と行政」に責任を集中していると考えられるかもしれません。これはかなり大雑把な捉え方です。詳しく知るには、思想家たちの理念の内容と、現在のイギリス・アメリカの制度を照らし合わせる作業が必要かと思います。ご参考までに。

理念の源流はいろいろあります。マキャベリ、ロック、ホッブス、モンテスキュー、ルソー、ベンサム、アダム=スミス、カント、マルクス、ウェーバー、ヘーゲル、ケインズ、ロールズ、ハイエク、フーコー……など様々な知の巨人たちが、社会契約説や権力分立、古典的自由主義やリベラリズム、福祉国家型自由主義、リバタリアニズムなどなど様々な理念を唱えてきました。一概に理念の違いを言うのは難しい気がします。でも、アメリカが「立法・行政・司法」の独立と均衡を重視する大統領制で、イギリスは「立法と行政...続きを読む

Q日本とアメリカの政治制度の違い・・・・・

日本とアメリカの政治制度の違いについて教えてください。

Aベストアンサー

議員内閣制と大統領制が一番の違いです。
大統領に権力が集中し、国の進むべき道を明確に示している。
日本はそれが全くありません。

また、2大政党による政権交代が常にあるのがアメリカで、
日本は一党独裁に近いです。

Q小沢の周りが日本の政治化で、安倍の周りはアメリカの政治家ですか?

靖国神社への参拝はカモフラージュとして絶好のアイテムとして利用されちゃってるような・・・

詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

55年体制の頃の自民党の2大政治派閥。
1.清和会
2.経世会

この内、小沢一郎と共に、自民党から出たのが経世会のメンバー。
これが新進党になります。
一部は
1.新党日本
2.国民新党
3.新党さきがけ

となりました。

細川政権時に、公明党とも野合した訳ですが、総理の佐川急便事件で頓挫します。
退陣後は新進党の羽田孜が総理になりますが、持ちませんでした。
経世会で自民に残った重鎮、宮沢喜一を中心に、自民党・日本社会党・新党さきがけで政権を奪還しますが、当時の自民党総裁の河野洋平は官房長官として日本社会党の村山総理を補佐しましたが、クワラスワミ報告で村山談話の発表の責任を取って総辞職。
人気の高かった経世会のエースの橋本龍太郎が総理になり、自民党政権に戻ります。
しかし、世紀末問題での経済危機を迎えて実績が伴わず第二次で退陣。
1998年以降の小渕総理~は清和会が表舞台に立ちます。
小渕⇒森⇒小泉⇒安部と続きます。
経世会の生き残りは、宏池会として麻生派として残っていますが、そのほかは渡辺と一緒にみんなの党などへ合流します。
・その他、国民新党、太陽の党(⇒日本維新の党⇒次世代の党⇒日本の心を大切にする党)、新党改革・日本を元気にする会など
民主党へは新進党、旧社会党(本家は社会民主党へと改名)小泉への造反議員を加えて民主党になります。

小泉がアメリカの仕手先の介入を許したのではなく、橋本内閣での金融危機に合わせた日本の金融の電子化の流れです。

それまでは紙媒体で行っていたために、かなりの時差での影響がすくなかったのですが、ダイレクトに反映するようになりました。

FXもその流れで生まれたものです。

55年体制の頃の自民党の2大政治派閥。
1.清和会
2.経世会

この内、小沢一郎と共に、自民党から出たのが経世会のメンバー。
これが新進党になります。
一部は
1.新党日本
2.国民新党
3.新党さきがけ

となりました。

細川政権時に、公明党とも野合した訳ですが、総理の佐川急便事件で頓挫します。
退陣後は新進党の羽田孜が総理になりますが、持ちませんでした。
経世会で自民に残った重鎮、宮沢喜一を中心に、自民党・日本社会党・新党さきがけで政権を奪還しますが、当時の自民党総裁の河野洋平は官房長官と...続きを読む

Q【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。

政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

言い換えると、

政治家は民主主義と資本主義の橋渡しをするのが仕事ということになる。

で、

政治家は資本主義の大資本家の言うことを聞いて政治をやる方が、資本がない貧乏人の意見を聞いて弱者を助ける政治をやるより国のGDPは高くなり、大資本家の言うことを聞いてる方が国は成長してみんなハッピーになる。

要するに政治家は賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して政策でやっていくと自ずと国は成長する。

逆に貧乏人の意見を聞いて政策を打ち出して実行しても国になんらメリットがない。

だから、賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して聞くことは政治家にとってもこの国に対してもメリットだと思いました。

どう思いますか?

賄賂が一種の大資本家のバロメーターだったので日本は著しい経済成長が出来ていたのでは?

それを平等主義やら言って弱者救済政策を打ち出し、弱者の何の金にもならない意見を聞き、成長率が落ちた。

違いますか?

政治家は賄賂を貰ってなんぼだと思う。賄賂を貰うことによって賄賂を渡す資本主義に競争原理が働き賄賂の額が上がっていって、最後に払えた大資本家の意見を政治に取り入れるのがこの国の最もスマート(賢い)政治だと思います。

【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。

政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

言い換えると、

政治家は民主主義と資本主義の橋渡しをするのが仕事ということになる。

で、

政治家は資本主義の大資本家の言うことを聞いて政治をやる方が、資本がない貧乏人の意見を聞いて弱者を助ける政治をやるより国のGDPは高くなり、大資本家の言うことを聞いてる方が国は成長してみんなハッピーになる。

要するに政治家は賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して政策でやっていくと自...続きを読む

Aベストアンサー

賄賂ではなく票でしょう。
票をもらって政治家でいる限りにおいては、賄賂以上の利権や私欲を満たすことが出来ます。
賄賂でどうのこうのやっていた時代は、田中角栄や中曽根、竹下などの金権政治だった時代です。
大資本家ということならば、今は経団連です。自民党や政府と一蓮托生の仲ですから、お互いの利益を貪る政策を実行します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報