水の電気分解において,陰極及び陽極で次の反応が起こって,それぞれ OH- や H+ が生成します。

   陰極:2H2O + 2e- ―→ H2↑ + 2OH-
   陽極:2H2O ―→ 4H+ + O2↑ + 4e-

 このままでは,電気分解の進行に連れて,陰極の OH- 濃度と陽極の H+ 濃度が高くなり,反応が止まります。通常は,支持塩の Na+ や SO4(2-) が,各イオンを中和したり,生成した OH- や H+ が移動して反応の停止を防いでいます。

 だとすると,イオンの濃度勾配の生成を抑えれば,電気分解は進行すると思われます。例えば,次の様に行ないます。

・陰極と陽極に別々の電解槽(溶液の流入,流出口のあるもの)を用意します。
・陰極側に硫酸水溶液を,陽極側に水酸化ナトリウム水溶液を入れます。
・陰極側に硫酸水溶液を,陽極側に水酸化ナトリウム水溶液を,それぞれ一定速度で流します。
・電解槽に白金電極を入れ,電池をつなぎ,電気分解を行ないます。

 この装置では,生じた OH- や H+ を電解槽から流出させる事で,電極部分のイオンの濃度勾配の生成が抑えられます。そのため,電池の寿命がある限り電気分解が進みます(?)。

 そうすると,陰極側流出液には OH- が,陽極側流出液には H+ が,それぞれカウンタ-イオン無しに存在する事になってしまいます。これは納得いかないので,何処かで勘違いしていると思うのですが,何処かが判りません。

 すみませんが,私の勘違いを指摘し,私を納得させて下さい。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

既にご存じのことがいくつか重複するかと思いますが,基本に戻って書かせていただきます。

失礼がありましたらお許し下さい。また私自身,あまり専門とはしていない領域ですので,疑わしい部分は何なりとご指摘下さい。

まずご質問の件ですが,そもそもカチオンやアニオンを強制的に流し去ることはできません。よって電気分解は起こりません。いえ,もっと正しく表現すると,電気分解は最初のごく僅かな時間しか起こりません。これは初期の電気分解に伴う電気二重層の形成が原因です。

アノードでは電子とカチオンとを生じますが,反応が進行するにつれてカチオンは電解質溶液側の界面に集中し,その電荷をうち消すために電子はアノードの表面に集中し,そしてそのまま飽和してしまいます。この様な正と負の二重の層を電気二重層と呼びます。この二つの層はクーロン力で引き合っており,流水程度の力で引き剥がすことはできません。この様な状況はカソードでも同様です。よってご質問の条件は,電気的に見れば,電池のプラス極とマイナス極にそれぞれ別のコンデンサーを取り付けたような状況と等しいかと思います。

次に,電気分解における支持電解質の働きについて考えてみます。

アノードのバルクは正に帯電していますが,表面は電気二重層により負に帯電,界面の電解質溶液はカチオンによって正に帯電しています。カソードについてはこの逆です。そして,電気分解がスムーズに行われるためには,電気二重層によるアノード上のカチオン,およびカソード上のアニオンを電極から引き剥がさなければなりません。なお,電気二重層がクーロン力で形成されている以上,電極上のイオンを引き剥がすには同じくクーロン力程度の力が必要になります。

一方,二つの電極によって電解質溶液内に電位差があるだけで,カソードの沖(=二重層の外)にはカチオンが,アノードの沖にはアニオンがドリフト(=ブラウン運動しながら一方向に流れる)によって運ばれます。そして,カソードの沖にいるカチオンが二重層のアニオンを引き剥がし,カソードでは新たな還元反応を起こして二重層を再生し,またアノードの沖にいるアニオンが二重層のカチオンを引き剥がし,アノードでは新たな酸化反応を起こして二重層を再生します。そしてこの二重層の再生の過程こそが電流の流れる過程です。カソードで流れる電流を還元電流と言い,一方アノードで流れる電流は酸化電流と言い,全電流(=ファラデー電流)は還元電流と酸化電流との和です。

