収入印紙について簡単に教えてください

A 回答 (4件)

契約書や領収書、手形などの文書を作成したときにかかる国の税金で納付にあたっては、原則として文書に所定の額の切手状の収入印紙(郵便局などで購入できる)を貼って、印紙の再利用を防ぐ目的で消印するという印紙税特有の方法で行います。

所定の額の印紙を貼らなかった場合や消印をしなかった場合は過怠税が課されます。この税金は経済取引に伴い作成される文書に担税力をみいだして課税する間接税の一種です

参考URL:http://www.nishikawa-kaikei.co.jp/box0521.htm
    • good
    • 0

お近くの税務署へ行くと印紙税のしおりがあります。


これに詳しく書いて有ります。
普通は領収書でお目にかかると思いますが、契約書、手形、等にも必用に
なります。
記載された金額により200円から始まり上はうん十万円まで有ります。
手軽なところではビジネス手帳などにも記載されています。
企業が税務調査を受け無印紙の領収書や契約書が見つかると必用印紙額の何倍
もの金額を払わなければなりません。
参考資料を見ると3万円以上200万円までなど書かれていますがこの以上或いは
以下の言葉にも気をつけて下さい。

蛇足
3万円以上には3万円は含まれます。これが案外厄介なもので時々混乱します。
3万円以下も3万円は含まれるので。
    • good
    • 0

ここを見てはどうですか。

(辞書の検索結果、難しい)

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/docsearch?p=snj145506 …
    • good
    • 0

このサイトに詳しく記載されております



参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/s-net/insi.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング