これからの季節に親子でハイキング! >>

以前、民事訴訟で一部勝訴したが、まだ判決金をもらってないのに成功報酬を請求する弁護士に関する続きです。 前回は文章が長くなるので書かなかった部分を補足します。

3年前に出向元と出向先の大手企業2社に対し、パワハラ被害と未払い退職金に関する訴訟を起こしました。

 両社は大企業にもかかわらず、社内コンプライアンス委員会や労働局のあっせん申請にも応じなかったため、やむなくT法律事務所に相談しました。 ところが対応したI弁護士は裁判経験が少なそうな若手でかつ気弱な弁護士に見えたため、私は非常に不安でした。 しかし退職金の時効である5年が目前にせまっていたので、やむなく高額な着手金約60万円を支払い委任契約しました。 

当初は大きな問題はなかったが、途中から両者の考え方の違いによりメールでのトラブルが日々絶えない状態となりました。 具体的例としては、原告依頼人の私がS社の組合幹部ら数名に一斉送信したパワハラ告発メールを重要証拠として提出してほしいと代理人のI弁護士に何度も要請をしたが、I弁護士は私の要請を拒否し続け、証拠は提出されなかった。 それだけでなく、事件に絡んだ両社の人事担当者やS社のパワハラ加害者らの3人の証人尋問をI弁護士から要請され、やむなく承諾しました。2日間の証人尋問初日、原告が被告ら3名に対して証人尋問することが裁判長に伝えられると法廷内からは大きなどよめきが起こりました。

 この裁判は約2年かかって結審しました。 判決は、両社の義務違反が相まって、何ら非が無い原告の損害が生じたので両社に未払い退職金350万円の全額支払い命令が出たものの、パワハラは一部認定されたものの違法性がないということで慰謝料の支払い命令は出なかった。 一部勝訴という結果となりました。JFE裁判で検索すれば新聞記事が確認できます。 未払い退職金については私が提出した証拠が一審勝訴の決定打となりました。 

 ところがこの判決に対し、両社はあろうことか控訴してきました。 私は一審でトラブルが絶えなかったI弁護士に控訴審を依頼することだけは絶対に避けたかった。 とは言っても、この時点で別の弁護士にあらためて依頼する時間や高額な着手金を再び払えるような経済的余裕もなかったので弁護士なしの本人控訴対応を選択しました。

すると一審のI弁護士は突然に豹変し、成功報酬を1ヶ月以内によこせと言ったので拒否すると、翌日には内容証明書で1週間以内に成功報酬を指定口座に振り込めと要求され、それも拒否すると1ケ月後に、こんどは訴状を送り付けてきました。 
当初は簡易裁判所対応であり、私は答弁書を作成し、反論証拠も9件提出しました。 

 I弁護士はその答弁書に驚いたのか? わずか4日後に準備書面(1)を提出し証拠も10件提出してきました。その証拠の中には(かなり焦って提出したためか)私との一審でのメールでのやりとりが約10枚近くあって、その中には私が何故「S社組合幹部らへの告発メールを提出しないのか?」という文言が6ヶ所以上記載されています。自身が提出した証拠で墓穴を掘ったことになり、簡易裁判所では対応困難と判断され、地裁送りとなりました。

I弁護士が提訴した裁判は先日3回目の口頭弁論が終了し、6月末には判決が出ることになりました。

私と似たような経験をお持ちの方はどんな状況だったのか教えて下さい。

A 回答 (5件)

破産宣告する人が弁護士に相談に行きました。


着手金を払わないとできないと言われて、困った人がいました。
金がないから破産するのにどうすればよかったのか?
結局、裁判所に行って、破産のひな型をもらい、
それに記入していくらかの切手代を払ったのを覚えています。
夜逃屋でないんだけど。

友人が、弁護士に相談して、必ず勝つという言葉を信用して、訴訟を起こした。
けど、負けて、家をなくした。

知人が、冤罪事件にあい、裁判中ですが、一年になります。
そのたびに、相手側(国、県、市)の弁護士が3人も来ています。
7回、入れ代わり立ち代わり、目的は、出張手当と時間稼ぎ。まだ続きます。

弁護士が、相手側と組んだみたいな事件もありました。

佐川のユウノウな弁護士もいるし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 まさに同感です。 

ほとんどの弁護士は司法試験を受験する頃は少しばかりの正義感を持っていたのでしょう。 しかし実際に弁護士になって、受任できる仕事が少ない実態から、自然とお金に汚くなり、正義感はどこかに置き忘れ、嘘も平気でつけるように激変してしまうのでしょう。 

私はS社とJ社から控訴された時、I弁護士とは縁を切りたくて1人で広島高裁に出廷しました。 法廷の被控訴人席は素人の私1人ですが、控訴人席は椅子を追加して弁護士3人が座るという異様な光景でした。 その3人のうちの1人がJ社の著名な女性顧問弁護士でした。

お礼日時:2018/04/17 08:59

弁護士費用は「事件ごと」と言う決まりがあります。


「事件」とは控訴審や強制執行は別な事件ととして扱います。
だから、控訴審をしていても一審の報酬額の請求があるのはあたりまえのことです。
また、経済的利益と言うのは、「取り立てたお金」ではなく、「取立てすることができるお金」です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとう。

でもそれは弁護士会?の中での一般的な決め事でしょ・・・この辺はよく判らないからごめんなさい。

ただ、一審の弁護士が本当に全力を尽くして戦ってくれたならば、私も当然払いますよ。 支払い時期は別として・・・

弁護士ドットコムで確認しましたが、依頼人に被告らの証人尋問をさせる弁護士などいないと大阪府の弁護士から回答頂いてます。 他のサイトでも、依頼人は裁判経験のない素人なのだから高額な着手金を払ってプロの弁護士に委任するのです。 その弁護士が依頼人の証拠提出を拒否したり、被告らの証人尋問を依頼人にさせることなどはあり得ない(契約違反)と言って、たとえ払ったとしてもその不当行為分は大幅に減額すべきだと言う人が多くいました。

 一部勝訴であっても成功報酬をとり、逆に敗訴した場合は何ら責任をとらない弁護士たちを回答者さんはどうおもいますか?