以上のことより,電気分解を滞りなく進行させるためには,沖のイオン密度を上げる必要があると分かります。なおこの沖のイオンは,二重層を引き剥がすためだけに使われるため,電極反応式には現れてきません。純水の電気分解がうまく進行しないのは,純水のイオン濃度が極端に小さいのが原因ですので,沖のイオン密度が高めるために支持電解質を加えれば良いと言うことが分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

> この二つの層はクーロン力で引き合っており,
> 流水程度の力で引き剥がすことはできません。

 あ,そう言えばそうですね。帯電した電極の存在を全く忘れていました。確かにク-ロン力で引き合っているものを剥がすとなると・・・・無理ですかね。

> カソードの沖にいるカチオンが二重層のアニオンを引き剥がし,
> またアノードの沖にいるアニオンが二重層のカチオンを引き剥がし,

 なるほど。これで前質問からの私の疑問が全て解決したように思います。ありがとうございました。
 

お礼日時:2001/07/16 11:44

 なにやら楽しそうなんで参加させて下さい。


 私の推論はこうです。先ず、プロトンや水酸化物イオンの動きですが、これは電気勾配があるから、両電極間を移動するのであって、この場合、両電極間の移動ができないと思います。となると、電極を侵蝕するか容器を侵蝕するかのいずれかでしょう。この侵蝕速度が遅ければ、電気が流れなくなると思われます。
 もう一つ、私の推論を述べさせてください。プロトンや水酸化物イオンの移動は、物質の流れに比べて、圧倒的に早いはずですね。ですから、電気的な力を受けているプロトンや水酸化物イオンを物質の流れによって除去するのはほとんど不可能と思います。でも、ちょっと位は、確率の問題で出て行くかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HIMADESU さん,回答ありがとうございます。色んな所でお名前は拝見しております。

> 電極を侵蝕するか容器を侵蝕するかのいずれかでしょう。

 あ,これは全くの盲点でした。遅きに失しましたが,「電解槽は侵食されない理想的な材料でできている」として下さい。

> プロトンや水酸化物イオンの移動は、物質の流れに比べて、
> 圧倒的に早いはずですね。ですから、電気的な力を受けている
> プロトンや水酸化物イオンを物質の流れによって除去するのは
> ほとんど不可能と思います。

 これは,プロトンや水酸化物イオンを引き離せないというのとはチョット違いますよね。少しなら引き剥がすことはできなくはないが,ク-ロン引力によって直ぐに電極に引き戻されてしまう,という事ですよね。
 実際の所はどちらも同じなのかも知れませんが,いかがでしょうか。
 

お礼日時:2001/07/18 10:49

大変興味深い議論が展開されているようなので、ちょっと参加させて下さい。


2,3疑問点がありますので、あわせて解答を下さると幸いです。

その1>38endohさんへ
rei00さんはあえて両極の溶液を指定されている様ですので、各反応は以下の様に表記した方が適確かと思われます。
   陰極:H2SO4 + 2e- ―→ H2↑ + SO4 2-
   陽極:4NaOH ―→ O2↑ + 2H2O + 4Na+ +4e-
(実際にはH+,OH-の酸化還元反応だけで充分ですが、ここではあえて上記のようにさせていただきます。)

 この様に考えますと、38endohさんの説明されているクーロン力は、反応によって生じた過剰のイオンを拡散させる方向に働いていると考えることはできないでしょうか?
そうしますとコンデンサーによる考え方が一番的を得ているように思います。

その2>plo_olqさんへ
>つまりどんどんエントロピーが減少していく方向に反応が進んでいくわけです。
>これは、どう考えても自然界の法則に反していますよね。
そもそもこの水の電気分解自体がΔGが正の方向に進めている訳ですからエントリピーは減少しているのではないでしょうか?

