最新閲覧日:

この前、「ペンドラゴン」と「アマゾン」というビデオをレンタルしました。
もう最悪でした(-_-)

本当に監督・脚本が三流以下だと俳優が気の毒に思います。

「アマゾン」はビデオのラベルに「全長十数mのワニが大口を開ける」などと書いてあって、アドベンチャ-が好きな私はすっかり騙されてレンタルした訳ですが、アマゾンなんか小さなワニが出ただけで何もなかった。それどころか変な状況設定でアマゾンから何故か裁判所にいるし、ワンシ-ン毎にキスしたりどういう意図でこんな映画を作ったのか理解できず嘘八百のビデオラベルにも腹が立つ映画でした。
何故こんな無能な監督がいるのかが不思議でなりません。

やはりこれからすると「タイタニック」や「グラディエ-タ-」など人に大きな感銘を与える映画の違いがはっきりしてきます。
私もこれまでかなりの映画を観てきましたが、評価は人それぞれでしょうが
私にとっての一流・二流・それ以下の映画は大体監督・俳優によって決まると思います。有名俳優でも全く面白くないものもありますし。つまり一流・二流の定義は分かりにくくても面白い、分かりやすくて面白い、環境・人類に対しての警告・主張がある、高度な技術を活かしている、ジ-ンとくる感動、観る側も主人公になっている、時間を忘れる。
以上のどれか二つが観ている人の7割に伝えられる映画なら二流、三つ以上なら一流と言えます。

三流以下は内容が分からない、終わり方が唐突か中途半端、やたらと意味の無いキスシ-ンと全裸シ-ンが多い、ただ腹が立つ、ビデオを途中で切っても良くなる。同じ事を延々と繰り返す。ま、こんなところですね。

一流、二流、それ以下の定義について皆さんの意見を聞かせてください。
良ければつまらなかったと思った映画も教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

面白いか、面白くないか、感動するか、しないか、等は主観的な事です。


私は「タイタニック」は作品としての出来はまあよく出来ていた方ですが、内容は全然面白くありませんでした。

映画は、一流、二流じゃなく主にA級、B級で分れます。
別れる部分は主に予算です。
「技術が」とかは予算さえあれば、どんな事でも出来ます。
当然予算があれば、撮影日数も余裕が出るので、スタジオ別撮り+ちゃちな合成が、現地ロケやCG合成となっていきます。

私は、スピルバーグ系列作品や、トップスターの出演するA級作品等も見ますが、ちゃちな特撮や、見え見えのストーリーや、パクリのスプラッタ物B級映画のほうが楽しめます。
「エルム街の悪夢」の1作目は最高に愉快でした。
某M君事件のせいで発禁になった、「ギニーピッグ」もマニアックでストーリー性も皆無でよかったんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では「ネクロマンティック」は如何でしょうか?(笑)
あの死体のグロさは3度も観てしまいました。
ギニ-ピッグもラベルからして人間のハラワタで覆い尽くされているのでラベルを観た時はびっくりしたものです。

タイタニックが良かった理由は音楽ですね。実際あんなうまくしかも都合良くやれる訳ないですけど、音楽が良く、シセルという人の声が素晴らしかったのが一つと、最近のセックスフレンドなど、時代が生んだ軽薄な恋愛感覚がのさばっているこの世の中で、恋愛の在り方の模範的な姿を見せてくれたからです。
ディカプリオは好きじゃないですけどね。ロ-ズ役のケイト・ウィンスレットは痩せていれば美しかったなと思います。美しい女優で言うなら私は「キャサリ-ンゼタジョ-ンズ」を迷わず挙げますけどね。
「マスク・オブ・ゾロ」や「エントラップメント」などに出てますよ。

恋愛系で一番好きなのは「ゴ-スト~ニュ-ヨ-クの幻~」です。デミ・ム-ア
演じる魅力的な姿を披露する時もあれば「G・Iジェ-ン」のように気合の入った豪快な姿を現すそのギャップも魅力の一つでしょう。

映画をA級・B級に分ける事は勿論よく知ってます。
ただ、あえて一流・二流に分けたのはそういう言葉の方が違いが分かり易いと思ったからです。でも今考えてみるとアルファベットで比較した方が良かったですね(T_T)

技術は確かに予算が取れれば何でも出来ますけど、散々予算をはたいた割にはひどい作品もあります。それに予算がなくても「キュ-ブ」のようにアイデア次第では低い予算でも面白い作品はいくらでも出来ます。
SFや史劇のような作品は予算を必要以上に取ってしまうからこれで比較はしない方がいいかも知れないですね。それを「映画」として活かしているかただそれをウリにしているだけかの違いですよ。膨大な予算で高度なSFXを駆使してても作品の脚本・内容が悪ければ豚に真珠・猫に小判・宝の持ち腐れですよ。

タイタニックもCGを駆使して客船の乗客を作っていますから余計な手間を省いているので上手いやり方だと思います。

一番大事なのは監督が自分の構想を如何に分かりやすく指揮をし、脚本がその構想を如何にうまく文章にして理想に近づけ、如何にしてそれを俳優が演ずるか。この3項目が、映画の良し悪しに影響するでしょう。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 20:21

一流の映画とは、前評判を裏切らない、評判通りかそれ以上のエンターテイメントを観せてくれる映画です。

観終わったあとに「やっぱり観て良かった」と感じられる映画です。

私の独断では「ハムナプトラ2」や「クロコダイル・ダンディー in L.A.」「ミート・ザ・ペアレンツ」です。
つまり、内容がシリアスであるかないは関係ありません。

二流の映画とは、CGなどを駆使してそれぞれのシーンは断片的にすごいと思わせても、ストーリー展開がまどろこしい映画で観終わったあとに消化不良な感じが残る映画です。
例えば、「エンド・オブ・デイズ」や「ノイズ」などです。

三流以下の「観る価値なし!」という映画は前評判ばかり高くて、実際に観ると「いつ面白くなるんだろう。」と思っているうちにそのまま終わってしまう映画です。
私が最低だと思ったのは、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」です。はっきり言って「金返せ!」と言いたいくらいつまらない映画でした。前評判では、かなり怖い映画だと聞いていたのに、いつまで経っても怖いシーンが出て来ず、わけのわからないうちに終わってしまいました。あの程度で怖いのなら山の中で一人で野宿した方がよっぽど怖いです。私の場合は山の中で野宿したり、夜になって道がわからなくなった経験が多いので、そう感じるのかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

masmasさんありがとうございます。
分かりますよその気持ち。
「いつ面白くなるんだ?」と思いながら結局終わってしまうという無残な結末。
そうそう「ブレアウィッチプロジェクト」の存在を忘れてました^_^;)
な~にが怖くて目を開けてしまうのか・・私自身も高校時、山の中で遭難してしまい途方に暮れた事があります。運良くキャンプ中の人に送ってもらったんですけどね。
一番怖いのは人間自身だと思いますよ。
シュワちゃんの映画で好きなのは「コナンザグレ-ト」という古代マケドニアを舞台にしたバ-バリアンみたいな映画です。古代から近未来へ正反対の役を見事にこなす姿は見事です。今度「シックスデイ」をレンタルするつもりです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 20:21

私の場合、起承転結があまりにも決まりきっていてミエミエの映画は全て二流以下に入れてしまいます。

だから、みんなが好きだというアメリカ大作映画のほとんどがキライです。あんなの手を変え品を変えて同じことを繰り返しているようにしか見えません。
1回目は「わからないなーーーでもなんか魅力を感じるなーーー」とか思う映画が後々面白くなってきたりします。誰が見ても1度でわかる、ように出来ている映画なんか二時間ドラマと同等だと思うんですが(あくまでも主観ですので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tnytnytnytnyさんありがとうございます。
なるほど、起承転結がキ-ワ-ドですね。
はっきりし過ぎるものは嫌いだと。
アメリカ映画の矛盾は、例えば「USシ-ルズ」という映画を例にとると、
これはシ-ルズという特殊部隊の映画なんですけど、最初は不意打ちで電光石火の如く敵を殺していくんです。任務完了後、家族でパ-ティを開くシ-ルズの隊長なんですが、敵が隊長の妻の車に爆弾を仕掛けて妻を爆死させます。
そして復讐に燃えた隊長はその犯人を探すため、仲間と復讐に燃えるというところがこの映画の概要なんですが、これはアメリカをグロ-バルスタンダ-ドにしている典型的な映画なんです。
自分たちも散々殺しておいて殺された側にも家族はいるのに自分の家族が殺されたからといって復讐に燃える、しかし敵もそれは同じ。それをアメリカ側が正当化している為、敵側があくまで敵であり、自分たちが正義という感情を見ている者に植え付けてしまうんです。
今の世の中の実態が良く分かります。

