風呂などでは45度以上だと熱くて入れないのに、同じ温度でもお茶を飲むときはぜんぜん熱くないのはなぜでしょう?
同じ温度でも体の部位によって火傷するとか、しないとかあるのでしょうか。
体の耐えられる温度など、教えてもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もちろん部位によって感じ方も違いますが、条件が違うからです。


熱量…風呂で熱いと感じた部位に口に含める量の湯をつけても大して熱くないでしょう。
時間…39℃程度でも時間が長ければやけどします。
熱伝導…質問の条件と関係ないのでやめときます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

39度以上になるとたんぱく質が破壊されるそうですね。
低温火傷は肉まで損傷すると聞いています。怖いですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/15 21:52

熱いと感じるのは、皮膚や口の粘膜などにある知覚神経が刺激される


からです。熱さを感じる知覚神経の分布密度、感度は体の場所によって
違います。また、神経の感度は、そのときの条件によって変わります。
寒い時、外から帰ってきた時には、ぬるいお湯でも熱く感じると思います。

皮膚の表面を覆っている表皮の厚さは体の部位によって違っていて、
どのぐらい熱に耐えられるか(表皮より奥へ熱を通しにくいか)も違います。
表皮が厚い部分(手のひら、足の裏など)は熱に強いですし、
表皮が薄い部分(おなかなど)は火傷しやすいでしょう。

耐えられる温度...nanashisanが書かれたように、実際に
体の組織がダメージを受けるには、熱を加えられた時間も大事です。
そして、ある温度のものに触った、ということと、そのとき体の組織自体は
実際には何度になったのか、ということも違うわけですね。
それと、皮膚は局所的には耐えられる温度(火傷はしない温度)でも、
体全体がその温度になったら、代謝がおかしくなって倒れてしまうことも
ある。ですから条件をある程度明確にしないと「何度」と線を引くのは、
ちょっと難しいかも...。ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、部位によって感じる温度と耐えられる温度が違うのですね。
勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/15 21:47

気温だともっと低くてもダウンしますよね?



全身のうちその温度にさらされている割合でも違うみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに体温を越えるとしんどくなりますね。
湿度も関係してくるので、難しいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/15 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度や湿度気圧などが分かる腕時計ってありますか?

凄く欲しいんです。温度計は絶対無いと嫌なんですが、湿度や気圧はできれば欲しいです。そんな腕時計ってありますか?また、あるとしたら値段的にはどのぐらいなんですか?

Aベストアンサー

カシオのプロトレックシリーズは温度計や気圧計があります。
湿度計はなかったと思います。
ただし、温度・湿度(仮にあったとした場合)は腕につけた状態では正確な測定はできません(体温や汗の影響を受ける)。

参考URL:http://www.casio.co.jp/ww/PROTREK/

Qどうしてお湯の温度の違いでお茶やコーヒーの出方が違ってくるのですか?

タイトル通りなのですが、水分子の運動のようなもので説明されるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、水分子の熱運動が大きくなるので、抽出速度が大きくなるという考えで正しいです。

味の違いは、物質によって温度の上昇と水への溶けやすさ(溶解度)の関係が異なりますので、抽出される相対量が変わってくることによるものと思います。

わかりやすい例を挙げてみます。
砂糖は温度を上昇させると溶解度が大きく上昇しますが、
食塩は温度を上昇させても溶解度がほとんど上昇しません。
仮に低温で砂糖は食塩の2倍の溶解度があり、高温では砂糖は食塩の10倍の溶解度があるとすると、低温では甘じょっぱく、高温では甘いだけ(しょっぱさはあまり感じない)ということになるのではないでしょうか。

Q各温度での相対湿度の求め方を教えてください。

不活性ガスを純粋中に通してバブリングを行い,湿度を変化させています.サンプルを入れている箱の中の温度を変化させて,一定の温度に保ち,湿度を変化させたガスをフローしているのですが,湿度の値はサンプルの箱に入る直前の値を測定しています.
湿度測定している場所は室温なのですが、サンプルが入っている場所は別の温度で一定の保っています.どうすれば、サンプルの箱内の湿度に変換できるでしょうか。
例えば,25℃(室温)で50%の湿度だとすると,サンプルの箱内(温度0℃や100℃)だと湿度の値はどうなるでしょうか。
わかる方是非教えてください。

Aベストアンサー

目的の部分での温度における飽和蒸気圧を Pt とします.
25℃での飽和蒸気圧を P25,25℃での相対湿度を R25 とすれば,求める温度での相対湿度 Rt は
Rt = R25×(P25/Pt)
これだけでいいはずです.
たとえば,100℃であれば P100 = 1 atm なので,P25 = 0.031 atm とすれば R100 = R25×0.031 ですし,0℃であれば P0 = 0.0060 atm から R0 = R25×5.17 です.ただし,Rt は最大でも100%なので,それを超える数値が出れば過剰水分がどこかに結露して RH100% になるということになります.