その3>rei00さんへ
>1)2つの電解槽が繋がっていない状態では,電池と電極の電位が同じであり,電気が流れない。
これについてはrei00さんの勘違いかと思われますが通常の閉回路でも電池と電極の電位は同じと考えて差し支え無いと思います。
おそらく溶液と電極間の電位が一番重要なファクターであるように記憶しています。

決着がつきかけた玄人の井戸端会議に素人が茶々を入れるような真似をして申し訳ありませんが、この意見をもとにさらなる理論展開をお願いします。

文末ではありますがなにぶん最初の投稿ですので失礼等がございましたら、お詫びいたします。



 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 通常の閉回路でも電池と電極の電位は同じと考えて差し支え無いと
> 思います。おそらく溶液と電極間の電位が一番重要なファクターで
> あるように記憶しています。

 そうですね。適切な助言ありがとうございます。何かまだまだ勘違いが残っていそうな気がしてきました。
 

お礼日時:2001/07/18 10:39

>38endohさん



拡散律速…そういえば、そう言われていました。電気化学は講義でも分析機器の説明程度でしたので、すっかり忘れてしまっていました。
もう一度、本を読み直してみます。ありがとうございました。
    • good
    • 0

plo_olqさんへの回答です。



電気化学反応では非常に表面積の小さい作用極を用います。このため反応は拡散律速を受けます。この拡散律速を定量的に扱うために開発されたのが回転ディスク電極です。そもそも,表面積の大きな電極を用いれば拡散律速はおこりません。実際に,回転ディスク電極を用いた測定の対極は,別に回転させていませんよね?

「回転させる必要性=作用極の表面積が小さいため拡散律速が起こるから」

です。さらに,電気二重層の厚さはナノオーダーです。いくらバルクの流速を上げても,ナノオーダーの表面ではほとんど流動はないと思います。
    • good
    • 0

大半の答えが出ているような気がしますが、面白そうな話題ですので私も参加させてください。



rei00さんの考えておられる事、良く分かるような気がします。
確かにイオンの濃度勾配を解消すれば、電気が流れそうな気がしますよね。
逆の例になるのですがダニエル電池の授業を受けた時に似たような想像をしました。

まず、この装置では私もanisolさんの言われるように電極と溶液の間に電位の差がないので
反応は起きないと思います。
電位差がなければイオンが集まる起動力がないわけですから。

もし、電極に既に陽電荷・負電荷が集まっていたとして、この場合には電極を差し込んだ瞬間は
反応が起こるのでしょうが、次の瞬間からは皆さんが言われているように電気二重層が出来ますし、
その溜まっていた電荷分を消費した時点で反応は止まり、さらに電位もなくなるので、その二重層
もないのではないかと思います。

もし仮に、電圧がかかっているとしてイオンが集まってくると考えても(二重層が出来ないと仮定しても)
その状態は物理的に無理があると思います。
なぜなら、陽極側の溶液は陽イオンがどんどん増え、陰極側は陰イオンが増えていくわけですよね。
いくら流れのある装置があったとしても、その両極の溶液槽の系は片方の電荷に偏っていくわけです。
つまりどんどんエントロピーが減少していく方向に反応が進んでいくわけです。
これは、どう考えても自然界の法則に反していますよね。

ここまでがrei00さんの提案に対する考えです。


あと、ちょっと気になった事があるのですが。
38endohさんの
>この二つの層はクーロン力で引き合っており,流水程度の力で引き剥がすことはできません。
というところですが、そうなんでしょうか?
ボルタンメトリーの電極の中に、回転ディスク電極というものがありますが、
これは電極を回転させる事でむりやり電極の近傍の溶液を交換し一定の条件での測定をするための
工夫だったと記憶しています。
実際に使ったことがないので分かりませんけれど、ある程度の流れでは剥がされると思うのですが、
いかがでしょうか。

この回答への補足

回答をお寄せいただいた皆様,ありがとうございました。質問者 rei00 は次の点で勘違いがあったと気付き,納得いたしました。

1)2つの電解槽が繋がっていない状態では,電池と電極の電位が同じであり,電気が流れない。

2)電気分解で生じるイオンは電極表面とイオン対を作った状態なので,電解質イオンのようなもの(ク-ロン力)で引き剥がさないと剥がれない。したがって,すぐに電気分解が停止する。