アメリカ映画は何かと英雄や正義を象徴する映画が好きみたいで、この「USシ-ルズ」や「英雄の条件」などはその典型でしょうね。
人殺しは所詮人殺し。それを正当化し、英雄化するから戦争があるんです。

映画一つを取ってみてもその国の本質が伺えますよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 20:21

私の場合、「納得できるストーリーか?」が一流映画の条件です。


たとえば、今まで必死になって敵から逃げてきた主人公が、助けに来た恋人と再会したとたんに逃げるのを忘れて抱き合う・・・そんな事しているから、敵に追いつかれて恋人が撃たれてしまい、主人公は怒りに燃える、とかは「バカじゃないの」と思います。
やはり、主人公は当然の事ながら、周りの味方も敵も含めて、全ての登場人物の気持ちと行動が「納得できる作品」がいいですね。
さっきの例では、主人公を怒らせて、敵に対する復讐心を増加するのが目的だと思います。それを観客にわからせるための情景なのでしょうけど、納得いかない行動を見せられた方は冷めますよね。もっと、必然性のある状態までストーリーを展開させて、主人公を怒らせて欲しいものです。
そういう点でのおすすめは、有名どころでは「ターミネーター2」でしょうか。登場人物全員が、納得できる行動をしています。
これから作られる映画は、こうであって欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DASSさんありがとうございます。
確かにそうですね。私もよく感じる事があります。
「さっさと逃げんかい!」と思う光景はよくありますよね。
そして殺されると「馬鹿だこいつは・・」と腹が立つ事はよくありました。

その点「ブレイブハ-ト」は恋人を殺されて復讐を誓うところは納得できますけど、何故かあっさり王妃と恋に落ちてしまうというところも「当時は実際あり得るか?」と考えさせられます。
私は基本的に映画は2、3回観ています。一度では全体像が絶対に分からない事が理由です。2回観ればその映画の深いところや見落としていたところが分かります。
一度目は普通に観て、2度目以降に突っ込んで観る訳です。
勿論、一度目でうんざりするような映画は該当無しですけどね^_^;)

そういう意味では大人気だった「アルマゲドン」も不可解な矛盾点がいくつもあります。ここでは取り上げませんけど気付く人は気付くでしょう。
如何にも「アメリカ最強」を助長するような映画ですね。

「TM2」・・これはまさにA級。名作ですね。
スト-リ-・脚本・設定など非の打ち所がありません。
ただ、実際の精神病院であんなに都合良く逃げられるかは疑問ですけどね^_^;)
ま、そこは映画ですから。

非常に参考になりました。
ありがとうございますDASSさん。

お礼日時:2001/07/14 20:20

定義も何も、つまらん映画だったら映画館を出るか、ビデオを切るか早送りにするかだけの話。

金を払っていようが、そんな映画を選んでしまった自分の未熟さを反省するだけのこと。

質問に臆面もなく「私もこれまでかなりの映画を観てきましたが」なんて書いちゃうほどの「一流」の観客に見る気をおこさせたんだから、それは出来の一流二流に関係なく、りっぱな一流商業作品という定義でいいんじゃないの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~む、「好み」の問題なんですよね。
buster99さんは私の質問が「俺は色んな映画を観てるんだぜ~」という風に聞こえたようで反発されているようですが、確かに私はかなりの映画を観てます。
それ故、必然的に良い映画か悪い映画かは嫌でも分かります。
しかしビデオラベルを見る限りではその映画の事は分かりません。
ラベルを観て映画が分かるのならレンタルする価値はないでしょう。
だからこそあえて「アマゾン」のような悪い見本を例に挙げたんです。
嘘八百な解説をしてるのを初めからそれを見破れる人間なんていません。
増してや「レリックハンタ-」や「インディ-ジョ-ンズ」などが好きな人間は
よっぽど冷めたつまらない人間でもない限りその解説にそそられるものです。
こちらは金を出してレンタルしてやってるんだから嘘つかれてるのを自分が未熟だったからとかで逃げるのは日本人特有の悪い癖です。
何か言うとみっともないとか、相手が悪いのを自分が未熟だったからとかそういうのを美徳に思ってる日本人が多い事が本当に情けないですね。馬鹿みたいです。