QS45Cの熱処理について

一般に入手できるS45Cは焼入れ焼き戻しの処理は施されているのでしょうか?材料表記する際に指定しなければいけないのでしょうか?教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

使用用途は分りました。一般的にどれが手に入ると言うより機械設計屋さん辺りなら熱処理屋さんを知っていると思いますのでご相談される方が賢明ですよ。熱処理されている物を手に入れると言うより加工後に熱処理を依頼すると言うのが通常の流れです。生地(生材)だから加工が安易なのです。熱処理を施すと加工が難しくなります。


実際にシャフトとして使用するとして、構造上の強さをどのように算出さたらのでしょうか?強さに基づいて“材料選択”“熱処理方法”を設定する必要があります。

一口に靭性といっても十円玉(銅)は靭性はありますよね?強さが足りないと思いませんか?S45Cに靭性を求めるとするなら高温焼戻し処理された靭性のある処理をするやり方、低温焼戻しで強さとある程度の人性を持たせた低温焼戻した物を選定する必要がありますがシャフトとしてどちらが適しているか?は構造上のどの程度の捻り力が掛かるかによります。

強さが分らないとするなら何種類か強度区分に分けて依頼してテストする必要があります。

図面記載なら必ず“強度区分”引っ張り強さ若しくは硬度等の指定が在ると思います。図面をよく見てください。

それらの項目も無く!材料だけS45Cという標記は素人が図面を引いた程度の物になってしまいます。

要求事項がなければ適当な熱処理しかできませんよ!当然!使用用途に満足する性質は得られませんよね!

分り辛いなら補足ください。

使用用途は分りました。一般的にどれが手に入ると言うより機械設計屋さん辺りなら熱処理屋さんを知っていると思いますのでご相談される方が賢明ですよ。熱処理されている物を手に入れると言うより加工後に熱処理を依頼すると言うのが通常の流れです。生地(生材)だから加工が安易なのです。熱処理を施すと加工が難しくなります。


実際にシャフトとして使用するとして、構造上の強さをどのように算出さたらのでしょうか?強さに基づいて“材料選択”“熱処理方法”を設定する必要があります。

一口に靭性とい...続きを読む

Q部屋の最適温度、湿度は

部屋の最適温度、湿度は
暑いですねー、扇風機しかない部屋ですが
温度33℃、湿度36℃の状況です。
湿度が低いので熱中症は大丈夫と思いますが。
部屋の最適温度、湿度をお教えください。

Aベストアンサー

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従って、環境と状況によって異なりますが、一般的な空気調和の快適条件は

◇冷房時には、外気温35℃の時に室温27℃程度・暖房時は外気温7℃で室温20℃程度とされています。
そして、温度と共に湿度を快適にする事で、身体に優しく快適性と省エネ性を両立させるのが良いとされています。

◇湿度は成人の水分比率と同じ程度の60%程度が良いのですが、気温が高い時は不快指数が高くなり、蒸し暑いのでドライ運転のように50%以下にして体感的に涼しくしています。
暖房時には、逆に温度を上げるだけでなく、乾燥した室内で加湿により湿度を50%程度に約20%上げて体感温度2℃程暖かくしています。

熱中症は身体内の水分量(塩分他のミネラル含む)の減少や発汗により水分補給が不足して起こりますので運動中だけでなく睡眠時にも起こります。
また、湿度が低くても扇風機の風で水分(汗)が蒸発し、補給されていなければ熱中症は起こりますので
温度・湿度と同じく水分補給も十分留意しなければ発症の危険はあります。

要は、固定的な温度と湿度だけの条件でなく、風や体調・外気温等の関係で人間の体温調節機能を超える変化や過酷な条件にすると快適度が下がり熱中症等の健康障害が起こり易いです。

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従っ...続きを読む

Q温度分布から熱伝導を求める

壁を伝う熱流束を求める問題ですが、わかっているのは壁の温度分布がT(x)ということと熱伝導率がλだということだけです。これだけで、熱流束を求めることができますか?

Aベストアンサー

>>>ご親切な返答ありがとうございます。

いえいえ。

>>>
この場合T(x)が温度分布なので、これをxで微分すると温度勾配になるので、答えは
J = -dT(x)/dx
ということでしょうか?