まだ若干の疑問をお持ちの方も居られるようですので,質問自体はあと少し開けておきます。何か追加情報のある方は,よろしくお願い致します。

補足日時:2001/07/16 11:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

> これは、どう考えても自然界の法則に反していますよね。

 そうなんです。自然界の法則に反しているのは判るんですが,どこでどう反しているのかが判らず,落ち着かない思いでした。

 皆さんのお陰で,それもスッキリしそうです。
 

お礼日時:2001/07/16 11:48

 陰極と陽極が別々の電解槽であれば、各電解槽の中の溶液の電位と、電極の電位は同じです。

溶液から見た電極の電圧は0Vですから、当然反応は起きません。

 『「電気が流れるから電極反応が起きる」のではなく、「電極反応が起きるから電気が流れる」ということです。』これは正しいと思います。溶液の中でイオンが移動する必要は必ずしもないでしょう。コンデンサが交流を通すのも、コンデンサの中で電子が移動しているわけではありませんよね。

 また、硫酸ナトリウムを加えると電解しやすい、というのは溶液の抵抗が低くなるため、P=I^2*Rで表わされる電力損失が少なくなるということです。純水であろうと硫酸ナトリウム水溶液であろうと、1クーロンあたりの発生する気体の量は変わらないでしょう。

以上、断定的に書きましたが、自信はありません…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 陰極と陽極が別々の電解槽であれば、各電解槽の中の溶液の電位と、電極の電位は
> 同じです。溶液から見た電極の電圧は0Vですから、当然反応は起きません。

 あ,なるほど。目から鱗の感があります。確かにそうですね。

> コンデンサが交流を通すのも、コンデンサの中で電子が
> 移動しているわけではありませんよね。

 なるほど。コンデンサ・・・・確かに。

> 硫酸ナトリウムを加えると電解しやすい、というのは
> 溶液の抵抗が低くなるため、

 なぜ,硫酸ナトリウムを加えると溶液の抵抗が低くなるのでしょうか。ANo.#4 で 38endoh さんが書いてられる様な理由でしょうか。
 

お礼日時:2001/07/16 11:26

こんにちは。

いくつかの勘違いが複合しているようです。

1.>陰極の OH- 濃度と陽極の H+ 濃度が高くなり,反応が止まります。

電気分解、電池などの反応を止めてしまう分極作用はイオンの濃度勾配ではなく、発生する水素、酸素などの気体によって、電極と溶液の接触が絶たれる為です。

2.別々の電界槽にそれぞれ片方づつの電極を入れて電圧をかけても電気が流れず、電気分解は起こりません。2槽式の電解槽を使う場合は、二つの溶液を、電解質溶液を寒天などで固めたものなどで作る塩橋で結ばないと電気分解は起こりません。塩橋の中ではイオンは移動できます。
電気分解でも、電気回路なわけで、閉じていない電気回路では電流は流れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

【1.について】
 その可能性は考えないでもなかったんですが・・・。送液で液を動かすぐらいでは,これは回避できないということでしょうか。また,そのために,ごく少量反応した段階で電気分解が停止してしまうという事ですか。

【2.について】
 すみません,チョット説明不足だったような気がします。申し訳ありません。
 実はこれの前の質問(QNo.102234 水の電気分解でのイオンの役割は?)で戴いた回答では,『基礎化学コース 電気化学』渡辺正・金村聖志・益田秀樹・渡辺正義 共著(丸善)によると,『「電気が流れるから電極反応が起きる」のではなく、「電極反応が起きるから電気が流れる」ということです。』だそうです。それならば,電極反応が停止する原因(イオン濃度の増加)をなくせば,電気が流れなくても反応は進み続けるのではないかと考えたわけです。
 これがおかしいのは何となく感じるのですが,こういう理由でだめだと言った風にスッキリしないものですから,こんな質問をしてみました。いかがでしょうか。
 