お礼日時:2018/04/10 11:52

前の質問も読んでるけどさ、弁護士に不満があったら解任して自分で訴訟を続けたら良かったのに。


最後まで仕事をさせておいて、「成功報酬は払わん」と言ってるだけ。


>借金してでも払えということ?

払わないから弁護士に訴えられたんでしょ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

弁護士との裁判については素人の私の勝ちでしょう。 相手の弁護士はこちらの証拠で追い込まれ、今になって主張をコロコロ変遷させているので・・・。

 弁護士があぶれて生活がきびしいのはわかるけどね。

お礼日時:2018/04/10 07:53

>「得た」と明記されているが



実際に支払いを受けた額じゃなくて、既に判決が出てるでしょ。
それとも強制執行しても空振りに終わったら、払わないつもりなの?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

借金してでも払えということ?  証拠提出を拒否したり、依頼人に法廷で証人尋問させるような弁護士に借金してでも払えと言ってるの?

そうであるならば、委任契約書に「判決額の・・・」とか、「支払われる見込み額・・・」とか明記すべきでは?

お礼日時:2018/04/09 16:27

>まだ判決金をもらってないのに成功報酬を請求する弁護士



強制執行まで委任していなければ当たり前。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

I弁護士との委任契約書には「甲の得た経済的利益の・・・〇〇%」と、つまり「得た」と明記されているが、それでも得ていないのに払うのが当たり前ということなのか?

お礼日時:2018/04/09 15:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士は、依頼した経過報告を依頼主にその都度マメに報告してくれないものなのでしょうか?

私は、初めて弁護士に依頼し着手金(¥21万)も支払ったのですが、依頼してから4ヶ月にもなるのですが、弁護士からの報告を一切頂いておりません。こちらも信頼関係を崩してはいけないと我慢してましたが、最近、話し合いの相手の事が全く読み取れない為、弁護士に電話で問い合わせをしました、弁護士から「決まったら、連絡する積もり」の回答のみでした。この弁護士のなさる事が正しいと信じて只待つものなのでしょうか?弁護士に対しての付き合い方が判らずで困ってます。(こちらが依頼主なのに弁護士が偉いとの先入観が強く非情に対応が困っております)又、依頼してもかなり長く掛かるものなのでしょうか?着手金が安い為なのでしょうか?弁護士と依頼主との関わり方と仕事をもっと理解してみたいと思っております。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

依頼の内容によりますが、私の弁護士は受任報告書という物を 郵送してきます。しかしマメにはというとそうでは ないですが、節目 節目で 報告を受けるのは 当然の権利と思います。弁護士さんも 相談者様だけの案件を受け持っている訳では ないと思いますが 月に1回程度は お会いして打ち合わせするのが 普通と思います。(私の弁護士はそうしています) あまり やる気のない弁護士さんでしたら 違う弁護士に依頼するしかないみたいですね。

Q弁護士への手紙の書き方は?

弁護士への手紙の書出しや封筒の宛名は、弁護士の後に○○弁護士様とするのか、そのまま○○弁護士とするのか、それとも弁護士という肩書きは書かないのが普通ですか?

Aベストアンサー

弁護士に限らず日本語のルールですが、社会的地位を表す肩書きの後に様、殿などの一般敬称をつけるのは間違いです。

****法律事務所
山田 太郎 弁護士

又は、

****法律事務所
弁護士 山田 太郎 様

とします。弁護士の場合は、

****法律事務所
弁護士 山田 太郎 先生

とする方法もあります。

弁護士様 とか 課長様 とか 教授様 などとするのは日本語として間違いです。
なお、様と殿ですが、殿は敬意を表す言葉としては十分で無いといわれており、通常は「様」を使います。
「殿」はたとえば社内で他の人に回覧する、あるいは他の人に当てたビジネスレターなどで使用します。
社外などより敬意を表さなければならない場合は使用してはいけません。

Q民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

先日、たくさん訴えられすぎてもう裁判所に行けなくて
自動的に敗訴になっている有名な人の対談の動画をみました。
その方は敗訴で賠償金?のような判決がたくさん出されていますが、
実際には1円も払っておらず、普通に暮らしているそうです。
裁判所が払え、と決めただけで、実際に怖い人が取り立てに来るようなことは
ないらしいです。
映画にあるような強引な取り立てはだれもやることができず、
すれば逆に刑事事件として訴えることができる、
といっていました。

民事裁判の賠償は払わなくても特になにもないのでしょうか??
詳しい人お願いします。

Aベストアンサー

「支払わないことに対する罰則」は存在していません。
しかし、支払わないと強制執行で差し押さえされます。

けど生活必需品は差し押さえしてはいけない決まりになっているので、
家にそういう物が無ければ何も差し押さえは出来ません。

銀行口座に振り込まれる収入を差し押さえすることも出来ますが、
収入の振り込まれる銀行口座がわからなければ差し押さえすることは出来ません。



要するに、普通のサラリーマンなら会社からどこの口座に振り込まれているかわかるので銀行口座を差し押さえて強制的にお金を取ることが出来るんですが、事業主だと使用している銀行口座がわからないので家の物を差し押さえるしかない。しかしそれも生活必需品しかない場合はどうにもならない。
ということです。


人気Q&Aランキング