小泉首相と小渕元首相の違いって何ですか?
また日本のリーダーとしてどっちが優れてるんでしょうか?
政治のことはまったく分からないのでだれかおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小渕さんは日本の代表的な学者、経済人の方々の意見をよく聞き自分なりにどのように政治に活かすかを謙虚に考えた調整型の


政治家だと云われておりますが、出身母体は守旧派の牙城・・・現橋本派ですから、長く続いていたらどうなっていたかは不明です。

小泉さんは今まで「YKK」などと言われてましたが、実際には身近かの者で徒党を組むような小心者のリーダーとは違うようです。
・・・彼はいつから国民を味方につける術を身に付けたのか分りませんが、今の所ダイナミックなバランスの上に自民守旧派を
操っていますが、今は参院選の最中のため大きな変化は見えないでしょう。
参議院選挙が終わってから、どのような勢力地図が自民内部、或いは政権3党と野党の間でどう変わったかと言う結果が問題です。

その後の政策で国民が本当に自分も痛みを味わう立場になった時、それでも小泉首相についていくほどのカリスマ性が続くかどうか
・・・これが本当のリーダーシップの正念場と言うことになるでしょう。

リーダーシップでどちらが優れているかとの回答は誰も自信はないと思いますが、リーダーシップを発揮できる条件が客観的に
整っているのは、小泉さんの時代の方が有利だと感じています。
    • good
    • 0

泉と渕です。



冗談ですが。
歴史は検証のしようがないのです。
どっちが優れているかと言っても、答えはありません。
人格的にバランスが取れているかとか、
沖縄のことを真剣に考える度合いとか、
パフォーマンスだけではない外交能力に関しては、
私の主観で小渕氏ですね。
でも、いま二人を比較することは意味が無いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小泉首相にまた首相になってもらうには?

確か小泉首相が首相でいるうちは消費税増税が無いんですよね。
これはあと6年は首相で居て欲しいです。
ということはもし次の選挙でも民主が負けて自民が勝って、小泉首相がまた自民総裁でいることはできるのでしょうか?
2回以上総理になった人はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

います。最近では橋本さんが二回なっています。

Q小泉首相の首相就任前の靖国神社参拝

小泉首相が、2001年4月26日内閣総理大臣に就任する以前に、国会議員として靖国神社を参拝していたのかどうか、という点についてお尋ねします。

小泉純一郎氏は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」には所属していなかったようですし、「首相就任前にはほとんど参拝していなかったのに」というタイプの意見をちらほら目にするのですが、根拠が曖昧なため真偽を計りかねます。

・「小泉氏の首相就任前に靖国神社に参拝したことがあるのかどうか」
・「あるとしたら、頻度・時期はどれくらいだったか」
についてご存知の方は、できれば客観的な資料・文献などソースを明示して、教えていただきたいです。

首相の靖国参拝の是非についての議論とは切り離して、客観的事実のみのお答えをお願いします。

Aベストアンサー

私も小泉総理は就任前に参拝していたと思っています。

#2の方の記事に加え
http://www.tv-asahi.co.jp/n-station/cmnt/shimizu/2001/1018num95.html
にて朝日新聞政治記者清水建宇氏も
>小泉氏が「ああ、同期の桜」を座右の書とし、毎年数回の靖国参拝を続けてきた
と書いています。

http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2002/ronbun/03-r2.html
月刊誌「正論」の前野徹氏も
>石原さんも小泉さんも毎年、終戦記念日の八月十五日に靖国神社参拝を行っていた。
と書いています。


私がみたTV(番組名は失念)で安倍長官が
「私も知らなかったのですが、小泉総理は総理就任前から靖国参拝をしていた・・・云々」とコメントしていました。


小泉総理は確かに「みんなで靖国神社に参拝する国民の会」には入っていなかったし誘われても断ったような話を聞きます。
この人は徒党を組んでなどの行為は好きでないようなので「みんなで・・・」では行かずに「個別に」行って参拝していたと考えています。



他の方のお礼を拝見して一応、断っておきますが
就任前「参拝」の物的証拠の手持ちはありません。
現時点での情報を鑑みた結果としての「私の考え」です。

私も小泉総理は就任前に参拝していたと思っています。

#2の方の記事に加え
http://www.tv-asahi.co.jp/n-station/cmnt/shimizu/2001/1018num95.html
にて朝日新聞政治記者清水建宇氏も
>小泉氏が「ああ、同期の桜」を座右の書とし、毎年数回の靖国参拝を続けてきた
と書いています。

http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2002/ronbun/03-r2.html
月刊誌「正論」の前野徹氏も
>石原さんも小泉さんも毎年、終戦記念日の八月十五日に靖国神社参拝を行っていた。
と書いています。


私がみたT...続きを読む

Q福田首相の薬害訴訟と小泉元首相のハンセン氏病訴訟

小泉元首相はハンセン氏病患者訴訟で「控訴断念」の決断をすぐに出せましたが、福田首相は一律救済の決断をなぜすぐにできないんですか。何で法律まで作らないといけないのですか。仕組みが違うのですか。

大阪高裁の出した和解案は、行政府は勝手に手を出せないのですか。だから議員立法で法律を作って一律救済をするということですか。(議員立法はどういうものかは、一応理解できました。)
知識があまりないものですが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハンセン氏病患者訴訟の方は世界の情勢からあまりにかけ離れた長い期間に患者の隔離政策や法律を改正しないことが全面敗訴になったと思います。
一方C型肝炎の方は裁判所が全期間全員の薬害を政府の責任と認めたわけではないのでこれを超えて支払ったり責任を認めることは行政府としては逸脱行為とされると思います。
例えば、ウィルスの原因が世界的にみてもわからない状況の期間まで責任を追及されると今ある未知の薬害まで責任追及され新薬が出来なくなるとか、小数の薬害の人に不公平とかの理由が考えられます。

ハンセン氏病患者訴訟のことはあまりにも古くタブーの様に隠された特異なケースでこの責任を認めることが現在に及ぼす影響がほとんどないと考えられます。
C型肝炎は、現在に及ぼす影響が大きいので税金を支出するにもこのことに限定した法律を国民に直接選ばれた多くの国会議員が作る特例的に認める法律なら問題なく多くの人に納得できるわけです。

Q【安倍首相の功績で歴史に残るものは何かありますか?】 安倍首相は首相在職日数が歴代首相で4番目となり

【安倍首相の功績で歴史に残るものは何かありますか?】


安倍首相は首相在職日数が歴代首相で4番目となりましたが、、、

5番目の中曽根首相はロンヤスと呼び合うほど日米の仲を良くして、専売校社を民営化して、電電公社と国鉄を民営化させることに成功した。

一方の在職4番目の安倍首相の功績は何が歴史に残るものがあるでしょう?

Aベストアンサー

貧富の差の拡大を加速させた。

東京オリンピック開催の時も自分が総理で居るつもりらしいですから、その間に年金運用の失敗を受けて年金受給年齢の引き上げと
受給額見直しと言う事実上の減額を行い、年金では生活出来ないと生活保護申請者を増大させて地方財政を破綻させてしまい
財政再生団体を日本全国に作って住民サービスの著しい低下をさせると言う功績を作るかも知れませんしね。(笑)

Q故小渕首相は学生時代なぜ大統領にあえたのか?

どうして、故小渕首相は大学生の
時に当時のアメリカの大統領に
会うことができたのでしょうか?

Aベストアンサー

このことかな?

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/obutisouri/profile/grobal/grobal.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報