お礼日時:2001/07/14 17:23

私も興味がありますので、一緒に考えさせてください。

ただ、今すぐにはまとまらないため、とりあえず私の知っている情報を羅列します。

1.電気化学反応(サイクリックボルタンメトリーなど)における電流値は、種の(1)泳動、(2)拡散、(3)対流に支配的である。

2.水中での水素イオンの移動度は、実質的な移動を伴わないため、一般的な他のイオンに比べて100倍程速い。

3.水のイオン積Kw=[H+][OH-]は一定である。

…後で真剣に考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
早速の回答ありがとうございます。

> 電流値は、種の(1)泳動、(2)拡散、(3)対流に支配的である。

 今の場合,強制的に液を流す事で,これらの支配は解除されているように思うのですが。そんなに簡単には行かないのでしょうか。

> 水中での水素イオンの移動度は、実質的な移動を伴わないため、
> 一般的な他のイオンに比べて100倍程速い。

 水酸化物イオンもそうですね。ただ,これはイオン濃度の上昇を抑えるのには有効ですが,今の場合イオン濃度の上昇は送液によって抑えていますから,あまり関係ないように思うのですが・・・(違うのかな?)。

> …後で真剣に考えます。

 すみません。「暇なときにでも」ですので,あまり真剣になって本業に影響ないようになさって下さい。
 

お礼日時:2001/07/14 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを溶かすと習ったのですが、これでは、水酸化ナトリウムの電気

水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを
溶かすと習ったのですが、
これでは、水酸化ナトリウムの電気分解に
なってませんか?

Aベストアンサー

はい、ご指摘の通り、水酸化ナトリウムの水溶液の電気分解では、完全な水の電気分解とは言えません。

陽極では陰イオンの水酸化物イオンが電気分解され酸素と水とになり、それで生じる電子が陽極へと渡されます。
陰極では陽イオンのナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムにな……ることはありません。
ナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムになる反応よりも、水が電気分解されて水素が発生する反応のほうがはるかに起こりやすいためです。

ということで、陰極での反応はまさしく水ですが、陽極で分解されるのは水酸化物イオンとなり、厳密な水の電気分解とはなりません。
ただし、電気分解生成物を見れば水が分解されたのと同じですね。

陽極・陰極とも水の電気分解にしようと思えば、硫酸ナトリウムや硝酸ナトリウムの水溶液の電気分解が考えられます。

Qサリチル酸C7H6O3は水溶液中でC7H6O3→C7H5O3-+H+のように電離する。サリチル酸の1

サリチル酸C7H6O3は水溶液中でC7H6O3→C7H5O3-+H+のように電離する。サリチル酸の10.0mM水溶液のpHは2.57であった。サリチル酸のpKaを求めよこの問題の解き方を途中式を含めて詳しく教えてください

Aベストアンサー

サリチル酸の解離平衡は次式で表される。
 HX=H^++X^- (1) この解離定数はK_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] (2)
この平衡では常に次の質量バランスと電荷バランスが成り立つ。
  Xの化学種の総量は一定であるから
 A=[HX]+[X^- ] (3)
  Aは最初に調製した酸溶液の濃度 ここでは10.0mol/Lである。
  正電荷と負電荷のバランスは
 [H^+ ]=[X^- ]+[〖OH〗^- ]=[X^- ]+K_w/[H^+ ] (K_w=[H^+ ][〖OH〗^- ]=〖10〗^(-14)) (4)
ここで(2),(3),(4)より次式を得る。
[X^- ]=[H^+ ]-K_w/[H^+ ] [HX]= A-[X^- ]=A-[H^+ ]+K_w/[H^+ ] (5)
 この問題に於いて最初の10.0mol/L溶液のpHが2.57で有る時、式(2)からは
 K_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] =[H^+ ]([H^+ ]-K_w/[H^+ ] )/(A-[H^+ ]+K_w/[H^+ ] ) これに与えられた数値 A=10.0×〖10〗^(-3) [H^+ ]=〖10〗^(-2.57)を代入すれば
  解離定数を計算できます。計算はご自分で 確認してください。
計算のこつは10のマイナスの指数で非常に小さな数は省略して近似計算をすることです。
化学の計算問題は根気です。