ええ。正しい考え方です。
右辺にλがあると、もっといいですが(笑)

Q温度が上がると気圧は下がる?気圧の意味

温度が上がると気圧はどうなるのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=CLvuNAhGX_8
この動画を見て天気のことを勉強させていただいていました。

すると温度が上がると気圧がさがると言っているのですが
これはあっていますか?

僕のイメージでは
空気には目に見えない粒子があり、それが飛び回っていて、
気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?


少しひっかかるのは、袋があるとし、その袋の中から外に押しているのが気圧ですか?
それとも、外から中に教えているのが気圧ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空気は上方に逃げて行く為,気圧が下がって低気圧になっているように見えます。
2.夏の太平洋では,昼夜の平均で見れば,陸地よりも海水の方が温度が高く,その為蒸発量も海域の方が遙かに多くなります。湿った空気と乾いた空気を比べると,湿った空気の方が遙かに軽くなります。このため海域の空気は大きく膨張し対流を起こしますが,上昇できる高さには制限があります。上昇範囲の最高高度を『圏界面』と呼び,圏界面より下の対流可能な範囲を『対流圏』と呼びます。夏の太平洋では,膨張した湿った空気の勢力は四方八方へも広がります。これが太平洋高気圧の正体です。台風は,太平洋高気圧の周辺部の,気流の乱れやすい地域(陸地からの冷気と接触する部分)で発生します。
3.冬の陸地は対流(大気大循環のシステム)によって,偏西風帯が南下してくる為,冷気団を抱え込むことになります。海域では日射が弱まる為,夏ほどには高気圧が発達しません。その関係で日本付近には冷気が強く吹き出してくる訳です。

それから,『気圧』の定義についてですが,1.のような容器内ではなく,自由空間での圧力を考えます。『1平方cmあたりの地表面における空気の重さ』或いは『君の肩に掛かる1平方cmあたりの空気の重さ』と定義します。平均的な地表面付近の気圧=1気圧=1013hp はご存じでしょう。

気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?

密閉容器内ではそう言う考え方も出来ます。別の考え方として,
密閉容器内では温度が高くなると,空気分子の熱運動エネルギーが高まり,分子同士の衝突が激しくなって,その結果として気圧が高くなる。逆に,冷えると運動エネルギーを失って気圧が下がる。・・・と考えます。
夏の太平洋高気圧は,非常に大きな密閉容器内での,大量に水蒸気を含んだ(熱エネルギー量の大きい)空気分子の「振る舞い」と,陸地での冷却・乾燥した大気の「振る舞いの結果」と理解しましょう。
解りにくい部分があったら,補足で質問してね。

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空...続きを読む

Q刃物を熱した時の温度は・・?

こんばんわ
ある映画で、悪役が主人公に刃物(ナイフ)を
熱して拷問をしようとする場面がありました。
そのときのナイフは、先端が熱せられて
オレンジ色に光っていました。
そのときのナイフの先端の温度は、
だいたい何度くらいなんでしょうか?
(そのときのナイフは溶けていませんでした。)
回答orアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄が溶ける温度が約1500℃といった感じなので、それよりは低いのでしょう。そしてたばこの火がだいたい850℃、ろうそくが黄色の中心の外側の薄い青色炎が1400℃中心は600℃くらいなのでまあ1000℃位じゃないでしょうか?あくまで推測ですがw

Q部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?

冬って、部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?
であれば
部屋の温度を下げれば、湿度は高くなりますか?

Aベストアンサー

一般に湿度はその温度での飽和水蒸気量を100%としますから、
(理想的には)温度が下がると分子はそのままで分母が減るので、湿度は上がります。

実際には部屋の温度が一定なんて事はあり得ませんから、もう少し複雑なのですが。

Q熱化科学方程式の反応熱の燃焼熱で

熱化科学の反応熱の燃焼熱・・・1モル物質が完全燃焼するときに発生する反応熱で
参考書の例に:C+O2=CO2+394kj
とありました。
  水素の場合だと以上の式を立てた場合の式といたしまして
  どんな式になるのでしょうか?
   よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

水素1molの燃焼熱
H2+(1/2)O2=H2O+286kJ
なお生成物のH2Oは後ろにカッコをつけて液体なのか気体なのかを書きます。
特に指示が無いときは液体とすることになっています。

水蒸気の場合は水の蒸発熱が44kJだから
H2+(1/2)O2=H2O(液)+286kJ
H2O(液)=H2O(気)-44kJ
なのでヘスの法則から
H2+(1/2)O2=H2O(気)+242kJ
となります。

余談ですが、生成物の水は
学問的には液体として表すことが多いのですが、
実務的には加熱しているのに液体であることはほぼあり得ないので普通水蒸気として計算します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報