私は自分でちっとも未熟だとは思ってませんし、一流だとも思っておりませんぜよ。ただ私にとって面白い映画が好きなだけ。面白くなくても嘘だけは絶対駄目。
他の方がつまらないと思うところはどういうところかを知りたいだけです。
できれば作品名も出してね。下手すると名誉毀損になりそうな気もしますが、出来そこない監督の作品なんか出す方が悪いんです。

ですから変に私の言動をつっこんで皮肉るより、もっと具体的な話しを聞きたかったです。
一つだけ言っておきますけどあれが一流商業作品なんてとんでもない!5流駄作品ですね。
ふふん♪
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 20:19

[問答無用]・・・基本的には前もって何も知らずに見て、感動すればよい映画、時間を損したと思えばつまらない映画なのです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

Elvisさん単純明快な回答ありがとうございます。
ある程度有名な監督が制作した映画は番組やCMなどで必然的に知る事になるんですよね。この情報社会においてその映画を何も知らない状態で観る事は困難でしょう。また、観る人は有名監督(スピルバ-グなど)の場合、「面白い筈だ」という先入観がどうしても生じるんですよね。

ま、ビデオに関しては何も知らずにレンタルする事が可能ですからね。
でも感動する映画というのは基本的に有名な映画ばかりのようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 20:19

つまらないかどうかは主観だけの問題で、


定義というのは客観的かつ普遍的に約束事として決めることですから、成り立ちません。
評価は人それぞれですから。関係者が情熱を持って作ろうが、そうでなかろうが、感じ方は違います。
空の雲の形を見て「面白い」と思っても、
雲は情熱を持っているわけではありませんから。
受け手の好みと想像力です。

あえて定義づけるとすれば、
「つまらないと感じた映画」
これしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MMRさんありがとうございます。
確かに定義というのは映画の場合、「つまらない」の一言に尽きます。
感じ方というのは千差万別ですからね。100人の中、100人を満足させるとなると不可能に近いでしょう。
それを可能にするならばチャップリンが「映画」というかつて人類の経験した事のないエンタ-テイメントを確立したように人類の知らなかった世界を確立する事以外ないでしょうね。当時の人にとってはまさに衝撃を与えたんですから。

でも、その「つまらない」というのはみなさんにとってはどこがどうつまらないのか何らかの定義を持っている筈です。だからこそ「つまらない」「面白い」という印象が感じられるんです。そこを聞きたかったんですよ。
後は単純に面白くない映画を教えてもらいたいという事です。
あんなつまらない映画は二度とごめんですから(-_-;)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 20:19

僕は駄作には2種類あると思います。



1.作り手側(監督や俳優やスタッフ)が「いいものを作ろう」という情熱を持っていない映画。
ハリソン・プラピの「デビル」が代表作ですね。
2人が同じ車に乗っているシーンなのに「明らかな別撮り」小屋の中の対決シーンも「別撮り」仲が悪いのはわかるけれどこんなのでいい映画にするのは無理。

2.作り手側(監督や俳優やスタッフ)の力量が足りない。これは会えて代表作を挙げません。ショウビジネスでは「観客をいかに魅了するか」につきます。能力のない人間は能力を身に付けてからステージに立つべきです。こういう「能力のない人」が「よくわからない難解な映画」を作ることも良くあります。そんでもって「わからない観客の知識レベルが問題」という監督も多いです。

質問とは関係ないですが最近は日本映画も封建的でなくなり若手がいい作品を作ることが出来るようになり、それに触発され、大御所もいい映画を作るようになりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PEPSIさん早速のご返事ありがとうございます。
なるほど、能力のない人間は観客の知識レベルを問題にするんですね。
自分の力量に気付いていないと無残な作品になるんでしょうね。
最近の邦画も洋画にないなかなか独自の世界を持っているので良い事だと思います。北野映画もさっぱり面白くないと言う者や感動したと思う者の二つのパタ-ンに分けられるんですよね。
俳優も有名になると思い上がって高飛車な態度に出るのは嫌ですね。
ご意見どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/14 17:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報