サリチル酸の解離平衡は次式で表される。
 HX=H^++X^- (1) この解離定数はK_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] (2)
この平衡では常に次の質量バランスと電荷バランスが成り立つ。
  Xの化学種の総量は一定であるから
 A=[HX]+[X^- ] (3)
  Aは最初に調製した酸溶液の濃度 ここでは10.0mol/Lである。
  正電荷と負電荷のバランスは
 [H^+ ]=[X^- ]+[〖OH〗^- ]=[X^- ]+K_w/[H^+ ] (K_w=[H^+ ][〖OH〗^- ]=〖10〗^(-14)) ...続きを読む

Q化学です水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されな

化学です
水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されない理由ってなんですか?

Aベストアンサー

「電気エネルギー」などというものは存在しない。
そもそも「エネルギー」自体が抽象概念であり、存在するものではない。

この場合、必要があろうとなかろうと「電界」は溶液中に等しくかかっている。
だいたい、必要に応じて選択的にかけられるわけでもない。(今の科学では)
質問の主旨は、それなのに、何故水素と酸素だけが発生するのかということだと思います。


>化学です

わかっているなら「化学」で聞け。

【化学】
http://oshiete.goo.ne.jp/category/389/



>水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されない理由ってなんですか?

「イオンが電気分解される」の意味が不明なので回答不能。
「電極にNaとSO4が発生する」ならわかります。


質問の主旨ですが、「電極に(水素と酸素ではなく)NaとSO4が発生しない理由」でよいのでしょうか。

回答:水素と酸素よりNaとSO4の方が「イオン化傾向」が高い(イオンになりやすい)からです。

陰極から出た電子は、よりイオンに成りにくい方と結合します。
この場合は水素イオン(+)と結合し「水素(気体)」となります。

同じ理由で、陽極にはOH(陰イオン)の電子が入り、その結果イオンでなくなる為に、水素と酸素の気体に分離します。

NaとSO4で同じ事が起こっても、よりイオン化傾向が高い水素とOHとの間で電子の移動が起こるので、イオンのままであり続けます。



ところで、他の質問から、質問者様は高校生だと思いますが、中学で「イオン化傾向」は習わなかったのでしょうか。(私の場合はそうでしたし、暗記もしています)

「電気エネルギー」などというものは存在しない。
そもそも「エネルギー」自体が抽象概念であり、存在するものではない。

この場合、必要があろうとなかろうと「電界」は溶液中に等しくかかっている。
だいたい、必要に応じて選択的にかけられるわけでもない。(今の科学では)
質問の主旨は、それなのに、何故水素と酸素だけが発生するのかということだと思います。


>化学です

わかっているなら「化学」で聞け。

【化学】
http://oshiete.goo.ne.jp/category/389/



>水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして...続きを読む

Q クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム

 クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム酸イオンが生じる。
という記述があったのですが、反応式がわかりません。

どなたか、教えていただければ光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは間違いでしょう。


次のような平衡が成り立っています。


2H^+ + 2CrO4^2- ⇔ 2HCrO4^- ⇔ Cr2O7^2- + H2O


酸を加えると平衡は右に移動して Cr2O7^2- を生じ、
塩基を加えると左に移動して CrO4^2- を生じます。

Q化学Ⅰ 電池 電気分解

自分は化学Ⅰの電池と電気分解の部分が苦手なのですが、

電池
電流は 正極~負極
電子は 負極~正極

電気分解
電流は 負極~正極
電子は 正極~負極

となっている図がありました。
電流は正極~負極、電流と電子の向きは互いに逆だと教えられたのですが、何故電気分解では電流の向きが逆になっているのですか?


無知ですみませんが、教えていただきたいです。

また、電池と電気分解の分野を理解するための解釈法も教えていただきたいです。

Aベストアンサー

電気分解は電源につないで行うものなので
電源の負極の延長を陰極と呼んでいます
正極の先は陽極です

従って
負極から出た電子は
陰極に入ることになります

電流は電子の流れと常に逆です


攻略のヒントですが
電池は自発的に起こる反応なので
必ず理由があります

たとえばボルタ型の電池なら
イオン化傾向の大きい金属が優先的にイオンになろうとする
→陽イオンになって電子を出す
→電子が出るから負極

といった具合です


電気分解は
電気エネルギーによって無理矢理起こす反応なので
陽極・陰極で起こる反応は
極論を言えば暗記です
でも
反応は5通りしかありませんから
たいした負担ではないですよ

QMgOとMg(OH)2水溶液がフェノールフタレイン液では赤くなるのに、PH試験紙でPH10を示しません

単純にMg(OH)2のPHが10.5であることを確認するために
MgOパウダー1.5mg(約1mm粒子を乳鉢で10-100μmに砕いたもの)に
PH7.0の沸騰させた水道水100ml(試しで純粋を使用するのがもったいなかったので)を
注ぎ込みスターラーで攪拌しました。
(文献によるとMg(OH)2の溶解度が0.9-1.2mg/100mlとのことなので、予定では沸騰水によりMgOがMg(OH)2に
変化しているつもりでした)

1分後、5分後、30分後、60分後、90分後とPH試験紙で確認しましたがPHが7.0のまま変化ありません。
同様にMgOも常温水で試したのですがPH試験紙はPH7.0のままでした(文献には水溶液はPH10.3とあったのですが)
ちなみにフェノールフタレインを滴下すると一瞬で赤くなります(MgO水溶液もMg(OH)2水溶液も)。
フェノールフタレインはPH約8.3-10で赤くなるということなので、このまま理解するとPH8.3以上なのに
PH試験紙ではPH7を示すというよくわからないことになっちゃってます。
(NaOH水溶液ではPH試験紙はPH12を示したので不良品ではないと思います)

何とか手持ちのMgOをMg(OH)2に変化させて、その変化をPHの観点から示したいのですが…。
(その他にMgOがMg(OH)2に変化したことを示す方法があれば教えてください)

以下のことは何か影響するのでしょうか
(1)MgOをパウダー化したものは通常のタッパーに保存していました。文献で空気中のCO2と反応して塩基性炭酸マグネシウム
になるとあったのですが、MgO水溶液が塩基性を示さないようになったりするのでしょうか。
(2)文献にはMgOをMg(OH)2にする際は沸騰させたままの水にMgOを添加するようになっているのですが、沸騰水をMgOに注ぎ込む
ことと何か異なるのでしょうか。
(3)フェノールフタレイン液は2年前に購入したものなので劣化とか関係あるのでしょうか
(4)MgOを水道水ではなく常温純水に混ぜたMgO水溶液もPH変化確認できませんでした(純水はPH6.0だったので6.0のまま)。
これもフェノールフタレインでは一瞬で赤くなりました。

単純にMg(OH)2のPHが10.5であることを確認するために
MgOパウダー1.5mg(約1mm粒子を乳鉢で10-100μmに砕いたもの)に
PH7.0の沸騰させた水道水100ml(試しで純粋を使用するのがもったいなかったので)を
注ぎ込みスターラーで攪拌しました。
(文献によるとMg(OH)2の溶解度が0.9-1.2mg/100mlとのことなので、予定では沸騰水によりMgOがMg(OH)2に
変化しているつもりでした)

1分後、5分後、30分後、60分後、90分後とPH試験紙で確認しましたがPHが7.0のまま変化ありません。
同様にMgOも常温水で試したので...続きを読む

Aベストアンサー

余談になりますが、
お礼として書き込まれた本来の目的を達成するためということであれば、
この質問に書かれた事は、そもそも ほとんど関係が無いように、私には思われます。
状況が十分分からないこともあって、本来の目的を達成するための手順を示すことが出来ませんが、例えば、件の「木質系プラスチック」の水分活性の程度を測定すれば、MgOが存在しうるか、Mg(OH)2になっているはずか、判定できそうな気もします。

Q塩化ナトリウム水溶液の電気分解

こんにちは。思ったんですけど、その電気分解に使う隔膜をとったら、その電気分解はどうなるのですか?電気分解は両駅が混合して中和しないためと参考書にはありますが、いまいちよくわかりません。塩素の発生量は減りますか?流れる電気の量とかは変わりますか?またそれはなぜですか?
長々とすみません。回答ぜひお願いします。

Aベストアンサー

>電気分解は両駅が混合して中和しない
電気分解でイオンは「拡散」で移動しています。
そのため陽極付近で高い濃度のイオンも陰極付近で高い濃度のイオンも非常にゆっくりとしか対極の方向に移動しません。
>塩素の発生量は減りますか
電荷の総量(FもしくはクーロンあるいはWhであらわせる)が変わらなければ、塩素の発生量も水素の発生量も変わりません。
>流れる電気の量
「電流」という意味で言えば多少の変化はあります。上記の拡散の速度(濃度変化)が影響を受け、両極でのイオン濃度が少しだけ変わるためです。

Q化学 熱化学方程式の問題について 問:C3H8+5O2=3CO2+4H2O(液)+2220kJ

化学 熱化学方程式の問題について

問:C3H8+5O2=3CO2+4H2O(液)+2220kJ

H2+1/2O2=H2O(液)+286kJ

プロパンと水素の混合気体を完全燃焼させたら、二酸化炭素13.2g 液体の水14.4gが生成した。このとき発生した熱量は何Jか
(CO2=44,H2O=18)

とあり、解答には

混合気体に含まれるプロパンと水素の物質量をそれぞれx mol , y molとして係数の比より
3x=0.30mol •••••(1)
4x+y=0.80mol•••(2)


よってx=0.10mol,y=0.40mol

ゆえに 2220×0.10+286×0.40=336.4J
とあります。

ここで質問ですが、
①この熱化学方程式について、2式はどんな関係がありますか?

②(1),(2)について、左辺の係数はそれぞれどこのことを指していますか?

③別解はありますか?

質問は以上です。
易しめに解説お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

化学以前の問題で、数学としての問題を抱えていらっしゃいますね。
(1)式と(2)式には関係はありませんよ。
ただ(1)、(2)の両式を満たすx,yを知りたいだけです。

(1)式は何を表していますか?(2)式は何を表していますか?
むやみやたらに式を立てればいいものではありません。
それぞれの式の意味を考えましょう。

別解はいくらでもあるでしょ。
連立方程式を使う場面だったら鶴亀算でも良い。

Q重曹・炭酸ナトリウムの電気分解

重曹水を電気分解すると何ができるのでしょうか。
また、重曹が分解した炭酸ナトリウム水溶液を電気分解すると何ができるのでしょうか。重曹が大量にあるので興味があります。

Aベストアンサー

隔膜があろうとなかろうと本質は同じです.
陽極側では 2 OH- → O2 + 2H+ + 4e あるいは 2 OH- → H2O2 + 2e がおこります.
陰極側は 2 H+ + 2e → H2 あるいは 2 H2O + 2e → H2 + 2 OH-.溶存酸素が除かれていなければ,O2 の還元もおこります.

隔膜があれば陽極室の pH が下がってくるので,十分に電解を行えば CO2 が溶けきれなくなって出てくるでしょうが,これは電気分解によって生成しているわけではありません.弱酸の解離平衡に基づく,遊離反応です.
炭酸,炭酸イオン,炭酸水素イオン,二酸化炭素 (これらは水溶液中では互いに平衡で存在する) のいずれも,通常の条件では電気分解反応はしません.隔膜電解によって pH 変化が起これば平衡の位置は動きますが,総量は増えも減りもしません.

なお,隔膜を使おうが使うまいが,O3 はできないでしょう.そこまでの実効電位がかけられません.

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報